スポンサーリンク

都賀駅徒歩2分の居酒屋、かきはなでもお弁当のテイクアウトを発見! ランチに三元豚ハンバーグ、銀ダラの西京焼き弁当を初Get!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

週一で通う、都賀の鍼灸院へ行った時のこと

同院でももっぱら「食べ物」の話で賑わうものとなるのですが、この日もまた、新たな情報をキャッチ

 

どうやら、都賀駅すぐ側にある居酒屋

「かきはな」でも、ランチ帯よりお弁当の販売を始めたとの事なのです

 

かきはなといえば、駅からもすぐ近いローソンの斜め向かいにある居酒屋

 

壁面に大きく描かれた鯛のイラストからして、なんだか良い雰囲気を感じさせるものの

・夜しか営業していない

・外からだと、店の造りが分からない

・とにかく情報が無い

と、良くも悪くも都賀らしいシャイな一面を感じさせる居酒屋さん

 

そんな事情もあって、これまで気に留めながら足を運べずにいたお店なのですが、そんなかきはながお弁当販売を始めたとあらば一大事

私同様、ここかきはなを気に留めていたカミさんにも話した所

「そんなもん、明日にでも食べるに決まってる」と、間髪入れずに話が進むことに

 

そんな訳で、明けた翌日

都賀駅東口から徒歩二分ほどにあるこちらのお店

「居酒屋 かきはな」にて、初訪問ながらまさかの「お弁当」を購入するものとなりました。

都賀駅東口から徒歩2分、抜群の雰囲気伝わる居酒屋、かきはなに念願の初訪問!

前日にお店の前を通った際に、お弁当メニューについては確認済みとなるかきはな

現在、店頭には以下の様な写真付きメニューが掲載されており、

販売されているお弁当は全6種で

・三元豚の生姜焼き弁当(750円)

・三元豚のハンバーグ弁当(750円)

・銀ダラの西京焼き弁当(880円)

・サーロインステーキ弁当(1380円)

・若鶏のから揚げ弁当(680円)

・焼き魚弁当(850円)

以上の様な展開となっております

 

どれも6~800円台とリーズナブルな価格帯ながら、頭1つ抜け出ているのがサーロイン弁当

お値段相応にイイ感じのステーキが味わえるものと思えますが、とは言えそこは居酒屋

 

せっかくステーキを持ち帰るなら、それは専門店に任せるものとして

肉料理か魚かで悩む中、早々にカミさんは

「私、銀ダラの西京焼き弁当にする」との意思表明

 

魚を先に選ばれてしまった以上、私は逆張りを選ぶしかなく

「三元豚のハンバーグ弁当」を頂く事に決定

 

さて、注文すべき品は決まったものの、ここかきはなって・・・

果たして、何時から営業しているのだろうか??

 

ネットを見ても、営業時間については記載が無く

また、平時は居酒屋のみの営業となっていたので、そもそもランチの営業時間など不確かなものばかり

 

前述したメニュー写真の上には

「ご予約の際には下記にお申し付け下さい」

と電話番号が記されているものの、完全に個人の携帯電話の番号だし・・・

 

お店の電話ならともかく、携帯に掛けるのは少し緊張しますが、ここは致し方なし

意を決して電話を掛けると、ワンコールで即対応

 

「あのー、お昼でもお弁当の注文大丈夫でしょうか??」

と、恐る恐る訪ねてみると

『あーハイ、大丈夫ですよー』

と、女将さん?が明るく元気に対応

 

注文の旨を伝え、受取時間に話が進んだ所で

「何時から受け取りできますかね??」

と訪ねた所

 

『そうねー、何時でも大丈夫だけど・・・じゃあ、11:30にしましょっか』

と、まるで旧知の友人と待ち合わせでもするかの様に、話が進む進む(笑)

 

そんな訳で、11:30に都賀駅前で待ち合わせ・・・

ではなく、お弁当を受け取るものとなり、お店の方へ

 

初めて目にする店内は、カウンター席に加え、お座敷席も4席程

これなら子供を連れてでも足を運べる雰囲気だなあ、と周囲を見回してみるも束の間

 

すでにお弁当は完成されており、カウンターの上に用意済み

早々に手渡されると共に、お会計を済ませながら、まだ温もりあるお弁当を抱えながら、車に乗り込み急ぎ帰宅

 

購入から帰宅まで約5分、早速取り出したる本日のランチがこちら

まずは私の注文となった「三元豚のハンバーグ弁当」

 

そしてもう一方が、

カミさんの注文した「銀ダラの西京焼き弁当」となります

 

