スポンサードリンク

市川の人気店、ラーメン一兎に初訪問! クリアな煮干と深紅のスープが共演「赤い煮干し」を食べてみた

LINEで送る
Pocket

午前中より市川方面に所用を抱えたこの日

ついでにランチを頂くべく、市川駅周辺で夏休みの宿題が如く溜ってきたブックマークしたお店へ向かうことに

 

イタリアン、和食、アジアン、カレーとブクマ店が溜まっている中

悩みに悩み、この日のランチに選んだのは、京成市川真間駅のすぐ近くにお店を構える、市川でも行列が出来る程の人気ラーメン店と噂される「ラーメン一兎 」へ向かうことに

 

お店の開店となる11:30ちょうどに到着してみたら・・・

開いてないw

 

もしや定休日を踏んでしまったのか?

それとも久々、臨時休業に出くわしてしまったか?

時計の針は確実に開店時刻を回っているが、お店は開く気配無し

 

・・・いや、中から僅かに漂う煮干しの香りを確認

これは休みじゃなく、ただの遅刻(?)だな

 

そう判断し、待つこと数分

扉の内窓に掛けられたすだれが上がり、中から店主さん登場

少し遅れた開店と同時に、店内へ雪崩れ込むものとなりました。

スポンサーリンク

JR市川駅、京成市川真間駅すぐ側の、煮干系人気ラーメン店「ラーメン一兎 」

京成市川真間駅のほぼ目の前にお店を構える、ラーメン一兎 

JR市川駅からも歩いて5~6分と近く、また近隣には多数の学校もあり、学生を始め多くの支持を集める、市川屈指の人気店

 

といったイメージを受け、多少の待ち時間を覚悟の上でお店を訪れたものの、迎えられたのは準備中の看板のみ

開店待ちをするお客さんも私1人の中、

数分後にようやくのれんが掛かり、お店へ入店するものとなりました。

 

こちらのお店が同地にオープンしたのは6~7年前でしょうか

市川駅の近くに、パンチの効いた煮干し系のラーメン店が列を成している

との情報は得ていたものの、実は私、この日が初訪問となります

 

松戸・市川方面には人気店が多い事を分っていながら、距離的にもなかなか足を伸ばしづらく、なにかのきっかけついででなければ訪れづらく、気付けば初ブクマから5年以上経過し、ようやくお店へ初訪問。

 

店内に入ると、カウンター席が5席ほど、

その奥には座敷席が設けられており、

こちらをあわせて10名ちょっとで満席となる、いかにもラーメン屋さんらしい造り

 

また、入り口前やカウンター前には「ワンオペでの対応になります」との記載が

それに伴ってか、お水はセルフサービスであること、お会計はカウンター上のトレイに置いて欲しい旨が記載されております

開店時間を普通に過ぎてオープンした様子も含め、良くも悪くも、商売っ気の無さを感じるお店と言えそうです(笑)

 

ひとまずは注文からとなるのですが、ここラーメン一兎といえば煮干し系

煮干しと一口に言っても、

・あっさり煮干し

・こってり煮干し

の選択が可能となっている他(この辺までは事前に予習を済ませておりました)

 

現場であらためてメニューを見てみると、

・赤い煮干し

・和風ラーメン(煮干し+魚介節入り)

などのラインナップも並んでおり、選択肢は4択にまで増加

 

前述した通り、初訪問となるお店ですので、ここはまず基本路線となるあっさりorこってりを抑えるのがセオリー

ですが・・・優しく染みる煮干し出汁に、辛味を加えてしまった赤い煮干しが、どんな味変を引き起こしているのか、これは気になる所

 

セオリーで攻めるならあっさりかこってり

爆発力に期待するなら、やはり赤

なんのこっちゃか分らない選択に悩まされる中、私が出した答えは・・・

 

中途半端な妥協などせず、その日最も「食べたい!!」と感じたインスピレーションを信じ

「赤い煮干し」をオーダーすることに。

 

また、カウンター前には

「3種類の太さの麺が同時に味わえる新食感」と紹介された乱切り麺があり、麺をこちらに変更することも可能とのこと

太さが異なる数種の麺で味わうラーメン、といえば国分寺にある「紅」を思い浮かべますが、あれと同じ様式ということでしょうか?

市川ともなると、そうそう足を伸ばせる場所でも無いので、せっかくならばと麺も乱切り麺に変更

 

また、先客はもちろん開店後の後客もいなかったので、ワンオペであっても心配がなさそうなことから

同じくカウンター前に記載のあったサイドメニュー

「まぜめし(チャーハンテイスト)」という謎のご飯も、合わせてオーダーしてみるモノとしました。

スポンサーリンク

ガツンとくる煮干しの香りに深紅の辛味が染み渡る「赤い煮干し」を食べてみた

JR市川駅からも近く、また学生も多い京成市川真間駅のすぐ目の前

ネット上でも好評の声が多く、てっきり行列店を覚悟して訪れたものの・・・

 

開店準備でこそ待ったものの、前客はもちろん、後客もなく、カウンター越しに店主さんと2人きりの時間を過ごすものとなった、ラーメン一兎

これをチャンスとばかりに、店主さんへあれこれ話を聞き出す力があれば、ここに書き出すコンテンツも多数見つかるもの

 

ですが、私はご存じの通りの人見知り

そして今、私とカウンター越しに相対している店主さんも、商売っ気を感じず、どちらかといえば私と同系等のタイプに見受けられます

そんな2人が初対面で相対した所で、当然話が広がるわけもなく、何も言葉を交わすこと無く時計の秒針は間もなく8周目に・・・

 

