スポンサーリンク

千葉、富士見町の岡本庵がお肉屋さん救済、ステーキフェアを開催! 原価奉仕!?のサーロインステーキ定食を食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

最近私がTwitterで良く目にしている、お気に入りのアカウントがありまして

その名も「意識の高いデブ」

 

アカウント名からして、ツッミコどころがセルライトと共に溢れているのですが

この方が呟くツイートには、共感せずにいられない名言が多数でして

 

中でも最近特に心を打たれて名言がこちら、

昨今、ワイドショーでも目にしている、あの痛ましい件に対し

デブなりのダンディズムにて、自身の見解を述べる

 

この投稿を見て私も、思わず・・・

叩かれ、炎上された肉が食べたくなった訳です

 

要するにステーキを食べたいモードとなったのですが、

ここでふと思い出したのが、先日テイクアウト利用にて訪れた、富士見町の岡本庵

 

前回訪問の際には「2段重ね」というフレーズにまんまとそそられ、同店の日替わり弁当を頂くものとなったのですが

富士見町を代表する豚カツ・肉料理の人気店「岡本庵」でもお弁当を販売! 食材豊富な二段重ねの日替わり弁当&かつ丼をテイクアウト
先日、富士見町の「蒙古タンメン中本千葉店」にお弁当を買いに行った時のこと 同お弁当を購入するに当たって、富士見町内のコインパーキングに車を停車したのですが・・・ よりによっ
2020-05-06 07:17

こちらを購入すべく、お店を訪れた際に目にしていたとある情報を思い出したのです

 

それがこちら、

各飲食店が新型コロナウイルスの影響で苦しむ中

それと同じく、苦しい思いをしている業者さん

 

お肉屋さんを救済すべく立ち上げられた企画

その名も「ステーキフェア」とのこと

 

上記看板によれば、200gのサーロインステーキを原価奉仕の1280円にて頂けるとのこと

ただ、同写真を見る限り、これはさすがに200gじゃ収まっていないだろ(笑)

と正論を返したくはなるものの、それはともかく、肉の名店である岡本庵が語る原価奉仕は、是非とも食しておきたい1品じゃないでしょうか

 

しかもこの日は、朝から気分はステーキモード

今を逃したら何時食べるのか?

 

そんなステーキ日和を迎えたことから

本日のランチは、富士見町の岡本庵を訪れてみるものとなりました。

富士見町のとんかつ・肉料理専門店、岡本庵が「お肉屋さん救済キャンペーン」としてステーキフェアを開催! 

この日、お店に着いた時刻は11:30

11時開店となる岡本庵ですが、緊急事態宣言が明けたとは言え、まだ外食するお客さんも少ない様子

 

私が訪れた時点での先客は0組

その後、数名のお客さんが来店しましたが、12時時点でも4組4名といった状態

同店の日頃の人気ぶりを知る身としては、やはりまだまだ寂しさを感じてしまいます

 

ひとまず一番手にて店内へと乗り込み、通されたカウンター席にてまずはメニューをチェック

半年ほど前にもランチで訪れている同店ですが、現在はまたメニューに変更が加わった様子

 

こちらが現在のランチメニューとなっておりまして、

冬の名物、牡蠣フライが終わってしまった代わりか

ステーキ各種が全面で推されている様です

 

また、あったり無かったりするのが、こちらのトンテキ

とんかつ、中でもヒレカツの美味しさでは他店を圧倒する岡本庵ですが

それに並び、際だった美味しさとなる、このトンテキもまた現在はランチにて頂けるとのこと

 

そして裏面に行くと、

とんかつ各種のメニューとなっていきます

各セットの内容には若干の変更が見受けられますが

美明豚のロース、ひれを筆頭に、各品々が頂ける模様

 

そして、本題となるのがそのお隣、ステーキのメニュー

先ほど表で見てきた看板によると

「サーロインステーキ200g1280円」との記載でしたが・・・無いなぁ

 

テンダーロイン(150g1830円)や熟成ステーキ(130g1980円)などが並びはするものの

1280円の価格で記載のあるステーキは「牛ステーキ定食(150g)」のみ

 

ここはひとまず、店員さんに確認して見るべく

「外にあったサーロインステーキってどれですか?」と訪ねると

『そのメニューの牛ステーキ定食です』との返事が

 

ほう・・・

じゃあ、200g1280円とは一体??

