スポンサードリンク

千葉を代表する手打ち蕎麦、作草部の泰庵 極太ながら喉ごし滑らか、風味豊かな極上粗一本挽の十割そば

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

午前中から、自分の仕事に家の所要にとバタバタした週末

普段なら、11時過ぎにはランチへと出向くものの、ゴチャゴチャと慌ただしく過ごした結果、やっとお昼に出向ける様になったのは12時を過ぎた頃

 

午後の仕事を考えると、近場で早いウチにランチを済ませたいところなのですが、Twitterを見ると、

 

・まるわ → まさかの臨時休業

・粋や → ワンオペに付き、提供に時間が掛かるとのこと

 

この様にまさかの事態が立て続きで、私にとっての

「近所&短時間で食べられ、且つ絶対的な信頼を於ける2大ランチ」

が、どちらも候補から姿を消す結果に

 

加えて、私自身の体調も・・・

前日にシコタマ飲みすぎた影響で、二日酔いがようやく回復しだしたばかり

 

チャリで行ける距離で、且つスベらない&重く無さそうなランチを模索した結果

この日の候補となったのはこちらのお店

モノレール作草部駅と天台駅、両駅の中間あたりに位置する、人気蕎麦店

「泰庵」にて、遅ればせながらのランチを頂くものとなりました。

千葉市内でも有数の実力派&本格蕎麦店、作草部の泰庵にて久々のランチ

この日のランチ候補となった、作草部の泰庵

最寄り駅は作草部、天台とどちらもモノレール、しかも徒歩10分程と、立地は決して良く無いお店

しかし、こちらで提供されるお蕎麦のの実力は確かなもので、千葉市内でも5本ないし3本の指に数えられる名店となります

 

それだけに、ランチで出向く時には、開店直後を極力狙うようにしているのですが・・・

この日、お店に着いたのは12:30を回った頃

 

多少の待ち時間を覚悟して向かったものの・・・先客は1組のみと、まさかの展開

ひとまず、カウンター席へ通され本日のセイロをチェック

本粗挽き、田舎の二八蕎麦がそれぞれ

極上粗一品挽き、細打ちの十割蕎麦も各位

 

そして、、、メニュー中央には

・伊勢海老天セイロ → 3,300円!!

・オマール海老天セイロ → 2,700円!!

と、商品名もさる事ながら、お値段も相応な迫力を感じさせる2品が出陣

 

ここの蕎麦に、伊勢海老の天ぷら

・・・絶対旨い

でも、3300円ってw

 

かといって、オマール海老に妥協しようにも、それでも2700円

やっぱ、2700円ってwww

 

本日限定 VS ブルジョワ級のお値段

という2019年始まって以来、最大のバトルが私の中で早くも勃発

 

ひとまず、このバトルの決着をつける前に、私の心を揺るがす第三者の出現を祈りつつ、レギュラーメニューの方へ

ここ、泰庵に於ける人気メニュー

「鴨汁つけセイロ」は相変わらず、何故か撮影NGを主張しておりますが

千葉を代表する人気蕎麦店、作草部の泰庵 (やすあん) 数ある蕎麦メニューの中、唯一写真撮影NGな鴨汁セイロとは!?
普段私がこのブログを書く際は、食べた当日では無く、余韻を浮かべながら食べた数日後、記事に残している。 が、本日だけは食べたその直後に、ブログへ記事を残さなければならない理由があり
2016-12-27 13:51

 

とろろに天せいろ、更には特上・・・

とろろはともかく、やっぱ天せいろはさすがのお値段ですよねえ

 

かといって、これをめくったところで、

蕎麦の種類がバージョンアップすればする程、お値段も高騰

先ほどの伊勢海老セイロで悲鳴を挙げかけた私ですから、二色三色のセイロは、最早不戦敗

 

かといって、ここ泰庵に来てまで、温かい蕎麦を頂くのも何か違うし

その他、冷し系のお蕎麦は5月からの期間限定メニューばかり

 

ここ泰庵は前述した通り、相当な実力派蕎麦店で、それでいながら私にとって近所のお蕎麦屋さん

しかし、そうでありながら、あしげく通う・・・というほど、お店を訪れている訳でもありません

 

その理由、もうお気づかと思います

・・・高いんですw

 

いや、食べてしまえばそのお値段にも納得する、ハイレベルな品ばかり

なので、コスパがどうとか、そんなつまらん話をする訳では無いのです

 

ですが、セイロ760円はまあ納得としても、

・とろろそば → 1,520円

・天せいろ → 2,060円

・カレー南そば → 1,460円

といったこの価格帯、私のような平民にとっては、さすがに躊躇するお値段

 

払えない額じゃあ無い、だけどこの額を払うには、まだまだまだ躊躇してしまう

ここ泰庵を訪れると、自分の小物ぶりを見せつけられている気分に陥り、思う存分願望を満たすことが出来ず・・・

故に、近所でありながらそうそう訪れることが無い、今の私にとっては、まだまだ敷居の高いお蕎麦屋さんでもあるのです

 

これが夏場であれば、選択肢も増えて小物なりの楽しみ方もあるものの

冬場の冷たい蕎麦は、限られた選択肢ばかり

 

かといって、ここで2000円を払うK点越えには踏み切れず

迷いに迷った挙げ句、この日のランチは小物ぶりを全開に感じつつも、

「極上粗一本挽の十割そば(1080円)」を大盛り(+540円)にて頂く事となりました。

随所にサービスが光る、おもてなしに溢れた泰庵で頂く、一本挽きそば粉の十割そば

提供するお蕎麦に絶対の自信があるからこそ、そのお値段にばかり目が行きがちな、作草部の泰庵

 

