孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

元祖ニュータンタンメン本舗が花見川区宮野木にオープン タンタンメン&ネギ味噌丼のDセット

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

少し前にTwitterの方で見かけた情報なのですが

西船橋に元祖ニュータンタンメン本舗がオープンしたとの事

 

元祖ニュータンタンメン本舗といえば

私の好きな、京浜~川崎系タンタンメンの有名店

 

神奈川や都内には複数店舗を展開しておりましたが

そのお店がついに、千葉県内にも上陸したとのこと

 

ただ、西船という微妙な距離もあり

何かの機会があれば、その際に足を運んでみよう

 

と、予定を先延ばしにしていたところ

そんな元祖ニュータンタンメン本舗が千葉市内にもオープンするとの情報が

 

西船なら少し躊躇するものの

千葉市内とあっては、これはすぐにでも足を運ばなければ

 

問題はオープンの日なのですが

果たしていつになるのか・・・

 

本日のお昼を悩みがてら、同店のオープン日を調べてみたところ

・・・今日じゃん

 

しかもオープン時刻は11:30

対し、今の時刻は・・・11:20

 

さすがにオープン時刻には間に合わないでしょうが

とりあえず行くだけ行ってみるかと車を走らせること20数分

 

辿り着いた先がこちら

4/12、花見川区宮野木台にオープンとなりました

元祖ニュータンタンメン本舗 宮野木店になります

 

ちなみにこちらのお店ですが、以前は

マルキン本舗 宮野木店」があった場所になりまして

 

昨年末にも一度、久々マルキン本舗を食べたく足を運んだものの

年末の休みに突入しており、入店は叶わず

 

あれから数ヶ月、また機会あれば足を運びたいな・・・

と思っていたものの、その間にマルキン本舗は閉店していたようで

 

その代わりとして本日オープンしました、

元祖ニュータンタンメン本舗 宮野木店を初訪問してみようと思います。

お昼前から行列が出来る大盛況のオープン初日 元祖ニュータンタンメン本舗 宮野木店を初訪問

という訳で、オープン初日に足を運ぶものとなった

元祖ニュータンタンメン本舗 宮野木店

 

こちら、店舗の裏に駐車場が完備されており

14台と十分過ぎる駐車スペースを完備しております

 

が。私が辿り着いた時刻は11:45

オープンから15分ほどとなりますが、本日は開店初日

 

すでに店内は多くのお客さんで賑わいを見せており

私が到着した時点で、14台ものスペースがある駐車場はすでに満車

 

幸い、お店の隣がコインパーキングになりますので

ちょっと癪ではありますが、そちらに車を停めて店内へ

 

駐車場同様、店内もすでに賑わいを見せており

可なり広い作りとなりますが、既に満席

 

入り口前には10名弱のお客さんが入店待ちをするものとなっており

ウェイティングボードにも数組の名前が

 

とは言え、回転の速いラーメン店ですし、席の数も多いこちらのお店

そこまで待つこと無く入店出来るだろう、と予想して待つことに

 

店内には、こちらのポスターの通り

ニュータンタンメンに関する説明書きも

 

京浜エリアでは当たり前の様に食べられる同品ですが

前述した通り、千葉市内にオープンするのはこちらが初

 

・・・あ、いや

少し前に千葉の栄町にも「川崎系タンタンメン包」というお店がオープンしてましたが

参照:千葉神社近くに11月末オープン、川崎タンタンメン包 12月10日まではオープン記念特価を開催中 ⇒

 

いずれにせよ、まだ千葉県内では馴染みも浅いはずの同ラーメン

それでいながら、オープン当日にこの行列とは・・・

 

そんな店内で待つこと10分少々

名前を呼ばれ、ようやく席の方へ案内される形に

 

まずタンタンメンについてですが、

上記の通り、辛さは5段階から選べるシステムになります

 

元祖ニュータンタンメン本舗については初となりますが

過去に食べてきたニュータンタンメン系は、いずれも見た目ほどの辛さは無し

 

説明によれば、モーレツに辛いとされる「めちゃ辛」ですが

恐らくこれも、そこまでのレベルにはならないであろう、と予想

 

ちなみに注文は全てタッチパネル形式でして、

タンタンメンについては、普通ないし大盛りからの選択

 

その他麺類として、

味噌ラーメン、タンメン

麻婆麺、お子さまラーメンがそれぞれ注文可能となっております

 

こちら、タンメンについては

辛タンメンなんて品も用意されており

これもちょっと気になるところではあります・・・

 

が、やはり本日はタンタンメン

こちらをサイズは通常、辛さはめちゃ辛を選択してみます

 

更に、トッピングは個別で追加するものとなりまして、

ニンニクや挽き肉の追加

更には、バターやコーン、チャーシューらもトッピングが可能に

 

こちらからはニンニクを

更には、チャーシューも追加してみようと思います

 

更にメニューを見ていきますと、

タンタンメンないし味噌ラーメンに限りですが、

餃子やチャーシュー丼

ねぎ味噌丼といったサイドメニューとのセットが全4種提供されております

 

加えて、ご飯ものとしては

五目チャーハンに、ニンニクチャーハン

麻婆丼に焼肉丼、クッパなども注文が可能

 

ただ、こちらのご飯ものは全てフルサイズのみとなり

半チャーハンのようなサイドメニューは見当たらずでして

 

更にメニューを見ていきますと、

    

エビマヨや鶏の唐揚げ

餃子各種など、中華料理店の様な1品料理も多数

 