 

ま、そもそも表の看板で見た写真からして「200g」には到底見えないデカ盛りであった訳ですし

ここはもう、安易に写真に釣られてしまった私が悪かった、そういうことにしよう

 

ただ、あのボリューミーなステーキを味わいたく、お店を訪れた手前

今更150gのステーキであっては、到底満足出来るとは思えず

ここは奮発して、250g(1920円)の牛ステーキ定食を頂いてみようと思います

 

 

注文を終えると、通常はお漬物らの提供となるのですが

上記したメニューにも注意書きがあった通り、現在はコロナウイルス蔓延防止の為

・漬物の提供

・しそご飯の提供

・梅昆布茶の提供(食後のサービス)

これらを休止しているとのこと

 

ただ、各サービスを控えつつも、ここはとんかつの有名店

とんかつと言えば、の付け合わせとなる

キャベツについては、たっぷり丼で提供されております

 

共に頂くドレッシングについても、平時であれば

・ごまドレッシング

・柚子ぽん風味

の2種類が用意されておりますが、現在はごまのみ

 

まあ、ごま好きな私としては、なんら不便を感じることは無く

こちらのキャベツを頂きながら、ステーキの到着を待つものとなります。

原価奉仕のサーロインステーキが200g1280円!と思いきや150g?? 謎は募るものの250gステーキを食べてみた

注文を終え、待つこと10分少々

遠くから徐々に近づいてくる、鉄板に油が跳ねるシズル音

 

今か今かと距離を縮め、ついに私の前へと降り立った本日のランチがこちら

富士見町、岡本庵にて頂く

「牛ステーキ定食(250g)」となります

 

アツアツに熱されたスキレットにて提供となるステーキ

その下には、キャベツやもやしら野菜も添えられており、

お肉は250gとフルサイズ

鉄板にギリギリ収まるダイボリュームの上に、見事な肉厚ぶり

 

ただ、サーロインにしては肉厚すぎるというか

脂の具合も含めて、これホントにサーロイン・・か?

 

とは言え、すぐ人を見た目で判断するのが私の悪いクセでして

そのクセ同様に、肉を見た目で判断してはいけない

同じ判断を下すのであれば、まずは味わってから

 

焼きたてアツアツのステーキを、端からカット

まずは1口サイズをそのまま何も付けず、頂いてみようと思います

カットする間にも若干、筋の多さが気にはなりましたが

とりあえず一口大を切り分け、オンザライス

白いご飯の登頂で輝く、肉の赤身と脂のテカリ具合が美しいコントラストを生み出しております

 

それでは早速、このステーキを一口・・・

うん、、、端っこだけに、脂肪率80%越え(笑)

赤身の味わいというよりも、脂のみを選りすぐり頂いてしまった、そんな部位ですね

 

そんな端っこ部位だけに、赤身の味わいをはっきり感じることは出来ずですが

続いてはそのお隣より切り分け、しっかり赤身を獲得

 

先ほどの一口目では、そこまで肉自体の味わいが感じられなかったので

今度は塩を一振り、肉の旨味を引き出す戦略を選択

 

続いて頂く二口目は・・・

今度はしっかり、赤身らしい味わいを感じます

 

ただ、切り分けた時にも感じた通り、筋の多さが少し気になるかな

加えて、オーダー時には特に何も伝えていないながら、こちらのステーキはレアにて提供

 

これを鉄板上で、好みの焼き具合に出来るものかと思いきや

提供されたスキレットは、思いのほか早く冷めてしまっており、これ以上の火入れは出来ない様でして

 

結果、提供状態であるレア目のまま頂くものとなるのですが

このお肉の質だと、もう少し焼いた方が、食感も肉自体の味わいも引き立つのではなかろうか?

そう感じられる焼き加減になっております

 

結果、塩による旨味の挽き立ては今ひとつ

となれば最後は、提供されるソースとワサビの組み合わせを試すべく

またもや、豪快な一口サイズに切り分けていき

 

これをもちろん、

三度のオンザライス

(しかも今度は、ソース&ワサビ添え)

 

三度目の正直に期待を掛けて頂くワサビ添えは、予想通り的中

ステーキ自体がレアな分、肉自体の味わいが薄い所をソースがしっかりカバー

添えられたワサビが後味をスッキリさせ、脂の重たさを感じなくさせます

 

ソースの味わいも、ご飯と相性バッチリ

250gとたっぷりあるステーキですが、これはもうワサビ&ソースの一択で十分な様でした

 

 

前回のテイクアウト利用時より気に掛け、後ろ髪引かれる思いでいた

富士見町「岡本庵」のステーキフェア

 

訪問のきっかけとなっていた、看板の写真が与える画ヂカラが強すぎる故

イメージしていたステーキに及ぶことは無く、期待を上回るには至らずとなりました

 

が、250gのステーキが特大であることには変わりなく

(その分、お値段もそれなりにはなりましたが 笑)

ボリューム面でも十分、満足を得る結果に

 

加えるとするなら、ステーキの焼き加減を選べるか

もしくは、好みの焼き加減に調節できる+αがあれば、良かったと感じる部分も

 

まあ、多彩な肉料理を味わえる岡本庵とは言え

メインとなるのはとんかつを始めとする豚肉が中心ですし

あらためて、ステーキの奥深さを知る、そんなきっかけとにもなりました。

 

 

それにしても、

「原価奉仕! サーロインステーキ200g1280円」

って結局、なんのことだったんだろうか。。。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

岡本庵

■おかもとあん

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-11-1 日土地千葉ビル 2F

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~22:00

■ 定休日:なし

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。