JR松戸駅前に肉野菜炒めベジ郎が千葉初出店 大ボリュームの肉野菜炒めを絶品うま辛ポン酢で堪能

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

昨年、渋谷にオープンし話題となった

肉野菜炒めの専門店「肉野菜炒めベジ郎」

 

私も渋谷には頻繁に足を運んでいることから

オープン情報を知り、足を運んでいる同店

 

店名からも察する通り、更にはお店の黄色い看板が示すかの如く

某ラーメン店を意識した、デカ盛り野菜炒めの専門店となるこちら

 

その後、都内には池袋にもお店を出店するなど

今後、店舗拡大が予測されるものとなっておりましたが

 

そんなベジ郎がなんとこの度、千葉に初進出するとの事

その1号店となるのが、松戸駅東口となり、この12/15にオープンを迎えるそうでして

 

 

そんな「肉野菜炒めベジ郎 松戸東口店」より

僭越ながら取材の依頼を受けるものとなりまして

 

オープンに先駆けること前日、久々に足を運んだJR松戸駅

同駅東口を出て、すぐ目の前となりますこちら

肉野菜炒めベジ郎 松戸東口店を初訪問するものとなりました。

渋谷の人気店が千葉に初出店 12/15オープンの肉野菜炒めベジ郎 松戸東口店を初訪問

という訳で、オープンに先駆け

お店へ足を運ぶものとなった、肉野菜炒めベジ郎 松戸東口店

 

オープン前の実食会とのことで

この日は、お店の方を17時に訪問する事に

 

なお通常営業に関しては

11時オープン、22時までの通し営業になるとのことです

 

 

進化形野菜炒めとも呼ばれる同店の品は

某ラーメン店さながらに、たっぷりの野菜へ背脂をトッピングしているのが象徴的

 

デフォでも400gからの提供となる同品ですが

1皿で1日分の野菜を摂取出来るボリュームが、やはり大きな魅力

 

そんな野菜炒めに、唐揚げをトッピングしたのが肉野菜炒めとなりまして

やはり頂くのであれば、野菜に加えて唐揚げも共に食べておきたい所

 

更には、野菜炒めの味付けを選択出来たり

トッピングを加えられたりと、カスタマイズが多彩なのも同店の魅力

 

本日はどんな野菜炒めを頂いてみようか

ウキウキしながらの訪問となりました

 

では早速、お店の方へとお邪魔し、まずは店内の様子を観察しますと

席数は13席程となっており、全席カウンターとなっております

 

続いて、券売機の方をチェックしていきますが

こちらテイクアウトにも対応しており

店内での飲食、もしくはお持ち帰りより選択するものとなります

 

メニューのメインとなるのはもちろん、野菜炒めとなっており

まずは野菜炒めの味付け選択からとなります

 

醤油、ポン酢、味噌の三種から選択が可能・・・

と思いきや、上記3つの味付けに加えて見たことの無い「うま辛ポン酢」なる味付けを発見

 

お店の方に訊ねたところ、このピリ辛ポン酢は

この10月より提供が開始指された新しい味付けになるとのこと

 

続いて、野菜炒めへのトッピング選びに移りまして、

トッピングには、ニラにパクチー、バター

生卵にニンニク鬼マシ、そしてコールスローをを加えることが可能

 

私は試した事が無いのですが、

券売機上の説明に目を向けると

このコールスローがまた

従業員絶賛の組み合わせだそうで、なかなかの衝撃を与えてくれるのだとか

 

 

そんなトッピングを選び終えると、

お次は定食にするか、それとも単品か

更には、野菜の量についてもこちらで選んでいくものとなります

 

野菜炒めについては、少なめ(300g)からマシ(500g)までが同一料金

ここに加え、マシマシ(600g)が+50円にてオーダー出来る他、1kgの鬼マシなる品も発見

 

上記の定食・単品を選び終えると

最後は、背脂の量にご飯の量

そして肉野菜炒め注文時には、肉の量も選択が可能となっております

 

