スポンサーリンク

126号沿い、加曽利交差点に昨年オープンのしゃぶしゃぶ食べ放題「しゃぶ葉 千葉加曽利店」 辛味に薬膳風味香る「火鍋風だし」に6種のツケダレ、中でもお勧めは・・?

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

国道126号と16号が交差する、加曽利交差点

同地に昨年7月オープンとなったのが、しゃぶしゃぶ食べ放題のお店、しゃぶ葉 千葉加曽利店

 

以前はガストがあった同地に、新たにオープンしたしゃぶ菜ですが

こちらも調べてみると、ガスト同様にすかいらーくグループの食べ放題店との事

 

しゃぶしゃぶの食べ放題もさることながら、すかいらーくグループに対しても

そこまで思い入れを持てない私は、新規オープンのお店ながら、同店については長らくスルー

 

してきたのですが、私が出張している間に、カミさんと子供がしゃぶ菜を訪れた所

「意外だったけど、美味しかった」とのこと

 

専門店ならいざ知らず、広くファミレスを展開するすかいらーくグループだけに

しゃぶしゃぶの食べ放題が、そこまでのクオリティになるとは正直思えないものの

食わず嫌いでグダグダ言うのなら、一度足を運び、その上で改めて文句を言おう

 

そう思い立ち、この日の晩ご飯は家族総出で国道16号を南下

自宅から車で10分ほど、国道126号と16号が交差する「加曽利交差点」の側道脇にお店を構える、

しゃぶ葉 千葉加曽利店を初訪問、晩ご飯を頂くものとなりました。

すかいらーくグループのしゃぶしゃぶ食べ放題レストラン、しゃぶ葉 千葉加曽利店を初訪問

週末土曜日の晩ご飯を頂くべく、お店を訪れるものとなった、しゃぶ葉 千葉加曽利店

 

前述した通り、チェーン店をあまり快く思っていない私としては、すかいらーくグループに属するここしゃぶ葉も、あまり期待を寄せていないお店

しかしながら、流石の資本力を持つお店だけあり、家族連れ

中でも子供に向けたサービスの充実度は高く、我が家の子もすっかり「しゃぶ菜」のファンだとか

 

食べ歩きブログを生業にする身としては、子供をそこまで惹きつける魅力くらい、一度は目にしておくか

と渋々足を運んでみる事に

 

この日、お店を訪れた時刻は夜の6時を過ぎた所

週末土曜日のランチとは言え、まだ早い時間帯にも思えるのですが、すでに店内はほぼ満席

かろうじて空いている僅かな席に案内され、まずは注文から進めていく事に

各所にあるしゃぶしゃぶ食べ放題店と同様、ここしゃぶ葉もまた

選択するプランにより、食べ放題に含まれるお肉の種類が変動するスタイルとなっております

 

リーズナブルなプランであれば

・三元豚バラ肉食べ放題(大人1599円)

からスタートし、最上級となるのは

・イベリコ豚&国産牛食べ放題(大人3499円)まで

 

各コースごとで、

・イベリコ豚

・国産牛

らの注文が可能か否かが変動するとのこと

 

ただ、事前に同店を訪れていたカミさん曰く

「ここの牛は今ひとつだから、豚がお勧め」との前情報を

 

となれば、最も安い1599円の食べ放題

もしくは、各種豚が食べ放題となっている1799円のコースが候補となりそうですが

 

ここに来て、またもや難題となってくるのが、

こちらの「イベリコ祭」なるイベント

 

期間限定のイベントながら、同コースを選択すると

・イベリコ豚肩ロース

・イベリコ豚バラ肉

・牛肉

・牛カルビ

・三元豚ロース

・三元豚バラ肉

これらが食べ放題に付いてくるとの事

 

豚肉中心で組み立てを考えていた所に

まさかの「Wイベリコ豚」が降臨するという、これまたヤヤコシイ悩みが到来

 

もちろんチェーン店だけに、たいそうな期待を頂いてはいないものの

「期間限定」というキラーフレーズに弱い私としては、同コースを振り切る事が出来ず

 

とりあえず初見と言う事もあり、今日は一通りを堪能出来る

「Wイベリコ豚&牛食べ放題(大人 2499円)」にて注文するものとなりました

 

なお、同店のしゃぶしゃぶについてですが、

こちらも多分に漏れず、2種の出汁で頂く事が可能となるスタイル

 

選べる出汁は六種からとなり、

・クワトロナッツ坦々だし

・北海道産三種の豆乳極みだし

・柚子塩だし

・地鶏スープのタンメン風だし

・本格すき鍋だし

・赤チゲ味噌だし

 

