スポンサーリンク

千葉中央駅近く、千代川をランチ訪問 トロトロ柔らか豚肉に山椒が効いた煮豚山椒つけ蕎麦&ミニ親子丼セットでしっかり満腹

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

午前中よりバタバタとした月末

千葉駅周辺にて一通りの仕事を片付け、この時点で時刻は11時を過ぎたところ

 

近隣でランチでもしよう、と富士見町方面へ向かおう・・・

としたところで、突然の尿意が(汗)

 

近隣コンビニではトイレの貸し出しも無い事から

一旦、富士見町のラッキーに駆け込みトイレを拝借

お礼とばかりにUFOキャッチーをプレイした所で、再度ランチ散策へ

 

とは言ってみたものの、ここまで来てしまった手前

もう近場へ足を運ぶモードとなり、ラッキー裏手となる

鷹の羽」を久々に訪れてみると・・・

あちゃあ。。。

まさかの店舗リニューアルでしばらくお休みとのこと

 

とは言え一旦、ラーメンに傾いたスイッチ

遠くまで移動するのも面倒となってしまい

大通りに出てそのまま、一風堂にでも立ち寄ろう・・・

 

と向かってみたところ、

今度は一風堂までもが改装中にてお休みとのことw

 

 

9月の末に2軒連続での改装

久々に来たぞ、このコンボ・・・

 

オラ、ワクワクすっぞ!!

 

 

・・・などと喜んでは入られず

確実にこのままでは、ドツボにはまるパターン

 

とは言えすでに気分はラーメンモード

いや、少なからず麺類を欲しだした訳ですが

あと残る近隣の麺類と言えば

 

蒙古タンメン中本 千葉店

ます嶋

・宗庵 千葉店

といった所でしょうか

 

ただ、どれも今日の気分に対して決め手に欠ける中

もう一捻りした何かを求め、千葉中央方面に歩いていると、

ここで目にとまったのが、京成の線路より交差点を挟んだ向かい側

セブンイレブンの地下1Fとなる、千代川

 

確か、和食系の定食が頂けるお店と記憶しているのですが、

あらためて同店前のメニューを目にすると

お蕎麦+丼各種といったランチが提供されている様子

 

以前に訪問した時とは、だいぶ異なる趣のランチですが・・・

これは足を運んでみる価値がありそうな予感

そんな訳で本日のランチは、二転三転しつつも、千代川を訪れてみるものとなったのです。

京成千葉中央駅近く、富士見町の千代川を久々訪問 ランチメニューが大きくリニューアル??

京成千葉中央駅から徒歩3分程

線路沿いのスクランブル交差点すぐ側に位置する、千代川

 

こちらを以前訪れたのは、確か6~7年程前

カミさんが

「面白そうなランチやってる店を見つけた」

 

とかなんとか言ってきたことから

誘われるがまま、同店を訪問

 

当時は確か、和食系の定食を10品程提供していたのですが

正直どれも、期待値を上回ること無い、今ひとつな結果に

 

その時のイメージが強く、長らく足を運んでなかったものの

この日、お店の前を通り目にしたメニューには、

お蕎麦を始めとした丼物とのセットが中心とのこと

 

以前とは異なるランチが頂けるのなら

これはワンチャンあるのでは無かろうか??

そんな希望を頂き、お店へ続く階段を降り店内へ

 

この時点で時刻は11:40を過ぎたところ

すでに店内には2組の先客が入店中で、それに続く形でお店の方へ

 

早速、メニューに目を向けてみますと、

先ほど、表で見かけたランチをより細分化して掲載

 

メインとなっているのは「布乃利そば」で、これにプラスして

・ミニカレー

・鶏唐丼

・メンチ、ミニ海老フライ丼

・ミニ親子丼

などをセットとして付けることが可能となっております

 

その他メニューには、上記に記載のある

「鶏チンジャオ丼」がある他、

こちらにいくと、今度はご飯ものがメインとなる定食となり

前述した丼各種に加えて

・ミックスフライ

・スパイシーカレー

・生姜焼き

なども頂けるとのこと

 

そしてもう一つ、3枚目のメニューに進むと、

こちらは「ランチ限定」とされるメニューで

・煮豚山椒つけそば

・煮豚つけそば

といった2品の姿を発見

 

こちらのお蕎麦にも、ミニカレー、ミニ親子丼を

付けられるセットメニューが用意されているものとなります

 

そんなところが千代川のランチメニュー一通りとなるのですが

ザッと目を通し、気になったのはやはり「煮豚山椒つけそば」なる品

 

商品名からして、いわゆる肉そば系になるのかな?

といった印象ですが、ご飯ものとのセットもあるなら

ボリューム面でも十分な食べ応えとなるはず

 

ならば本日のランチは

煮豚山椒つけそばをミニ親子丼セットで頂いてみようと思います。

柔らか煮豚に山椒&辛味がアクセント 煮豚つけ蕎麦に具材たっぷり親子丼もセットでオーダー

早々に注文を確定し、ホールを担当している

奥様?に声を掛け、注文を告げると

『味玉は付けなくて良いですか?』と、アップセルのひと言を

 

このひと言を貰うと、どうしても首を振ることが出来ない私は

言われるがまま、味玉もセットにして頂く事に

 

お昼が近づくに連れ、お客さんの数も増えていき

私が入店してから10分程で、店内テーブル席は満席近くまで埋まる賑わい

 

そんな中も、ホールを担当しているのは奥様一人

手際が良い・・・とは決して言えませんが

賢明に頑張っている姿を見ると、どうにも応援したくなります

 

