スポンサードリンク

千葉中央の人気蕎麦店、阿づ満庵 支店で頂く夏の風物詩 具沢山な胡麻ダレ冷やしそば 鰹節と胡麻の豊かな風味で、暑さに負けず食欲もアップ!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

長かった梅雨もようやく明けて、早数日

昨年同様、連日ハンパじゃない暑さが続くことから、この日のランチはサッパリと蕎麦を頂く事に

 

昼前から千葉駅周辺にある実家に出向き、そちらで小仕事を片付けた後

この日の目的である「サッパリした蕎麦」を頂くべく、向かった先がこちら

千葉中央エリア随一の人気店、阿づ満庵 支店となります

 

開店の11時と同時に、ほぼ満席を迎える同店ですが

この日、お店へ到着した時刻は、13時を過ぎた頃

ちょうどお昼のラッシュが落ち着きを取り戻した時間帯とあって、スムーズに入店が可能に

 

では、久々の阿づ満庵 支店で、サッパリ夏らしいお蕎麦を頂いてみようと思います。

千葉中央の行列が絶えないお蕎麦屋さん、阿づ満庵 支店へ、運良く隙間に滑り込み久々のランチ

旧パルコの裏手となる、千葉市中央区中央

同地に長らくお店を構えている、千葉界隈でも随一の老舗蕎麦店、阿づ満庵 支店

 

その名の通り、本日伺ったお店は阿づ満庵の支店となるのですが

では本店は・・・?というと、これもまた、すぐご近所

というか、同じ町内となる中央の銀座通りにお店を構えるものとなります

 

 

私的には、本店、支店とでそう差異を感じていないのですが、同2軒に長らく通う人の中には

・ご飯ものなら本店

・蕎麦のトッピングは支店

・蕎麦も支店の方が上

・カエシなら本店の方が

など、良く分らない意見が飛び交うお店

 

まあそれだけ、2軒に通うお客さんが多い事からの意見の相違であって

長らくこの地で愛されてきたお店、その証とも言えます

 

さて、そんな阿づ満庵 支店で頂くランチですが、ブログの記録によると、前回の訪問は昨年末だった様でして

千葉一行列の出来るお蕎麦屋さん 阿づ満庵 支店にて、親子丼VSカツ煮による2大丼物の頂上対決!
11月最後の三連休、その中日となる土曜日のこと 午前中から放送されていた特番?を目にした我が子が、井森美幸が美味しそうに頬張るその表情を見て 「親子丼が食べたい」と口にする事に
2018-12-03 07:13

 

ただ、この時はご飯ものを頂いておりますので、お蕎麦を頂くのは更に久しぶり

というのも、ここ阿づ満庵 支店で頂けるお蕎麦のレパートリーは、とにかく豊富でして

定番として知られるお蕎麦なら、何でも頂けるのは当然の事

他店ではおよそ見かけることの無い、変わり種と言うべきか、オリジナリティあるお蕎麦、うどんも豊富となのです

 

しかし、外気温は35度を越す猛暑日

この暑さの中、鍋焼きうどんを頂く様な罰ゲームに挑戦するつもりは当然なし

 

目的となるのは、もちろん冷たいお蕎麦

しかも、レギュラーメニューでは無く、今の時期、夏限定として提供される

・冷やしたぬき

・胡麻ダレ冷やしそば

この2品、いずれかが本日の目的でもあります

 

さて、どちらにするべきか、悩むこと1分

本日のオーダーは「胡麻ダレ冷やしそば」を頂いてみようと思います。

阿づ満庵で頂く夏の風物詩、豪華な具材がお皿を埋め尽くす、胡麻ダレ冷やしそば

この日、お店を訪れた時刻は13時を過ぎたところ

会社関係のお客さんが多いエリアだけに、12時を境として、一気に人が溢れる中央エリア

 

その中でも、連日行列の絶えない人気店となるのが、阿づ満庵 支店

前述した通り、昼時のピーク帯を過ぎてお店を訪れたことから、難なく入店が叶ったものの

私同様、この時間が来るのを待ち構えていたお客さんも多い様子で、昼時の様な行列こそ出来ないまでも、未だ満席の続く店内となっております

 

そんな慌ただしい店内ですが、こちらのホールを切り盛りするスタッフさん達は、全員手練ればかり

ホールを担当しているのは、全員女性となるのですが、一番上のお母さんから、娘さん?(お嫁さん??)に至るまで、全員が手を休めること無く機敏に働き続けております

 

加えて、お蕎麦が提供されるまでの早さもあり、行列の出来る人気店ながらも、その回転率も地域NO1

つい5分ほど前に注文したはずのオーダーながら、早くもテーブルへと配膳されるものとなりました

 

という訳で、こちらが本日のランチ

千葉中央が誇る人気店

「阿づ満庵 支店」で頂く、胡麻ダレ冷やしそばとなります

 

阿づ満庵が誇る夏の風物詩となるのが、前述した通り

・冷やしたぬき

・胡麻ダレ冷やしそば

こちら2品となります

 

