スポンサードリンク

千葉・富士見町の個室居酒屋「馬肉料理くつろぎ処 旬菜ちよ」 こだわり感じる多彩な馬肉料理&鮮魚の数々

LINEで送る
Pocket

仕事関連の友人らと、千葉富士見町で飲みに行く予定となったこの日

普段は、総武線沿線の上り方面で飲む機会が多かったものの、この日は千葉まで足を伸ばしてくれるとのことで、友人のリクエストを聞くことに

 

何系のお店に行きたいのか尋ねてみると、どうやら数日前からダイエットを始めた、とのこと

どうせ続かないことが分っているので、取り合うこともなかったのですが、まあそれならばこの機会に、以前より気になっていたお店を選んでみることに

 

という訳で、この日セレクトしたお店となるのがこちら

富士見町のナンパ通りにある和菓子屋さん「とら屋」を中に入った3つめのビル

 

その3Fにお店を構える「くつろぎ処 旬菜ちよ」となります

 

こちらのお店は居酒屋?割烹??ながら、馬肉をメイン扱う馬肉料理の専門店でもあるとのこと

低カロリー高タンパク質なダイエット食でもある馬肉をメインに頂いてみようと思います。

スポンサーリンク

千葉、富士見町では恐らくここのみ! 馬肉料理の専門店「馬肉料理くつろぎ処 旬菜ちよ」

事前に予約を済ませ、開店と同時となる18:00ジャストに店内へ

こちらのお店は、事前の情報で個室が多いと聞いていたのですが、

こんな感じで、座敷の個室にローテーブル&チェアといった、小洒落た造り

 

私たちが通された席は、上記の様なローテーブルが2席並ぶ個室となっており、他のお客さんが入った際には、スクリーンで仕切り2部屋に分けられるとのこと

またお隣にももう一つの個室があり、そちらは1席のみとなっているので、完全個室とまでは行きませんが、人を連れて使うお店としては勝手の良さそうな造りではあります。

 

さて、そんなお店で頂ける料理の方はと言うと、

冒頭でも触れた通り、馬肉料理を専門とした品々が多数並んでおります

一般的に知られる馬肉料理と言えば、馬刺しにステーキ、桜鍋など、基本的な馬肉料理は当然の如く

 

基本的な馬肉料理に加えて、

ユッケにたたき、ウインナーや焼肉なども

 

また、馬肉だけに留まらず、鮮魚を使った握りや細巻きなど、お寿司屋さんと大差ない握りが頂けもします

更には、

桜ユッケ丼に桜山かけ丼、桜肉の漬け丼など、ご飯モノにも変わり種が多数

加えて、和牛のしゃぶしゃぶにすき焼もあるなど、桜肉が中心ながら、和食全般を味わうことが出来る様です。

 

上記のメニューはグランドメニューとなるのですが、これに加えて日替わりメニューも多数

こちらを見ていくと、

今が旬となる秋刀魚やふぐ、いくらに筋子など、鮮魚やおつまみ類もしっかり揃っております

中でもふぐのメニューは豊富となっており、刺し身だけでなく鍋、唐揚げ、ふぐ焼きなど、専門店も顔負けなほどに、多彩なふぐ料理を頂くことが可能

 

更に興味を惹くのが、こちらのメニュー

ラミネートされたメニューとなるので、日替わりという訳では無さそうなのですが、

・カンパチかま焼き、煮付け

・ウニ、明太子の天ぷら

・馬カレー、もつ鍋

・すっぽん鍋、茶碗蒸し

など、上記メニューにはなかった素材や調理法が多数

 

更に裏面をめくると、

・松茸の天ぷら、土瓶蒸し

・馬の焼肉(はらみ、リブフィンガー、かいのみ)

・牡蠣料理(生、蒸し、焼き)

などなど、やはり和食全般を様々な調理法で味わうことが可能に。

 

これだけの素材や調理を、一体何人で手がけているのか

なによりこれだけの材料の仕入れや保存って、どうやって賄っているのか

といった疑問もわいてきますが、それを可能とするだけのお客さんが入っているお店、という事なのかも知れません。

 

いずれにしても、富士見町(ナンパ通り方面)では、そうそう見ることのない気の利いた料理の数々が頂ける事は間違いなさそうですので

まずはお通しを頂きながら、オーダーの方を進めていくものとなりました。

※ ちなみに、この日のお通しは味噌田楽&自家製のさつま揚げとのこと

スポンサーリンク

馬肉料理はもちろん、鮮魚や海産物までも美味い、隠れ家的空間もお勧め要素

看板メニューが馬肉料理とされながら、鮮魚や鍋など、多彩な料理が並ぶ「馬肉料理くつろぎ処 旬菜ちよ」

ホールを担当しているのは、女将さんと呼ぶのが最もシックリくる、お母さんなのですが、この方がまた、注文時に色々と解説を添えてくれます。

 

話を統合すると

(かなりの圧力を掛けながら、グイグイ話を進めるのも、魅力であり特徴ですw)

一般的に馬肉料理と言えば、信州もしくは熊本が中心となるため、馬肉と共に提供される料理も、それら地方の郷土料理が中心になりがちです。

 

しかし、ここ「くつろぎ処 旬菜ちよ」で提供している馬肉は、会津地方の馬肉料理となる為、使う調味料は勿論のこと、提供される料理も東北方面のものが中心

要するに、会津の馬肉を中心とした、東北地方の様々な味覚が味わえる割烹、といったお店になるそうです。

 

