孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

恵比寿ブタメン 西千葉駅前店が7月18日オープン たっぷりもやしに柔らか豚と共に頂くブタメン

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

千葉の大網白里市に本店があり

県内に3店、都内にも1店を展開する恵比寿ブタメン

 

二郎系まぜそばの専門店となる同店が

この7月18日に、西千葉駅前にもついにオープン

 

との情報を少し前より入れていたものの

色々と立て込んでいたこともあり、オープン当日はもちろん

 

そこからしばらくの間も足を運ぶ機会が得られず

なかなか訪問チャンスを掴めず数日が経過

 

 

そうこうする間に迎えた週末ですが

家族が出払い、私1人での晩ご飯

 

ようやくチャンスが巡ってきたことから

本日の晩ご飯にて、前述した恵比寿ブタメンを狙ってみることに

 

お店の場所は西千葉駅の千葉大側ですが

大通りからは裏手に回った通り沿い

 

同エリアの老舗中華、北京亭のほぼ真裏に7/18オープンとなりました

こちら、恵比寿ブタメン 西千葉駅前店を初訪問するものとなりました。

大網の人気G系まぜそば店が西千葉にもオープン 恵比寿ブタメン 西千葉駅前店を初訪問

という訳で、オープンからほぼ1週間

遅ればせながら初訪問するものとなった、恵比寿ブタメン 西千葉駅前店

 

前述した通り、お店の場所は西千葉駅近くながら

大通りよりも一本中に入った、少し分かりづらい立地となります

 

また、西友側にはコインパーキングの多い同駅周辺ですが

こちら千葉大側はコインパーキングが少ないのも難点でして

 

この日は幸い、ペリエ西千葉店併設のコインパーキングが空いており

そちらを利用しながら、同店を訪れてみる事に

 

お店に着いた時刻は、18時を素少し回った所

学生をターゲットとしたお店とあってか、日曜の夕方は静かなスタートとなる様で

 

カウンター席にテーブル席と

広めの店内となりますが、先客は2組ほどとなっております

 

カウンター席に十分な空席を確認し

まずは券売機の方から見ていくことに

 

 

ここ恵比寿ブタメンと言えば、前述した通り

二郎ナイズされたまぜ蕎麦の専門店となります

 

が、同業他店との大きな違いとなるのが

トムヤムブタメンやコチュブタメンなど、個性的なまぜそばが頂ける点でして

 

中でも、以前より気になっていたのが

「琉球塩ブタメン」という、唯一無二の個性を感じるまぜそば

 

そちらに期待をしながら、券売機を見てみますと

これはまさかの想定外

券売機の殆どが・・・売り切れ??

 

日曜の夕方ということで、日中が忙しかったのか

いや、翌々券売機を見てみますと、多くのボタンは商品名が消されているようで

 

もしやオープン間もないことから

当面はメニューを厳選しての営業、といったところでしょうか

 

これはまさかの誤算

とは言え、車を停めてしまった手前、ここで引き下がるのも・・・だしなぁ

 

 

あらためて券売機の点灯しているボタンを見直しますと

・ブタメン(小中、大、特大)

・プレーンブタメン(小中、大、特大)

以上の2品のみに絞った営業になっている模様

 

またトッピングに付いても同様で

・味玉

・豚増し

・生たまご

以上の3品のみの提供にて営業が行われているご様子

 

いずれにせよ、事前にメニューまで確認出来なかった以上

こればかりは避けて通れない、税金みたいなもの

 

期待していた品は次回へと持ち越すこととしまして

今日の所は、ブタメンの小を豚増しにて頂いてみようと思います

 

なお、卓上にもメニューが用意されており

そちらにも目を通していきますと、

各種おつまみについては、すでに提供が開始されている模様

 

右の説明は無料トッピングに関するものとなるのですが

同店では最後に、鰯の割りスープが付いてくるのだとか

 

まぜ蕎麦の〆に頂く割りスープとは一体・・・

こちらにも期待をしつつ、メインの到着を待つものとなりました。

ワシッとした太麺に絡む濃厚醤油ダレ 絶品チャーシューと共に頂くブタメン

こちら、恵比寿ブタメンでは

各麺の小と中が同価格にて提供となっておりまして

 

