スポンサードリンク

千葉中央を代表するトンカツ&ステーキのお店、みくにへ久々訪問 念願だったカツカレーを注文するも、まさかの事態に…

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

神明町にある某とんかつ店にて食べたく、足を運ぶ事3回目

 

この日もまた、

「誠に勝手ながら本日、お休みさせて頂きます」

の張り紙に遭遇し、これはいい加減お店を止めてしまったのでは・・・?

との憶測漂う中、そうはいっても豚カツが食べたくなった欲求を抑えることが出来ず、近場にあるもう一店の老舗へ向かうことに。

 

場所は、千葉中央駅から徒歩5分ほど

国道357号に向かう1つ手前、「白畑神社前交差点」の並びにお店を構える

「とんかつ みくに」にて、リベンジとなる豚カツを頂く事となりました。

京成千葉中央駅から徒歩5分 新宿の老舗トンカツ&洋食店 みくに

5~6年前までは頻繁に訪れていた、中央区新宿にある老舗とんかつ店、みくに

 

こちらのお店ですが、現在でこそ「とんかつ みくに」といった看板&暖簾になっているものの

数年前までは「豚カツ&ステーキ」を看板に掲げており、豚カツだけで無くステーキなどの洋食全般を提供

更には、少しお高めながらも、千葉では数少ない「牛カツ」を頂く事が出来る、地元の人気洋食店となります。

 

しかし、久々に訪れてみたこの日、お店の看板や暖簾を見ると、新しいものに変更され

また「ステーキ」の文字もそこには見えず・・・

ひとまずは入店し、その細かな変化の原因を探ってみましょう

 

数年前までは、近隣にコインパーキングが無く、車を停めてから5分ほどの距離を歩くものとなったのですが、現在は白畑神社交差点を挟んだ斜め向かいにコインパーキングを発見

こちらに車を停め、入店したのは11時を少し回ったばかり

まだ先客のいない店内に暖かく迎え入れられ、まずはメニューの方へ

日替わりとなる本日のランチは

「海老フライと豚肉の串カツ」

豚カツを看板に掲げる洋食店らしい、揚げ物主体の日替わりランチとなっております

 

そして、その下には旬の食材、カキフライ

更には3種のソースで提供されるハンバーグ(個人的には、味噌が好き)

エビフライ、そしてカツカレー、と続きます。

 

もう一つ裏面を覗いてみると、

こちらは、豚ロース、ヒレを使用したそれぞれの料理が掲載

ロースの方、看板メニューのロースカツから始まり、味噌カツ(私はこれがお勧め)

脂身を外した芯部分のみを使用する、しんころロースカツなどなど

 

更にロースについては、少しお値段が張るものの、ソテーや生姜焼きも用意されてある当たりは以前と変わらず

しかし、以前のみくにであれば、ここから更に

・ステーキ

・牛カツ

などといった、トンカツ屋さんの域を踏み越えた洋食メニューも並んでいたのですが、現在のメニューにそれらの名前は無し

表の看板&暖簾が示す通り、洋食メニューを減らし、豚カツ主体のお店に変更されてしまった様です。

 

時代の流れか、食の変化か

少しお値段は張るものの、千葉市内で唯一にも等しく、本格派の牛カツが食べられるお店でありながら、その商品が姿を消してしまったことには、寂しさを感じずには居られず

 

そうは言ってみたものの、今日の目的は牛カツでは無く豚カツ

そちらが無事であれば問題は無いのですが、さて何を食べましょうか

 

ここ、みくにで食べるべきメニューと言えば、前述した様に私の好きな味噌カツ

そして、ボリューム溢れるジャンボロースカツとなるのですが、そういえばカツカレーを食べたことが無かったような。

ここは、初オーダーとなるカツカレーを頂いてみようと思います。

 

という訳で、カツカレーをオーダー後、まずはこちら

キャベツのせん切り、そして香の物がテーブルの方へ

豚カツ関連のメニューであれば、カツと同じ皿に盛る所ですが、カツカレーにキャベツを盛り付けるのは・・・

といった判断からでしょうか

 