これに加えて、店外の説明を見る限りでは焼肉も提供されるそうですが

そちらについては、焼肉用の席限定のメニューになるのだとか

 

同メニューについては本日の所、確認する事が出来ずですが

とりあえずは、前述した通りタンタンメンにニンニク&チャーシューを

 

加えて、ねぎ味噌丼がセットになる

Dセットにて、同品を頂いてみようと思います。

めちゃ辛な雰囲気ながら、そこまで辛くない 溶き卵とニンニクでワイルドに頂くニュータンタンメン

私が入店した時点でも、既に10名近くが待つものとなった

元祖ニュータンタンメン本舗 宮野木店

 

その後、お昼を過ぎてもお客さんの数は増える一方で

常に10名近くが入り口周辺で待つ混雑ぶり

 

また、この日がオープン初日となる同店ですが

お店のスタッフさんも十分な人員を用意していたのか

 

オープン初日特有のバタバタした感は無く

スムーズにオペレーションが回っている様に感じます

 

そんな様子を伺いながら、注文より待つこと10分少々

こちらが、元祖ニュータンタンメン本舗 宮野木店にて頂く

タンタンメン(めちゃ辛)&チャーシュー&ニンニク、そしてねぎ味噌丼になります

 

まずタンタンメンの方から見ていきますが、

5段階から選べる辛さとなる中

本日選んだのはそのTOPとなるめちゃ辛

 

説明書きによると

「モーレツに辛いです!でもヤミツキに」なる一文が

 

見た目はもちろん、真っ赤に染まった辛さを感じさせる色味

立ち上がる香りからも、しっかり唐辛子の風味を感じます

 

が、しかし

その見た目に反して、思いの外辛くないのが京浜系のタンタンメン

 

果たして、こちらニュータンタンは如何なものか?

そのスープからまず頂いてみますが、

・・・うん。辛くない

 

いや、辛くないというのは言いすぎでしょうが

後味にフワッと辛味を感じる程度

 

その色味が想像させる辛さからすれば

1/10程度の辛味、といって差し支えありません

 

辛さはソコソコとなる分、しっかり感じるニンニクの風味

ベースのスープはそこまで主張せず、各種具材らのパンチある味わいが伝わってきます

 

続いて麺を頂いていきますが、

こちらの麺は、モチッとした食感の中太麺

ストレート麺になりますが、スープに唐辛子の粘度があるため、しっかり絡んできます

 

とは言え、やはりベースのスープは辛さ抑えめ

いや、使用される唐辛子自体が辛さを抑えたものなのでしょうか

 

以前に栄町で頂いた

「川崎タンタンメン包」と同様、見た目ほどの辛さを感じず食べやすい味わいになります

 

そしてトッピングに移りますと、

まずはこちら、追加したチャーシュー

全4枚入りとなっており、薄めカットながら肉の旨味もしっかり感じます

 

続いて、京浜系タンタンメンの特徴となる

こちらの溶き卵

 

本来なら、この溶き玉子が加わる事で辛さをマイルドに・・・

そんな役割にも思いますが、元より辛さをそこまで感じず

 

むしろ溶き卵が加わる事で、スープに粘度が生まれ

ご飯と馴染む組み合わせになる、とも言えそうですね

 

さて、そんな残るスープと共に頂くご飯ですが、

そのビジュアルが気になったことから

本日は白米では無く、こちらのねぎ味噌丼をセットにてオーダー

 

予想外に大きなお茶碗で、ご飯はたんまり

その上にはごま油で味付けされたたっぷり葱、そして味噌がトッピング

 

まずはご飯をそのままで頂いてみますが

ここで問題となってくるのが

特徴的なこのレンゲでして・・・

 

一般的なレンゲよりも、二回り近く大きいのが

京浜系タンタンメンの特徴となるのです

 

ただこのレンゲが、スープを飲むには問題無いとして

ご飯を頂く際には、その大きさ故に食べづらさが

 

かといって、ねぎ塩に味噌をのっけたご飯

これをお箸で頂くにも、なかなか難易度は高め

 

加えて、京浜系タンタンメンと言えば

残ったスープと共にご飯を頂く食べ方もマスト

 

しかし、それを頂こうにもレンゲのデカさが引っかかるものとなりまして

出来れば、もう一回り小さいスプーンなども用意して貰えれば・・・と、感じるものとなりました 

 

 

という訳で、オープン初日に足を運ぶものとなった

元祖ニュータンタンメン本舗 宮野木店

 

前述した通り、初日ながらに大盛況の店内

かといって、オペレーションもスムーズに回っており

 

オープン初日を感じさせない

安定感ある中での初訪問となりました

 

頂くタンタンメンについてですが、

過去にも数度、京浜系タンタンメンは食べてきているものの

 

そのどれとも異なる、味わいと言うべきでしょうか

むしろ、こちらのお店を元祖として、様々な派生が生まれているというべきなのか

 

いずれにせよ、想像よりも辛くないのは

他店で頂いて来た、京浜系タンタンメンと同様といった次第に

 

また同店の特徴となるのは

タンタンメン以外にも、様々なメニューが頂ける点でして

 

中でも、焼肉が頂けることや

タンメンやチャーハンらも、一度は食べてみたい品を多数発見

 

お店の広さに対し、駐車場が若干手狭にも感じますが

他のメニューを頂くべく、また足を運んでみたい新店となりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

元祖ニュータンタンメン本舗 宮野木店

■ がんそニュータンタンメンほんぽ みやのぎてん

■ 住所:千葉県千葉市花見川区宮野木台3-1-2

■ 営業時間:11:30~23:00

■ 定休日:水曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。