そんなタイミングを見計らってか、無音の空間を引き裂く様に現れたのがこちら、

スポンサーリンク

本日のオーダー「赤い煮干し」となります

店外まで届く、煮干しの香りをしっかり器に宿しつつも、その視界に広がるは完全なる深紅の海

煮干しと唐辛子、ありそうで無かった2つの出会いが、一体どんな共演を産み出すのか興味は尽きません

 

そして、お値段750円の一杯ながら、チャーシューが2枚

メンマに青菜、玉ねぎに海苔までがトッピングされ、更には麺も通常の麺から、三種の味わいが得られる「乱切り麺」へと無料で変更

店主さんの素っ気ない仕草同様、ラーメンのお値段にも商売っ気の無さを感じずには入られません。

 

しかし、大事なのはラーメンそのものの出来映え

まずは深紅に染まるスープから頂いてみましょう。

一口頂くと、まず真っ先に届くのは唐辛子系の辛味

色合いほどの強さは感じませんが、しっかりとした辛味が到達

 

しかし、その後を追ってグイグイ香ってくるのが煮干しの旨味

クリアでクセが無く、またエグミも感じない透き通った風味が押し寄せてきます

 

が、その後に残る風味、これはラー油ですね

スープ全体に赤身を帯びつつも、そこまでの辛さを感じさせなかったのは、ラー油と唐辛子、2手による辛さを作り上げているからこそ

こちらのラー油については、自家製となっており、辛味だけでなく油としての旨味も与えているので、クリアな煮干しをスッキリした味わいだけで終わらせず、深みも与えています

 

そして、若干ながら背脂も加えられており、これが甘みとコクを追加

加えて、トッピングされた玉ねぎからも、別の甘みと辛味、更に食感も加わり、味の振れ幅が広く、深みあるスープを作り出しています。

 

そんなスープに絡んでいく麺ですが、

ベースは中太の縮れ麺にはなるものの、良く見ると異なる太さの麺が混ざっていることが確認出来ます

割合としては、中太縮れ2に対し、太平打ちの縮れ麺、細縮れ麺がそれぞれ1ずつといった感じでしょうか

食感が異なる3種の麺が、全て均一な割合で配合されているわけでは無さそうです。

 

国分寺にある「紅」の様に、明らかに太さ、サイズ感異なる麺が多数含まれてくると、様々な食感・味わいが楽しめる反面、食べづらさや煩わしさも感じますが、こちらで提供される3種の麺程度であれば、そういった部分でのデメリットは薄そうですね。

 

ただ、ベースとなる麺との差異も少ないだけに、3種異なる食感が、強く感じられるか・・・

といえば、これもまた微妙な所で、よくよく注意して頂けば、食感の違いにも気付く反面、意識を傾けなければ、そこまで違和感を感じないという程度の差に感じます

とは言え、この麺変更が無料で試せるのですから、これはこれで試してみたくなる楽しみ方として、全然アリだとは思いますね。

 

そんな「赤い煮干し」に含まれてくるチャーシューですが、

アッサリ系のスープであることからか、煮豚系ではなく、脂を落とした焼豚タイプ

ぐわっとくる食感が醍醐味で、噛みしめる度に肉肉しい味わいがいただけ、これもまたスープとの相性良く仕上がっております。

 

そんなチャーシューを具材にしたサイドメニュー、となるのが、こちらの「まぜめし」

チャーハンテイストと記載されたまぜめしですが、見た目では白米にタレ、ネギと胡椒が乗っただけのご飯

こちらを提供する際に店主さんより「しっかり混ぜてお召し上がり下さい」との一言が

 

これを混ぜると、一体どうなるのかというと・・・・

下からタップリの細切れチャーシューが顔を出してきました

 

細切れにしておいたチャーシューを下層に、その上に白米、最後に各調味料と薬味を重ねたご飯

これをしっかり混ぜ合わせる事で、油で炒めてこそいないものの、チャーハンに近しい味わいを産み出す、名付けてまぜめし

これもまた、ワンオペでお店を回す上で産み出されたサイドメニューと思われますが、理に叶った面白味ある一杯でした。

 

といった具合に、赤い煮干しとまぜめしを堪能させて頂いた、市川真間駅目の前のお店「ラーメン一兎」

開店時刻になってものれんが掛からず、一縷の不安を抱えての入店となりましたが、実際に頂いてみた上での感想は、事前に見てきた声通り

「クリアで上品な煮干しを味わえる、実力店」といったイメージ通りのラーメンを美味しく頂けました。

 

事前のイメージでは、人気店故の混雑ぶりを想像していただけに、拍子抜けする部分は少なからずありましたが

(結局、お店を後にするまで、後客は来ず…)

噂に違わぬ実力店であったことは確かで、むしろ空いていたお陰で、落ち着いて頂く事が出来た訳ですしね。

 

普段、足を伸ばす機会の少ない市川エリアだけに、そうそう足を運ぶ事もありませんが

同エリアでラーメンを頂くのであれば、候補として挙げていきたい、独特の個性を感じる一杯となりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

ラーメン一兎

■らーめん いっと

■ 住所:千葉県市川市新田5-5-23 三村ビル1F

■ 営業時間:11:30~14:15 / 18:00~22:00

■ 定休日:月曜日、日曜のディナー帯

スポンサーリンク


スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。