以上に加えて、柚子塩だしと赤チゲだしには、それぞれ+100円にて

・大根おろし入り雪見鍋

・薬膳火鍋

これらに変更可能とのこと

 

一方は子供でも食べられる「柚子塩だし」に確定しているとの事で

もう一方については、私の一存から「薬膳火鍋」を選びオーダーも完了

 

注文後、肉や鍋関連はお店スタッフからの提供となりますが

・野菜

・薬味

・付けダレ

これらについては、各時で準備するスタイルとなっております

 

ひとまずは付けダレを頂くべく、店内を見渡してみると

ご飯にうどん、中華麺

ちらし寿司やワカメご飯、更にはカレーの姿も発見

これだけの食べ放題を用意出来るのは、さすが大手ながらの資本力といった所ですね

 

そして、付けダレですが、

こちらも、鍋のだし同様に全6種を発見

・梅ダレ

・和出汁つゆ

・ガーリックねぎダレ

・刻み玉ねぎの香味ダレ

 

などなどが並ぶ上に、

これらと共に頂く薬味も10種以上がセッティング

両者を組み合わせる事で、様々なバリエーションの味変が楽しめるようです

 

このスタイルは、以前に足を運んだ、幕張イオンの火鍋専門店

海底撈火鍋 海浜幕張店に初訪問 イオンモール幕張の新店は、サービスが散らかったガラパゴスな火鍋屋さんだったw
週末、土曜日のこと 私が「枕を作りたい!」と発したことから、海浜幕張にある「じぶんまくら」を訪れるべく、家族総出でイオンモール幕張へ わざわざイオンまで出向いたのだから、ラ
2018-11-03 07:22

「海底撈火鍋」で見たものと同じタイプになる様子

 

アチラに比べれば、若干バリエーションは減るものの

店内には、お勧めの組み合わせなども記載されており、これは確かに楽しそう

 

また、付けダレだけで無く、野菜の方もバイキング形式となっており、

葉物野菜から、私の天敵であるキノコ類に至るまで、全20種近くが食べ放題となっております

 

また、野菜コーナーのお隣には、

まさかの、綿菓子メーカーを発見

なるほど、ウチの子がしゃぶ葉を気に入っていた理由は、ここにあったのか

 

これらに加えて、ドリンク類も飲み放題となっており、

上記の様なドリンクバーが完備さえている他

別料金ながら、アルコール飲み放題を注文する事で、セルフサービスにてビールも頂けるとの事

 

更にお隣には、ワッフルメーカーやソフトクリーム類もセッティング

大人から子供まで、数多くの食べ&飲み放題を楽しめるお店となる様です

 

そんな様子を眺めながら、鍋の準備を待つ私はというと、

ドラクエウォーク内で現在開催中となる「メタルフェスティバル」というイベント

そちらの「メタルの群れ発生箇所」が、ここしゃぶ葉である事が判明

 

大量のはぐれメタルを狩りながら、鍋の準備を待つものとなりました。

気乗りせずに頂く食べ放題しゃぶしゃぶも、火鍋×カレーのコラボが、奇跡のマッチングを披露した!?

数ある薬味、付けダレを取りそろえながら、鍋の準備も完了

ひとまずは、ガーリックねぎだれを軸に

・ザーサイ

・香味ダレ

での味変を狙いつつ、途中にカレーでも挟もうかと、上記をセッティング

 

こちらの準備を終えた所で、テーブル上にはお店スタッフさんから提供される、スタート分の肉類が並ぶものとなるのですが・・・

特に説明も無く、山積みされた肉で埋まるテーブル

 

どれがどの部位なのかも分からず、一つずつ目を通してみますが

色が色だけに、豚か牛かすらも判断が難しい(笑)

 

しかも、牛豚ともに2種類ずつ

加えて豚に関しては、三元豚とイベリコ豚で全4種あるものの

この状態で並べられただけの肉から、どう区別を付けようにも手段は無し

 

しかも、しゃぶしゃぶ特有の薄切りカットで提供される上

食べ放題らしい、価格に見合ったクオリティの肉質

 

これはもう、肉の持つ素材の味で楽しむのでは無く、出汁や付けダレといった

「味付け」で楽しむスタイルのしゃぶしゃぶという事でしょう

 

となれば、牛より豚がお勧めというのも納得、

むしろイベリコ豚に惹かれてしまった私の判断も、これはミスを犯したと認めるしかありません

 

