千葉・富士見町の中華蕎麦ごとうにて麺始め ほっこり温まる限定メニュー、冬の味噌バターコーン

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

正月の三が日も本日にて終了

 

明日より通常業務に戻るものとなるのですが

本日は子供とカミさんが、早くからお出掛けとのこと

 

となれば私は自由時間となり

例年よりも少し早い、麺始めを敢行することに

 

とは言え、まだお休みのお店が多い三が日となるのですが

この前日より、早くも営業をスタートしていたのが、千葉・富士見町にある「中華蕎麦 ごとう

 

昨年もなんだかんだで2ヶ月に1度ペースで足を運んでいる同店ですが

この前日より提供されていた限定メニューを、Twitter上で数多く発見しまして

 

ぜひともそちらの限定を今年の麺始めに・・・

と思っていたものの、同限定メニューは早くも品切れとの報告が

 

しかしながら、代わって新たな限定メニューを

この3日より提供開始するとの情報もTwitterにて確認

 

ならばそちらの品を、今年の麺始めに頂くべく

本日のランチはこちら

「中華蕎麦 ごとう」を訪れるものとなったのです。

千葉、富士見町の人気店「中華蕎麦ごとう」に新たな限定メニューを求め、ランチ訪問

数多くの飲食店が軒を連ねる富士見町ですが

お世辞にも立地的に恵まれている・・・とは言えないお店となるこちら、中華蕎麦 ごとう

 

過去に同地で営業してきたお店の多くは

その立地の悪さを克服出来ず、短期間で店舗が入れ替わってきたものの

 

現在のお店となる、こちら「中華蕎麦 ごとう」は

気付けばオープンから2年が経過、今や開店待ちで満席になる人気店に

 

本日もまた、限定メニューの提供開始日ということで

混雑を予想し、開店時刻に合わせてお店の方へ

 

11時ちょうど・・・からは1~2分遅れるものとなり

すでにカウンター席は全て埋まっているものの、テーブル席なら入店可能に

 

という訳で本日は、再三訪れている同店ながら

初めてのテーブル席利用となります

 

 

早速向かう券売機ですが

本日目的としている「冬の味噌バターコーン」については現金での支払いとのこと

 

そんな訳で、券売機を素通りするものとなりましたが

同店のメニューについては、全てカウンター上に掲載

 

煮干しつけ蕎麦に塩、醤油のつけ蕎麦

そして中華蕎麦もまた、塩と醤油がラインナップ

 

いずれも一通りオーダー済みの品々となるものの

久しく食べていないのが、同店のつけ蕎麦でして

 

そんなつけ麺を久々に食べてみたい気持ちもあるものの

本日の所は、限定メニューが目的

 

という訳で、この日より提供スタートとなった

「冬の味噌バターコーン」を頂いてみようと思います。

優しい味噌の風味にとろけるバターが最高 中華蕎麦 ごとうで頂く限定メニュー、冬の味噌バターコーン

前述した通り、私が入店した時点でカウンターは満席

2卓あるテーブル席も、全てバラし一人席にて案内されるものとなった、中華蕎麦 ごとう

 

日頃はワンオペにて営業されている同店ですが

この日は新しいスタッフさんでしょうか

 

ホールを担当されているスタッフさんもおり

満席ながらに落ち着いた様子も感じられるほど

 

とは言え、私の後にもお客さんが入店となり

開店からわずか5分で満席を迎える店内

 

開店直後にもなりますので、提供までにも時間掛かるものと判断し

のんびりとドラクエウォークの正月イベントを再開することに

 

そうこうしながら、待つこと15分程

こちらが、千葉/富士見町の「中華蕎麦 ごとう」にて頂く

冬の限定メニュー、冬の味噌バターコーンになります

 

従来のメニューでは、醤油と塩を提供する同店ですが

味噌については今回の品が、私が知る限りでは初めて

 

ドカッと入ったバターを早々に溶かし

そのコクを加えていきたいものとなりますが

まずはバターが広がるその前に

基本のスープから頂いてみることに

 

複数の味噌をブレンドしているとの事でしたが

その色味からも感じる通り、優しい風味に仕上がったこちらのスープ

 