長いこと気に掛けていながら、足を運べずにいた都賀のかきはな

まさかの初回訪問がお弁当となりましたが、早速そのお味を確かめてみようと思います。

全6種のお弁当を販売中のかきはなにて、三元豚のハンバーグ、銀ダラの西京焼き弁当をそれぞれ買ってみた

というわけで、初回訪問ながら2品のお弁当を頂いてみるものとなった、都賀のかきはな

あらためてお弁当箱の蓋を外し、撮影した状況が以下の通りとなります

両品でメインのおかずは異なりますが

・ご飯

・副菜

の部分は共通した構成となっております

 

さて、私のオーダーした三元豚のハンバーグ弁当ですが

こちらの通り

 

まずご飯の方には青じそが振りかけられており、香りと共に程良い塩味が味わえるものとなっています

そして副菜の方には、

マカロニサラダ・・・と思いきや、ペンネを仕様

キュウリ、玉ねぎに加えて、大きめのベーコンも使用

副菜ながら、おかずとしても頂けそうながっつり感あるサラダとなります

 

そのお隣にはひじきの煮付けと、この辺はいかにもなお弁当らしさで

ちょい濃い目の味付けが、ご飯を良い具合に進める役割を果たしてくれます

 

そしてお隣に移っていくと、

こちらには、唐揚げ、そしてフライドポテトを発見

 

お弁当メニューにも「唐揚げ弁当」がありましたので、そちらと共通の品でしょうか

柔らかな食感に、しっかり目の味付けが施されており、良い意味で家庭的な一品

これなら確かに主役を張れますし、何よりハンバーグを頼みながら、唐揚げも添えられているのが嬉しいポイント

 

そして、唐揚げと言えば真っ先に思い浮かぶ相方となるのが、ポテトフライ

こちらは皮付きポテトを使用しておりますが、ふっくらとした食感に、歯ごたえある皮目の美味しさも味わえる品

塩味は控えめながら、ハンバーグのソースがたっぷりめとなるので、お好みに応じて使用することも出来ます

そして、本お弁当の主役ですが、

こちら、ハンバーグのご登場

すっぽり目玉焼きに隠されてはいるものの、この目玉焼きと同等サイズだと思えば、結構な大きさです

 

その断面ですが、三元豚を使用したハンバーグ

との説明通り、豚肉100%と思われる色合いになり

こちらの様に、みっちりお肉が詰まったタイプ

 

豚肉を使っている為か、しっかり目の焼き具合になりますので、表面はちょっと固め

その分、芯までしっかり火が通っており、肉汁を感じるというよりは、ワシッとした食感が強い、肉感を味わうタイプとなります

 

共に頂くソースは、ケチャップに肉汁を合わせたオーソドックスな味わい

これもまた、良い意味で家庭的なハンバーグの味付けとなっており、

作り手となる女将さんの顔が思わず浮かぶ、そんな愛情を感じる品となりました

 

そしてもう一方、カミさんが注文したのが、

こちら、銀ダラの西京焼き弁当

 

ハンバーグとは異なり、ポテトが盛り付けられてない代わりに、唐揚げは3つ入り

皮目がしっかり焼かれた銀だらからは、遠目でも西京味噌の良い香りが伝わってきます

 

ハンバーグとトレードし、一口分を頂きましたが、これもうん、ご飯が進む定番の味わい

甘めの味噌が銀ダラにしっかり伝わっており、品の良い味わいを感じさせます

皮目はしっかり焼かれているものの、その身には柔らかさも残っており、ふっくらした食感も心地良い、そんな品となりました。

 

 

といった感じに、二種類のお弁当を食べ比べるものとなった、都賀の居酒屋かきはな

長らくお店に足を運びたいと思っていたものの、なかなか機会が得られなかった中

まさかこのタイミングで、しかもお弁当購入によって初訪問を果たすものとなりました

 

そんな中で頂いたお弁当は、お店の外観から感じていた通り

家庭的な味付けに、作り手の表情が思い浮かぶ、温かみがしっかり伝わるお弁当

 

今回は、上記の通り二種を頂いたものの

その他メニューの中で、やはり異彩を放っていたのは「サーロインステーキ弁当」でして

 

メニュー上に写真の掲載はあったものの、

居酒屋さんのお弁当としては、ちょっと攻めた価格となる1380円

 

その値段にたじろぎ、今回は注文には至らず・・・

でしたが、次の機会になら、こちらも一度は食べてみたい

そう思わせてくれる、期待感を抱ける初お持ち帰りとなりました

 

そして、新型コロナウイルスの影響が収まった暁には

ぜひお店の方にも足を運んでみたいですね。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

居酒屋 かきはな

■いざかや かきはな

■ 住所:千葉県千葉市若葉区都賀3-17-8

■ TEL:043-231-8639

■ 営業時間:

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。