スポンサーリンク

富士見町を代表する豚カツ・肉料理の人気店「岡本庵」でもお弁当を販売! 食材豊富な二段重ねの日替わり弁当&かつ丼をテイクアウト

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

先日、富士見町の「蒙古タンメン中本千葉店」にお弁当を買いに行った時のこと

 

同お弁当を購入するに当たって、富士見町内のコインパーキングに車を停車したのですが・・・

よりによって、30分300円の駐車場に停車してしまったことを、地味に後悔

 

ちなみに、お弁当の注文から手渡されるまでに掛かった時間は、わずか4分w

26分もの時間を残し、コインパーキングを立ち去る(しかも300円)のが口惜しく

「それならこの機会に、富士見町のテイクアウト情報を増やしてやろうじゃないか!!」と、近隣を散策することに

 

結果、これまでに加え、新たに8軒のテイクアウト情報を追記するものとなったのですが

千葉中央駅周辺でテイクアウト・お持ち帰り出来る、お弁当・デリカテッセンを販売する飲食店 全45店の情報まとめ
新型コロナウイルスの影響で、ついに緊急事態宣言の対象となった千葉市 不要不急な外出については、原則自粛するものとなってしまい、多くの飲食店はご存じの通り、厳しい立場となってしまい
2020-04-08 09:10

 

これらの調査をしていた中で、特に気になった新たな情報となるのが、そう

富士見町を代表する豚カツ・・・いや、肉料理のスペシャリスト

「岡本庵」でもお弁当の販売が開始されていたのです

 

2週間程前にお店の前を通った際には、まだお弁当販売は行われておらずでしたが

さすがに今の情勢を鑑みてか、ついにあの岡本庵でもお弁当を販売

 

これは居ても立っても居られず、早速この日のお昼ご飯は

岡本庵へと向かい、テイクアウトにて絶品肉料理を頂いてみるものとなりました。

千葉中央エリア随一の肉料理専門店、岡本庵でもお弁当販売を開始 その豊富な品揃えにも注目!!

満を持して始まった、岡本庵のテイクアウト

事前に店先で確認していたお弁当メニューは以下の通りで、

700円にて提供される「日替わり弁当」から始まり、

・かつ丼

・ヒレカツ丼

・ロースかつ弁当

・ひれかつ弁当

・ロース(orひれ)かつ海老フライ弁当

など、看板メニューの豚カツが主役となるお弁当が多数

 

ですが、とんかつのみで終わらないのが岡本庵

上記した品の他にも

・ステーキ丼(1000円)

・和牛ステーキ重(1580円)

・カツカレー

・ビーフカレー

・ハンバーグ弁当

など、様々な肉料理にカレーまでもがお持ち帰り可能となっております

 

ちなみに、こちらのお弁当メニューには

『当日予約は午前10時までにお願いします』との一文が

 

これはどういうことなのでしょう?

お店の1Fにもお弁当を販売するブースが設けられているのですが、それとは別途で予約が必要??

 

いずれにせよ、事前に予約するに越したこと無し

何より、リーズナブルな「日替わり弁当」の内容も気になることから、朝9時過ぎにお店へ電話

 

日替わり弁当の詳細を確認すると

『二段のお弁当になっておりまして、今日のおかずはチキンカツ、それから・・・』

 

2・・・段だ、と!?

 

その先の説明が耳に入ってこない程、まず最初に飛び込んできた「2段」のフレーズに早くも没頭

確認前までは、ステーキ丼かカツカレーかで悩んでいたのですが、どちらも一気に圏外へ

本日のランチは、2段という一文に触発され、日替わり弁当を頂いてみるものとなりました。

 

事前に予約を済ませ、受取時間となる11時にお店へ到着

店の前でもお弁当の販売ブース設営が進んでいる中、もう一つの看板に目を向けると

こちらもまた、岡本庵からのご案内

お弁当では無く、店内での飲食になる模様ですが、200gのサーロインステーキ定食が、今だけ特化1280円にて奉仕中とのことです

 

事前にこの情報を収集していたのなら、私自身のランチはこちらのステーキ

そして、同品を食べ終えた後に、カミさん&子供用にお弁当を買って帰る

そんな選択肢も薄ら浮かびましたが・・・仕方ない、この計画は日をあらためて実行することに

 

というわけで、店先にてお弁当を受け取りつつ

『当日予約は午前10時までにお願いします』という一文がどういった仕組みなのか伺ってみますと

 

『店頭でもお弁当は販売しますが、数に限りがあるので

 お好みのお弁当を購入される際には、事前の予約をお願いしております』とのこと

 

なるほど

店頭での販売はあくまで一部メニューのみ、といった事ですかね

 

先ほどのお弁当メニューにて

「どうしても!!」な一品があるのなら、朝10時前の電話予約が必須となる模様です

 

そんな事情を確認し終えた所で、急ぎ家路へ

袋から取り出したる、本日のランチがこちら

向かって右、2段構成となるのが日替わり弁当

そしてもう一方は、子供用にと購入したかつ丼

早速これらを頂いてみようと思います。

豊富な食材が2段に渡って詰まった日替わり弁当、更にはかつ丼も合わせてお持ち帰りしてみた

という訳で、富士見町の岡本庵にて初のテイクアウトとなった、本日のランチ

取り出したお弁当の蓋を外し、あらためて記念撮影

単体で見ていれば、なかなか映える、品数豊富な2段重ねの日替わり弁当・・・

ですが、その隣に並ぶかつ丼がデカい故に、今ひとつ印象が薄く感じてしまいます(笑)

