らーめんとん太 山王町店へランチ訪問 ホッコリする接客で迎え入れられ頂く、味噌ネギラーメン

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日は日曜ながら、夕方より新年会の予定が

そちらを逆算し、ランチについては軽めに済ませようと画策しておりまして

 

ここ暫く、野菜不足を感じていたことから

今日のお昼はガッツリと野菜が食べられるお店を視野に

 

ただ、思いつくガッツリ野菜と言えば

サラダバーの付いたお店、ブロンコビリー程度

 

普段から野菜に慣れ親しんでない私には

少し荷が重すぎる候補選びとなる上、こんな時に頼れるカミさんもお出掛け中

 

 

野菜・・・野菜・・・野菜と言えばタンメンか

タンメン・・・タンメン・・・タンメン・・・トナリだな

 

そんな連想ゲームに基づき、向かった先は稲毛区山王町

なぜかこの地に1年半前オープンした「タンメントナリ山王店」へ向かったのですが

 

無理。全然無理

駐車場が満車どころか、道路まではみ出してる始末

 

まだお昼までには時間があるとはいえ、さすがロードサイドの人気店

駐車場の空きを待つ余裕も無く、同店の前を通り過ぎたところ

 

続いて視界に飛び込んで来たのがこちら

タンメントナリのすぐご近所

「らーめんとん太 山王店 」となります

 

古くから同地で営業している、こちらのとん太

もちろん足を運んだ事はあるものの、それも遡れば10年以上前の話

 

なかなか話題にも挙がらないお店なので、現在の情報は一切無いものの

数年ぶりに足を運んでみるのも、ちょっと面白そうな気が

 

そんな訳で本日は、野菜あらため

「らーめんとん太 山王店 」をランチ訪問するものとなったのです。

稲毛区山王町のロードサイド店、らーめんとん太 山王店を10数年ぶりランチ訪問

という訳で、急遽の予定変更から

突如飛び込むものとなった、らーめんとん太 山王店 

 

こちらを最後に訪れたのは、私が四街道で仕事をしていた頃ですので

恐らく10数年・・・ヘタをすれば20年近く前の話

 

とは言え、これといった記憶も残っておらず

なにを食べていたのかさえ、思い出せない程昔の話で

 

ある意味では、初訪問にも近いフレッシュな感覚を持ち

店舗前の駐車場に車を停め、店内へ入ると第一声に

 

『お疲れさまです!』

と、ご主人から謎の声掛けで出迎えられることに

 

ん、なんかの業者さんと勘違いされてる??

いや違うぞ、今のは「いらっしゃいませ」の意味だな

 

元気の良いこちらのご主人

お客さんを出迎える際には毎度「お疲れさま!」を挨拶にしている様でして

 

チェーン展開するお店とは言え、独自性のあるFC店

そこへ更なる個性を積むかの如く、上記の様な気持ちの良いお出迎えで店内へ

 

カウンター席が4席程、

更にテーブル席も数卓ある店内ですが、残り1席のカウンター席へ

 

コートを脱ぎ、とりあえずバッグを・・・

といきたいものの、それらを置ける場は見当たらず

 

カウンターに座る先客の様子を見ると

みなさんコートは着たまま、中にはバッグを背負ったままのお客さんも

 

なるほど、そういうスタイルか

じゃあ仕方なしと、コート&バッグは膝の上に抱える事に

 

ちょっと手狭になりつつも、早速見ていくメニューですが

まず飛び込んでくるのは、スペシャルとん太

確かにこんなメニュー、あった気がするなあ

 

とん太と言えばライトな豚骨スープ

先日、足を運んだ「鬼の種村」にもあった通り、古き良き時代の千葉を象徴するラーメンですね

 

そんなスペシャル以外に、塩ラーメンにとん太めん

そして、こちらの店舗独自となる山王ラーメンらが並ぶ同店

 

加えて味噌ラーメンも2品が並ぶ上に、

季節問わずに提供なのか、冷やしとん太なる品も発見

 

トッピングも充実しており、

スタミナ重視、バランス重視とそれぞれで、おすすめの組み合わせも記載されております

 

ここでせっかく頂くなら、やっぱり山王ラーメンか・・・

と悩みはしたものの、この後に控える本日の新年会は焼肉

 

新年会への調整を兼ねているランチの場で

たっぷりチャーシューを頂いてしまうのも、ちょっと勿体ない様な

 

なにより今日は、野菜を多めに食べたい限りで

となれば、ネギラーメンか味噌ネギか・・・

 

そんなところで悩んでいる中、ふと飛び込んで来たのが

めっちゃ味噌を推す、こちらのPOP

 

更には、カウンター目の前に目を向けると

『当店のみそラーメンには、味が濃い、辛い、等のご意見が若干ございます』

との説明書きを発見

 

やっぱりこちらのお店は、とにかく味噌を推したいようで

そこまで言われれば引き下がれず、本日は味噌ネギラーメンを頂いてみることに

 

そんな注文を告げた後、更に店内を見渡していると

青森発、味噌カレー牛乳らぁめんなるメニューも発見

 

ウソ、面白いじゃんこれ

絶対こっちの方が食べてみたい・・・

 

