スポンサードリンク

県庁前すぐ近く、末広街道沿いのとんかつ屋さん 喜八 夏だけの限定メニュースパイシーな串カツカレーを食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

毎週恒例、ジム帰りのランチへ

この日は当初、千葉寺駅前にある「もてなしや」へ向かう予定でいたのですが

時間前にお店の駐車場へ着いたものの、すでに満車

 

10台分のスペースがあるにも関わらず、満車とはどういった了見か?

と、気になりお店の前へと向かってみると、恐らく同じ会社に勤めているとおぼしき女性の団体を発見

ライブの出待ちさながら、もてなしや前に席巻する団体を目にしてしまい、今日の所は退散することに

 

そんな訳で、もてなしやでのランチを諦めながら、あらためて向かった先は、これまた最近ルーチン化してきた本千葉エリア

だいぶ散策の進んできた同エリアですが、まだ本ブログで触れていないお店の1つ、

モノレールの県庁前駅から、末広街道沿いに1~2分ほど歩いた左手に位置する「喜八」を訪れてみる事に

 

こちらのお店は、同看板にも記載がある通り、豚カツを中心とした揚げ物をランチでは提供

また、夜は居酒屋としても営業を行っており、揚げ物以外にも他数のおつまみを頂けるお店となります

 

加えて、喜八の大きな特徴?となるのが、こちら

居酒屋営業を行っている夜の部に、予約を入れてお店へ向かうと、変なサービスをしてくれるのです

 

変なサービスと聞いて、敷居を高く感じてしまいますが・・・

これ以上はネタバレになってしまいますので、その詳細を知りたい方は、予約の上でお店を訪れてみて下さい

※ 変な、と説明されていますが、普通に嬉しいサービスです(笑)

 

それでは、本日のランチはここ「喜八」を訪れてみることに。

予約をすると変なサービス、でお馴染み、本千葉のとんかつ居酒屋、喜八

この日、お店に着いたのは11:30ちょうど

ネット上では開店時刻に関する記載の無いお店ですが、準備中の時間帯には店先に「11:30頃開店します」の札が掲載されております

 

同札が取り除かれ、入り口にのれんが掛かったところで店内へ

当然ながら先客はおらず、口切りでの入店となります

 

店内は、小上がりの座敷を中心とした作りになっており、そのスペースも広め

お昼は豚カツを中心とした揚げ物の定食を提供するお店ですが、夜になると居酒屋としても営業されているため、十分なスペースが設けられております

 

また、ここ本千葉界隈の飲食店は、昔ながらのお店が多い事もあってか、こちら「喜八」も全席喫煙可能となっております

嫌煙者にとってはキツい環境になりそうですが、この昔ながらな・・・感じを好む人が多いエリア故かも知れませんね

 

それではランチメニューの方へ

まずはお店の看板通り、揚げ物を中心としたこちらのメニュー

揚げ物系メニューは、どれもボリュームある事で知られる「喜八」ですが

中でも他店を寄せ付けない圧巻ボリュームを誇るのが、盛り合せ定食

若かりし頃は、揚げ物が食べたくなる度に「喜八」を思い浮かべていたほど、とにかくボリュームある盛り合せを頂けます

 

とは言ってみたものの、私はつい数日前に魚乙で精一杯揚げ物を食べたばかり

そこに拍車を掛けて、ここでまた揚げ物を投下してしまえば、ここ1ヵ月で4キロ痩せた努力も水疱に・・・

となりますので、今日の所は控えめに生姜焼き辺りを狙おうか、と算段を立ててみると

 

ここで視界に飛び込んで来たのが、こちらのメニュー

ヒレとイワシのメンチ、トロとろ豚角煮と、どちらも魅力的且つ個性ある品々

ただ、それをも差し置いて、私の気分を高揚させてくれるのが、夏季限定メニュー

「夏だけ!!串カツカレー」となります

 

カレーが夏だけなのか、それとも串カツが夏のみなのか

その理由、そうなる根拠はサッパリ分りません

が、「予約すると変なサービスするよ」を代名詞にするお店だけに、余計な詮索をするほうが野暮と言ったところでしょう

 

ちなみに、ここ喜八の夜メニューは以下の通り

居酒屋らしい定番メニューが多数揃っており、これらに加えてお勧めの鮮魚・刺身盛り

更には、ランチ同様に揚げ物も提供されており、これらについては単品ないし盛り合せでの注文が可能となっております

 

