スポンサードリンク

千葉中央、ネギーズ バー&グリルにランチが復活! 平日限定のネギ尽くしランチはボリュームもハンパなかった!

LINEで送る
Pocket

週の初め、月曜日

この日は、久々となったジムの帰りにランチへと向かった・・・

のですが、毎度おなじみ「臨時定休」を引き当ててしまい、予定が大幅に変更

 

週の初めからランチ難民になりかけた私の脳裏に、ふと思い出したあるお店の情報が振ってきたのです

千葉中央でずっと気になっていた、とあるお店がランチを始めていた、との情報が!!

 

当初は、本千葉で頂くはずだったランチの予定を変更し、向かった先は千葉中央

千葉中央といっても、富士見町側ではなく、新宿側へ車を停め、駅から歩くこと30秒

千葉中央駅(新宿方面)の真っ正面となる、こちらのお店「ネギーズ バー&グリル」となります。

 

同場所にお店を構えたのは数年前ながら、元々は夜の営業のみであった同店

しかし、1ヵ月ほど前からランチを始めたとの情報を聞きつけ、この日ついに初訪問を果たすことに

店名が指す通り「ねぎ」にお出迎えされながら、店へと繋がる階段を下ってみるものとなりました。

スポンサーリンク

京成千葉中央駅前のダイニング ネギーズ バー&グリルに平日限定にてランチが復活!

ランチ帯とは言え、薄暗さを感じる階段を潜り、地下一階へ

扉を開けたその先に待ち構えているのは・・・

「バー&グリル」に相応しい、煌びやかな内装の店内となります。

 

この日の訪問時刻は、12時を回ったばかり

こちらのランチは、11:30からとのことですが、まだランチを始めて日が浅いこともあるのか、まだ先客は無し

 

お陰で、1人でありながらテーブル席でもOKとのことなので、ここは遠慮せずテーブル席へ

こちら「ネギーズ バー&グリル」は、その名の通り「ねぎ」のお店

 

まあ、ねぎだけではなく「グリル」でもあるので、正確にはねぎとお肉のお店となるのですが、一般的には副菜として位置づけられるねぎを、主役に押し上げた様々な料理が味わえる、正にねぎの専門店となります。

 

しかし、お酒のお供であれば「主演:ねぎ」も成立するものの、これがランチに場面を変えるとどうなるのか?

その疑問を解き明かしたく、以前より気に掛けていた、ネギーズでの初ランチですが

 

ランチメニューの方はと言うと、

確かにどの料理にもねぎが使われていますが、ディナーメニューの様に「主役」に躍り出ることはなく、助演として好演を果たしているようです

ランチの主役となるのは、どれも肉料理で

・ビーフグリル

・ポークグリル

・グリルチキン

と、牛、豚、鶏3種の肉が、全てグリルされた品

 

これらに加え、一つだけ異彩を放っていたのが

・おろし牛皿定食

説明書きによると、牛バラ煮込み、紅葉おろし、錦糸玉子との記載となっており、様はこれらをあわせた品と思われます。

これらの具材が合わさることで、何が起きるのかは見えてきませんが、その他3品がシンプルなグリル料理であることを考えると、これはちょっと面白いかも

 

加えて、こちらのランチで特徴的なのが、オカズに対するご飯を、ねぎそばに変更することが出来るとのこと

ねぎ蕎麦というのが、どういったものになるのか、これも見えてきませんが、せっかくならご飯より蕎麦を食べてみたいもんです

しかし、蕎麦とグリルポーク、ビーフ、チキンというのはピンとこず・・・

これはやはり、「おろし牛皿定食」の出番となりそうですね

 

という訳で、おろし牛皿定食を蕎麦にてオーダーした所

「大盛りが無料ですがいかがしますか?」とのこと

 

ご飯であれば遠慮するものの、蕎麦はいつ何時どこで食べようと、お腹が満たされづらいばかり

しかもこの日はジム帰りとあって、空腹もMAX

ということで遠慮なく、大盛りにてオーダーするものとなりました。

 

ちなみに、同店の夜メニューは以下の通り、

ランチの3品同様、ステーキを始めとした肉のグリルが中心

ですが、店名の「ネギーズ」通り、ねぎが主役となるグリルや、スチームネギ、白ネギピクルスなど、物珍しい品も方々に

 

続いてのページでも、

グリルネギの味噌麹和えやネギグラタン、ネギのマリネなど、様々な調理法でネギが提供されております。

 

これらに加え、黒板メニューも用意されており、

こちらに並ぶ「ネギ」の文字は

・ネギたんぽ

・牛ハラミとポワローねぎのアヒージョ

のみとなっていますが、商品名にこそ刻まれてはいないものの、至る所にネギが隠れている様子は伝わってきます

 

主演から助演、バイプレーヤーまで、様々な役どころをネギがこなす、言葉通りネギ専門店らしいメニューになる様です。

スポンサーリンク

濃口の牛バラが食欲そそる、おろし牛皿定食を特盛りねぎ蕎麦と一緒に食べてみた

注文を終えてメニューを眺めていると、少しずつお客さんが来店

土地柄か、近所で働いている会社員の訪問が多く、私の後に訪れた男性二人は、「牛すじカレー」をオーダー

 

・・・牛すじカレー?そんなのあったっけ??

