孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

イコアス千城台にオープン、美唄 そば 大地を初訪問! 北海道・美唄の名店 福よし発祥「とりモツそば」に、焼鳥・ザンギらのテイクアウトも販売!!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

子供が春休みに入りはしたものの、朝から出掛けてみたり、変わらずのバタバタぶり

 

私は私で、子供を送るついでにヤマト運輸に荷物を出し、更にはクリーニングに寄ったりと

朝から雑用各種を片付け、気付いた時には既に10時を回ったところ

 

ここから一旦、仕事に戻り、その後またランチに出るか?

それとも、ちょっと早めのお昼ご飯を、このままどこかで食べてしまうか??

 

二択に悩み、スマホをいじりだしたところ・・・、

そう言えば、ラパーク千城台あらため「イコアス千城台」がオープンしたんだっけ

 

 

モノレール千城台駅のすぐ前にあった、ラパーク千城台

一時は地域のショッピングを担うテナント満載だった同ビルですが

ここ数年は、当時の面影も無く、閑散とした雰囲気へと変貌・・・

 

その後、千城台ショッピングセンターに名前を変えるも状況は変わらず

このまま、朽ちていくもの・・・と思いきや、昨年夏「イコアス千城台」へとリニューアル

 

それに伴い、デカ盛り肉ウマでお馴染みの「ロピア」が同施設内にオープン

更には、2期、3期と徐々に改装を進め、様々な店舗の誘致が決定しているとかいないとか

 

 

そんな中、先日3月19日に第三期を迎え21店舗がオープン

今回は1Fにフードコートや飲食店も同時に営業をスタートしたとのことで、これは1度見ておきたい所でして

 

加えて、同店なら10時オープンと、時間的にも好都合

早速、車を走らせラパーク・・・あらため、イコアス千城台へ

 

同ビル1Fにオープンしたばかりのフードコート

みつばキッチンを尋ねてみるものとなりました。

3月19日、第三期オープンを迎えたイコアス千城台 フードコートの新店「美唄 そば 大地」を初訪問

第三期オープンに伴い、営業をスタートさせたイコアス千城台のフードコート

決して広いフードコートでは無いものの、同施設内には、

こちらのラーメン店、麺屋こと・・・ぶ・・・き?

 

麺屋ことぶきって、あの麺屋ことぶき・・・だよなぁ?

 

そう言えば、ちはら台のユニモにあるフードコートにも出店していた様な

ここに来て、徐々に店舗の拡大が始まっているみたいですね

 

つい先週「俺の家の話」が最終回を迎えたこともあり

そんなことぶきが気になる所ではありますが、それにも増して私を惹きつけたのがこちら

「美唄 そば 大地」というお蕎麦のお店

 

店名にある美唄とは、北海道にある美唄市

同市を代表するグルメ、と呼ばれているのが美唄焼とりこと「焼とり 福よし」というお店がありまして

 

こちらのお店は、焼とりに始まり、とりモツそばという美唄名物の発祥としても知られる「焼とり 福よし」

 

その「焼とり 福よし」とどんな因果があるのかは分からないものの

ここ「美唄 そば 大地」は「福よし」のロゴを掲げて営業するお蕎麦屋さん、となっているのです

 

 

もちろん、提供されているのは名物となる「とりモツそば」だけでなく

豚丼や焼鳥丼、ザンギ定食に普通のお蕎麦らも

 

更には、店頭にて焼いている焼とり、ザンギらを

テイクアウトにて購入する事も可能とのこと

 

フードコートではありながら、テイクアウトメニューも多彩な同店

ですが、やっぱり食べてみたいのは噂の美唄グルメ、とりモツそばに他なりません

 

 

という訳で本日は、ここ「美唄 そば 大地」にてとりモツそばを頂きつつ

余裕がある様なら、お隣の「麺屋ことぶき」をもハシゴする流れを画策

 

早速、とりモツそばを注文してみたところ

『現在、オープンキャンペーンで「とりめし」をサービスでお付けしてます』との1言が

 

この言葉に、なんの躊躇も無く

「あ、じゃあお願いします」と笑顔で即答

 

・・・あ。

麺屋ことぶき、ハシゴする予定をスッカリ忘れてた

 

 

開始10秒、ハシゴの予定は早くも崩れ去るものとなり、

更に足下へ目をやると

「カレーとりモツそば」なる期間限定メニューも発見

 

これ、絶対美味いヤツじゃん。

鶏の出汁感に香ばしさ、更には鶏モツが満載!! 美唄名物「とりモツそば」を千城台で食べる日が、ついに来た

注文の品を告げ、お会計を終えるとお店の方より

『フードコートでお召し上がりで宜しいでしょうか?』との確認が

 

ん、フードコートじゃない選択肢がある?

あ、テイクアウトってことか

 

でも、蕎麦のテイクアウトやってるの??

