スポンサードリンク

千葉中央、本町の「海彦、山彦、小料理しゅん」 味・量・値段全てに本年最高クラスの絶品ランチを発見!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

少し前に、本町にあるイタリアン

「リストランテSAKURA」にてランチを頂いた帰り道

同店のある通りを良く見ると、SAKURAの並びに見慣れない屋号と暖簾を発見

 

お店の名前はというと「海彦、山彦、小料理しゅん」

・・・日本昔話か(笑)

 

店名はさておき、表に掲げるメニューを見てみると、どうやらお店自体は小料理屋さんの様子

ひっそりした佇まいながらランチ営業も行っている様で、しかもそのランチメニューは魅力的な品ばかり

 

これは・・・ただの昔話じゃ無さそうな予感

久々、私のニュータイプの勘がビビッと反応したことより、あらためて出直した数日後、

千葉中央駅から徒歩10分程、国道126号から本町小学校脇を抜けた裏道にある

「海彦、山彦、小料理しゅん」にてランチを頂きに再訪するものとなりました。

 

ちなみに、こちらが私の勘に訴えかけた看板なのですが

・・・うん、この感じなら、少なからずスベることは無さそうだ。

(むしろ美味い筈!)

スポンサーリンク

本町小学校近くの飲食店が並ぶ裏道の小料理屋さん「海彦、山彦、小料理しゅん」

たまたま見つけた小料理店ながら、表に出ている看板、その佇まいから

「これはきっと美味い!!」

と、私のニュータイプの勘を震わせた、海彦、山彦、小料理しゅん

 

この日の訪問時刻は、開店時刻となる11:30

外観から察するに、決して広くないお店であることが伺えることから、カミさんを同伴しつつ、開店早々を狙い訪問してみることとなりました。

 

店内の作りはカウンター席が6~7名程

その他、テーブル席が3席、小上がりが1席となっており、最大でも20名程で満席となる作り

先客は、カウンター席に座る1名のみとなっており、私たちはテーブル席へと案内されました。

 

さて、気になるランチメニューの方ですが、

メインとなる定食?は、表の看板に提示されていた通り

どれも魅力的かつ食欲がそそられる品ばかりなのですが、中でも興味をそそるのが

・サバの味噌煮(割烹と言えば、やっぱ煮付け!)

・とんとろ生姜焼き(生姜焼きにまさかのとんとろ?)

・穴子のフライ(天ぷらでナシにフライとは!?)

・刺身(割烹の「割」はやっぱ刺し身でしょう)

・ハムカツ(このメンツで何故にハムカツ??)

・アサリの卵とじ丼(卵とじってだけで食欲倍増!)

・鴨の親子丼(鴨の親子?卵もまさか鴨??)

・牛ステーキ丼(結局、肉は外せない!!)

 

と、気になるものをピックアップしてみたものの

・・・多いw

 

要するに、どのメニューも甲乙付けがたく、一点突破を目指すにはハードルが高い

それ程までに、私の心をくすぐるランチばかりが並んでいる訳です

 

しかも、表看板には記載が無かったものの、店内メニューによると

刺し身やハムカツ、更には豚カツまでもが「トッピング」として注文可能との事!!

 

アジフライ、ハムカツまではトッピングと称するのも納得いきますが

刺し身に豚カツをトッピングと呼ぶには如何なものか(笑)

 

いずれにせよ、このトッピングを用いることで、候補に挙がったメニューをより厳選することは可能

ひとまずは、刺し身ないしハムカツのトッピングを軸に、メインを悩むこと数分・・・

 

私 ・・・ とんとろ生姜焼き&刺し身トッピング

カミさん ・・・ 穴子のフライ&刺し身トッピング

を、それぞれ注文するものとなりました。

 

注文を終え、店内にあるメニューを見ていると、土日のランチ限定ながら

こちら「松花堂弁当」が提供されているとの事

事前予約が必要となるそうですが、お造りから始まり八寸、煮物揚げ物、お椀にご飯と、これも興味をそそります

 