なお、上記メニューに関して、

・あじ塩焼き

・いわし姿焼き

この2品が「時価」と記載されておりますが、お寿司屋さんの様な危うい時価にはなりませんので、ご安心下さい。

 

という訳で本日のランチですが、黒板メニュー3品から決めかねていたものの

「夏だけ!!」の一文にそそられたことから、串カツカレーをオーダーする事に

 

注文を終えると、お茶の提供と共に

お水の入ったグラスが、それもポットごと提供されました

これは、カレーの辛さ故なのか、それとも熱中症対策に気を利かしてくれただけか

その真意分りませんが、有り難く受け取っておきます。

本千葉の喜八、なぜか夏だけの限定メニュー ボリューム満点な串カツカレーを食べてみた

といった流れで、予定を急遽変更し、訪れるものとなった本千葉の喜八

ボリュームある揚げ物メニューも捨てがたい所ですが、やはり「限定」のキラーフレーズに弱いのが私

 

町の大衆食堂、居酒屋の雰囲気が120%な喜八に、私を震撼させる様なカレーが存在する

といった期待はしていないものの、それであっても食べたくなるのがカレーの魅力

しかもそのカレーが、何故か夏限定とされてしまえば、1度くらいは口にしておきたいところ

 

カレーという無難すぎる選択をしてしまった自分を正当化する理由を並べながら、待つこと10分

お父さんの「あがったよー」という威勢の良いかけ声と共に配膳されてきました、

こちらが本千葉の喜八が提供する、夏季限定家ニュー

「串カツカレー」となります

 

カレーとは言え、揚げ物をメインで提供するお店らしくキャベツを欠かすことはありません

かといって、カレーと同じお皿に盛り付ける訳にもいかずか、キャベツのせん切りは

この様に、まさかの小鉢に山盛りスタイルで提供

 

なお、ドレッシングやマヨネーズと言ったオプションはありませんので、

・卓上のソース

・カレー

いずれかにてキャベツを頂く形となりそうです

(カレーで食べるなら、別盛りじゃ無くても良かった気がw)

 

更には、ランチの定食らしく

香の物が3品、そして季節の果物としてグレープフルーツ

グレープフルーツについては、皮目の切り込みが入れられており、食べやすくされております

 

そして、カレーとは言え

味噌汁も欠かすことなくお盆上にスタンバイ

ちょっと出汁薄めではありますが、これもまた昔ながらの食堂らしい味噌汁ですね

 

それでは、主役となる

こちらの串カツカレー、頂いてみましょう

 

まずはカレーから一口

市販のルーをベースとしたカレーに思われますが、思いの外辛口な仕上がり

スパイスの風味も感じられるので、カイエンなどのチリペッパー系をプラスしている様にも感じられます

具材は豚肉に人参、玉ねぎとシンプルですが、野菜はどれもしっかり煮込まれ、食べやすい柔らかさ

時間を掛けて作った、家庭のカレーのような優しい味わいに仕上がっています

 

そして、本カレーのトッピングとなるのが、

こちらの串カツですね

豚肉と長ネギといったシンプルな具材ですが、カラッと揚がっており良い仕上がりです

 

衣が厚めではあるものの、カレーと共に頂くなら、これも全く気にならず

お肉は柔らかく、長ネギとカレーの組み合わせも、お蕎麦屋さんのようで面白いアクセントになっています

 

そして何より、このボリューム

ご飯、カレー共に平皿一杯盛られているので、男性でも十分満足出来るサイズ

このボリュームのカレーに、串カツがトッピング

更には味噌汁にキャベツまで付いて880円なら、十分納得のお値打ち価格と言えます。

 

 

イメージしていたより、スパイスの効いた辛めである点を除けば、大衆食堂・居酒屋さんらしい家庭的なカレー

ですが、そこにとんかつ屋さんらしい串カツのトッピング

更には、たっぷりキャベツまで付いており、お値段もお手頃価格

 

物珍しさやインパクトこそ感じないものの、毎日通っても安心できる

飽きの来ない、大衆食堂らしい夏限定カレーを頂きました

 

それにしても、豚カツとカレーで食べられたら、満足度も増すだろうに、敢えての串カツ・・・

そして、これを夏季限定にする理由って、結局なんだったんだろう…(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

とんかつ 喜八

■とんかつ きはち

■ 食べログURL:https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12019385/

(ネット予約 不可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区長洲1-16-6

■ 営業時間:11:30~ 不明

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。