スポンサードリンク

千葉そごう向かい、てくてくで冬季限定「牡蠣の天せいろ」

LINEで送る
Pocket

まだまだ寒暖差の激しい、3月最終日のこと。

桜が咲いたと思いきや、今度は雨天続きでパッとしない寒空の中、千葉駅周辺の美容室へ髪を切りにいくついでに、久々のランチへ立ち寄ったのがこちら。

千葉そごうの斜め向かいより、一本路地を入った通りで、人気を博しているお蕎麦屋さん、「てくてく 千葉店」にてランチとなりました。

 

スポンサーリンク

ランチでは、わさび丼が密かな人気 てくてく 千葉駅前店

千葉中央エリアに比べ、蕎麦屋さんの少ない京成千葉駅界隈。

その中でもランチ帯にはダントツの人気を誇っているのが、こちら「てくてく」。

あらためてネットで店舗情報を調べると、正式名称が「てくてく 千葉駅前店」となっていたので、他にも支店があるのか・・・も。

 

さて、こちらのお蕎麦屋さんですが、以下メニューの通り

蕎麦、うどんだけで無く、おつまみや一品ものも豊富。

いわゆる「明るいうちから飲めるお蕎麦屋さん」といった運営形態のお店となります。

 

同店と道路を挟んだ向かいには、「三好屋」さんというお蕎麦屋さんがありますが、こちらは昔ながらの蕎麦、うどんをメインとしたお店になるので、イイ感じに棲み分けもされています。

 

そんな「てくてく」の名物?といえばこちら

千葉では数少ない「わさび丼」が食べられる蕎麦屋さん。

 

ランチ帯では、お蕎麦のセットでミニわさび丼を注文することも出来るため、こちらを注文されるお客さんも多数。

ちなみに私は、わさび丼があまり好きでは無いので、こちらは注文していませんが(笑)

 

スポンサーリンク

季節が変わる前に最後の限定メニュー 牡蠣の天せいろを注文

さて、この日の注文ですが、日替わりメニューの中から、牡蠣の天せいろをオーダー。

牡蠣を使ったお蕎麦については、3月までの限定とのことなので、この日がギリギリ滑り込みセーフ。

 

カウンターに着席すると同時に、キャベツの和え物のとお茶が登場。

栄養バランスの偏りがちな蕎麦だけに、こういった気配りは、素直に有り難いですわ。

 

この日の訪問時間は、11:30を過ぎたところ。

お昼にはまだ早い時間ながら、店内テーブル席は既に満席。

カウンター数席を残し、早くも埋まっているところから、相変わらずの人気ぶりを感じます。

 

店主さん1人で厨房に入っているため、料理の提供には時間が掛かる、とのお断りが店頭にありましたが

注文から8分ほどで、牡蠣天せいろが登場。

大ぶりながらプリップリした牡蠣の天ぷらが3つと、獅子唐の天ぷら。

そして主役のざる蕎麦といった組み合わせが、私には「日本のサラリーマンの代表的な昼ご飯」なイメージど真ん中。

 

まずは蕎麦から・・・と行きたいものの、ここはまず揚げたてホクホク牡蠣の天ぷらから。

大ぶりな牡蠣ではあるものの、身はプリップリ。

生でもイケてしまうのでは無いか、という新鮮さが天ぷらになっても伝わってきます。

 

続いて蕎麦を一口。

新そばの様な風味は無いものの、何も付けずとも美味さが広がります。

が、私には魯山人の様に風情を楽しむ習慣は無く、カラッカラに干上がった空腹を満たすべくドカドカ蕎麦を鷲掴み。

 

風流に蕎麦をたしなむ間もなく、配膳からわずか3分で完食。

牡蠣の天ぷらも蕎麦も大変美味しく頂きはしましたが、やはり満腹には至らず終い。

 

毎度毎度の事ながら、蕎麦という食べ物は、どうしてこうも満腹に至らないのだろうか・・・

同じ蕎麦でありながら、ガッツリ腹一杯食べられてしまう「つけ蕎麦」が、またも恋しくなる、そんなランチでした。

 

※ 蕎麦、天ぷら共に、味には一分の文句すら無いので、そこの所は誤解なき様、お願い致します

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

てくてく 千葉駅前店

■てくてく ちばえきまえてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区新町21-1 BELLAGIO2 1F

■ 営業時間:平日:11:30〜14:30/17:30〜21:00

土曜:11:30〜15:00/17:00〜21:00 日曜:11:30〜20:00

■ 定休日:火曜日

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。