孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

千葉県初出店の野郎めしが高品交差点近くにオープン 野郎盛りの生姜焼きにカツカレーら食べ比べ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

つい先日、高品交差点隣の

「セナリオプラザ」にオープンした、くら寿司 高品店

 

そちらに続き、オープンを待ちわびていたのが

同くら寿司からみつわ台方面へと少し進んだ通り沿い

 

こちらも1ヶ月ほど前より看板の設置が進んでおり

事前にも情報を収集してしまう程、楽しみにしていたお店

その名も「野郎めし」となります

 

こちらのお店、千葉県には初出店となるのですが

築地銀だこのグループ会社が運営するブランドの1つなのだとか

 

上州名物のもつ煮定食や、生姜焼きらを名物にしており

何より気になるのが、そのパワフルさが伝わって来る店名

 

それ故に、オープン初日から足を運ぶつもりだったのですが

色々と週末にバタバタしてしまったこと

 

また、店舗前を車で通ってみると

随時お店の駐車場は満車、店外にも入店待ちの列が出来る盛況ぶりでして

 

その為、オープン初日での訪問には間に合わず

開店から3日が経過した日曜日にランチを頂くべく

こちら、野郎めし 千葉市祐光店を初訪問する事に

 

元は日産プリンスの駐車場スペースに

店舗、駐車場と合わせて新規に作られたこちらのお店

 

駐車場だけでも10数台のスペースが設けられていますが

案の定、この日もまた満車となっておりまして

 

ただ、私が訪れた時間帯に

タイミング良く、1台の車が出庫する所に遭遇

 

こちらの空いたスペースへと即、車を停車

店外には6名ほどの列が並んでおりますが、多少の待ち時間は計算済み

 

そんな訳で本日は、

高品交差点近くに8/19オープンとなった新店

「野郎めし 千葉市祐光店」を初訪問するものとなりました。

8/19に高品交差点近くへオープン 千葉県初出店となる野郎めし 千葉市祐光店をランチ初訪問

という訳で、開店3日目にして

初訪問するものとなった、野郎めし 千葉市祐光店

 

前述した通り、この日もお店は満席で推移しているものとなりまして

私たちが着いた時点で、店外には6名ほどの外待ちを確認

 

更に、店内にも1組用のウェイティングスペースがありますが

お店はカウンターで10数席、ボックス席も4組ほどを確認

 

いずれのテーブルにも、オーダーされた品は提供されている様ですので

待ち時間も長くて20分掛かるかどうか、と踏み列の最後尾へ

 

私の見込みよりも少し早くお客さんは流れ

列に着けること15分ほどで、店内へと案内されるものとなりました

 

店外に掲示のある看板からも

名物となるのは生姜焼き、もつ煮定食といった品であるのは確認済み

 

あらためてメニューを見ていきますが、

前述した2品に加えて

鶏天定食、厚切りロースカツカレーらも頂けるとの事

 

続くページの方には、

ハンバーグ、豚汁といった2品の定食

更には、同じく上州名物であるソースかつ丼も提供

 

その他、夏季限定メニューとなっておりますが

炙りチャーシュースタミナ冷麺、旨辛ビビン麺などもオーダー可能となっております

 

カツカレー、ハンバーグを除く全メニューには

並、野郎、特と3種のサイズがあるとのこと

 

写真は全て野郎盛りとなっているそうで

ボリューム溢れるメニューながら、同店では3段階のレベル2に相当するそうです

 

その他、各種定食の味噌汁を豚汁や冷麺に変更出来る他、

もつ煮や半熟卵

鶏天、ヒレカツらの個別注文も可能との事

 

そんな品々が並ぶ、野郎めし 千葉市祐光店ですが

まず今回の所は初訪問ですので、お店のお勧めを頂いておきたい所

 

そこで私は、上記品々から生姜焼き定食の野郎盛りをオーダー

子供はカツカレーを、そしてカミさんは旨辛ビビン麺の並を、それぞれオーダーするものとなりました。

香り昂ぶる生姜にたっぷりの豚ロース 野郎めし 千葉市祐光店で頂く生姜焼き定食

開店3日目となる日曜日

そのお昼時に初訪問するものとなった、野郎めし 千葉市祐光店

 

入店までにも15分ほどの時間を要しており

注文後も、それなりの待ち時間が掛かるであろう

 

と、覚悟をした上での訪問でしたが

オーダー後からの調理~配膳までは実にスムーズ

 

注文より待つこと7~8分

こちらが本日、私のオーダーした野郎めしのお勧めメニュー

生姜焼き定食となります

 

同定食には3サイズが展開されておりますが

本日はメニュー写真と同じ、野郎盛り(3段階の真ん中)をオーダー

 

パッと見ですと、メニュー写真より少ないかな

とも思われましたが、角度を変えて撮影してみると

たっぷりのキャベツせん切りが盛り付けられるも

その表面を覆う生姜焼きの方も、けっこうなボリュームに

 

店名が想像させるほどの、ガッツリ感とはならずも

相応にしっかりした食べ応えがある事は伝わってきます

 

なにより、配膳と同時に立ち上がってくるのが

たっぷり使った生姜ソースのもたらす特有の香り

 

