孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

国道357号 蘇我陸橋近くの人気店、雷神 角ふじ 濃厚な旨味に甘みをガッツリ堪能、特製塩そば

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日は日曜日ながら、カミさんと子供はお出掛け

はれてソロランチとなる訳ですが、天気は生憎の雨模様

 

朝から降ったりやんだりを繰り返す、まだ寒さ残る日曜

ここは駐車場が隣接するお店でランチを済ませるべく、悩み出すことに

 

そんな中、たまたまではあるのですが

蘇我にある「雷神 角ふじ」のスタッフさんからTwitter経由でご挨拶を頂きまして

 

蘇我陸橋近くにある雷神 角ふじ、かつては頻繁に足を運んでいたものの

近年は千葉駅界隈にも二郎系のお店が多数出店

 

その影響もあり、近年ご無沙汰となっておりましたが

あちらのお店なら、車をすぐ近くに停めて足を運ぶことも可能

 

むしろ、今日の様な日にこそ適したお店となりまして

本日のランチはこちら、

蘇我の雷神 角ふじを訪れてみるものとなりました。

JR蘇我駅から車で5分、国道357号沿いのG系インスパの人気店「雷神 角ふじ」を訪問

という訳で、5~6年ぶり?に足を運ぶものとなった

蘇我陸橋近くの二郎系インスパ店、雷神 角ふじ

 

開店時刻の11:30を目指して自宅を出たものの

日曜の道路の混みようもあり、お店に着いたのは11:45頃

 

以前は店舗前が駐車場?だった様に思いますが

現在は店舗を正面に見て、右手側に4台分の駐車場を確保されているようです

 

車を停めて店舗の前に付いたものの、お客さんが出たり入ったり・・・

ちょっと状況が掴めず、店舗前の説明を見てみますと

店内が満席の際には、店舗を前にして左手側に並んで欲しい

との説明書きが

 

どうやら先に食券を購入し、

上記の形で並んで待つスタイルになっている様です

 

ただこの日は雨という事もあってか

車の中で待つお客さんもいたりと、どこまでが列なのか判断が付かず

 

店舗前でどうしたものか悩んでいると

中から出てきたスタッフさんに案内され、ひとまず食券を先に購入する流れに

 

ちなみにメニューは以下の様になっておりまして、

ガッツリ野菜にチャーシューが盛り付けられた

ふじそばに始まり、辛ホルモンの乗った雷神そば

 

いずれも醤油、塩が提供されている他

チャーシュー盛り盛りの豚そばに、つけ麺となるづけそば各種

 

更に店内の券売機を見ていきますと、

上記した品々に加えまして、まぜそばが頂ける他

盛り付けを小ぶりにした?女子盛なんて品も頂けます

 

そんな品々並ぶ雷神 角ふじですが

久々なだけに、基本に返るふじそばを頂くか、それとも雷神そばか

 

トッピングを含め、様々悩む所となるのですが

同店の塩を食べた事が無かったことを思いだし、本日は特製塩そばを頂いてみようと思います。

濃厚な旨味に甘みも詰まったスープを存分に堪能 雷神 角ふじで頂く特製塩そば

食券を購入し、再度店舗の外で待つものとなった、雷神 角ふじ

 

茹で上がりに時間の掛かる太麺を提供する事から

再入店前に食券を手渡すものとなり、到着から待つこと30分

 

ようやく店内へ案内されるものとなりまして

更にそこから待つこと5分少々

こちらが、雷神 角ふじにて頂く

「特製塩そば」になります

 

食券を手渡す際に、各種好みを確認されるものとなりますが

本日は全て普通にてオーダー

 

大ぶりなチャーシュー2枚に味玉

メンマに加え、たっぷりもやしが早くも満足感を与えてくれます

 

それではまず、スープからとなりますが

微乳化されたこちらのスープ

トロッとした舌触りから、甘みと旨味がしっかり味わえます

 

豚骨系の旨味が伝わってきますが、決して強くなりすぎず

塩味も良い塩梅に調整されており、スープの持つ旨味がストレートに伝わってきます

 

醤油の様なシャープさこそ感じませんが

しっかりした旨味ではあるものの、それをしつこく感じさせず

 

とは言え、しっかり入った背脂の甘みも感じられ

濃厚な味わいでありながら重たくならない、食べやすさと満足度の双方が味わえます

 

そんなスープと頂く麺は、

これはもう、言わずもがなの極太麺

 

茹で加減は普通でのオーダーとなりますが

それでも十分、しっかりした歯ごたえを感じさせます

 

ワシッとしたその食感もあり、食べ応えも十分

加えてこの通り、

たっぷりの野菜入りとなりますので

普通サイズでも十分に満足を得るボリュームある一杯

 

そんな塩そばのトッピングとなるのが、

まずはこちらのチャーシュー

 

しっかりしたサイズ感、厚みとなるものの

中までしっかりタレが染み入り、その美味しさはやっぱり格別

 

本日は特製を選んでいるので2枚入りとなりますが

このチャーシューを存分に味わえる、ブタダブルないしトリプルを選べば・・・と、ちょっと後悔

 

そんなガッツリ&旨味満載の中で

心地よいアクセントと箸休め役を果たしてくれるのが、

こちらのメンマ

コリッとした食感に特有の甘み、嬉しくなりますね

 

そして意外な美味しさを得るものとなったのが、

こちらの味玉でして

 

良くあるタイプと思いきや

こちらの味玉からは系出汁の味わいが満載

 

甘みの中に出汁の旨味を感じるものとなりまして

やっぱ特製トッピングを選んで良かった、と意見は二転三転するばかり

 

なにより顕著に感じたのがスープの美味しさでして

日頃は醤油を選んでしがちなところ、本日は塩にてオーダー

 

このためか、スープそのものの美味しさをより顕著に感じるものとなりまして

久々の訪問ながらも、こんな美味しかったか、とあらためて満足

 

日曜日のお昼時とは言え、30分以上の待ち時間にも納得

大満足する1食となりました

 

 

という訳で、久々足を運ぶものとなった

蘇我陸橋近くの人気店、雷神 角ふじ

 

今回は初めて、塩そばを頂くものとなりましたが

獣骨の旨味をしっかり感じるも、しつこくならないバランス加減

 

更には、程良く調整された塩味具合も好みに刺さるものとなり

麺はもちろん、各具材にも大満足を得る一食となりました

 

また、本日は追加トッピングせずに終わっておりますが

ここ雷神 角ふじでぜひ頂きたいのが辛ホルモン

 

塩の美味しさを味わいながら、辛ホルモンによる変化をも楽しみたい所で

早くも次回訪問時のバリエーションが脳裏によぎる結果に

 

駅からは離れている上に、駐車場スペースも限られ

足を運びづらいお店となりますが、それでいても行列の出来る人気ぶり

 

ボリュームや食べ応えだけで無く

丁寧な調理をも感じる、大満足の1食となりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

雷神 角ふじ

■ らいじんかくふじ

■ 住所:千葉県千葉市中央区蘇我3-1-10

■ 営業時間:11:30~15:00 / 18:00~23:00

■ 定休日:水曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。