ふと店内の黒板メニューを見ると、そこには「追加ランチ」と書かれた記載と共に

スポンサーリンク

・牛すじカレー 650円

・豚しゃぶと色々野菜の煮びたし蕎麦 800円

これら2品を発見。

 

私ともあろうものが、追加のランチメニューがあったことを見落としていたとは、なんたる失態

しかし、そのどちらもテキストを見る限り「おろし牛皿定食」の魅力には届きそうにはないので、まずは一安心。

 

そんな様子を眺めること10分、本日のランチが到着となりました。

こちらが、千葉中央ネギーズで頂く初ランチ

「おろし牛皿定食」&ねぎそば(大盛り)となります。

 

まず唖然とさせられたのが、このド迫力

確かに、そばを「大盛り」にて注文しましたが、これが無料サービスの域なのでしょうか?

というか、白米orそばとの選択肢だったけど、このドカ盛り蕎麦が、茶碗一杯のご飯と同価格??

これ、白米注文していたら、確実に負け組確定じゃん

 

一目でこの日のランチ、勝利を確信した訳となりますが、まずはメインの(最早、どっちがメインか分らない)おかずから

こちらが、一応主役となる「おろし牛皿定食」

 

レタスに大葉、スプラウト、そして長ネギに浅葱と、たっぷり盛られた野菜たち

その上には色鮮やかな錦糸玉子がアクセントとなる色づけをし、登頂には牛煮込みがこんもり

更にその上に(どこまで続く? 笑)紅葉おろし、そしてせん切りのミョウガ

 

一般的には薬味とされがちな野菜達が、一斉に集い「個の力」を「集の力」に変えることで、主役と成り得た一皿

正に、バイプレーヤーズの様な、時代を象徴する一品とも言えます。

 

肝心な味付けの方はと言うと、基本となるのは牛煮込みの味付けとなり、そこに混ざり合う薬味により、異なる味わいを生み出しています

もう少し、牛煮込みの味付けを強くしていたり、同煮汁を全体に回しかけているなどしたら、味の統一感が生まれ、薬味も一層引き立つ様な印象を受けます。

とはいえ、これはこれで十分美味しいし、なにより野菜をたらふく摂取出来るのが嬉しい所です。

 

さて、そんなおかずと同等・・・いや、遥かに凌ぐボリュームを誇るのが、

こちらのねぎそば

蕎麦自体は、特にこだわり無い既製品を使っているものの、その量は優に2玉以上

この一皿だけで、肉そばでお馴染み「港屋」と同等近いボリュームを誇っています

 

しかも、蕎麦だけでは飽き足らず、ネギーズの名に恥じない、たっぷり盛られた長ネギに浅葱

そして、登頂を飾っているのは、これまたタップリの海苔

大盛りでオーダーしたことを、後悔しかける程のボリュームではあるのですが、これが思いのほか、グイグイ食べられてしまうのです。

 

その理由となるのが、

こちらの漬け汁なのです

 

漬け汁自体は、恐らく自家製ではない、既製品と思われるのですが、こちらからも実はネギの風味が

見た感じ、ネギは含まれていないものの、どうやらおろしたネギを漬け汁に混ぜ合わせている様なのです

ネギの味を強く感じる訳ではないものの、独特の粘り気と風味が漬け汁に加わることで、ボリュームある蕎麦があっさり食べ進められるんですね、

 

とは言え、これだけのボリュームをワンパターンの味付けで制覇するのは至難の業

そこで取り出した一手が、ランチのトッピングとして注文が可能だった、

こちらの月見とろろ(お値段150円)

こちらを加える事で、とろろと玉子の風味が加わり、見事味変が完了

山葵も加えれば、また新たな辛味も混ざり合い、更なるパワーアップを果たすことに。

 

それでも制覇しきれないこのボリューム、最後に私が打った手は・・・そう!

おろし牛皿定食の残りを、全て蕎麦にぶっかけてしまう荒技!!

 

一見すると邪道の様な合わせ技なのですが、これが想像以上に蕎麦とマッチ!!

濃口に煮込まれた牛肉と、その煮汁

更には紅葉おろしとタップリの薬味、そのどれもが本来なら、蕎麦にマッチする食材ばかり

これらを全て統合することにより、ちょっと肉少なめの「肉そば ネギまぶし」が完成となりました。

 

三段階に於ける味変を経たお陰で、苦しいながらもなんとか完食を達成

次回以降の教訓として、蕎麦は普通盛りを頼むべきであることを学びました。

 

それにしても、ホントこのボリュームの蕎麦と白米が同価格とは・・・

一体、どんな肝の太い営業をしているのか、心配にすらなります(汗)

ただ、今回私は「牛皿」を注文していたので、蕎麦とのマッチングを果たすことに成功しました。

 

が、もしこれが、牛ステーキやグリルポークだったら・・・やっぱ白米を選ぶかなあ?

食べ合わせにこそ、難しさを感じる所はありましたが、お値段に見合わない大ボリュームを味わえる、大満足なランチとなりました。

 

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

 

ネギーズ バー&グリル

■ ねぎーず ばーあんどぐりる

■ 住所:千葉県千葉市中央区新宿2-2-5 藤ビル B1F

■ 営業時間:11:30~(ランチは月~金のみ)/ 17:00~24:00

■ 定休日:不定休

スポンサーリンク


スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。