生姜が苦手なカミさんはしかめっ面ですが

生姜大好きな私からすれば、早くも食欲沸きたつものとなります

 

早速、そんな生姜焼きの豚ロースから頂きますが、

やっぱり似合う定位置は、白米の登頂

ちなみに、こちらのご飯も十分過ぎる大盛りサイズで提供となっています

 

そんな豚ロースから頂きますが、

肉質はなかなかな加減で、生姜の酵素もあってか、柔らかな食感

 

当然、出来たてでの提供となっていますので

滴る豚の脂に、赤身の美味さもジューシーに感じる1品

 

生姜をたっぷり使った甘みあるソースも

豚肉にはもちろん、白米をも欲する好みの味わいです

 

続いて、そんな豚肉と共に盛り付けられる

こちらの玉ねぎと共に、ご飯を一口

 

これまたソースの甘みと旨味をたっぷり宿しており

豚肉同様、ご飯が進む味付けに仕上がっております

 

なにより、シットリ仕上がった玉ねぎの柔らかさ

これが私の好みに刺さる味付けでして

 

メインの豚ロースに負けず劣らず

この玉ねぎも、美味しく頂けるおかずに

 

続いては、そんな豚ロースと共に

 

たっぷりせん切りキャベツを包みながら

サンドイッチにしての一口へ

卓上には調味料やドレッシングも準備されておりますが

やっぱり生姜ダレとキャベツの相性を楽しんでコソの生姜焼き

 

この組み合わせも、当然美味しく頂けるものとなり

想像通り、食べ応えもしっかり得られる生姜焼きとなりました

 

ちなみに、そんな卓上へ常備されている調味料は以下の通り

マヨネーズに七味、ゴマだれドレッシング

更には、醤油とソースも用意されております

 

が、本日は生姜焼きとなりますので

その生姜風味を活かした味変となれば、

やっぱり、安牌となるのは七味でしょうか

こちらを加え、ピリッとした辛味も味わいながら、たっぷり生姜焼きは瞬時に完食

 

残るキャベツについては、

卓上より取り出す

胡麻ドレッシングと共に、完食するものとなりました

 

 

一方、本日子供がオーダーしたのが

こちらの熟成ロースカツカレーになります

 

同品については、サイズ野郎盛り1択となり

ご飯サイズを、250gもしくは350gより選択するものとなります

 

ちなみに、同品は250gでのオーダーでして

さすがに子供も1人では完食に至らず、

最後の最後になって、

残した豚カツをたっぷりカレーと共に私が担当

 

豚カツについては、柔らかな豚肉になっており

脂のバランスも良く、双方の美味しさを味わえるものとなります

 

対し、ちょっと面白かったのがカレーでして

見た目の通り、辛さそのものは控えめで、子供でも完食を目指せたほど

 

ただ、その割に後味へほのかなピリッとした辛味を宿し

更には、カレー自体がクリーミーな甘みとコクある味わいを宿しております

 

このクリーミーさが、どこから生じるものか

そこを私如きには解き明かせないものの

 

いずれにせよ、あらためてしっかり食べてみたい

そう思わせてくれるカツカレーとなっておりました

 

そしてもうひと品、

本日カミさんがオーダーしたのが、

こちら、特製旨辛ビビン麺になります

 

同品は3サイズの中から

もっとも小さくなる並サイズにてオーダー

 

さすがに並は少し小ぶりだった様で

カミさんをして、こちらについては少なくも感じたご様子

 

とは言え、トッピングにはせん切りされたキュウリにトマト

チャーシューに卵ら、具材は豊富に盛り付け済み

 

なにより、麺にはしっかり

辛味ダレが絡んでいるようでして

 

カレーの方には無かった

相応の辛さが期待出来るのでは無いか、と

わたしもこちらのビビン麺を一口頂く事に

 

まあ、結果としてはピリ辛程度に収まるものとなっており

その色味が見せるほどの辛さを味わうには至らず

 

とは言え、腰ある麺の食感を楽しめ

かつ夏場に嬉しい、冷たい麺類ならではの魅力も堪能

 

3品それぞれに、

相応の魅力を感じられる初訪問となりました

 

 

という訳で、オープン3日目

ランチ帯に初訪問するものとなった、野郎めし 千葉市祐光店

 

事前の情報や店名のもたらすパンチより

相当量のボリュームあるランチを想像しておりましたが

 

実際、程よいボリュームを成してはいるものの

十分、常識の範囲となる、食べ応えある定食各品といった印象になりました

 

また、入店にまでは待ち時間を要するものとなりましたが

そこからの提供までは、実にスムーズとなった同店

 

千葉県初出店とは言え、チェーン展開するお店らしく

しっかりしたオペレーションで運営されている事が伝わってきます

 

また、同社の公式HPの過去情報を見る限りですが

期間限定メニューなどの提供も行われているとの事

 

我が家からもご近所となる同店ですので

今後も、定期的にチェックしていきたい新店への初訪問となりました。

 

  

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

野郎めし 千葉市祐光店

■ やろうめし ちばしゆうこうてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区祐光3丁目8−10

■ 営業時間:10:30~20:30

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。