スポンサードリンク

佐倉市志津から車で10分、十割そば さちの 田園風景の中に佇むお蕎麦屋さんで頂く、九州産みつせ鶏の鶏南蛮

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

週一で通う都賀の鍼灸院を経由し、その足で事務所のある勝田台へ

その移動がてらにランチを取る事となったのですが、道中に以前から気になるお店が

 

遠近五叉路を越えて、四街道から志津方面へと向かう通り沿いの左手に

(住所的には、上志津原?)

十割そばを大々的に謳ったお蕎麦屋さんがあるのですが、

こちらのお店、営業時間はランチのみとのことで、数年前から気に掛けていたものの、未訪問のままだったお店の1つ

 

周囲には飲食店はおろか、田園風景とも言い難い

正に「道路」しか無い様な立地に、突如視界へ飛び込んでくるお蕎麦屋さん

 

その不思議な光景が以前より気になっていた事から、その疑問を解消すべく、

京成志津駅から車で10分ほど、

「十割そば さちの」にてランチを頂くことに。

 

ちなみに、最寄りの駅となるのは京成の志津駅もしくは勝田台駅となるのですが、どちらからも車で10分以上の立地

公共の交通手段も無い場所に思われますので、訪問の際は車が必須となります

 

なお、お店の前には

この通り、広大な駐車場スペースも設けられているので、車での訪問時にはこちらをご利用下さい。

四街道~志津を結ぶ道路沿いで、大々的に十割そばを謳うお店、さちのを初訪問

明らかに人里離れた立地

それでありながら、昼時には終始駐車場に車の姿を見かけていた、十割そばさちの

 

お店の存在を知らない限り、絶対に訪れることが無いであろう立地ではあるものの

こういった場所にこそ名店もまた、存在するのでは無いか?

と淡い期待を頂きながら、初訪問を果たすことに

 

お店の駐車場に車を止め、入り口まで向かうと限定メニューの紹介が

鶏南蛮に牡蠣の天ぷら、そしてカレー南蛮

 

季節のメニューとなる牡蠣が限定なのは納得として、カレー南蛮&鶏南蛮が限定?

というのは、仕込みの関係でしょうか??

いずれにせよ「限定」という言葉にとかく弱い私にとっては、ダイソンのような吸引力を持ち合わせたフレーズ

 

そのお隣の看板にも、同じく「限定」を掲げる天ぷらセットの文字を発見

ただ、この日の天ぷらには「まいたけ」が混在している様で、キノコNGな私にとって、これはむしろ好都合

数ある限定メニューの中から、天ぷらを除外した上で候補を選択することが出来そうです。

 

なんとなく雰囲気を感じ取りつつ、ひとまずは店内へ

外から見る以上に中は広く、また天井も高くて開放的な作り

お店の壁側には、大きく窓が設けられており、自然光がたっぷり降り注ぐ明るいお店となっております

 

壁際にはカウンター席が数席

それを囲むようにして、テーブル席が多数設けられており、最大で20名以上が入店可能な様子

 

この日は1人での訪問でしたが、開店直後の11時とあって先客は無く

「お好きな席へどうぞ」との言葉に甘え、テーブル席の方へ

 

ひとまずメニューの方をチェックしてみると

お店の看板にも掲げられているとおり、全てのお蕎麦は十割そばとなる様子

また、どの側も+150円で田舎そばに、同じく+150円で大盛りに変更も可能とのこと

 

冷たいそばは、上記の8種となっており、これに加えて

温かいお蕎麦も全8種

 

それ以外に、ご飯モノや単品メニューも用意されており、

こだわりのあるお蕎麦屋さんに見えながら、大衆そば店の様な一面も

 

またお値段の方も、十割そばながら700円~となっていて、

最も高い「上もり天」でも1200円とリーズナブルな価格帯

 

これらに加えて、先ほど入り口で見かけたのが

 

限定メニューとなる、鶏南蛮

こちらに使用されるのは、佐賀県の銘柄鶏となるみつせ鶏とのこと

 

