スポンサードリンク

肉の万世 千葉蘇我店が誇る最強のB級グルメ その名も「パコリタン」! 誕生月のお子さんにはプレゼントもあるよ

LINEで送る
Pocket

先日、我が家に届いた一通のハガキ

宛先は私では無く、我が家の子供宛となっており、送り主は「肉の万世 千葉蘇我店」

 

そして、ハガキに記載された用件はというと・・・

やるな、万世(笑)

今月は我が子の誕生月となるのですが、それに合わせて送られてきたハガキ持参で、プレゼントを用意しているとの事

 

大人であればスルーする内容となりますが、これを子供が目にしてしまったら当然

「万世、行きたい!!」となる始末(笑)

 

目にしてしまったものは仕方ない、という訳で

この日のランチは久々ながら、

蘇我駅から車で5分、末広街道沿いにある

「肉の万世 千葉蘇我店」にて、子供の誕生日プレゼントを貰いがてらのランチを頂こうと思います。

スポンサーリンク

千葉市随一の肉通り「末広街道」を代表する肉専門店、肉の万世 千葉蘇我店

JR本千葉駅&千葉都市モノレール県庁前駅

両駅を起点として、JR蘇我駅までを結ぶ末広街道

 

同通りには、本日のランチへと訪れた肉の万世を筆頭に

つい先日、ブログでも紹介した、HONKY TONK

JR本千葉駅近くで頂く肉ランチ ステーキ&焼き野菜 HONKY TONKの新メニュー、ローストビーフユッケ丼
3ヵ月前から「かつての食欲を取り戻す」ことを目標に、継続しているジム通い この日も午前中からオモクソしごかれ、下半身をプルプルさせながら、帰宅前にランチへ立ち寄ることに こ
2018-10-06 07:42

 

ステーキをメインにしながら、充実したサラダバーも人気高い「ステーキのあさくま」や、

ステーキのあさくま蘇我店にて70周年記念メニューを食べてきた
千葉市民人にとって、昔から馴染みの深いステーキ屋さんといえば ● 肉の万世 ● ステーキのあさくま この2店が2台巨頭と言っても過言では無い。 近年、格安ステーキを
2017-02-24 10:50

 

あさくまの裏手にお店を構え20年、蘇我の老舗ハンバーグ店となるウエストウッド

JR蘇我駅近く ウエストウッド 地元で愛され続ける絶品ハンバーグ&ステーキ
1月に入り、ラーメンランチが続いてしまったところで、たまには肉食を投入。 という訳で久々訪れたのが、末広街道から1本入ったところにお店を構える、 蘇我の「westwoo
2017-01-16 16:31

 

などなど、何故にか肉料理を専門とするお店が多く並ぶ通りとなります。

 

その中でも、特に歴史が長いお店となるのがこちら、肉の万世

秋葉原に本店を構える万世ですが、千葉では柏とここ、蘇我店のみ

 

私も幼少期から、何かにつけて祝い事の外食と言えば、肉の万世

といったイメージが植え付けられており、そのイメージ通りファミレス風のお店ではあるものの、価格設定は高めとなります。

 

ただ、その価格に見合った様々な肉料理が提供されており、昨年は同店のクーポンを購入していたことから頻繁に訪問していたのですが

肉の万世 千葉蘇我店 GROUPONお食事券を使い、お得に食べる方法
今年、1月のこと。 一昔前に「スカスカおせち」で一世を風靡した、GROUPONより【肉の万世 お食事券】のお知らせメールが来た。 同メールによると、肉の万世で使用できる
2017-04-11 09:54

同クーポンを使い果たして以来、この日が久々の訪問となりました。

 

そんな万世ですが、夜の部と比較し、ランチは以外とリーズナブルな設定に

肉料理の専門店、ということになるので、そのランチメニューも

・豚カツ

・生姜焼き

・ハンバーグ

などなどが取り揃っており、価格も全て1000円前後

個人的にお勧めとなるのが、同店のカレー&ハヤシビーフだったりします。

 

