孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

麺屋ことぶき イコアス千城台を初訪問 大量もやしでボリューム満点、野菜チャーシュー麺を食べてみた

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

早いもので、前回のコロナワクチン接種から半年が経過

 

同タイミングで市からの接種券が届き、

三回目ワクチンの日取りを確認しますと、最短で接種出来るのがイコアス千城台になるのだとか

 

普段から人と会う機会少ない身としては

そこまで急ぐことも・・・とは思いましたが

 

時間があればこそ、早めに接種しておくに越したことは無いと判断

最短で接種するべく、この日はイコアス千城台へと向かうことに

 

 

予約時間にワクチン接種を終え、時間はちょうどお昼に到達

せっかく千城台まで足を伸ばしたのだから・・・と行きたいお店はいくつかありますが

 

すでにお昼を回っており、どこも混雑している時間帯

更には、私のお腹もいよいよ耐えきれなくなってきたことから、移動距離を優先

 

ここイコアスより、もっとも近場となります

同店のフードコート

「みつばキッチン」にてランチを頂こうと思います。

イコアス千城台のフードコートに昨年オープン、麺屋 ことぶき千城台店を初訪問

昨年の三月、イコアスがリニューアルした際にも

足を運んでいる、こちらのフードコート

 

その際には、北海道・美唄の名物とりモツそばが頂ける

「美唄 そば 大地」を利用するものとなりました

参照:イコアス千城台にオープン、美唄 そば 大地を初訪問! 北海道・美唄の名店 福よし発祥のとりモツそば⇒

 

 

未だダイエットを続けている身としては

今回もまた、同店のお蕎麦で・・・と脳裏をよぎったものの

 

せっかくならば未訪問のお店を利用すべく、そのお隣にある

こちら、麺屋ことぶきを初利用することに

 

麺屋ことぶきと言えばご存じの方も多い通り

千葉、中央公園すぐ近くにある鶏白湯のお店

 

そちらが近年、県内のフードコートにも出店しており、

ここイコアス千城台や、鎌取のイオン、ちはら台のユニモなどにも出店

 

本店となる千葉中央のお店は何度か利用しておりますが

こちらフードコート店については、今回が初となります

 

早速、メニューから見て行きますが

千葉中央の本店と異なり

こちらフードコートの店舗では、白黒赤と三種のラーメンを提供

 

白が淡麗の塩、黒が竹岡風熟成醤油

そして赤が濃厚味噌ラーメンになるそうです

 

いずれの品も、デフォのラーメンに加えて

野菜ラーメン、野菜チャーシューと2種のトッピングが提供

 

その他、玉ねぎや殻ネギ鬼盛りなども用意がある上に

麺大盛り、背脂については無料トッピングが可能となっております

 

少し前に本店を利用した際に味噌ラーメンを頂いていることから

本日は本店でも未食となる、黒こと熟成醤油を頂くことに

 

ここに加えるトッピングですが、竹岡式熟成醤油となるのなら

チャーシュー、そして野菜、更には背脂も加えてみようと思います。

想像以上の大ボリューム! 麺屋 ことぶきイコアス千城台店で頂く、野菜チャーシュー麺

この日、フードコートに着いた時刻は12時を少し回った所

 

コロナワクチンの接種会場こそ賑わっていたものの

こちらのフードコートはお昼時ながら、利用者の数は席に対し半分ほど

 

平日のお昼時と思えば、

まあ平均的なお客さんの数にも見受けられます

 

そんなフードコートにてブザーを手渡され

注文の品を待つこと10分弱

こちらが、麺屋 ことぶきイコアス千城台店にて頂く

黒 野菜チャーシュー麺となります

 

写真で目にしていた以上に、大ボリュームで盛り付けられる野菜

見た所、もやしのみとなっている様ですが、G系さながらのボリュームを誇る一杯

 

その周囲にはチャーシューが4枚ほど

更には登頂にメンマ、加えて無料トッピングの背脂もたっぷり浮かぶラーメンとなります

 