背脂の量は中(20g)、大(40g)、鬼油(80g)、なしから選択が可能で

肉の量も100~200gまで三段階

 

そしてご飯も、デフォの200gから始まり

最大で400gが選べる他、少なめの130gといったオーダーも可能になっております

 

 

といった次第が、野菜炒め注文までの流れとなりますが

本日私は、もちろんながら肉野菜炒めを選択

 

味付けについては、新メニューとなります、うま辛ポン酢を

量については、まだ病み上がりとなる事から少なめの300gを選択させて頂く事に

 

ここにトッピングにて生卵を追加しつつ

以前に足を運んだ渋谷店では見たことなかった「あんかけ揚げ餃子」も、共に頂いてみようと思います。

大量野菜炒めを前にしても、箸が止まらなくなるウマ辛ポン酢 あんかけ揚げ餃子もマストな1品

カウンター席に掛け、大量野菜炒めを迎える準備を整えつつ

その合間に周囲を確認していきますと、

卓上に用意されているのはベジの素

そしてお酢にカレー粉といった味変グッズ

 

更には、ベジ郎流となるウマい食べ方についても説明が用意されており、

卓上調味料の使い方に関する解説もバッチリ

 

そんな説明に目を通しながら

注文より待つこと、10分弱

こちらが、肉野菜炒めベジ郎 松戸東口店にて頂く

肉野菜炒め定食(ウマ辛ポン酢)になります

 

平皿一杯に広がる野菜炒め

その上には背脂、そして鳥の唐揚げをトッピング

 

野菜炒めにはキャベツにもやし、玉ねぎに人参が使用されており

唐揚げも小ぶりにカットされているものの、100gと十分過ぎるボリューム

ちなみに本日は、体調を考慮し少なめの300gでオーダーしておりますが

それであっても、この十分過ぎる野菜炒めのボリューム

 

その味付けも、うま辛ポン酢と新たな味わいになっており

そちらがどんな味付けになるのかも楽しみとなります

 

そんな野菜炒めと共に頂くセットは、

こちらのご飯が並盛りながら200g

そしてワカメのスープに加え、本日は生卵もトッピング

 

それでは早速、野菜炒めから頂いていきますが、

まずはもやし、キャベツらを試しに一口

 

シャキッとした歯ごたえを残しつつも、しっかり炒められた野菜たち

その味付けは、一口目にピリリとした辛さを感じますが、抜ける後味はスッキリしたポン酢仕立て

 

一口目から感じる辛味に味の濃さを感じそうなものの

そうさせないポン酢の風味が活きており、これがまあ美味い

 

思いがけず笑みを溢してしまう、なかなか出会えない味付けとなりまして

当然ですが、そんな野菜炒めを前にすれば

オンザライスをせずにはいられません

 

ピリッとくる辛味は当然、ご飯に合う最高の味付けとなり

並盛りご飯であっては、一瞬で姿を消す程の食欲を掻き立てます

 

続いて頂くのは、こちらの唐揚げ

前述した通り、小ぶりにカットされていますが

それでも100gたっぷり入っており、ボリュームは十分過ぎる程

 

この唐揚げもまた、揚げたてらしいサクッとした食感を残し

それでいて、衣が程よくうま辛ポン酢を吸い上げ、最高の味付けに仕上がっております

 

そして忘れちゃイケないのが、

同店ならではの存在、背脂になります

 

本日は病み上がりとあって、背脂の分量を20gに抑えてますが

それでも、特有の甘みは十分に活きており、野菜炒めをより美味しくコーティング

 

ベースの味付けがピリ辛仕立てであるが故

背脂の持つ甘みがより活かされ、双方の旨味を引き立て合ってくれます

 

 

そしてもう1つ、コレも是非試して欲しい味変となる

卓上調味料のカレー粉トッピング

 

デフォでもピリリと辛味が届くうま辛ポン酢ですが

ここへのカレー粉トッピングも、想像以上に秀逸

 