この内、冷やしたぬきについては年間通じて提供されるものの、本日私が頼んだ「胡麻ダレ冷やしそば」は、夏場のみの限定メニュー

トッピング自体は、冷やしたぬきとそこまで違いがありませんので、年間通じて提供できるのでは・・・

と思うところもありますが、恐らくそれをしない理由となるのが、胡麻ダレの存在にあるのでしょう

 

一気にタレをかけ、お蕎麦を啜り始めたいところですが、

まずはその、豪快なトッピングをくまなくチェック

お蕎麦の登頂に盛られた、たっぷりの鰹節

その奥に見え隠れしているのが、カニカマ、ワカメ、そして胡瓜のせん切り

 

続いて、登頂からもうワンカットを撮影しますと、

器の周りにもトッピングが満載である事がお分かり頂けるかと

そこには、玉子焼、ネギ、せん切り大根の姿も確認出来ます

 

なお、一説によると、同品および冷やしたぬきについて、

・阿づ満庵本店 → 山菜がトッピング

・阿づ満庵 支店 → シイタケの煮付けがトッピング

といった差異があるのだとか

(親戚のおばちゃんから情報提供)

 

大きな差には感じられない、同トッピングの違いですが、好きな人によると

「ここのシイタケの煮付けが、とにかく美味い」との声も

 

とは言え、なにぶん私は、シイタケが食べられない側の人間となりますので

それの美味しさが伝わって来ないどころか、むしろ山菜トッピングの方が有り難かったりも

 

 

まあ、そこばかりは諦めつつ、シイタケが全体に行き渡らぬ様、端っこに寄せた上で、胡麻ダレを投下!

サッと全体に混ぜ合わせた上で、まずはお蕎麦を一口

 

風味の強い、こだわりのお蕎麦

と、言ったわけでは無いものの、大衆店で頂く大衆価格のお蕎麦の中では、十分トップクラス入りする美味しさ

 

そして胡麻ダレですが、これもまた程良い濃さに仕上がっております

担々麺の様な濃厚さでは無いものの、風味をしっかり感じさせ、お蕎麦との相性も文句無し

 

つけ汁で頂くよりも甘みが強く、冷たいお蕎麦に加え各種具材

中でも、鰹節との間に、予想以上の相性を感じさせ、香り豊かなお蕎麦に仕上げております

 

 

そしてなにより、ここ阿づ満庵のポイントは、量の多さにあります

本日頂く胡麻ダレ冷やしそばに至っては、他店の蕎麦基準なら、2玉はありそうなボリューム

これに加え、上記した通りの具沢山ぶりですから、その満足度は計り知れません

 

その満足度を、更に底上げしている存在がこちら、

阿づ満庵ではお馴染み、小ぶりのえび天となります

 

サイズこそ小さめながら、使用している海老は一級品

確かな旨味と、カラッと揚がった食感は、このお値段で提供される蕎麦としては十分な存在感

 

胡麻ダレとの相性については、若干疑問視する部分もありますが、

まあ気になるのであればタレを掛けず頂けば、えび天そのままの美味しさで頂けますね

 

同じく、具沢山なお蕎麦を象徴するトッピングとなるのが、

こちらのカニカマ、そして玉子焼の2品

 

どちらも決して特別な存在では無く、良くも悪くも

「昔ながらのお蕎麦屋さん」を象徴する具材と言える品になります

 

ですが、その「昔ながら」を感じさせてくれることこそ、ここ阿づ満庵のらしさなのです

素材や出汁にこだわり、丁寧な蕎麦打ちの末、単価も高騰してしまった高級なお蕎麦

 

それらの逆を行く、毎日でも食べ飽きないメニュー数と、一食で満足出来るボリューム

働く男性の味方であり続けるべく、安価な具材であっても、量を増やすことで満足度を高める

コレこそが、大衆蕎麦店を象徴する、嬉しいサービスに他なりません

 

決して特別視される様な具材では無い

でも、だからこそ、惜しげもなく蕎麦にトッピングしてしまい、食べ手の満足度を高める

これこそが阿づ満庵ならではのサービスであり、連日絶えず行列が出来る人気店となる由縁でもあるのです。

 

 

そんな感じで、久々にお蕎麦を頂くものとなった、阿づ満庵 支店

冷たいお蕎麦でシッポリしたい、その望みは当然のこと

サッパリしたお蕎麦を味わいつつも、ボリューム面では一切抜かりの無い、満足な一食となりました

 

丼ものや、天ぷら各種ばかりに目が行きがちな阿づ満庵ですが

やはり、看板メニューでもあるお蕎麦の充実度はさすがの一言

 

とは言え、今の季節に温かい蕎麦を頂く勇気は無いものの、

気候が落ち着いた頃を見計らい、未食のままとなる様々なお蕎麦にも目を向けてみたく思いました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

阿づ満庵 支店

■ あづまあん してん

■ 食べログURL:https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12004763/

(ネット予約 不可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区中央3-15-4

■ 営業時間:11:00~20:00

■ 定休日:水曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。