そのお隣には、これまた先ほど表で見かけた限定メニューの天ぷらセット

こちらのお蕎麦には、青森県産の蕎麦粉、階上早生が使われているそうです

 

この階上早生がどんな風合いなのか気になるものの、天ぷらにはまいたけ入り

更には、数量限定となるカレー南蛮も候補に加わるものの、やはり限定のフレーズに押され

「鶏南蛮」を田舎そばにて頂いてみるものとなりました。

天ぷらにカレーに、とにかく「限定」が並ぶ中、同じく限定の鶏南蛮を食べてみた

注文を終え、提供されたそば茶を頂きながら店内を眺めていると

お昼時が近づいて来たのか、少しずつお客さんが来店

 

お世辞にもアクセスが良いとは言えない立地ながら、地元では多くの人に知られているのでしょうか

2人、3人と少しずつお客さんが増えていき、11時10分を過ぎた頃には4組が来店

やはり入店前に感じた雰囲気通り、地元では知られた名店なのかも?と期待は高まるばかり

 

そんな店内の様子に浮かれ始めたところで、

本日のランチ

「九州産みつせ鶏の鶏南蛮」が到着となりました。

※ 午後の早い時間に予定が入っていたことから、この日のランチはちょっと控えめに

 

まずお蕎麦の方ですが、こちらは通常の品に+150円でオーダーした田舎そば

そば殻がたっぷり含まれており、食物繊維豊富そうな色合い

ただ蕎麦を見る限り、太さが均一で綺麗に成形されているので機械打ちなんでしょうか

十割そばで機械打ち・・・あまり聞いたことが無い(笑)

 

ひとまずお蕎麦を頂いてみると、十割の田舎蕎麦にしてはボソッとした感が無く、喉ごしも良いですね

ただ、十割蕎麦という割には、香りや風味は感じられず

使用している蕎麦粉の違いなのか、他店で味わう十割蕎麦特有の味わいも無し

 

その違いを的確にどうこう語れる程、そばに対する見識が深い訳ではありませんが、イメージしている十割蕎麦とは違う様な

まあ値段が値段なので、普通に蕎麦を食べに来たのなら全然アリですが、十割蕎麦だと思うと期待を外しそうな気も

 

続いて、鶏のつけ汁ですが

こちらは気持ち辛めな仕上がりですが、鶏の脂から旨味もしっかり

鴨のつけ汁の様な甘みこそ無いものの、風味控えめな蕎麦の旨味をしっかりカバー

十割蕎麦だと思って食べると拍子抜けしますが、大衆蕎麦店だと思えば全然アリなつけ汁じゃ無いでしょうか

 

そして、つけ汁の主役とも言えるのが、

こちら、九州産のみつせ鶏

 

軍鶏のような強い弾力が特徴的で、旨味もたっぷり感じられます

みつせ鶏自体、頂くのは初めてとなるので比較はできないものの、鴨南蛮と比較しても遜色ない味わいが感じられます

 

最後にそば湯ですが、こちらは店員さんに声を掛けて提供して頂く形式とのこと

食後にお願いし、頂いてみたのですが

こちらもやっぱり、風味が薄め

 

お蕎麦が真に十割蕎麦であるかどうか、を私如きが食べただけで判別することは出来ませんが

十割蕎麦特有の香りや風味を期待して訪れたら、拍子抜けしそうかなあ

 

お店の立地や、大々的に謳っている「十割そば」の名から期待を込めてしまいそうですが、

蕎麦通がわざわざ足を運ぶタイプのお店とは違うかな、といった見解ですね

 

が、普通に大衆蕎麦店を訪れるつもりであるなら、そのお値段を考慮しても十分納得のレベル

また、そば以外のメニューも豊富となっているので、それらも踏まえつつ

(和風ソースロースかつ丼なんてのも、ちょっと食べてみたいし)

近所にあるなら、定期的に足を運んでみたい、そんな印象を受けるお蕎麦屋さんでした。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

十割そば さちの

■ じゅうわりそば さちの

■ 住所:千葉県佐倉市上志津原234-3

■ 営業時間:11:00~14:00

■ 定休日:日曜日・祝日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。