小倉台駅近くの味噌ラーメン専門店、 味噌屋 庄助  辛味噌ラーメンに信州味噌ネギラーメンら食べ比べ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

「お昼に味噌ラーメンが食べたい」

 

普段、どれだけ私がラーメンに誘おうとも

首を縦に振らない、ウチのカミさん

 

ですが、年に数回この様に

味噌ラーメンを食べたい欲求をぶつけてくる事がありまして

 

私の中で、ご近所の味噌ラーメンを思い浮かべ

思いつくお店はいくつかあるものの

 

カミさんが欲している味噌ラーメンはまた別

要するに「田所商店」系の味噌ラーメンが食べたい、という意味でして

 

ただこの日は日曜日

すでに時刻は11:;30に迫ってくる頃

 

この時間から田所商店に向かおうものなら混雑必至

千葉みなとにも出来た同店ですが、恐らくあちらも同じ状況が予想されます

参照:7/28美浜区新港にオープン 麺場田所商店 千葉美浜店⇒

 

となれば、あと思い浮かぶは

田所商店名では無いものの、田所商店っぽいラーメン

 

そう、向かった先はモノレール小倉台駅

同駅から歩いて5分ほどとなります、こちらのお店

味噌屋 庄助を訪れてみるものとなりました。

モノレール小倉台駅近くの味噌ラーメン専門店、味噌屋 庄助をランチ訪問 

久々に発したカミさんの「味噌ラーメン食べたい」

この一声の元、本日向かった先は小倉台の味噌屋 庄助

 

ここ小倉台の他に、中央区仁戸名にもお店がある同店

店名こそ「味噌屋 庄助」となりますが、こここそ田所商店の原点とも言うべきお店

 

今でこそ店舗が増えて来たため、足を運ぶ機会も少なくなりましたが

10数年前であれば、味噌ラーメンと言えばこちらが思い浮かぶほど

 

さて、そんな味噌屋 庄助に着いたのは12時を回った所

お昼真っ只中となる時間ですが、まだ駐車場には空きを確認

 

席もちょうど入れ替わりとなるタイミングで

テーブル席が空き、そちらへすぐに案内されるものとなりました

 

早速、メニューから拝見していきますが、

まずトップとなるのは、北海道味噌ラーメン

 

いわゆる札幌系の味噌ラーメンとは異なるものの

濃い目の味噌を楽しむラーメンとなるこちらの品

 

続くページは、

江戸前味噌に信州味噌となりまして

 

以前は九州味噌だった気もするのですが、

現在、九州味噌を頂けるのは仁戸名店のみになるようです

 

信州味噌には山菜のトッピングが加えられる他

タンタンメンをオーダーする事が出来るのも、同味噌のみ

 

江戸前味噌については、少し前に

田所商店 千葉みなと店でも頂いたものとなりまして

 

こちらは、他の味噌に比べると

甘みが強いのが特徴、といった違いある3種の味噌ラーメンが頂ける同店

 

加えて、各品共に野菜やチャーシューら

トッピングによる構成を選択可能となりますが

 

こちらのメニューを開き、子供は真っ先にバターに一目惚れ

札幌味噌の超バターラーメンを選択

 

そしてカミさんは、毎度信州味噌好きでして

本日もまた、信州味噌のネギラーメンを選択

 

そして私は、信州か札幌かで悩みものとなり

ここ最近、カプサイシン不足を感じていたことより「辛味噌野菜らーめん」をそれぞれオーダーするものとなりました。

たっぷり野菜にピリッと辛めの札幌味噌 味噌屋 庄助 で頂く辛味噌野菜らーめん

到着と同時に、即案内されはしたものの

さすがは日曜日のお昼時

 

すぐに満席を迎え、その後も入店待ちが出来る

そんな混雑ぶりを見せるものとなった、味噌屋 庄助

 

開店から何年が経過しようとも、変わらずの繁忙ぶりで

同店の安定した人気を裏付ける様にも感じられます

 

そんな様子を伺いながら、

注文より待つこと10分少々

 

続けざまに提供となった本日のランチ

こちらが味噌屋 庄助で頂く

超バターらーめん、辛味噌野菜らーめん、そして信州味噌ネギらーめんになります

 