そんな様子を眺めながら、待つこと10分ほど

まず一足先に提供となったのがこちら、

京成千葉中央駅近く、千代川にて頂く

「煮豚山椒つけそば(味玉付き)」となります

 

共に頼んだミニ親子丼については

この後、出来たてにて配膳されるとのこと

 

まずは先に、お蕎麦の方から頂いてみようと思いますが、

こちらがお蕎麦となっており、

量としてはざる1枚よりは、気持ち多めなほど

 

女性ならともかく

男性であれば、ミニ丼をセットにして正解

といった量に見受けられます

 

アップセルにてオーダーした味玉

加えて、ワカメに青菜が具材として盛り付けられております

 

このお蕎麦を頂くつけ汁の方はと言うと、

思っていたよりも小ぶりな器での提供で

煮豚も可愛らしいサイズのものが3つ

 

これに焼ネギ、更には唐辛子でしょうか

見るからに辛いことを印象づける色味での提供となりました

 

まずは一口、つけ汁から頂いてみますと、

塩味は控えめながら、出汁の甘みを感じつつ

その後には、程良い辛味が残るピリ辛仕立て

 

辛味はそこまで強くない一方

メニューでは「山椒」との記載がありましたが

この時点で、山椒の風味やシビレ感は伝わってこず

 

続いては、こちらをお蕎麦と共に頂いてみますが、

そばをつけ汁に浸し、下からググッと掻き混ぜながら口の中へ

 

すると、ここでようやく山椒の存在を確認

どうやらつけ汁の下の方に潜んでいたようでして

蕎麦を浸し、下からすくい上げることで、そのシビれが目を覚ましてきました

 

そんなつけ汁と共に頂く蕎麦ですが

舌触りはツルッとしており、食感も独特

 

特に記載はされておりませんでしたが

こちらのお蕎麦も海藻を繋ぎに使った布乃利そばとなる様で

乾麺ながらの、その特徴的な喉ごしを感じる事が出来ます

 

さて、つけ汁の方に半裁を戻しまして、

こちらの具材となっているのが、

こちらの煮豚となります

 

サイズは見ての通り小ぶりですが

豚肉らしい脂の旨味、柔らかさを宿しており

辛シビな部分以外はシンプルなお蕎麦に、しっかりした存在感を発揮

 

ただ、煮豚の数も3つとなりますので

やはりお蕎麦だけで頂くには、男性だとボリュームに物足りなさを感じそうです

 

そんなお蕎麦、もう一つのトッピングが

こちらの味付け玉子

茹で具合は固めとなっており、ラーメンのような半熟仕上げでは無く

しっかりした白身、黄身の中に、蕎麦汁による旨味を閉じ込めたものとなります

 

その味付けについては満足するものとなりますが

蕎麦に対するトッピングとしてとなれば、ちょっと難しい所で

 

ご飯ものまでは行かずとも

なにかもう少しボリュームが加われば・・・

そんな時であれば、ちょうど良いトッピングかも知れません

 

そんなお蕎麦より、5分程遅れて提供となったのが、

こちらのミニ親子丼

そして、ランチのセットとなるリンゴのゼリーもご登場となりました

 

さて、親子丼の方ですが

こちらの味付けに使用されているのは、

恐らく先ほどのお蕎麦と同様のカエシかと

甘みはあるものの塩味は強くなく

ついでに言えば、味付け自体も優しい風合い

 

対する鳥肉は、程良い火加減で提供されており

プリッとした食感と共に、柔らかさも感じさせてくれます

 

ミニサイズの親子丼ながら、玉子も2つ程使用されている様で

ご飯全体を覆い隠す、十分過ぎるボリューム

 

単体で頂くには、少し薄味に感じるものの

お蕎麦のつけ汁を頂いた後であれば、ちょうど良い塩梅に感じるものとなりました。

 

 

といった具合に、5~6年ぶりのランチ訪問となった

千葉中央の和食店、千代川

 

しっかり煮込まれ、柔らかながらも味わい深い煮豚

それと共に頂く、辛味とシビれを楽しむつけ蕎麦

更には、布乃利そば特有の食感までをもしっかり感じられるお蕎麦に加え

 

サイドメニューながらも、玉子乃優しい味付けに

丁寧な調理で、良い塩梅に仕上がった親子丼セットと

ボリューム面でも十分満足出来る一食となりました

 

ただ、一点気になったのがお値段の面でして

これらの合計(玉子を含む)が1,350円と、若干割高なお値段

 

親子丼、お蕎麦共にもう100円ずつ安く・・・

とまでは言いませんが、両セットで1200円を割るくらいなら

お値段的にも納得出来る品かな、といった感じを受けました

 

まあ、駅近い立地ですので

その点を踏まえてしまえば、妥当っちゃ妥当なのかなぁ

 

いずれにせよ、次回の訪問機会があれば

今度はご飯ものをメインに頂いてみたいなど

幅広いランチが食べられそうなお店となりました。

 

 

なお、この日の帰り道

車を停めていたコインパーキングに向かうと、その向かいには

メキシコ料理のお店

「デスペラード」のノボリになると思うのですが

 

メキシカンランチ、とあるそのお隣には

「メキシカンラーメン」なるノボリを発見

 

これは・・・近日中にご報告いたします(笑)

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

千代川

■ ちよかわ

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-16-1 渡辺ビル B1F

■ 営業時間:[月~金]11:30~14:00 / 17:00~23:00 [土]11:30~14:00

■ 定休日:日曜日・祝日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。