そして、こちらは恐らく夜のメニューと思われるのですが

ランチで提供されている品々の単品メニューを中心に、おつまみともなる品々が提供されている模様

 

そして、その最後尾を飾っているのが

こちらのすっぽん鍋

コースでは1人約5000円と、それなりのお値段ですが、

・生き血

・刺し身

・唐揚げ

・鍋

・雑炊

と、すっぽんのフルコースが頂けるとの事

 

なお、夜の営業は原則予約のみで行っているとのことなので、

(予約がない日は寄り営業自体、行っていない様です)

すっぽんを頂くには事前予約が必要となりますね。

スポンサーリンク

ただの魅力的なランチでは留まらない、2018年NO1に推しても十分なランチに遭遇!!

一度きりではとても食べ尽くせない、気になる品ばかりのランチメニュー

そして、すっぽんを筆頭に、これまたアルコールのお供に映えそうなおつまみばかりが並び、興味をそそり続ける「海彦、山彦、小料理しゅん」

 

これだけ私好みの料理が頂けるお店を、今日の今日まで見過ごしていた事を後悔する反面

すぐ並びに「リストランテSAKURA」があるからこそ、このお店の存在に気付いたものの、もしそうでなければお店の存在はおろか、店先を通ることすら無いような裏路地

 

果たして、これだけの料理を提供しながら、お店の方はしっかり経営できているのか?

と、心配になり始めたのも束の間、お昼が近づくに連れ続々とお客さんが来店

近隣でお仕事をされているとおぼしき男女が、店内に入ると慣れた手つきでお茶を汲みながら席に座るなど、多くの常連さんがあしげく通っている様子

これだけ多くの常連さんが付いている、ということは、ランチメニューの豊富さもさることながら、料理の腕も期待を裏切らないことが予想されます。

 

注文を終えてから待つこと10分少々

まず配膳されてきたのが、

スポンサーリンク

こちら、かみさんが注文した「穴子のフライ」となります

 

こちらで提供されるランチは、メインのオカズに加えて小鉢が3品付く模様

メインを含む4品のおかずは、お盆では無く「寿司桶」に盛られて客前に姿を現わすという、粋というか小洒落たというか…まあ面白いスタイルで提供されております

 

そんな訳で、上記写真ではサイズ感が伝わりづらいやも知れませんが、こちらの穴子フライ

なかなかのサイズを誇る穴子ながら、それが3枚、こんもりとお皿に盛られて提供されてきました。

 

続いて提供されたのがこちら、

穴子フライト同じく、寿司桶に盛られた小鉢3品

そしてメインとなるのが「とんとろ生姜焼き」となります。

 

色合いの豊富さ、そして野菜の多さ

ご飯のお供としては最強と呼ぶにふさわしい、生姜焼き(しかもとんとろ)

更には、トッピングとして注文したお刺身までが揃い、絢爛豪華なランチのお目見えとなりました。

 

それではまず、小鉢の方ですが、

左から、青菜と大根の炒め物、ひじきと人参、サツマイモの煮付け、白菜のお新香の全3品

中でも面白いのが、ひじきとサツマイモの組み合わせで、ひじきの磯の香りに甘みと食感が加わり、これ単体でもご飯が進んでしまいます

 

そして、本日のメインとなるのが

こちらのとんとろ生姜焼きですね

 

生姜焼き自体は珍しいものでは無いものの、ここで使われている豚肉はとんとろ

一つ一つが小ぶりではありますが、プリッとした食感に、噛みしめる度に溢れる脂の旨味は、他の部位では味わえない、とんとろならではの強みです

生姜の香り、風味もしっかりしており、味付けもさることながら、これらの旨味を吸い上げた玉ねぎの火加減が実に絶妙

食感は残しながらも、ジュワジュワに旨味を吸い上げており、とんとろ無しの玉ねぎだけでもご飯が進んでしまいます。

 