一挙に3品が並ぶものとなりましたが

あらためてこちらが

本日私のオーダーした辛味噌野菜らーめん

 

中央にトッピングされる肉味噌、フライドオニオン

その下にはもやしをはじめ、玉ねぎや人参らの姿も確認

 

野菜らーめんらしく、様々な野菜を

辛味を効かせたスープと共に頂くものとなります

 

早速、スープから頂きますが

こちらに使用されているのは

味わう濃い目となる、北海道味噌

 

そこに唐辛子系の辛味を効かせたものとなりますが

辛いとは言え、多店舗展開するお店ならではでして

 

軽く体温こそ向上はするものの

辛いものが得意で無い方でもイケるほどの辛さ

 

味噌の濃い味わいの奥にスープの旨みも感じられ

ピリッと残る後味の辛さ含め、飽きを感じず味わえるスープになります

 

そして麺の方は、

しっかりウェーブの掛かった中太麺

やや柔らかめな茹で加減ですが、これも幅広い年代のお客さんが多い同店らしさでしょうか

 

スープとの相性にはもちろん満足

量もしっかりしており、サイドメニュー無しでも十分満足出来るほど

 

そんな同ラーメンの満足度を高めてくれるのが、

こちら、たっぷり入った野菜達

 

まずはもやしから頂くものとなりますが

どんなスープにも合うもやしながら、やっぱり味噌は格別

 

ちょっと濃い目に感じるスープの味わいも

もやしら野菜のスッキリ加減で見事に中和

 

たっぷり野菜を共に頂く品であればこそ

スープの濃い味わいが、むしろ引き立つものとなります

 

そんな北海道味噌ラーメンならではのトッピングが、

こちら肉味噌、そして糸唐辛子にフライドオニオン

 

チャーシューが別オーダーとなる同店ですが

それを補う肉感を与えてくれるのが、この肉味噌

 

単体での美味しさもさる事ながら

やっぱり野菜と共に頂く事で、旨みが引き立ちます

 

またスープを吸い上げたフライドオニオンも格別で

こちらはむしろ、ご飯が欲しくなる味付けに

 

更に食べ進めれば、様々顔を出してくる野菜達

人参に玉ねぎら彩りも豊かで

いずれもピリ辛なスープを盛り上げ、最後まで満足を得る一食となりました

 

一方、本日子供がオーダーしていたのが

こちら、同じく北海道味噌の超バターラーメン

 

ベースとなるスープは私と同じものになりますが

大ぶりなバターが加わる事で、異なる味わいを生み出す一杯

 

北海道味噌の濃いめな味わいを楽しみつつ

バターが溶け進むことで、ジワジワとコクを増す味変が楽しめます

 

一方、カミさんがオーダーしたのが

こちら、信州味噌らーめんの辛ネギトッピング

 

ベースとなるスープは、もっとも優しい味わいですが

そこに辛ネギが加わる事で、ほんのりした辛さがアクセントに

 

また、ネギのサイズ感が心地良く

麺と共に食べ進める中で、

そのシャキッとした食感がアクセントを与えてくれます

 

同じ味噌ラーメンではあるものの

三者三様、それぞれの個性を楽しめる3品

 

目の前で比べるからこそ分かる

それぞれの個性をしっかり味わうものとなりました。

 

 

という訳で、味噌ラーメンのリクエストに応えるべく

久々に足を運ぶものとなった、小倉台の味噌屋 庄助

 

今でこそご近所や、そこかしこに

田所商店系列が増えてしまったものの

 

その原点とも言うべき、こちらを久々に訪れ

北海道味噌ら3品を食べ比べるものとなりました

 

ここ小倉台から始まり、気付けば国内はおろか

世界にまで店舗を増やしている同店ですが

 

その安定感ある美味しさは、

店舗が増えようとも衰えることを知らずで

 

FC展開するラーメン店は数あるものの

衰えること無い人気、安定感はやはり別格

 

全国展開するお店の実力を

あらためて感じるものとなる一食となりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

 味噌屋 庄助

■ みそやしょうすけ

■ 住所:千葉県千葉市若葉区小倉台1-7-5

■ 営業時間:11:00~23:30

■ 定休日:不定休

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。