今回は、我が家の子供宛に届いた「誕生日おめでとう」ハガキをきっかけとした訪問となるのですが、当然

キッズメニューも充実した内容であり、価格帯もお手頃なものばかり

しかも同店には、15歳以下の子供が加入出来る「万世クラブ」というシステムがあり、同会員になるとキッズメニュー注文時に1品スイーツが付いてくる、といった特典があります。

※ ちなみに、今回「誕生日おめでとう」のハガキが届いたのも、同会員に登録していたことからとなります

 

そして、ランチメニューはまだまだ続き、上記したメニューは平日限定でのランチとなるのですが、

こちらのメニューは、平日・週末問わず提供されるランチメニューとなります。

 

平日ランチに比べると、若干値段が高くなる反面、セット内容が充実している品が増えているのが特徴

また、万世の看板メニューとも言うべき品になるのが、

こちらのステーキ達

これらは、ランチで頂くにはさすが過ぎるお値段ではありますが、その価格に相応しい肉質、旨味が味わえるのが特徴でもあります。

 

とまあ、久々の訪問となったため、一通りのランチメニューを紹介させて頂きましたが、ぶっちゃけここ数日の間に

・カレー

・ハンバーグ

を食べ続けており、今日の気分はどちらにも向かず・・・

 

かといって、ランチからステーキに手を出せるような祝い事も無く、何にしようか迷った結果・・・

万世を訪れる普段のテンションであれば、まず目を向けることの無い反面、今日の気分であればこそ食べてみたくなる、あの品

存在こそ気になっていたものの、これまで一度として手を出さなかった、万カツサンドに並ぶ万世もう一つ看板(?)メニュー

その名も「パコリタン」をオーダーしてみることとしました。

スポンサーリンク

肉の万世、数ある人気メニューを差し置き、NO1の座に輝いたのはハヤシライス!!

この日のランチに、私がオーダーした品、その名も「パコリタン」

 

事情を知らずにいれば、様々な想像を膨らましてしまいがちな商品名ですが、同品が現わす後半部分「リタン」は察しの通り「ナポリタン」

そして、妄想を膨らましたくなる前半の「パコ」ですが、これが示す品はなんと「パーコー」となるのです

パーコーがトッピングされたナポリタン、それがつまり「パコリタン」の正体となります

 

昨今では数多くのロメスパ店が増えてきたことから、ナポリタンに載せるトッピングも多様化の一途を辿る様になってきました

しかし、そんなブームの先駆けとも言えるのが、ここ万世が提供する名物ランチ「パコリタン」となるのです。

 

万世を代表するべきB級グルメ、その名にふさわしいパコリタンですが、注文するのは実はこれが初

普段は、カレーやハンバーグ、そしてハヤシライスに目が向いてしまい、例えパーコーが乗っていようとも、ナポリタンには魅力を感じず…

となっていたのですが、どうにもこの日ばかりはパコリタンに目が行くものとなりました。

 

そんな感じに注文を終え、待つこと10分少々

まず一足先に到着したのが、子供の注文となるこちらの品

スポンサーリンク

「キッズハンバーグ」となります

サイズこそ小ぶりですが、大人用のハンバーグと同様の肉質、ソースに目玉焼きまでがトッピング

上記に加えて、ご飯&コーンポタージュスープまでがセットとなり、お値段は780円となります。

 

そして、ポテトフライの上に刺さっているのは、ちょっとしたくじ?になっており、「当たり」が出るとプレゼントがあるとのこと

これまでウチの子も何度とこのくじを楽しみにして引いてきたのですが、アタリが出た試しは無し

本日もどうせ、外れだろうな・・・とくじを引いてみると、

ここでまさかの「当たり」に遭遇(笑)

察するに、この日は「誕生日おめでとう」ハガキを持参しての訪問であったことから、故意に当たりを忍び込ませてきたのでは無いか?

そんな勘ぐりを思わずしてしまう程、これまで一度として出なかったアタリを、このタイミングで引き当てるものとなりました。

 

ちなみに、当たりが出る事で貰えるプレゼントは、コイン型のチョコレートとなります(笑)

この程度の当たりプレゼントなら、毎回忍ばせておけば良いのに・・・なんて思ってみたりも

 

そんな初当たりを引き当て、ワキャワキャ騒いでいる間に、私のランチも到着

こちらが本日のランチ、パコリタンとなります

 

・・・ん?