ここが食べ放題である事を忘れ、一時とは言えども肉質を求めてしまった自分を反省

ここからは、出汁とタレを味わうべく、再び鍋と向き合う事に

程良く赤みを帯びた火鍋「風」を前に、各種肉を投入しながら、しゃぶしゃぶをスタート

 

まずは出汁そのものを味わうべく、

付けダレを使用せずに、火鍋の辛さをチェックしてみます

 

こちらの火鍋では、辛さが3段階設けられておりますが、

一番下の「ピリ辛」は、子供でも食べられる程度との事

 

どう説明を頂いた事から躊躇する事無く、辛さMAXの「大辛」にて注文

辛さの度合いは、やはりチェーン店らしい控えめなものとなっており、辛いものが苦手な方ならともかく

辛党にとっては、まだまだ物足りなさを感じさせる唐辛子の使用感となります

 

ただ、その辛さと共に味噌の風味が感じられ

更には、後入れとなる火鍋風薬膳各種の味わいが、加熱と共に増加

これによって、辛さだけで無く風味も増していき、本来の火鍋には届かずも、近しい味わいが感じられます

 

続いては、この火鍋を

こちらのガーリックねぎだれに付けながら頂いてみる事に

 

先ほどの辛味が、一層マイルドになりますが

後から香るネギとにんにくの香りは、悪くない組み合わせですね

 

更に、ここへ

ザーサイも加えてみるのですが・・・

うーん、これは何か違うかな

 

薬膳の風味に香味野菜香るタレ

までは良かったものの、完全にザーサイが一人歩きしちゃってる

 

この他にも、いくつかの付けダレ

そして薬味の組み合わせを試してみたのですが、私にハマる付けダレはなかなか見つからず

 

いくつかのパターンを試している中、

そういえば・・・と思いついた妙案がこちら、

薬膳香る火鍋のしゃぶしゃぶを

あろうことか、ファミレステイストの「カレー」を付けダレとして、頂いてみた所・・・

これがまさかの、絶妙な組み合わせに!!

 

こちら、ご飯と共に食べ放題として提供されるカレーは

ファミレステイストの甘めな味わいながら、野菜や肉の旨味はしっかり混在

 

そんなカレーを付けて頂く火鍋風しゃぶしゃぶには

しっかりした唐辛子の辛味に加え、味噌の風味、更には各種薬膳によるスパイス感が混在

 

この両者を融合して頂く事で、

昨今流行の『中華風カレー』を思わせる、薬膳ベースのスパイシーな味わいを生み出すのです

 

モノは試し・・・で合わせた両者の取り合わせですが

それぞれの構成を考えてみれば、ある意味納得のいく味わい

 

これなら、しゃぶしゃぶとして食べ進めるだけで無く

白米をよそい、中華風スパイスカレーとして頂いても絶品な筈

 

そんな組み合わせも試してみたい所ではありましたが、

この絶妙な組み合わせを見つけ出すまでに食べ進めた肉の数は、既に10皿

今更、ここに中華風スパイスカレーを足せる程、お腹にも余裕が無く、そちらは次回へと持ち越す事となりました。

 

 

といった感じで、期待を寄せずにいたものの

思わぬ組み合わせの妙から、絶妙な1品を生み出す事に至った、しゃぶ葉 千葉加曽利店への初訪問

 

私的にドハマりとなった「火鍋×カレー」の組み合わせが生まれたのも

数多くの出汁、薬味、付けダレを味わう事が出来る、同店のスタイルがあってこそ

 

大手チェーン店の持つ資本がもたらす、広い味のバリエーションを前に、

悔しくも「美味い」と口にするものとなりました

 

なお、同店ではしゃぶしゃぶ食べ放題に加えて

品数こそ限られるものの「お寿司」の食べ放題も付いております

 

こちらを目にした我が子がオーダーしたお寿司ですが、

恐らく、私が知る限りで

最も薄くネタをカットする事に成功したお寿司が登場

 

穴子、サーモン共に芸術的なネタの薄さですが

なによりその実力が発揮されているのが、上記左上のまぐろ

 

一体、どんな技術を費やせば

身の柔らかいまぐろを、ここまで薄くカット出来るのか

 

これもまた、巨大な資本力を持つ大手チェーンならではの技術・・・

と、感動すら覚える寿司を拝見させて頂きました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

しゃぶ葉 千葉加曽利店

■ しゃぶな ちばかそりてん

■ 住所:千葉県千葉市若葉区加曽利町70-1

■ 営業時間:11:00~24:00

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。