スポンサードリンク

これぞ昭和のオムライス! JR本千葉駅から5分 とんかつオオノで頂く、昔懐かしのオムライス! デカ盛りフルサイズながら、お値段はまさかの700円!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

昨年投稿した記事の中で

「ここの生姜焼きは私が知る限り、千葉NO1!」

と豪語しながら紹介した、とんかつオオノ

【絶品】千葉県庁近くの人気店、とんかつオオノ 推定千葉NO1の生姜焼き定食を千葉城の麓で食べてみた
朝からボンヤリながら「オムライス」が食べたくなった、週の初め月曜日 まずは午前中にジムへと向かい、いつにも増してハードに全身を痛めつけられながら 『どこのオムライスを食べよ
2018-11-27 07:05

 

こちらには、多くのブログ読者さんからも反響を頂いたのですが・・・

中でも、真っ先に食いつき

「行きたい!!」とデカい声を挙げてきたのが・・・

 

ウチのカミさん(笑)

 

近所なんだし、勝手に行けよw

つうか、旦那のブログ見てんのかいww

 

と思うのもヤマヤマ、まあそう言うならばと、昨年末に連れて行ってみたものの

・予約?が一杯で営業開始が遅くなる

・本日からお正月休み

などに阻まれ、昨年内の訪問は叶わず

 

そして、年が明けようやくチャンスに恵まれたことから

本千葉のとんかつオオノに、今度はカミさんを連れての訪問となりました。

スポンサーリンク

JR本千葉駅、県庁前駅近くの隠れた人気店 美味くてデカ盛りなとんかつオオノ 

千葉県警のちょうど裏側に位置し、亥鼻山の麓にお店を構えるとんかつオオノ

JR本千葉駅、モノレールの県庁前駅と、両駅から5~6分の距離ながら、表通りに面していない為、世間一般からの認知度は低めなお店

ですが、近隣で働く方々であれば、誰もが知るような隠れた名店の1つとして数え上げられるお店となります

 

お店の歴史については詳しく知りませんが、その風貌からして、相応の時代を生き抜いてきたことだけは間違い無さそう

その歴史を、背かなを通じて無言で語るかの如く

店内には、商売人らしい演技を担いだ様々なオブジェが陳列

(その割に、曇り窓越しに覗きこむ大量のトップマート袋w)

 

この日の訪問時刻は、開店直後となる11時

開店と同時に出前のラッシュが舞い込んでいるようで、暖簾こそ上がっていなかったものの、お店は入店OKとのこと

 

この時間帯は、ひっきりなしに出前が飛び込んでくるようで、店内のテーブルには

ピストン運行で近隣にランチを届けるべく、大量の料理が出発を待ちわびております

この光景だけでも胃腸の運動が活性化しそうな程に、食欲を掻き立てる山積みのお皿たち

 

そんな出前のオーダーに負けず、こちらも注文へ

こちら「とんかつオオノ」と名乗っているだけに、揚げ物メニューが多数提供されてはいるのですが

なんといっても、ここの名物と呼ぶべきは

・オムライス

・生姜焼き

これら2品

 

生姜焼きに関しては、前回訪問時の記事でも紹介した通りなので割愛しますが、

小、並、大と3サイズを誇るオムライスは、昭和風というか昔ながらの作り

 

昨今流行りのふわとろやデミソースの掛かったお洒落仕様では無いものの、昔懐かしい薄焼き玉子に包まれたケチャップライスが、我々昭和生まれにとって、最上級の懐かしさを感じさせる一品

 

それ以外にも、異常なボリュームを誇るナポリタン&ミートソース

ご飯の量もさる事ながら、皿のサイズからしてボリューム激しいカツカレーなど、目にも胃腸にも懐にも優しいメニューばかり

中には、「玉子ピラフ」の様に、それがどんな形状なのか想像付かない品も存在しますが、概ね何を注文しても満足出来る品ばかり

(とか言いながらも、まだここで豚カツ食べた事ないんですがw)

 

ちなみに、テーブル上で出前への出発を待機している品々はこんな具合

カツカレーの器、ラップしなけりゃ表面張力でカツとカレーが流れ出す寸前だし

 

その隣りのナポリタンも、カレーと同じ皿にてんこ盛り

てか、カレーとナポリタンが同じサイズのお皿に盛られてる時点で、どうかしてる(笑)

 

そして、二度見ならぬ三度、いや四度見してしまったのが、

こちらに堆く積まれた出前シリーズ

 

中でも、なんだあのおにぎりは!?

あれこそ「元祖 山下清モデル」のおにぎりに違いありません

そもそも、ここのメニューにおにぎりなど無かった気がするのですが・・・

 

これこそ、日がな出前をオーダーしている常連さんにのみ許される、幻の裏メニューという事でしょうか?