カレー粉が加わることで、辛さが増すだけで無く

スパイスによる奥深さも加わり、全体の味わいに深みが増加

 

当然、カレー味はご飯にも最高に合う組み合わせとなるのだから

白米を頂く手は、いっこうに留まる気配を見せません

 

そして後半に大活躍するのが、

こちら、追加トッピングした生卵

 

使い方は様々でしょうが、まずはすき焼きスタイル

野菜炒めに唐揚げを卵に潜らせながら頂きます

 

案の定、辛味を感じる肉野菜炒めだけに

ピリリと響く刺激をマイルドに中和

 

辛さレベルとしては、そこまででは無いものの

後半に頂く味変としては、これも秀逸なバリエーションの1つと言えます

 

そんな生卵を潜らせながら頂くのも絶品ですが

最後はいっそのこと・・・と、

卵を全て、野菜炒めの上にトッピング

 

更に、ここへカレー粉を増量トッピングすることにより

最後は全く新しい味わいへとステップアップ

 

スタートのうま辛ポン酢から始まり

背脂による甘みの追加、カレー粉によるスパイシーさアップ、そして生卵

 

個々の味変により、それぞれ異なる姿を見せるも

そのどれもが絶品続きとなり、大ボリュームの野菜炒めを飽きること無く最後まで完食

 

加えて、そのいずれもがご飯をより光り輝かせる抜群の相性

シンプルながらも奥深い、最高の野菜炒めとなりました

 

 

一方、メインに加えて本日追加オーダーしていたのが、

こちらのサイドメニュー、

餡かけ揚げ餃子になります

 

新メニューだけに、私も食べた事の無かった同品ですが

見ての通り、揚げ餃子に中華風あんかけ、更にはたっぷり黒胡椒をトッピング

 

見たこと無い組み合わせですので、

これが一体どんなマリアージュを産み出すのか

こちらもオンザライスしながら頂きますが

甘みある餡かけを引き立てる、黒胡椒のスパイシーさ

 

更には、餃子自体も揚げとなることで

パリッとした食感の妙を楽しませる、これも最高のサイドメニューに

 

野菜炒めのみでも十分過ぎるおかずとして成立しますが

そこに食感の変化をもたらしてくれる、こちらの揚げ餃子

 

これも今後は、マストで頂きたくなる

そんな最高のサイドメニューとなり、最後まで大満足を得るものとなりました。

 

 

という訳で、オープンに先駆け足を運ぶものとなった

松戸駅前の新店、肉野菜炒めベジ郎 松戸東口店

 

渋谷、池袋と都内では行列を成す人気店が

ついに千葉へ初出店となりましたが

 

そのワンパクな野菜炒めのボリュームもさる事ながら

たっぷり野菜を飽きずに食べ続けられる、味付け、味変の妙

 

特に本日は、新フレーバーとなる「うま辛ポン酢」を頂きましたが

序盤に届く辛味がご飯を推し進めつつ、後味はサッパリポン酢テイスト

 

背脂を始め、カレー粉や生卵による味変にも見事に調和し

シンプルや野菜炒めを様々なアレンジでも堪能

 

ボリュームについては、当然文句なし

ご馳走の如く変化に富んだ、野菜炒めを堪能させて頂きました。

 

惜しむらくは、こちらのお店がオープンしたのは松戸の駅前

我が家のある千葉市からは距離がある事でして

 

願わくば次にオープンする際には

千葉駅界隈とまでは言わずも、足を運びやすいエリアにオープンして欲しい

 

そう願わずにはいられない

絶品野菜炒めを存分に楽しませて頂きました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

肉野菜炒めベジ郎 松戸東口店

■にくやさいいため ベジろう まつどひがしぐちてん

■ 住所:千葉県松戸市松戸1176-13 秀姫ビル1F

■ 営業時間:11:00~22:00

■ 定休日:不明

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。