孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

モノレール穴川駅近く、手打ち蕎麦 げんを初訪問 絶品蕎麦にスタミナ食材満載、納豆とろろを堪能

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

昨年の末か、今年の初め頃だったか

 

たまたま目にしたブログ記事?かなにかで

モノレール穴川駅の近くに、聞き慣れないお蕎麦屋さんがあるとの情報を発見

 

詳しく調べてみたところ、

千葉市に住んで数十年となるものの、一度も走ったことの無い通りにある様でして

 

事前にGoogleマップで詳細を確認し、

こちらのお店を訪れてみたのは、1月下旬

 

ただ同時期は、まん延防止等重点措置に突入したばかりの頃で

その影響により、こちらのお蕎麦屋さんはまん防明けまで休業との張り紙が

 

その日は結果、別の代替案へと向かうものとなったのですが…

参照:モノレール穴川駅から車で5分、ラーメン つち家 シャープに醤油が響く竹岡式チャーシュー麺⇒

 

あれから2ヶ月弱、ようやく解除となったまん防

これに伴い、お店の営業も再開しているのではないか??

 

そんな目論見の元、2ヶ月ぶりに向かったモノレール穴川駅

そのすぐ近くながら、普段はまず通る事無い道沿いにありますこちらのお店

「手打ち蕎麦 げん」となります

 

店舗隣がチケット制のコインパーキングになるのですが

同駐車場はお店の駐車場も兼ねているとのこと

 

そちらに車を停め、2ヶ月ぶりながらの初訪問

手打ち蕎麦 げんにてランチを頂くものとなりました。

モノレール穴川駅から徒歩3分 裏通りにお店を構えるお蕎麦屋さん 手打ち蕎麦 げんを初訪問

2ヶ月前にも一度足を運んでみたものの

まん防による休業にて訪問達成ならず・・・だったお蕎麦屋さん

 

モノレール穴川駅すぐとなります「手打ち蕎麦 げん」ですが

こちらになかなか足を運べなかった裏には、もう1つ理由がありまして

店舗前にも記載されている通り

こちらのお店が営業しているのは、木曜~日曜までの4日間のみ

 

しかも、営業はランチのみとなっており

訪問機会を狙わなければならない、難易度高めのお店となっております

 

また、国道側から入ってくれば辿り着きやすいものの

モノレール天台駅の方から向かうと、途中の道が細いのも注意が必要な点でして

 

そんな難所を乗り越え、ようやく初訪問となった同店

この日、お店に着いた時刻は11:30を少し回った所

 

表から見るよりも、店内は広い作りになっておりまして

2人掛けテーブル席が複数、加えてカウンター席も設けられております

 

まだ先客の姿は見えず、とりあえず席の方でメニューをチェック

まずはこちらが温かいお蕎麦となっており

かけから始まり、鴨南蛮や天ぷら蕎麦

 

また、限定のお蕎麦としては

鶏そばといった品が提供されております

 

続いては冷たいお蕎麦になりまして、

もりから始まり、十割蕎麦は+100円

その他はおろしに冷やとろら、そしてカレーや鴨せいろらも頂けます

 

更には、春の限定メニューになります

こちら、桜の葉を練り込んだ桜そばなる品も提供

和食らしく四季を感じさせる品が頂けるのも嬉しい所ですね

 

さて、そんなお蕎麦各品が頂けるものとなるのですが

本日は久々、温かさが戻って来てすでに15度近く

 

せっかくならばお蕎麦を美味しく頂ける、

冷たい蕎麦を選びたいところでして

 

天ぷらや鴨せいろ、カレーなども気になる一方

写真付きで掲載された、納豆とろろがやたら美味しそうにも見えまして

 

普段、納豆を好んで食べる事は無いのですが

どうにも気になったことから本日は、納豆とろろを頂いてみることに。

パツッと歯切れの良いお蕎麦に、スタミナ食材満載 手打ち蕎麦 げんで頂く納豆とろろ

私が訪問した時点では、先客の姿は無かった

穴川駅近くのお蕎麦屋さん、手打ち蕎麦 げん

 

その後、常連さんと思しきお客さんが来店

更には予約の電話も鳴ったりと、12時が近付くに連れ慌ただしさを増す形に

 

そんなお客さんらより先んじて入店していた私の元には

注文から10分ほど、

こちら、納豆とろろのお蕎麦が到着となりました

 

店舗名が指し示す通り、

手打ちのお蕎麦を提供しております同店

 

使用している蕎麦粉についても、千葉市内で生産したものを使うなど

要所要所に拘りを感じさせてくれます同店

 