昔から知るお店ではあるものの、まだまだ理解しきれない懐の深さが、そこかしこに見え隠れしている様です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

とんかつオオノ、生姜焼きに並ぶもう一つの看板メニューは、昭和の原型残すオムライス!!

この日、私のオーダーは「オムライス」の一点突破で決まっていたものの

これらメニューの豊富さに心奪われ、決めあぐねていたのは、ウチのカミさん

 

「お勧めは?」

と聞かれ、当然ながら生姜焼きを推すも、反応は今ひとつ

(ウチのカミさん、生姜はあまり好きで無いので)

 

ひとしきりのメニューに目をやりながら、最終的には、ポークソテーに結論を見出しオーダー。

 

店内のお客さんは、まだまばらな時間ながら、テーブルに用意された品以外にも、出前のオーダーは多数入っているようで、厨房内は最早戦場w

留まることの無い鍋を振る音、油から揚がってくる揚げ物の音色に癒やされながら待つこと数分

 

大量のオーダーが入っているにも関わらず、さすがの疾走感で、まず提供されたのがこちら

カミさんのオーダーした、ポークソテーとなります

 

その名の通り、ソテーされた豚肉で、味付けは塩、そして胡椒のみ

生姜焼きと同じ肉を使用している様子ですが、アチラのしっかりした味付けに対し、このポークソテーは意外な程シンプル

とは言え、素材のみでも十分な程に、豚の脂より甘みが溢れており、シンプルな味付け故に伝わってくる、素材の旨味が十二分に詰っています。

 

そんなシンプル型のポークソテーより、遅れること十数秒

満を持して現れたのがこちら

とんかつオオノ、もう一つの名物料理「オムライス」となります

 

皿一杯に跨がった黄色い閃光、その上を飾るケチャップカラー、これぞ懐かしの昭和モデルと呼ぶべきオムライス

昭和の食卓に並んだ定番料理の風貌ながら、家庭の食卓では再現できないプロの仕事

その理由伝わるでしょうか、そう・・・圧倒的なまでの重量感が!!

 

お皿を置いた瞬間、「ズドン!!」と音を立て、テーブルの底が抜けそうな程のボリューム

これこそが、家庭の味でありながらも、家庭では再現しきれない、とんかつオオノならではのオムライスです。

 

そして、こちらのオムライスにも、他の定食同様に

・お新香

・マカロニサラダ

そして、

こちらの豚汁までがセット

 

ついでに、オムライスにはたっぷりのせん切りキャベツも添えられ、お値段なんと・・・700円!

しかも、これは「普通サイズ」となり、+100円で大盛りも注文が可能となります

 

さすがの私も、こちらのオムライスは普通盛りが精一杯

言葉通り、皿からはみ出かける大盛りを完食する気概は無く、いまだ未踏の地となっております

 

そんなたっぷりボリュームを誇りオムライスですが、飛び抜けているのはサイズだけではありません

薄焼き玉子に包まれたご飯は、

この通り、家庭のオムライスと言えばこの色合い、ケチャップライス

 

ちょっとシットリしたご飯に、玉ねぎ、ピーマン、たっぷりの鶏肉を具材に使用

昭和生まれにとっては、溢れんばかりのノスタルジーに涙すら浮かぶ、これぞ家庭のオムライス

平成が終わりを告げようとも、新たな世代に残していかなければならない、正に文化遺産のようなオムライスなのです。

 

その風貌からも想像付く通り、プロにしか作り出せない、高等なテクニックや味付けが用いられたオムライス・・・

では決して無いものの、家庭の味であるからこそ、家庭では再現し得ないサイズを以て

「プロ仕様」に変貌を遂げた、と表現するに相応しい一品

 

ふわとろの柔らか玉子に包まれ、その上に纏うビターなデミソース

これもオムライスの持つ1つの顔であり、誰もが認める美味しい一品

 

ですが、幼少期に家庭で味わいながら、大人になった今となっては

家はおろか、お店でも見かける機会の少なくなってしまった

「昔懐かしい、あのオムライス」

 

あのノスタルジー溢れるひと皿を、700円というリーズナブルな価格ながら、圧巻のボリュームで頂く事が出来る

これもまた、オムライスのもう一つの楽しみ方ではないでしょうか

 

超・攻撃的な豚の生姜焼きから、母親の温もりを感じずにはいられないオムライスまで

風情感じる建物の中から、様々な料理が飛び出す、びっくり箱のようなとんかつオオノ

これだけ魅力的な料理が溢れる中、ここオオノで豚カツを食べる日は、果たして訪れるのでしょうか・・(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

とんかつオオノ

■ とんかつおおの

■ 住所:千葉県千葉市中央区市場町8-4

■ 営業時間:11:00~14:00

■ 定休日:日曜日

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。