頭上から見た印象では、

この通り、そこまでの大ボリュームは想像しませんでしたが

このもやしの量、予想よりも手強い対戦相手となりそうです

 

さて、ひとまずはスープから頂いてみようと思いますが、

商品説明によれば、熟成醤油を使った竹岡風とのこと

 

ただ、見た目の印象として

そこまで強く醤油を感じさせること無い色味にも見えてきます

 

その印象通り、そこまで強く醤油を感じる事は無く

加えて甘みが優勢のスープ

 

更に背脂を加えていることも影響してか

醤油の塩味よりも甘みを強く感じるバランスになります

 

むしろ竹岡風に近づけるのなら

追加トッピングで玉ねぎを加えるべきだったかな、とここは反省

 

ただフードコートで頂くラーメンとして見れば

十分満足出来る、そんな醤油ラーメンにも感じます

 

老若男女が集うフードコートであればこそ

竹岡式ラーメンに寄せすぎない、そんな配分にも思えますね

 

続いて麺の方を頂きますが、

こちら説明によれば、本店同様に山田食品の香麺を使用とのこと

 

ツルッとした舌触りが特徴となる細麺でして

たっぷり入ったもやしもアクセントになり、気持ち良く麺が入ってきます

 

麺の量も通常サイズながら、けっこうなボリュームとなっており

加えて、たっぷりにも程があるもやし

 

食感のアクセントとして頂く程度のボリュームを想像してましたが

G系を彷彿とさせる大ボリュームになってくるとは、まさかの想定外

 

そんなたっぷりもやしに加え、

こちらのチャーシューも

追加分を合わせ合計5枚入りとなっております

 

チャーシュー自体は柔らかく仕上がっており、下味も満足

ただ保存の仕方か、パサつきが感じられたのは少し勿体なく思います

 

通常のボリュームであれば、そのままの勢いで完食するものの

想像の1.5倍増しで提供となったこちらのラーメン

 

ここを乗り切るには、味変が欲しい所となりまして

同品提供時に、カウンター前に卓上調味料が並んでいたことを確認

 

この甘めな醤油に変化を加えるならば・・・と、見出した答えが、

こちら、豆板醤とおろしニンニク

 

醤油のキレある竹岡式ラーメンでは、定番とも言える同味変ですが

こちらの甘めな醤油にも、同2品の変化が見事にマッチ

 

おろしニンニクがもたらす旨味とコク

豆板醤の与えるビシッとした辛味

 

両者が加わる事で、背脂の甘みも引き立ち

ジャンクさは増すものの、これがちょうどイイ具合に好みのバランスに

 

説明にあった「竹岡風」を想像するとだいぶ印象が変わるものの

オーソドックスに醤油ラーメンとして頂くには、十分納得の一杯となりました

 

 

という訳で、昨年のオープン時以来

約1年ぶり、二度目の利用となったイコアス千城台のフードコート

 

今回は、前回のお隣となるお店

「麺屋ことぶき」にて野菜チャーシュー麺を頂くものとなりました

 

説明にある竹岡風醤油ラーメンかと問われれば、

それは違う印象を受ける一杯となりました

 

が、そこを考えずに醤油ラーメンとして頂くなら

十分満足できる一杯となりました

 

加えて、驚かされたのがトッピングされるもやしの量

野菜チャーシューをオーダーしたとはいえ、まさかこれ程のボリュームになるとは

 

ご飯ものを追加注文しなかったことが

本日最大のファインプレーだったようにも思います

 

いずれにせよ、フードコート内のお店らしい

大人から子供まで幅広い層が満足出来る、そんな一杯となりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

麺屋ことぶき 千城台店

■ めんやことぶき ちしろだいてん

■ 住所:千葉県千葉市若葉区千城台北3-21-1 イコアス千城台 1F

■ 営業時間:10:00~20:00

■ 定休日:イコアス千城台と同じ

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。