スポンサードリンク

ペリエ千葉の焼肉店「焼肉トラジ」で初ランチ 炎のジャン麺&焼肉ビピンパを食べ比べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

超・大型の台風が関東に近づいている週末

本来なら休日らしく、家族で出掛ける予定でいたものの、台風の襲来に合わせて予定を変更することとなり、この日のランチも大幅な予定修正に

 

JRすら午後8時を以て運休を宣言した程とあって、ランチを食べようにもお店探しに難儀する中、向かった先は千葉ペリエ

そして、ランチに選んだ先となるのは、

こちら、ペリエ5Fのレストランフロアにある

「焼肉トラジ 千葉店 」となります。

 

オープンから約1年、ほぼ全ての店舗を一度は訪問してきた中、こちらのトラジについてはこの日が初めて

ちょっと敷居の高い焼肉店といったイメージではあったのですが、

この通り、ランチメニューも用意されており、お値段もそれなりの価格帯

なにより、ラーメンが食べたい私と、麺類を食べられないカミさん、両者の思惑を同時に叶えられるのも、同店で提供されるランチの強みと言えます。

 

という訳で、今更の初訪問ながら、焼肉トラジ 千葉店 にてランチを頂くことに。

スポンサーリンク

ペリエ千葉5Fのちょっとリッチな焼肉店 焼肉トラジ 千葉店で初ランチ

この日の訪問時刻は12時少し手前

台風が接近しているとは言え、さすがは日曜日の千葉ペリエ

大型台風の接近を感じさせない程、どこの店舗も混雑しており、中には外待ちが出来ているお店もチラホラ

 

そんな中、こちら「焼肉トラジ 千葉店 」はというと、

そのハイソな雰囲気もあってか、お客さんの入りは控えめ

まあ、いくら日曜日とはいえ、昼から焼肉・・・しかも、台風が接近する中にわざわざ足を運ぶモノ好きは、我が家くらいな様です(笑)

 

さて、そんなモノ好き家族が選ぶランチですが、

こちらトラジでは、3種類の焼肉御膳を筆頭に

・石焼ビピンパ

・牛タンシチュー

・炎のジャン麺

などがランチメニューの中心

 

これに加えて、塩orタレの焼肉単品があり

そして冷麺、ジャン麺、タンシチューはミニサイズでの注文も可能との事

 

また、上記とは別ページになるのですが、

焼肉トラジ 千葉店の限定ランチメニューとして、

「サムギョプサル御膳」が提供されているとの事

 

全国のトラジ、どこでも提供できそうなこのメニューが、何故に千葉店限定なのかと言うと、

・千葉県産「恋する豚」

・千葉県産「サンチュ」

を、それぞれ使用しているからとか。

 

恋する豚については無論として、サンチュが千葉県内で生産されていることについては、初耳というか・・・

まあでも、よくよく考えれば、気候に関係無く、どこでも栽培できそうな気がしないことも。

 

更には、

・牛ロース御膳

・石焼サムゲタン

などもランチメニューに名を連ねており、焼肉店とは言え、肉を焼かずとも楽しめるランチが取り揃っております。

 

せっかくの焼肉店なら肉を焼きたいところではありますが、焼くとあらばビールは付きもの

しかし、この日はランチとあって、車での訪問となるため、お酒を諦めると同時に、焼肉もまた次の機会へ。

 

そうこうしながら、消去法でメニューを絞った結果、メインについては、

・炎のジャン麺

・焼肉ビピンパ

そして子供用に

・牛タンミニシチュー(&ご飯)

を注文していく流れとなりました。

 

さて、ここ焼肉トラジですが、ご存じの方も多い通り、それなりお値段の焼肉店ながら、関東中心に多店舗展開しているお店でもあります

が、実は今回ランチではあるものの、焼肉トラジへの訪問そのものが、これが初めてでして

 

どんな雰囲気の焼肉店なのか、はそれなりにイメージしていたものの、あらためてメニューを拝見すると、

肉類はもちろんの事ながら、おつまみメニューの豊富さが際立っており、むしろこちらの方が気になる品ばかり

中でも気になったのが「ホルモン刺盛」なる品で、外観上はユッケの様にも見えますが、使用されているのはホルモンとのこと

以前、都内の焼肉店でミノ刺しを頂き、感動に打ち震えたのですが、その再来と呼べるのであれば、是非とも食べてみたいところ

 

また、おつまみだけでなく、ご飯や鍋も充実しており、

  

迫力凄まじく、インスタ映えすら予見させる「石焼海鮮チゲ」などは、是非とも頂きたい品

ネーミングの躍動感が凄まじい「超人的にんにくネギクッパ」も、その姿が想像しがたく、これもまた気になる品です。

 

肉メニューについては、お値段それなりということで、そのレベルも予想が付きますが、上記したおつまみ類は良い意味で期待を裏切ってくれそうな品ばかり

今回は様子見がてらのランチとなりましたが、夜に訪れるのなら、焼肉ばかりではなくおつまみ類を味わう目的でも、楽しめそうな取り揃えとなっております。

スポンサーリンク

焼肉トラジのランチメニュー、炎のジャン麺と焼肉ビピンパを食べ比べてみた

そんな具合に、メニューを眺めながら家族総出で、次回訪問のシミュレーションを繰り返す中

まず一番手として配膳されてきたのが、

こちらの「焼肉ビピンパ」となります

お値段それなりの焼肉店だけに、ビビンバ単品での登場と思わせつつも、

・キムチ

スポンサーリンク

・スープ

・冷や奴(ON THE ミート!)

