スポンサーリンク

稲毛のアジアンレストラン、バグースがデリの販売も開始! 新メニューの「牛出汁カレーつけ麺」が気になるも、フライドチキンオムライスの誘惑に完敗…

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

一ヶ月前より運用を開始しているInstagram

こちらでも連日、あらゆる千葉グルメを探し歩いている中

※ 実際はソファーに転がり、一切歩いてませんが

 

私と時同じくして、稲毛のお気に入りアジアンレストラン

「バグース」もInstagramを開設された様でして

 

そちらの投稿を早速見ていると・・・

 

なに!?

テイクアウトに続き、デリの販売を開始しただと??

しかも、店内メニューには無い限定メニューや、裏メニューもあるだと??

 

これは、居ても立ってもいられない大ニュース!!

緊急事態宣言も解除となった訳で、店内で食事を頂いたとしても差し支え無し

 

そのついでに噂のデリを調査すべく、この日のランチは稲毛区役所のお向かい

本ブログでもお馴染みのアジアンレストラン

「バグース」へ向かうものとなりました。

千葉TOPクラスの激ウマアジアンレストラン、バグースがテイクアウトに続きデリの販売を開始!?

緊急事態宣言が発令されて以降、店内ランチに加えてテイクアウトの提供も行っていた、稲毛のバグース

同テイクアウトについては、提供開始すぐに頂いており、

穴川の絶品アジアンレストラン、バグースでもテイクアウトを開始! テイクアウト限定の新メニュー豚カバブのバインミー&豚肉塩ダレ丼をお持ち帰りしてみた
三月末より、本ブログでも取り組んでいる 「千葉市内のテイクアウト情報まとめ」 当初は、情報も知識も多い千葉駅周辺からスタートしていったものの、読者さんやフォロワーさんより多
2020-04-25 08:14

通常のランチメニューには無い、限定メニューなどを堪能させて貰っております

 

さて、そんな中

この度始まったデリの販売ですが

 

店内に入ると、そこにはまさかの

ドカンと置かれた冷蔵ケースの姿が!!

こちらで販売されているお惣菜は日替わりになるのか、この日は全7品が販売

 

鳥肉のマッサマンカレー煮込みや、同じく鶏のバジル炒め

タイ風春雨炒めこと、パットウンセンや自家製スパイシーソーセージなど、どれも間違い無い美味しさが、目で見て伝わってくる品々ばかり

 

その中でも、ひときわ私の興味をえぐってきたのが、

こちら、つけ麺となります

 

つけ汁は2種類用意されており、

・牛だしカレー(辛め)

・海老だし(濃厚そう)

このどちらも、明らかに美味しい表情を浮かべながら冷蔵ケース内で笑みを浮かべているのです

 

ただこのつけ麺は、お持ち帰り専用メニューとなっており、店内ランチでは提供されていないとのこと

お持ち帰り目当てであれば、間違い無く手を伸ばしたものの、せっかくお店まで出向いたのなら、出来たてアツアツの美味しいタイミングで味わいたい所

 

でもつけ麺・・・絶対ウマいよなあ

ひとまず店内で食べつつ、帰りにおやつがてらで、つけ麺を買って帰るか?

様々なパターンを想像しつつも、ひとまずは店内にてランチを頂くことに

 

さて、現在のランチメニューは平常時と同じものとなるのですが、

※ メニュー詳細についてはこちらを参照

⇒ https://barconcertvienne.com/asian/21486/

こちら、バグースのランチ名物である

「スペシャルランチセット(絶品スープ&お惣菜のお替わり自由)」は現在お休みとのこと

ただこちらについても、緊急事態宣言が明けたことで、近日中に再開されるとの話でした

 

ひとまず今日の所は、久々に頂く店内ランチということで

基本に返るべく、アジアンフライドチキンオムライスを頂いてみることに

 

子供は前回同様、お子様セットの中から

「鶏だし醤油の極細米麺」を

 

そしてカミさんは、すでにお気に入りとなっている、リピートメニュー

醤油ダレのセンミーをそれぞれ頂くものとなりました。

バグースの新メニュー、「つけ麺」に心惹かれるも、アジアンフライドチキンオムライスの魅力は絶大だった

テイクアウトでは利用してきたものの、お店でランチを頂くのは久々(といっても2ヶ月ぶり?)となったバグース

同店のランチメニューついては、ほぼ全品を食べ比べてきていますが、その中でもリピート率高い、私のお気に入りとなるのが

・ガパオライス

・フライドチキンオムライス

の2品でして

 

どちらも、バグースならではの特徴である、甘さと辛さを同時に感じる品となっており

迷った際に選んでおけば、まず間違いの無い2品

 

とは言え、どちらも甘さに引き立てられた強い辛味が特徴でもある為、辛いものを苦手とする方には厳しい一方

辛さウェルカムとなる私としては、年中いつでも食べる準備が出来ている、そんな品々となります

 

いずれにしても、店内ランチも久しぶりなら、オムライスを頂くのも久しぶり

しかも今日は、スープやお惣菜がなく、準備運動なしのいきなりオムライスとなりますので、しっかり体勢を整えておかなければ

 

と、準備を進めている間に、まずは子供のオーダーした

「鶏だし醤油の極細米麺」の到着となりました

 