と思いはしたものの、時既に遅し

味噌カレー牛乳らぁめんは別の機会へ先延ばしするものとなりました。

濃い目の味噌にたっぷりネギ&もやし 紅生姜もトッピングされた、ラーメンとん太の味噌ネギラーメン

この日、お店に着いた時刻は11:30を過ぎた所

前述した通り、すぐお近くの「タンメントナリ」は満車になるほどの大賑わい

 

対するこちら、らーめんとん太 山王店ですが

こちらも実は、負けず劣らずの盛況ぶりでして

 

私が入店した時点では、カウンター席の空きは1席のみ

テーブル席の方にも1組が入店といった次第で

 

その後、更なるお客さんが続々と入店し

なんだかんだでお昼前には満席で推移する賑わいを見せております

 

そんな繁忙帯ながら、高齢のご主人の接客は丁寧で

冒頭の「お疲れ様です!!」から始まり

 

来るお客さん、退店するお客さんそれぞれに

様々な言葉を掛け、笑顔でお送りする心地良い接客ぶり

 

その姿を見ているこちらも、思わずホッコリさせられてしまい

コートやバッグを置く場所が無く、ちょっとイラッとした自分の小ささを反省するばかり

 

そうこうしながら、待つこと10分少々

こちらが、らーめんとん太 山王店で頂く本日のランチ

「味噌ネギラーメン」になります

 

先ほどあった説明書きには、

味が濃い、辛いことが特徴とされた同品

 

確かにトッピングのネギは辛ネギになっている様ですが

スープ含め、そこまでの濃い味を感じさせる見た目には思えず

 

むしろ特徴的なのは、ラーメンと共に提供されたキュウリの漬け物

そして、

味噌ラーメンながらに、登頂を飾る

紅生姜の方では・・・、と気になる点も満載

 

更には、メニュー写真では確認出来なかったものの

ワカメもたんまりトッピングされ、繊維質を摂取したい最近の私には願ったり叶ったり

 

それではまず、スープから頂きますが

ズズッと頂く一口目

確かに味噌の風味が強く出た味わい

 

とは言え、辛味を感じる程では無く

言われてみれば、若干ピリ辛かなといったほど

 

スープ自体の味わいを強く感じるものではありませんが

それもある意味では、古き良き時代のラーメンンならでは

 

スープを覆う程に主張する味噌の姿もまた

平成を駆け抜けてきた、同店らしい安心を与える味わいと言えます

 

続いて、麺の方を頂きますが、

こちらは中細の縮れ麺を使用

 

ほのかに固さを残す茹で加減となっており

スープとの取り合わせも、まずまずといった所になります

 

そして、本味噌ラーメン最大のトッピングが

こちらの辛ネギ

 

試しにそのまま頂いてみますと、確かにそこそこの辛さを与えます

ただ、これをスープに混ぜ合わせていったら、如何ほどか

 

といえば、まあピリ辛ほどの辛味になりまして

辛さを苦手とする方でも、全然イケるのではと推測する辛さ

 

冒頭で目にしたお客さんの声は果たして・・・

とも思いますが、それもこれも長くやっているお店であればこそ

 

様々なお客さんと応対してきた中で

それでもブレずに提供している、自慢の味噌なのではないか、と

 

そしてここからは更なるトッピングへ、

味噌ラーメンと言えばお馴染み

ネギに負けじと、たっぷり入ったもやしは欠かせません

 

そして、大腸のケアに勤しむ私に嬉しいのが

ラーメンながらに食物繊維を摂取出来るワカメ

 

しかもワカメの繊維質は水溶性が多め

タンメンこそ食べ損ねましたが、それに代わる十分な栄養素を頂けます

 

そして、冒頭から気になって仕方なかったのが、

 

この、コテコテ味噌に対する紅生姜トッピング

 

油分多めの豚骨ラーメンならまだしも

この味噌が強く奏でるラーメンに紅生姜は果たして・・・

 

うん・・・悪く、無い

 

アリと無し、どちらを選べと言われれば悩む所ですが

これもまた、同店の導き出したスタイルと思えば愛おしくなる限り

 

そんな紅生姜も交えながら

残る具材、麺もしっかり完食を迎えるものとなりました。

 

 

という訳で10・・数年ぶりに

ランチ訪問となった、らーめんとん太 山王店 

 

チェーン展開するお店らしく、様々なメニューが提供される中

本日は、同店の推しと思われる味噌ネギラーメンをオーダー

 

ラーメンフリークがこぞって足を運びたくなる

といった風合いの味噌ラーメンでは無いものの

 

時たま頂く事で、ふと昔を思い出す

そんなノスタルジーをも楽しめる一杯となりました

 

何より印象的だったのが、ご主人らの接客でして

あの丁寧な挨拶、声掛けを見ているだけでも心温まるばかり

 

普段は素通りしがちな同店ではあるものの

本日の訪問で目にした、味噌カレー牛乳らぁめんも気になるばかり

 

また近いうちに、今度は味噌カレー牛乳らぁめんを頂きつつ

更には、セットのカレーなんかも食べてみたいと思わせる一食になりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

 らーめんとん太 山王店

■ らーめんとんた さんのうてん

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区山王町144-1

■ 営業時間:11:00~23:00

■ 定休日:不明

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。