口当たりも良好で、味噌が強く出過ぎず

後にバターの風味が加わる事を前提とした様なバランスをも感じさせます

 

続いて、麺の方を頂きますが

こちらは中細の麺を使用

 

最近、同店では限定ばかりを頂いているので

こちらの細麺も地味にお久しぶりとなります

 

程よくスープを絡め、啜り心地も気持ちいい同品

麺とスープの組み合わせも、当然ながら絶好調ですね

 

続いて頂くのが、気になっていたこちらの具材

当初は水菜かな・・・とも思ったのですが

葉の形状からして異なる様で

 

サッと湯通しされているものの

心地良い食感を感じさせ、アクセントにも良好

 

なによりスープとの相性が実に良く

他の味噌ラーメンでは、あまり見かけない組み合わせをも楽しめる所に

 

対しこちらは、味噌ラーメンの定番

もやし、そしてコーンもトッピング

 

味噌ラーメンと言えば・・・な2品ですが

やっぱりこの安定感もまた、ホッコリさせられる次第で

 

そして頂く、次なるトッピングは

こちらのチャーシュー

 

最近は限定ばかり頂いている為、こちらが通常のチャーシューかどうかは判断付かず・・・

ですが、以前はもっとレアめなチャーシューを使っていた記憶が

 

対する、本日のチャーシューは

しっかり火入れされ、ワシッとした食感も特徴的

 

とは言え、柔らかな仕上がりで

豚肉そのものの旨味も存分に味わえるものとなります

 

そしてここからは、バターのお時間

ズングリしたバター

こちらをスープへ溶かし入れての味変へと突入

 

大ぶりなバターが溶け出すことで

先ほどまでのスープから躍進

バターの旨味、コクが広がるスープへとパワーアップ

 

コーンにもやし、そしてバターと揃う同品

どこか懐かしさをも感じさせる、正にホッコリする味噌ラーメンとなりました。

 

 

という訳で、年始一発目の麺始めに足を運ぶものとなった

千葉・富士見町の「中華蕎麦 ごとう」

 

この前日に提供されていた限定メニューも気になっていた一方

そちらには間に合わず、翌日より提供開始となった「冬の味噌バターコーン」を頂く事に

 

昨今、様々な味噌ラーメンが提供される中

真新しさや斬新さを感じる品では無かったものの

 

味噌に溶け出すバターにもやしとコーン

定番ながらも、やっぱり安心出来る取り合わせ

 

その安定、安心感を前に

言葉通りほっこりさせられる、そんな一杯となりました

 

また最近は限定メニューばかりを頂いてしまう同店ですが

やっぱり、久々にレギュラーメニューも頂いてみたいところで

 

限定メニューは限定で楽しみつつも

その合間を縫って、レギュラーメニューについても、今年は各品食べ直したい所です。

 

 

そんな「中華蕎麦 ごとう」からの帰り道

少し前にオープンし、ずっと気になっていたこちらのお店

旧パルコの裏手にオープンした

韓国食材とコスメを扱うお店「韓ビニ」を訪れてみる事に

 

以前はパチンコ店だった地下フロアを使ったお店となりますのでえ

可なり広い店内ながら、コンビニらしく食材やコスメらも多数販売されておりまして

 

その多くが、明らかに「激辛」を匂わせるものとなり

辛党でお馴染みの私としては、どの品にも目移りするばかり

 

更に同店では、

 

イートインコーナーも併設されており

上記の通り、チキン各品を店内にて頂く事が可能

 

チキンだけに留まらず、

トッポキやダッバル?なる品

そしてチョル麺なる麺料理も頂けるとのこと

 

ただこの日のイートインコーナーには

調理をしそうな人の姿は見えず、また同コーナーも電気が落ちているものとなりまして

 

こちらでの食事については達成ならず・・・でしたが

とりあえず本日の所はこちら

「ブルダック炒め麺」なる激辛っぽいインスタント麺を購入

 

上記したイートインコーナーについても

また近いうちに出直してみようと思います。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

中華蕎麦 ごとう

■ちゅうかそばごとう

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-9-14 松井ビル 1F

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:30~21:00

■ 定休日:火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。