もやしにニラに挽肉にと、たっぷりの具材が入ったビーフン

付け合わせにはフライドポテトを備えつつ、こちらより少し遅れて

 

揚げたての状態で唐揚げが到着となりました

 

こちらのランチでは、フライドチキンなどは提供されているものの

「唐揚げ」が頂けるのは、恐らくこの子供用メニューのみだった様な

 

ちなみにですが、先ほどご紹介した

バグーズデリ(店内で販売されているお惣菜)の中にも、唐揚げを発見

そこには「裏メニューの人気のひと品」と記載されるほど

 

確かにこれは食べてみたい

が、しかし

 

2個しか無い子供メニューの唐揚げを奪うほど、私も鬼にはなれず

ここは目で見て、その美味しさを想像することに専念してみようと思います

 

同品から遅れ、続いてはカミさんのオーダーした

こちらのセンミーが到着

 

私も以前頂いている同品ですが、鶏の旨味がたっぷり染み出た優しい味わいのスープ

そこにジワジワと香辛料の味わいが加わっていき、気付けばバグースワールドが繰り広げられます

野菜に肉にと、具材もたっぷり詰まっており、途中で味変も楽しめてしまう、間違いの無い1品ですね

 

そして、トリを飾る形で提供となったのが、

こちら、アジアンフライドチキンオムライス

 

私が初めてバグースを訪れた際に頂いたのも、確かこちらのオムライスでして

僅か一口スプーンを運んだだけで、虜となり今に至る、時を重ねても色あせること無い名作中の名作

 

オムライスと言えば、定番のケチャップによる色味を想像させる中、

確かにこちらのオムライスも赤味を帯びてはいるものの

その色が示す赤は、ケチャップによる赤では無く、スイートチリソースの与える赤み

この組み合わせからも想像出来る通り、甘さと辛さの双方を存分に備えたオムライス

 

底にトッピングされたフライドチキン

更にはパクチーらを添えることで、味変をも楽しめ、二度三度と口に運ぶ度、味わいを変える同品

 

辛さへの準備を整えつつ、まずはオムライスの部分から頂いてみましょう

フワッとした玉子こそオムライスの源流とも言うべき姿を見せておりますが

中に詰まったご飯からして、アジアンな味わいに味付け済み

 

とにかくたっぷりのスイートチリソースが全体をコーティングしているので

まず一口目には、独特の甘さが伝わってくるものの、それを追いかけ追い越す形で辛味が到来

 

玉子もご飯も、それぞれの味わいを見せつつ、最後は辛味が全てを包み込む

個性豊かでありながらも、最後に待ち構えるのは辛味

正に「アジアン」な、甘みと辛味のコントラストが溢れるオムライス

 

そんなオムライスに、更なるタンパク質という名の旨味を加えているのが、

こちらのフライドチキン

パリッとした衣の食感と共に、スパイスの味わいを感じさせ、衣の中からはジューシーな旨味も混在

 

おそらく、ソースを付けずに頂いたとしても絶品なフライドチキンになることでしょう

が、やはりこれもスイートチリソースと共に頂く事で、その本領をいかんなく発揮

 

甘辛い唐揚げって、なんでこんなに美味しくなるんだろう?

と、思わず首をかしげてしまうほど、甘さと辛さのピストン運動に心を奪われてしまいます

 

そんな2極化された味わいに、更なる一手を加えてくれるのが、

  

このパクチーの存在

 

普段はそこまでパクチーに存在意義を感じないものの

この甘辛いオムライスに関して言えば、パクチーのもたらす役割は多大なものとなります

 

振り幅は広いものの、やはり甘さと辛さの二極化のみでは、ワンパターンになりがちな所へ

どちらにも触れない、苦みというアクセントと、特有の風味を与えるパクチーが大活躍

ただの味変に留まらず、第3の刺客としてオムライスの味わいを引き立てる、絶大な存在感を与えてくれます

 

フライドチキンに玉子、ご飯

ソースに薬味と、全てがバランス良く積み重なった層の厚みを感じるオムライス

久々に頂くも、その唯一無二な味わいは色あせること無く、今日も私を大満足させる結果となりました

 

 

そんなオムライスを堪能した所で、再度私を悩ませてきたのが

そう、冒頭でも触れたお持ち帰り限定メニュー、つけ麺の存在でして

 

結構なボリュームのありそうな麺、これを果たして今から食べきれるのだろうか???

悩みに悩み、都合5分以上掛かったものの、今日の所はつけ麺を断念

こちらは日をあらためて、出直してみようと思います

 

そんなつけ麺を始め、バグースでは現在、

上記の品々もテイクアウトにて購入が可能

 

加えて、冒頭でも触れた通り

店内ではデリの販売も行われておりますので、ランチ目的での利用はもちろん

 

晩ご飯のおかずに加え、宅飲みを彩るおつまみとしても楽しめる品々が販売中

前述したつけ麺同様、こちらのお惣菜シリーズも購入しなければ!!

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

バグース (BAGOOS)

■ ばぐーす

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区穴川2-4-4 リヴファームANAGAWA 1F

■ TEL:043-206-5558

■ 営業時間:11:00~14:30 / 17:30~21:30

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。