ランチで頂くなら、当然中を選択するものとなりますが

前述した通り、本日は晩ご飯として足を運ぶ事に

 

夜については極力、炭水化物の摂取を控えている事もあり

本日の所は、同品を小にてオーダーしております

 

その代わりといってはナンですが

豚増しを追加する事により、タンパク質の摂取量を増加

 

まあ、その分脂質も過剰に摂取するものとなるので

炭水化物を控える効果が、どの程度現れるのかは未知数となるのでしょうが

 

そんなこんなで、注文より待つこと10分弱

こちらが、恵比寿ブタメン西千葉駅前店にて頂く

ブタメン(小)の豚マシとなります

 

無料の追加トッピングについては

ヤサイを普通、ニンニクありにてオーダー

 

一袋近い、たっぷりの茹でもやしが嬉しい所ですが

まずはスープとしっかり混ぜ合わせて、との説明がありまして

 

指示されるがまま、麺とタレ、更にはもやしを混ぜると

イイ具合に天地返しも成功となり

もやしにも程良くタレが絡んだ状態が完成

 

それでは早速、麺の方から頂きますが、

同店で使用されているのは特注麺との事ですが

お店のコンセプトを体現するかのような、しっかりした太麺を使用

 

ワシッとくる歯ごたえより、独特の食感を味わいつつ

たっぷりスープも絡まり、過不足を感じさせません

 

またこのビジュアルながら、カエシの主張が強すぎず

味が濃すぎないのもまた、同店の特徴でしょう

 

アブラについてはデフォのオーダーとなりますが

こちらもそこまで重たさを感じず、見た目よりもスッキリと味わう事が出来ます

 

また、重たさを軽減している一因となるのが

こちらのもやしでして

そのボリュームがしっかりしていることも、麺量150gの小ながら十分な食べ応えに

 

もやしについても、スープとしっかり絡める事で

味わいに不足を感じる事無く、シャキッとしたアクセントを楽しむ事が出来ます

 

そして、同品最大の特徴となるのが、

この厚みしっかりしたチャーシュー

いや、正式名称で呼ぶなら「豚」ですね

 

極厚ながらに、柔らかく煮込まれており

スープと混ぜ合わせている間にほぐれそうな程の柔らかさ

 

その食感が示す通り

中にまで十分、煮汁が染みこんでおり、満足なのは間違い無し

 

しかも本日は、この豚を

更に追加する事によって4枚にてオーダー

麺量150gに控えた分を、補って余りあるタンパク質(&脂質)の摂取を可能としてくれます

 

もとより、そこまでしつこさを感じない味付けですが

卓上調味料を見ると、そこには紅生姜を発見

 

きっとこれもマッチすること間違いなかろう

と、後半からは紅生姜を加えてみますが

これも予想通り、酸味と辛味が加わることで気持ちいい味変を完成

 

良くも悪くもジャンクな味わいになる品ですので

紅生姜が加わり清涼感が増すことで、 より飽きずに最後まで食べ干すものとなりました

 

そして食後には、鰯の割りスープ・・・

を期待していたのですが、見た所その存在を確認出来ず

 

お店の方からも特に声掛けは無かったものとなく

かといって催促するのもなあ・・・と、割りスープは諦め、お店を後にするものとなりました。

 

 

という訳で、遅ればせながらの初訪問となった

恵比寿ブタメン西千葉駅前店での初ディナー

 

オープンから1週間となりましたが

まだ提供される品が限られており、本日はブタメンを頂く事に

 

看板メニューとなる同品ですが

見た目や雰囲気よりもしつこさ無く、食べられるまぜそばとなりまして

 

更には、卓上に用意された紅生姜

こちらの存在が私的にはストライクな存在に

 

加えて、トッピングの豚も良好な仕上がりと

十分に満足を得る一食となりました

 

とは言え、同店ならではと期待していたのは

個性的な各種まぜそばたち

 

こちらも近日中には提供されるのでは無かろうか、と

そちらにも期待を寄せつつ、次回の訪問を楽しみにしたい所です。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

恵比寿ブタメン 西千葉駅前店

■ えびすブタメン にしちばえきまえてん

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区弥生町2-17 N.Mヒルズ弥生 1F

■ 営業時間:11:00~14:30 / 17:30~22:00

■ 定休日:水曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。