いずれにせよ、例えトンカツ専門店であれ、カツカレーにはキャベツを載せない&提供しない

といったお店が多く見られる中、別添えで先に提供してくれるのは、ちょっと嬉しいサービス

まずはこちらのキャベツを頂きながら、カツカレーの到着を待つものとなります。

とんかつみくにで頂く、念願の初カツカレー・・・も、まさかのカレーにトラブルが(汗)

私が入店した11時過ぎの時点では、先客0であった店内

その後、常連さんとおぼしき方を始め、徐々にお客さんが来店

 

テーブル席2つと、7席ほどのカウンターとなる店内にも、徐々に活気があふれ出してきた頃、

本日のランチ、みくにで頂く初めてのカツカレーが到着となりました。

 

現在でこそ豚カツ専門店に名称を変更したものの、元々は洋食出身だったご主人らしく、カレーはポットに入った別添えスタイルで提供

ご飯の上に盛り付けられた豚カツは、当然の揚げたてで、なかなかの大ぶりサイズとなっています

 

そして、そのの上に掛けていくカレーソースですが、

・・・・あ

・・・・キノコ

・・・・・しかも、タップリ

 

※ 私、基本好き嫌いはありませんが、キノコのみアレウギー等によりNGなのです

 

ここが豚カツのお店であることや、注文の品がカツカレーであったことから、なんら疑いを持たなかった本日のランチ

しかし、ここみくにが提供するカレーには、まさかのキノコがタップリ仕様であるとは、想像もせず、まさかの不意打ちを食らうハメに

 

とは言え、今更キノコ抜きを頼むことなどできはせず、ましてやカレーを食べずにカツカレーを頂くのも愚の骨頂

せめてものすくいが、カレーがポットに別添えで提供されていたこと、という訳で、なんとかキノコを避けつつ、カレーソースをよそった結果、

苦心こそしたものの、なんとかカツカレーキノコ抜きを再現することに成功!!

 

カレーからのキノコ避けに時間を割いたため、アツアツホカホカ帯を逃してしまいましたが、これもやむなし

迫り来るキノコの魔の手から逃れるマリオの気分を体感しながら、いよいよカレーを頂いてみましょう。

 

こちらのカレーですが、ご主人が洋食店出身ということもあり、いわゆる欧風仕立てのカレー

辛味こそ控えめとなっていますが、肉や野菜など、様々な素材の旨味が感じられる、深みのある味わいとなっています

個人的には、もうひと味辛味が加われば、とも思う所ですが、僅かな苦みや甘み等も感じられ、高いレベルにまとまった質の高いカレーに感じます。

 

そんなカレーと対を成す、もう一つの主役がこちら

カツ、となります

 

こちら、カツカレーに使用するカツは、他のメニューとは異なり、薄切り肉を煮まい重ねて揚げたスタイルとなっています

これによって、スプーンのみでも断ち切れる柔らかい仕上がりになっており、また衣や肉の合間にカレーが入り込むことによって、カレーがソースさながらの味わいをカツに与えてくれます。

 

これはこれで、カレーとカツ、両者の特性を活かした、理に叶った仕上がりと言えそうです

が、個人的には、例えカツカレーであっても、豚カツ同様に脂の旨味が感じられる、肉厚スタイルを好むだけに、ちょっとイメージしていたカツカレーとの差異を感じてしまいました

そもそも、カレーがキノコ尽くしだった時点で、その美味しさの真骨頂を味わえずにいる訳ですから、これはもうスタートの時点で、自分の好むカツカレーとは別のベクトルに進んでいる料理だった、と諦める以外に方法はありません。

 

とは言え、ご飯のボリューム、カツのサイズ、カレーの分量共に、申し分ない量となっており、十分納得のレベル

あくまで、私の好みには合わなかったものとなり、豚カツ専門店で頂くカレーらしからぬ、随所に拘りやアイディアを含んだカツカレーとなります。

 

ただ、キノコだけは・・・キノコだけは、ダメなんだよ….

料理としての質の高さは感じながらも、個人的には無念極まりない、そんなカツカレーとなってしましました(苦笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

とんかつ みくに

■ とんかつ みくに

■ 食べログURL:https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12001195/

(ネット予約 不可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区新宿1-18-5

■ 営業時間:11:00~14:00 / 17:00~21:00

■ 定休日:日曜・祝日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。