しかし、同店が人気店である以上、お値段もさる事ながら、提供する料理の品質は勿論、

ランチだけでは無く、夜のメニューでも様々な蕎麦前を味わうことが可能となります

 

加えて、行き届いたおもてなし精神も超一流でして

入店後、提供されるお茶についても、少し減ったら注ぎ足してくれる目配りに始まり

写真では少し分りづらいのですが、カウンター席に敷かれたクッション

これには、腰を掛けると気持ち前傾姿勢になる様、若干の傾斜がつけられていたりと

 

とにかく、お客さんに居心地良く料理を味わって貰おうとする気配りが、随所に溢れかえったお店で

その証拠・・・と言うべきかどうか分りませんが、

カウンター内には、様々な著名人のサインが掲載されているのですが、これらは全て2018年の日付のもの

ここに掲載されているのは、直近数ヶ月に訪問された著名人のサインのみとなり、これをも凌ぐ数多くの著名人が訪れていることが伺えます

 

また、ここに掲載されているサインというのも、他店ではまず見かけない

「え、そんな人が!?」

と驚きを隠せないビッグネームばかり

 

中でも私が興奮を隠せなかったのが、上記写真中央に掲載される

・高橋由伸前監督

・内田有紀

この2枚のサイン

 

アイドル、歌手を経て、今やドラマに欠かせない名バイプレーヤーのポジションを確立した内田有紀

そういや、高校性の頃に麻雀しに集まってた友達の家では、いつも内田有紀のCDが流れていたよなあ

 

そして、我らがジャイアンツを志半ばで勇退するものとなってしまった、高橋由伸前監督

由伸さんと言えば出身も千葉市なので、サインがあったとして不思議では無いのですが、上記サインの日付は昨年の12月

監督を退任した後の日付でありながら、そのサインと共に刻まれた「giants」の一文に、どんな思いが込められているのかを思うと、思わず涙が溢れそうにも…

 

サイン一つ一つに込められたドラマを振り返っている間に、

本日のランチ、極上粗一本挽の十割そば(大盛り)のお出ましとなりました

 

極上粗一本挽とは言え、なんとも言えない極太感

その太さ、質感、色味からは、蕎麦の実に秘められた、荒々しく溢れた野性味が伝わってきます

 

この蕎麦を頂くのは、蕎麦汁と山葵

そしてお隣には、七味も用意されております

 

しかし、この野性味溢れる蕎麦

ツユにつけて頂くよりも、まずはその持ち味、ポテンシャルを心行くまで確かめなければ気が済みません

大自然が産み出した芸術、とも言うべき極上粗一本挽、早速頂いてみましょう

 

スルッと一口啜り感じるのが、とにかく強い蕎麦の風味

蕎麦の香りはもちろんのこと、殻まで挽いた蕎麦だからこそ感じられる、その独特な風味は唯一無二の存在感

その太さ故の強いコシも兼ね備えており、その弾力もまた、風味を強く引き立てる役割を担っています

 

しかも、これだけ強いコシを持った蕎麦でありながら、喉ごしが柔らかいのも特徴的

十割蕎麦でありながら、ボソッとした食感は一切感じられず、ただただ滑らかに口の中へと吸い込まれていくのです

 

その見かけからして、相当な風味であることは想像に難くありませんが

思い描く豊かな風味の、斜め45度上を行く芳醇すぎる風味を宿した蕎麦じゃ無いでしょうか

 

蕎麦汁なしでも不足感を受けないものの、やっぱり山葵だけは欲しい所

という訳で、ちょっと山葵を載せて、更に一口

 

・・・おぉ

山葵の風味にも一切負けない、両者が四つに組んでせめぎ合う、そんな力強さを感じさせます

摺り下ろしの山葵だけに、こちらの風味も相当ながら、それをも凌ぐ風味を持ち合わせる蕎麦

これはもう、泰庵ならではというか、このお値段で提供するからこそ、実現できる蕎麦としか説明が付きません

 

ちなみに、これに合わせる蕎麦汁はわりと甘め

醤油がイイ感じにエッジを立てていながら、鰹を始めとした出汁が豊かに香っており、蕎麦の風味を崩さず引き立てます

ただ、ここまで芳醇な蕎麦を前にしたら、蕎麦汁も僅かにあれば十分な程

 

とにかく豊かで、野性味を感じる蕎麦の風味

それを堪能するに際して、その他の味付けは一切不要にも感じられてしまいました。

 

蕎麦の太さに加え、大盛りにしたことにより、ボリュームも十分

心行くまで蕎麦を堪能しきった最後には、

こちらのそば湯

ここ泰庵では、ゆで汁に加え、蕎麦粉を足した濃厚仕立てにて提供されます

 

上記の通り、トロっとしたそば湯となる為、これはこれでなかなかなのボリューム

大盛り蕎麦を完食した直後のお腹には、多少の苦しさを感じる程でしたが、身も心も、隅々に至るまで蕎麦を堪能させて頂きました。

 

という訳で、久々の訪問となった作草部の泰庵

蕎麦打ちの高い技術を思う存分堪能するものとなりましたが、それと同時にまだまだ自分の小ささも痛感…

 

次来る時には、迷わず「伊勢海老天セイロ」をオーダーできるよう、今年は仕事を頑張ろう

そんな決意を抱かせてくれる、新年に相応しい(いい加減、1月も終わるけど)一食を堪能させて貰いました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

泰庵

■やすあん

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区作草部1-9-14

■ 営業時間: 11:30~14:30 / 17:00~21:30(月曜はランチのみ)

■ 定休日:火曜日、第二月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。