孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

稲毛駅前に7月オープン、きらく亭を初訪問 画角に収まらない品数豊富なランチ、つるつる寿司天御膳

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日はカミさんが出掛けており、子供と2人のランチへ出る事に

 

夏休み前から「うどんを食べたい」と話していた事もあり

今日こそはと、四街道にあるうどんの名店「うどん屋 麦(ばく) 」に向かおうとしたものの・・・

 

なにか悪寒の様なものを感じ、念のためにお店のHPを確認すると

ふぅ、間一髪・・・8月いっぱいは夏休みとのこと

 

ならば、第2の案となるのが先日も向かおうとしたものの

駐車場に空きが無く、入店不可となったご近所のお店、西千葉の麺聞録

 

今日こそはと期待を込めて向かってみますが

本日もまた、駐車場に空きが無く訪問は難しいご様子

 

 

二連続でうどん専門店にフラれたことから、ここでうどんには見切りを付けることに

代替案を子供に尋ねると「豚骨ラーメンが食べたい」との話に

 

千葉で豚骨ラーメンと言えば、お馴染みなのは幸福軒

ですが、豚骨初心者の子供が食べるには果たしていかがなものか?

 

むしろ子供連れでの訪問ならば、より最適となるのが

国道14号沿い、幸町にある「博多ラーメン ふくちゃん」ではなかろうか??

 

 

そう思い立ち、千葉大裏手を抜けて幸町へと向かおうとしたところ・・・

通り過ぎてしまった 汗

 

14号へと降りるバイパスを過ぎた以上、一周回って幸町に向かうのも遠回り

いや待て、むしろこのまま稲毛に向かえば、同じく豚骨仕立てのラーメンが頂ける「旨麺」という選択もあるぞ

 

ならば、と久々のパーコーラーメンに心弾ませ、稲毛に向かい車を停車

子供を連れて「旨麺」へと辿り着いてみると、

ここにもまた、コロナ禍の影響か

お盆明けから8月いっぱいまで、臨時休業するとの張り紙に遭遇

 

しかし、既に車を停めてしまった手前

今更、稲毛からふくちゃんを目指すのも正直面倒くさい

 

なにか近場に、面白いお店でもあれば・・・

と、駅前ロータリー方面に向かってみたところ

ここで、見慣れないお寿司・・・鰻・・・

いや、和食のお店?の姿を発見

 

店名はこちら、

「旬の海鮮と野菜 きらく亭」となるそうで

そういえば少し前にネットの方で、そんな名前の和食料理店がオープンした情報を見た様な

 

うどんはもちろん、豚骨ラーメンにすら掠らずですが

他の候補も今更見つからず、本日はこちら稲毛の新店

 

「旬の海鮮と野菜 きらく亭」を子供と2人、初訪問してみようと思います。

JR稲毛駅、ロータリーすぐに7月オープンした和食のお店、旬の海鮮と野菜 きらく亭を初訪問

稲毛区轟町を経由し、稲毛駅前へと辿り着くものとなった本日のランチ

二転三点を繰り返したこともあり、すでに時刻は12時に差し掛かろうかという時間帯に

 

お店の方は11時OPENとのことで

この時点で既に4組ほどのお客さんが来店中

 

稲毛駅前では数少ない、和食のお店とあってか

比較的年配となるお客さんの姿が目立つ様に感じます

 

以前は波奈グループの店舗となる

「SUSHIと海鮮居酒屋 まるなみ」があった同地

 

当時の造りを継承している様で

カウンター席にテーブル席ら、広い作りの店内となっております

 

その中の個室風に仕切られた一席へと案内され、まずメニューへ

めくった1ページ目に出てくるのは、まさかの鰻

うな重にひつまぶし、更にはセットも提供されておりますが、お値段は相応の価格

 

専門店ならともかく

このスタイルのお店で頂く鰻が果たしていかがなものか

 

まだ信頼しきれない所もあり、他のメニューへと目を向けますと、

続いては、お寿司にちらしなどの海鮮系に

 

店内にはカウンター、更にツケ場も設けられており

そちらに入る職人さんが握り、提供するスタイルを採っている模様

 

ただ、写真で見る限り、各種ネタに季節性は感じられず

拘りのお寿司と言うよりは、年間通じ供給が安定する食材を中心に構成している様子が伺えます

 

更にページをめくると、

今度は、にぎりやうどんなど

和食系ファミレスのようなセットメニューに到達

 

ただ、お値段はいずれも

1,000円台後半から2,000円台とちょっとお高め

 

その気になって訪れて居るならともかく

うどん、豚骨ラーメンを妥協した上で頂くには、少し気が引けるお値段になります

 

続いては別紙となるランチメニューですが、

まず最初に目を付けたのが、こちらの日替わりランチ

本日は三味丼として、鮪、穴子、サーモンの海鮮丼が提供

 

そのお隣はうな重となりますが、こちらはいずれも3,000円オーバー

さすがにそのお値段に手を伸ばすことは出来ず、更なるランチメニューを見てみますと、

こちらは7~8月との記載もあり

2ヶ月単位でメニューが変化する、そんな様子を匂わすランチメニューに

 

同メニューであれば、にぎりのセットは900円から

握りにうどん、更に天ぷらも付いたセットでも1,380円と幾分リーズナブルな価格帯に

 

中には2,000円を超すセットも提供されておりますが

子供は同メニューから早々に「にぎり さざ波」といった子供価格のセットを選択し一安心

 

それに倣い私も、うどんに天ぷらをも頂ける

「つるつる寿司天御膳」を選んでみるものとなりました。

 

注文を終えたところで、お茶の提供となったのですが

こちらの湯飲みには、

今ではとんと目にすることのない

昔ながらのお寿司屋さんらしい、風情を感じる湯飲み茶碗で提供

 

ファミレスの様な風貌ながら、どこかお寿司屋さん

いや、鰻専門店?らしさもある不思議なお店

 

さて、本日のランチは如何ほどのものになるのでしょうか??