そんなお店で頂く1品目となるのが、

スポンサーリンク

こちらの生牡蠣から

この日の牡蠣は、北海道産ということで、具体的な産地までは不明ながら、クリーミーで上品な甘みが詰まっております

当然ながら、鮮度も申し分なく、生牡蠣があまり得意では無い私をして、「美味い」と言い切れる上等な牡蠣からスタートとなりました。

 

続く2品目は、こちらは女将さんがぜひ食べて欲しいと勧めてきた

あん肝となります

プリン体続きが気にはなるものの、そんな事を忘れさせる濃厚な甘みと旨味が凝縮

最近は季節を問わず頂ける様になって来たものの、やはりあん肝の旬も秋から冬であることを感じさせてくれる、正に海のフォアグラといった深い味わいです。

 

続いては、馬刺しと鮮魚を注文したのですが、一足先に提供されたのがこちら

今、正に最高の鮮度を誇る秋刀魚と、これまた女将さんのお勧めとなる小鰭のお造り

秋刀魚の方は醤油ではなく、自家製である玉ねぎの醤油漬けと共に頂いて欲しいとの事

早速試してみると、玉ねぎの甘みと辛味が程良く秋刀魚に合わさり、脂のしつこさを抑えつつも旨味を引き出す薬味として良い働きをしています

 

続く小鰭ですが、こちらのお店では注文が入ってから酢締めする、浅締めで提供するスタイルなんだとか

その効果あってか、酸味はまろやかで甘みが強く、それで居ながら小鰭からの臭みは感じさせない、良い仕上がりになっています

鮮魚二品をこれだけ丁寧に扱うお店であるなら、お寿司が提供されているのも頷けますし、むしろそっちも食べてみたい程ですね。

 

しかし、炭水化物を吸収する間もなく、次のお皿が登場

ここからは、お店の看板料理の連続となります

まず一皿目の看板料理となるのが、馬刺しの6点盛り

どれも赤肉らしい旨味を感じさせており、噛みしめる程に肉の旨味が溢れる部位ばかり

 

ちなみに、こちらを頂く際に提供された醤油は、これまた会津のお醤油

共に頂く薬味となる自家製の辛味噌が、予想を上回る辛味を誇っているのですが、この辛味が醤油の持つ甘みとのコントラストで、互いを程良く引き合っています。

味わいが淡泊な馬肉だからこそ、甘みと辛味を備えた薬味との相性も良く、部位毎の食感の違いや旨味、脂の乗りを楽しめる一皿となっておりました。

 

続いての馬肉料理となるのが、

今度はユッケスタイルでの提供

ちょっと辛目のタレと和えた馬肉を、ユッケらしく卵と合わせながら頂いてきます

馬刺しの直後とあって、そこまでの興味をそそる一皿にはなりませんでしたが、これもまた牛とは違う、馬ならではの食感や赤肉の旨味が感じられます。

 

上記馬肉料理からは、少し遅れて提供されたのが、

こちらの馬肉ステーキ

 

ステーキには、サーロインとヒレの2種がありますが、今回はサーロインをオーダー

少し小ぶりではあるものの、馬刺しとは全く違う、良い意味で肉らしい味わいが強く感じられます

 

ちなみに、ソースは

・玉ねぎおろし

・ガーリック

・シャリアピン

これら3種類から選ぶことができるのですが、今回はシャリアピンを選択

 

このソースもまた、ステーキの持つ旨味を引き出す味わいとなっており、個人的には馬刺しやユッケよりも、ステーキの方がお勧めしたくなるほど、馬肉の持つ旨味を引き出している料理となりました

ただ、付け合わせのポテトフライが、いくら何でもちょっと多過ぎかな・・・というのもありましたが(笑)

 

ステーキに続いて提供された馬肉料理となるのが、

ここで誰が注文していたのか、まさかのハンバーグ(笑)

ステーキと大分被るだろうに・・・とは思ったのですが、まあせっかくなので頂いてみます。

 

先ほどまでに頂いたユッケ、ステーキ、その両者と同じ様なイメージで頂いたのですが、これまた予想外

使用している部位が異なることもあるのでしょうが、良くも悪くも獣肉らしさを強く感じる一品です

 

ジビエ料理が苦手な人だと、少し・・・と感じる程に、獣肉の持つ独特の香りが生きており、この香りごと馬肉をチーズに絡め味わう、そんな様式のハンバーグ

ただ、ジビエ好きの私をして、このハンバーグから感じる特有の香りは、あまり得意とは言い切れない程でしたので、こちらのハンバーグについては好き嫌いが分かれそうですね。

 

これらの他にも、馬肉の焼肉や寿司、揚げ物などなど、気になるメニューは多数見つかったものの…

かたやダイエット中、そして私も昼をガッツリ食べすぎた手前、そこまでの食欲に至らず、今回の注文は無念ながらここまでの結果に

馬肉を様々な調理法で頂けるお店だけに、色んなパターンを試してみたい所でしたが、それを頂くには人的要因が不足していたようです。

 

また、前述した通り、様々な和食を提供しているお店だけあって、鍋料理も実に取り揃えが多いお店でもあります

とは言え、鍋を囲むには最低でも3~4人は欲しい所となるので、これはまた、近日中に人を集めた上で再訪しなければ、その魅力を堪能するには至らないのかと。

元気で愛想良く、親切に接客する女将さんが好印象であったことを含め、チェーン店建ち並ぶ富士見町ながら、久々に良いお店を見つけるものとなりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

馬肉料理くつろぎ処 旬菜ちよ

■ばにくりょうりくつどぎどころ しゅんさい ちよ

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-12-8 さくら井屋ビル3F

■ 営業時間:17:00~翌1:00

■ 定休日:日曜日(翌日が祝日の場合は営業)

スポンサーリンク


スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。