 

あらためて日替わり弁当のみを並べてみますと、

うんうん、こっちの方が好印象

おかずは2段にわたって全5品

 

豚のほうれん草&チーズ包み揚げに、チキンカツ

焼肉にナポリタン、レンコンと人参の煮物といった内訳となり、ご飯は雑穀米

加えて、ソラマメやゆで卵らも添えられ、素材豊富な日替わり弁当となっております

 

ちなみに、こちらの日替わりについては、私だけで無くカミさんも注文

両者ともに同じ弁当だと思い、序盤は気に掛けていなかったものの、あらためて見比べてみたら

カミさんのお弁当は、ナポリタンに代わってペペロンチーノ

更には、ゆで卵では無く玉子焼きが潜んでいるなど、細かな間違い探しを楽しめる仕様に

 

これが狙ってなのか、たまたまなのか

答えは分からないものの、まあ小さな楽しみ方を見つけることが出来ました

 

さて、話を戻してお弁当の方へ

こちらがおかずエリアとなっております

 

まず頂くのは、豚のチーズ揚げ

お弁当でありながら、時間の経過を感じさせない衣具合は、さすがの名店

何故こうもサックサクの状態をキープできているのか?

 

パン粉なのか油なのか、果てまた揚げ方の技術か

どこに秘密があるかは分からないものの、揚げたてではないお弁当ながらにこの衣の加減

岡本庵の「格の違い」を証明するに足る仕上がりとなっております

 

その衣に包まれた豚肉は柔らかく、チーズら具材ともしっかりマッチ

重さを感じない、サクッとこぎみ良い衣と共に、美味しく口の中へと広がっていきます

 

続く2品目はチキンカツ

普段、率先して選ぶことのないチキンかつながら、これもさすがは岡本庵

チキン特有のパサつきが無く、しっとり柔らかさをキープしたカツ

 

旨味も衣の中に閉じ込められており、豚同様に軽くサックサクな衣が食感の妙を与えます

どちらもサイズは小ぶりながら、女性でも食べやすい大きさな上に、油の重たさも無し

 

しかも、前述した通り、これらおかず共に頂くご飯は、

この通り、雑穀米を使用

繊維質たっぷりのレンコンの煮付けも副菜として盛り込まれており、野菜も豊富なヘルシー弁当に仕上がっております

 

そして極めつけとなるのが、

この、昔ながらど真ん中を行くナポリタン

前述した通り、カミさんのお弁当には何故かペペロンチーノが含まれてましたが、ご飯との相性を考えるなら、やはり分があるのはナポリタン

程良いシャキシャキ感を残した玉ねぎもたっぷり入っており、炭水化物ながらにご飯のおかずとしても十分な働きを見せておりました

 

そしてもう一方、子供用に購入しておいたのが、

こちらのかつ丼となります

先ほどご覧頂いた通り、まず目を見張るのはそのサイズ

 

かつ丼でありながら、敢えて丼に盛り付けておらず

その分、空いたスペースにキャベツの千切りら、サラダを盛り付けてくれる辺りは、野菜が不足しがちなお弁当だけに嬉しい配慮

 

さすがにこちらのかつ丼は、日替わりの様なサクサク衣で頂くものにはなりませんが

しっかり染み入る出汁の美味しさが、カツはおろかご飯にまでズブズブに浸透

同じく出汁の旨味を蓄えた卵同様、ガツガツご飯が進む、やんちゃさ残るお弁当となりました

 

 

といった感じで、2品をテイクアウトしてみるものとなった、岡本庵のお弁当

おかず豊富な上に、二段重ねとなる「日替わり弁当」ですが、素材豊富な上に健康面にも配慮された嬉しい作り

その反面、男性には少しボリューム不足を感じましたが、お値段700円とあらば文句なしの1品と言えます

 

そしてかつ丼もまた、丼でありながら野菜も付いてくる真心仕様

こちらはご飯、とんかつ共に十分なボリュームとなり、がっつり行きたい派にお勧めのお弁当となります

 

加えて、本日は諦めるものとなった、ステーキ丼や和牛ステーキ重

更には、カツカレーなろ、一度は味わってみたいお弁当がまだまだ多数

 

期間限定で店内にて頂ける「サーロインステーキ定食」も然り

また近日中に足を運ばなければならない、多数課題が見つかる岡本庵での初テイクアウトとなりました

 

 

なお、余談ではありますが

岡本庵のすぐ向かいに昨年オープンした、

こちらのタピオカ屋さんでは、連日マスクを販売中

 

最初に見かけた頃(4月最終週の月曜日)には、マスクを求め行列も出来ていたのですが

岡本庵に立ち寄った週末金曜日にもなると、並ぶこと無くマスクが買える状況に

 

お値段は50個入りで2980円ほど

平時の販売価格に比べれば、まだまだお高い値段・・・とはなりますが

マスクが買えずにいる方にとっては、お役に立つ情報かな、と思いシェアさせて頂きました

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

岡本庵

■おかもとあん

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-11-1 日土地千葉ビル 2F

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~22:00

■ 定休日:なし

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。