メインとなるおかずに、早くも唸らされる一方

量こそ小ぶりながらも、確実に異彩を放っているのがこちら、

ランチのトッピングとして注文した「お刺身(250円)」となります

ご主人の話を聞いた限り、こちらのお刺身は日替わりで異なる魚が提供されているらしく、この日提供されたのは

・真鯛

・新子(小鰭の稚魚)

・平目の昆布締め

以上、全3品が提供されました

 

薬味にはワサビではなく、山ワサビが付けられており、これもまた面白そう

真鯛は、プリッとした身の弾力に皮目の脂、淡泊な味わいから噛みしめる度に増す白身らしい旨味が最高

今時期には珍しい新子は酢加減が絶妙で、小鰭とはまた違う、若さを感じる旨味と食感が味わえます

 

そして、ランチのお供には珍しい平目の昆布締め

熟成された平目本体の旨味に、昆布の香りと旨味が合わさり、これまた美味

お寿司屋さんでも通用する程の仕事が成された3品のお刺身ですので、それこそ寿司店でこの小鉢を握りで頂けば1000円以上でも不思議じゃないほど

それが、ランチのトッピングとして250円で提供されるのですから、これはタダゴトじゃ済みません

 

そのタダゴトでは済まないぶりを象徴するかの如く、普段はお替わり自由のお店であっても

「ご飯は1杯まで」とルールを設けているのですが・・・

 

とんとろ、小鉢、刺し身と、全てがご飯のお供として秀逸過ぎるにも程があったことから、オカズ半分を残して早くもご飯を完食

その姿を察したご主人から

「ご飯、お替わり盛りましょうか?」

と、優しく声を掛けられてしまい・・・

 

マイルールを犯し、禁断の「ご飯お替わり」を申し出てしまった程、とにかく驚きと感動に溢れたランチとなりました。

 

しかも、メニュー等には一切の記載が無いながら、

食後のタイミングを見計らって、まさかのアイスコーヒーまでがサービス(笑)

 

ご主人1人で切り盛りしているお店だというのに、料理の腕、メニューの豊富さ、そしてボリューム

更には、ホスピタリティの高さまでもが、感動の嵐

 

だというのに、請求されたお会計は、2人でわずか2100円(笑)

(800円のランチ2品に、250円の刺し身トッピング×2となります)

 

昭和の映画スターが如く、財布から5000円を出し

「釣りは要らねえぜ、美味かったよ!!」

と、口に出したくなる感動を覚えたものの、財布の中にはキッチリ2100円を発見

思わぬ感動に、価格以上の対価を支払いたくなる気持ちを押し殺しつつ、しっかり2100円ちょうどをお支払いし、店を後にするものとなりました。

 

店先で目にした、インタレスティングなランチメニューに始まり

痒い所に手が届いてしまうトッピングの数々

提供される料理、1つ1つの仕事ぶりに手の込みよう

ボリュームも文句ない上に、ホスピタリティに値段も完璧

 

と、非の打ち所がないどころか、お値段の安さに申し訳無く思える程、感動が感動を呼ぶランチを頂くものとなりました

しかも、トッピングを含めて、気になるメニューはまだまだ多数

 

これはしばらくの間、通い続けて全メニューを制覇せざるを得ない

いやむしろ、制覇しないと次へ進めない!!

とまで思わせるランチに、久々巡り会うものとなりました。

 

それにしても、あのご主人・・・何者なんだろう?

お店の料理だけで無く、ご主人の素性すらも気になるほど、すっかりファン化してしまった様です(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

海彦、山彦、小料理しゅん

■ うみひこ やまひこ こりょうりしゅん

■ 住所:千葉県千葉市中央区本町2-5-3

■ 営業時間:11:30~14:00(夜は予約のみ営業とのこと)

■ 定休日:日曜日

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。