お寿司5貫に天ぷら4品、サラダうどんに小鉢多数と、品数豊富なつるつる寿司天御膳

注文を終え、お茶を提供された後

注文を伝えたスタッフさんとは異なる・・・店長さんでしょうか

 

凜とした佇まいが印象的な男性スタッフさんがテーブルを訪れひと言

『にぎり さざ波がお子様のご注文でしたら、さび抜きにいたしますがいかがしましょうか??』とのこと

 

スッカリ子供の注文をさび抜きと伝える事を忘れておりましたが

私よりも先に、そこへ気付いてくれる、スタッフさんの好判断

 

お礼を伝えながら、さび抜きにて再度注文することに

予想外の気配り、これはやっぱり有り難い&嬉しい所ですね

 

そんな気配りを快く感じつつ、待つこと10分ほど

まず先に提供となったのが、子供のオーダーしたこちらの品

「にぎり さざ波」となります

 

上記の通り、メインとなるのは握り8貫

これに加え、ポテトサラダにお味噌汁、そして茶碗蒸しまでがセットで、お値段は990円

 

ファミレス価格と思えば納得となる上

提供される寿司ネタも、物珍しさこそ無い反面、そう悪くも無いご様子

 

 

そんな子供の注文から遅れる事1分

更に大きなお盆にて提供となったのが、こちら

私のオーダーした

「つるつる寿司天御膳」の到着となりました

 

同御膳は、寿司5貫に始まり、天ぷらが4品

更には、サラダうどんが付いて、各種小鉢まで

 

お値段は先ほどの「にぎり さざ波」より400円高い

1,380円となりますが、和食系チェーン店を思えば平均的な価格設定

 

また、品数豊富なのも嬉しい所で

どこから手を付けようか悩むものとなりますが、

本日の所は、まず握りたてを頂くべくお寿司からスタート

 

こちらもサーモンに鮪、いかに海老と

年間通じて供給の安定しそうなネタをメインに構成

 

その奥にある緑色のネタ・・・

野菜、でしょうか??

 

ちょっと正体が判断出来ずとなりますが、

まずは定番、イカから頂く事に

 

ネットリした食感に甘みを持ち合わせ

包丁を細かく入れることで、噛み切りやすく手も加えられております

 

使われている食材自体には、強い拘りは感じないものの

食べやすさへの配慮、御膳として提供しても崩れない様、固めに握られたシャリなど

 

素材や調理の方法に驚きを受ける事は無い反面

食べ手が気持ち良く食べられる、そんな配慮が随所に見受けられます

 

そんな握りの中で、異彩を放っていたのが

こちらの握り

 

口に運び、野菜であることは確認出来ましたが・・・

結局なんだったのかは明言できず(笑)

 

続いて、天ぷらの方に移りますが、

こちらは、海老を中心に

茄子、獅子唐、サツマイモの4品が盛り付け

 

いずれもそつなく仕上がっており、

揚げたての状態にて提供されているのはもちろん

素材についても、特筆するほどでは無い反面、酷評する部分も見当たらず

 

良い意味でチェーン店の様な

安定、安心を感じさせる天ぷら4品となりました

 

そして3つ目のメインとなるのが、

こちらのサラダうどん

 

サラダ、と明証される通り

レタスやトマトら野菜を共に盛り付けた冷たいうどんとなりまして

 

具材にはその他、茹で卵に豚しゃぶをトッピング

 

肝心なうどんの方は、

細めの平打ちとなっており、ツルッと啜り上げられる喉ごしが特徴

その分、うどん自体は柔らかめとなっており、コシは弱め

 

共に頂く汁は鰹出汁を利かせたものとなっており

冷たいうどんらしく、サッパリした味わいを感じさせるものとなりました

 

これらに加えて、茶碗蒸しにお味噌汁

そしてデザートには、杏仁豆腐

 

更には、食後にサービスなのか

私の元にはホットコーヒー

そして子供には、ひと言確認の上オレンジジュースが提供

 

お値段はそこそこ価格となる反面

品数の豊富さでは満足を得られる、そんな一食となりました。

 

 

という訳で、予定を急遽変更しながらも伺うものとなった

稲毛駅前の新店、旬の海鮮と野菜 きらく亭

 

店名通りの「旬」はともかくとして

海鮮を中心とした和食で構成された同店のランチ

 

メニューの構成、品数などを見る限り

チェーン展開しているファミレスの様なお店となるのですが

 

帰り際にお店の方へ訊ねてみたところ

他にも多店舗展開している訳では無い、同店のみのお店になるとのこと

 

接客の面では、個人経営店の様な気配りを感じられ、居心地も良好

お客さんの多くも、和食中心である事から、年配層が中心

 

メニュー構成や品数の豊富さから、チェーン展開しているお店に見えはするものの

その実態は、チェーン展開する訳では無い、独立店

 

加えて本日はオープンセールだったのか、

お会計から10%OFFのサービスも

 

なんとも不思議なお店、一食となりましたが

稲毛の駅チカには無かったタイプとして、重宝しそうに思われます。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

旬の海鮮と野菜 きらく亭

■ しゅんのかいせんとやさい きらくてい

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区小仲台2-6-4 ニュー千葉稲毛1F

■ 営業時間:11:00~20:00

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。