ただ、こういった拘りあるお蕎麦屋さんの特色としまして

お蕎麦は当然、美味しく頂けるものの、ボリューム面に難を感じる事が

 

ところが、こちらのお蕎麦はと言うと

この通り、他店と比較すれば

1.5倍はありそうなボリュームを以て提供となりました

 

ボリュームしっかり目のお蕎麦に加え

本日はとろろに納豆、更にはオクラらスタミナ具材もたっぷり

 

食べ応え十分そうなお蕎麦を前にしまして、

まずはその、拘り溢れるお蕎麦をそのまま一口

 

滑らかな舌触りのお蕎麦となりますが

パツッと歯切れの良い食感をも兼ね備えております

 

そんな蕎麦を口に含むと、フワッと鼻孔に蕎麦の薫りが

強く感じさせるものではありませんが、優しい風味が広がっていきます

 

そんなお蕎麦と共に頂く蕎麦汁ですが、

こちらは関東ながらに塩味は抑えめ

甘みある味わいになっており、蕎麦の風味をより引き立ててくれます

 

また、薬味のわさびも香り豊かなおろし立てとなっており

こちらをチョンと付けて頂くことで、多彩な風味が広がっていきます

 

そんなお蕎麦、蕎麦汁の組み合わせでも満足する一方

本日、その組み合わせをより引き立ててくれるのが、

こちら、たっぷり揃ったスタミナ具材

 

とろろに黄身を落とした月見、

お隣の更には、オクラに納豆、ネギにワカメが満載

 

まずは冷やとろスタイルを味わってみたく、

大きめの付け皿の方に、とろろと黄身をIN

こちらにお蕎麦を浸しながら頂けば、ズルッと頂きたくなる甘みが満載

 

もう暫く、冷やしとろろを味わいたいものの

更なるねばねば食材も多数揃う同品

 

いくらたっぷりのお蕎麦とは言え、

先に蕎麦が終了してしまえば本末転倒

更なる食材各品を全て丼へ

 

そしてここにお蕎麦を絡めて頂けば、

もうこれは、文句なしの美味しさに仕上がっていきます

 

各素材の主張がシッカリしているものとなるので

蕎麦の風味は、序盤に比べて控えられてしまうものとなります

 

が、それをも忘れさせる程

各具材と共に頂く、スタミナ蕎麦の美味しさは格別

 

これを頂くにはまだ3月と、時期尚早なのは間違い無いものの

これから来る暖かい季節

 

それこそ、食欲落ちる夏場などに頂けば

この上ないこと、間違い無しな絶品具材との組み合わせ

 

それもこれも、基となるお蕎麦が美味しいからこそでして

ボリューム面も含め、大満足を得る一食となりました

 

 

一方、お蕎麦屋さんにて食後に提供されるのが

こちら、蕎麦湯となるのですが

こちらのお店では嬉しいことに

蕎麦湯を飲むための湯飲みも共に提供

 

お店によっては、蕎麦湯のみの提供となってしまい

これを何処に入れて飲むべきか、悩まされる事もしばしば

 

そんな悩み要らず、しかもお蕎麦も美味しく頂け

更にはボリューム面でも大満足となる、そんな初訪問となりました。

 

 

という訳で、頂くお蕎麦はもちろんの事

小さな心配りにまで満足するものとなった、手打ち蕎麦 げんでの初ランチ

 

お蕎麦屋さんにありがちな

美味しいけども、お腹が満たされず…

 

そんな物足りなさを感じること無いボリュームも得られ

終始笑顔になれる、そんな一食を堪能させて頂きました

 

ただ唯一、帰り際になって戸惑ったというか

神経をすり減らすものとなったのが、こちらの駐車場でして

 

私が訪問した時点では先客が無かったため

問題無く車を停車することが出来たものの

 

帰りの際には、他のお客さんが入店していることから

駐車場の方にも当然、他の車が停車しておりまして

 

となると、奥に入れた私の車を出すに際し

かなり神経をすり減らす、繊細なドライブテクニックを求められることに…

 

とりあえず本日の所は事なきを得ましたが

車種によっては、駐車場からの出し入れに気を配ることになりそうです

 

なお、モノレール穴川駅の所まで出れば、別のコインパーキングもありますので

駐車場からの出し入れ難易度が高くなりそうな際は、同パーキングの利用をお勧めします。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

手打ち蕎麦 げん

■ てうちそば げん

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区天台5-22-13

■ 営業時間:11:00~14:00

■ 定休日:月、火、水曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。