パコリタンにも、白米、そして豚汁が付くの・・・?

てっきりナポリタンの上にパーコーが乗った鉄板、その一皿のみが提供されるもの

と思っていたら、まさかの白米&豚汁までがセットとなっていた様です。

 

確かに、いくらパーコーがトッピングされてるとは言え、ナポリタン一皿で私のお腹が満たされるとも思えません

しかし、だからといってナポリタンと共に白米が進むか?と言えば・・・どうなんでしょうか。

 

とりあえず、グダグダ文句を述べる前にナポリタン&パーコーから頂いてみましょう

まずナポリタンの方ですが、こちらはハンバーグらの付け合わせとして出てくるナポリタンと、全く同様の品

単品による注文となる為、何かしらの具材がトッピングされてくることも期待しましたが、その様なオプションも無し

玉ねぎとピーマン、そしてパスタを、ケチャップで炒めたごくごくシンプルなナポリタンとなっております。

 

そして、その上を飾るパーコーですが・・・

何故ここに、白髪ネギを載せてくる??

同店でパーコーを単品注文すると白髪ネギが乗ってくるのですが、百歩譲ってその仕様は理解出来ます

 

しかし、本日のパーコーはナポリタンへのトッピング

ケチャップ味のシンプルなナポリタンに、この白髪ネギが合うとは思えないのですが、まずは一口・・・

 

・・・うん、合わない(笑)

 

これがえびチリの様に中華の風味で味付けられたパーコーであれば、ネギとの相性も間違いないでしょう

しかし、このパコリタンに提供されるパーコーに関して言えば、下味はかなり薄め

むしろ、肉の食感と衣のサクサク感を味わうべく、敢えて薄めに設定した様な味付けだというのに、ここに白髪ネギを乗せたとして、なんらアクセントになりません。

 

かといって、ナポリタンとパーコーと共に合わせるとどうなのか、と言えばこれもまた微妙

ケチャップ味のナポリタン、豚の唐揚げ、そしてネギを同時に放り込んだだけに留まり、これらを組み合わせる事での確変は一つとして起こらず。

しかも、これらに加えて白米まで登場してしまったら・・・、

もう、こうして食べる以外に方法は見当たりません(笑)

 

それでも、未だボヤッとした味付けばかりが続き、今ひとつパッとしないこの鉄板

最終的には、

タバスコと粉チーズを多めにトッピングし、

「チーズ&タバスコ味」に統一するのが精一杯の躍進となりました。

 

万世を代表するB級グルメ、と称されてきたパコリタンだけに、相応の期待を込めていた反面、出てきた品は

・ナポリタン

・パーコー(白髪ネギトッピング)

・白米(&豚汁)

と、個々に独立した政権を築いている3品が出てきたのみとなり、三者が手を取り合うことによる可能性は感じられない、なんともお粗末な結果となりました。

やはりここのパーコーは、カレーもしくはハヤシライスにトッピングし、両者に掛かるソースと共に頂くからこそ、光り輝く一品に成り得る、ということを肌身で学習。

 

ちなみに、冒頭でもお伝えした通り

この日は我が子宛に届いた「誕生日おめでとう」ハガキによる、プレゼントが目当てでの訪問となります

 

同ハガキと引き換えで頂いたプレゼントはと言うと・・・、

家族で撮影した写真を納めた、フォトカード

そして、万世のイメージキャラクターである「牛さん(名前は知りませんがw)」の顔で彩られた、プレゼントボックスを頂きました。

ちなみに、プレゼントの中身は駄菓子の詰め合わせとなっており、これもまた結構なボリュームとなっており、子供の方は大満足。

 

パコリタンには正直、期待を裏切られたものの、その代わりといっちゃナンですが、子供の方は満足を得ていましたので・・・

まあこれはこれで良し、としましょう(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

肉の万世 千葉蘇我店

■にくのまんせい ちばそがてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区末広5-3-1

■ 営業時間:11:00~23:00

■ 定休日:無休

スポンサーリンク


スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。