らがセットとなっており、意外な程充実したランチメニュー

 

しかも、ビビンバの主役である

肉の方も、そこそこの肉質ではある様ですが、結構な量が盛られており、食べ応えもなかなかといった雰囲気。

海苔がカットされておらず、一枚そのままで盛り付けられているのが気には掛かるものの

(混ぜて食べるご飯だけに、海苔はカットされている方が絶対食べやすいし)

具材のバランス、その他の付け合わせなどなど、なかなか期待出来そうなビビンバです

 

そんなビビンバを取り分けて貰いつつ、その間に到着したのがこちら

同じく、トラジのランチ限定メニュー「炎のジャン麺」となります

こちらには、ラーメンとセットでご飯が付いており、ラーメンを頂いた後にはご飯を投入、クッパさながらの楽しみ方が出来る2段構成となっております。

 

そのネーミングから察するに、なかなかの辛さと熱さを想像させる品

具材の方は、ユッケジャンスープの様になっており、その上にはこちらも韓国海苔

ラーメン的に言えば、一枚丸々で海苔が乗るのもアリでしょうが、ユッケジャンスープとして考えると、果たして…

 

ひとまずはスープから頂いてみます

スープ用にはレンゲでは無く、クッパやビビンバと同じスプーンが提供

ラーメンの場合、これはちょっと食べづらく感じますが、まず一口・・・

 

んー、色の割にあんま辛くない

というか、炎は言い過ぎじゃなかろうか??

 

牛骨をベースとした、韓国スープらしい旨味は溢れていますが、辛味を支えているのは、韓国唐辛子のみ

焼肉店が提供しているラーメンとしては、それなりに美味しいと呼べる部類にはいるのですが、いかんせん「炎の」に期待を掛けすぎたからか

名乗る程の炎らしさは感じられず、ちょっと残念

 

続いて、麺の方ですが、

あぁ・・・そう来たか

こちらの麺には、韓国冷麺と同じタイプの麺が使われておりました

 

正直、このゴムっとした食感の麺が、あまり好きでは無いので、これまた味がどうこうの前に、好みでは無いと言わざるを得ません

それならそうと、先に言ってくれれば良いものの、まあ焼肉店ですからね

こっちのタイプの麺が使われているとして、なんら不思議は無いし

むしろ、この状況を想像し得なかった、私側のミスと言えそうです。

 

前述した通り、麺自体が好みでは無いため、今ひとつには感じました

が、麺を完食後、セットのご飯を投入して頂くクッパスタイルは、なかなかのもの

麺&クッパと二段構えで頂き、それでお値段1000円であるなら、納得の価格とも言えそうです。

 

そして、最後になりましたが

こちらが、子供用にと注文した「牛タンシチュー(ミニ)」となります

 

シチューはデミグラスソースの様な濃厚さと、甘み、ホンノリした苦みを合わせており、味わい深い仕上がり

対し、具材となる牛タンですが、こちらは柔らかく煮込まれているものの、旨味が抜け落ちており、ちょっと残念な具材に感じました

柔らかさと旨味の両立を果たすことは難しいのでしょうが、ここまでパサついてしまい、旨味も感じないと、敢えて牛タンを使う必要性が無さそうにも

むしろ、その他具材である野菜達の方が頭角を示しており、野菜と共にシチューを頂くといった味わいと言えます。

ただ、ここが焼肉店であることを考えると・・・いささか、本末転倒の様な(笑)

 

ビビンバにこそ満足したものの、その他メニューはどれも今ひとつに感じ

(ジャン麺については、好みでは無かった、というのが正確な所ですが)

少し残念に感じてはいたものの、食後を見計らったタイミングで、

お茶とアイスが提供されました

焼肉店のディナーであれば、標準的なサービスとは言えますが、この日の訪問はランチ

 

それでありながら、アイス(しかも自社製w)とお茶(こちらは、コーン茶)が提供されるのは、ちょっと得した気分ですね

それまでに頂いたランチに対して、今ひとつの印象を感じていたものの、お茶&アイスにまんまと買収され、気を良くする結果に(笑)

 

総合的に見て、まあさすがペリエ・・・と言うべきお値段ではあります

が、それでありながら、焼肉ビピンパについては、お値段1300円に対し、満足度は高目に感じました

 

とは言え結局、ランチはランチ

焼肉店の本領を計り知るには、肉を焼くしかありませんし、肉のお供にはビールも欠かせず

次は、しっかりお酒を頂く準備を整えた上で、気になるおつまみ類と共に、焼肉を堪能したいところですね。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

焼肉トラジ 千葉店

■ やきにくとらじ ちばてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉5F

■ 営業時間:11:00~15:00 / 15:00~22:30

■ 定休日:ペリエの定休日に同じ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。