 

今ひとつ要領を得なかったものの、ここで食べていくつもりですので

「あ、はい」と軽く返事を

 

お会計を済ませ、フードコート内に席を陣取り、ここで発覚!!

ここ「美唄 そば 大地」だけ、フードコートエリアだけで無く、店内飲食スペースが設けられていたのです

 

とは言え、その距離はわずか5m

どちらで食べたとして、その差はほんの数秒

 

違いがあるとすれば、お水を取りに行くまでの距離・・・でしょうか

いずれにせよ、どちらで食べたとして、大きな違いが無さそうなので一安心

 

 

その後、ブザーが鳴るまで待つこと7~8分

提供となった本日のランチがこちら、

美唄 そば 大地にて頂く、とりモツそば&とりめしセットになります

 

綺麗な出汁色に染まったご飯にもそそられますが

まずは主役となる側、お蕎麦からいってみましょう

こちらの通り、出汁感に加えて油分を感じる見た目のお蕎麦

 

そして具材には、きんかんに鶏ももでしょうか

砂肝にレバーのような部位も盛り付けられており、正にとりモツが満載

 

青ネギに加え、玉ねぎも少量ながらトッピングされた

具材豊富なお蕎麦になっております

 

鶏モツといえば、富士吉田のB級グルメ「鶏もつ煮」を思い浮かべますが

あちらのような煮込み感は無く、まんま焼鳥を具材にした様なお蕎麦

 

まずはお出汁の方を一口頂いてみますが、

レンゲですくった一杯でも手に取って分かる通り、油分が多め

 

こちらは、鶏から流れた脂となっている様で

見た目ほどのしつこさは無く、甘みを与えてくれています

 

鶏の出汁もふんだんに行き渡っており、こちらの旨味もなかなかなもの

塩味は強くありませんが、それでも十分な美味しさを感じさせます

 

そしてなにより、注目すべきはその芳ばしい香り

前述した鶏モツ各種は、焼鳥・・・とまではいかないものの

炭火で火入れしたものを具材に利用している様でして

 

その芳ばしい香りが、お出汁全体にも行き渡っており

旨味だけで無く、香りや風味でも楽しめる一杯に仕上がっています

 

共に頂くお蕎麦ですが、

こちらは、茹で加減柔らかい太めのお蕎麦

 

鶏の旨味が強い事もあり、蕎麦自体の風味を強くは感じませんが

ツルッとした喉ごし良い食感で、旨味満載な出汁をしっかりすくい上げてくれます

 

そしてお次は、具材の方へ

ホワッとした個性的な食感が特徴となるきんかん

そして、炭の香りにコリッとした食感が嬉しい、

鶏の・・・なんこつでしょうか??

 

その他にも、個性的な鶏モツ三昧で、

むっちりした食感で甘みを与えてくれる鶏皮に、

コリコリした食感が、意外にもお蕎麦とマッチする砂肝など

 

そして、もつ好きなら欠かすこと出来ない

レバーなどもしっかり確認

脂の旨味だけに留まらず、様々な具材でも鶏を楽しむ事が出来ます

 

また、そんな鶏三昧な中で輝きを放っているのが、

こちら、シャキッとした食感を残しつつも

しっかり出汁を吸い上げている玉ねぎの存在

 

量こそ多くはありませんが、この食感に特有の味わいが

甘みと旨味のしっかりした出汁に、程良い変化を与えており、これまた絶妙なアクセントに

 

フードコートのお蕎麦屋さんとは言え、侮るなかれ

よそではお目に掛かること出来ない、希少なとりモツそばと言えそうです

 

 

一方、通常ならセット価格100円になるものの

この日はオープン記念、という事でサービスにて提供されたのが

こちら、とりめしになります

 

その色味通り、これまた鶏出汁を潤沢に吸い上げたご飯

具材にも鳥肉が使われておりまして、

シットリした炊き加減の中から、優しい旨味を感じさせてくれます

 

単体で頂くのであれば、十分な旨味と言えそうですが

やはり、前述したお蕎麦の味わいがしっかりし過ぎていることから、若干薄味に感じる部分も

 

そこで閃いてしまった、私の直感

このご飯を、とりモツそばの残ったお出汁に潜らせてみたら・・・

 

だよね、そりゃ美味いに決まってるよ

鶏の出汁感が倍増、いや3倍にも膨れ上がるご飯が完成

 

お蕎麦もさる事ながら、ご飯までセットにて頂く事で

十分な満足度を得る1食となりました

 

 

という訳で、先日リニューアルオープンしたイコアス千城台

そちらのフードコートにオープンした新店、美唄 そば 大地での初ランチ

 

お蕎麦単体でお値段780円と、

フードコートのお蕎麦としては、若干高めな価格設定・・・

 

にも感じてはいたものの、一口頂けばそのイメージは一変

これだけの出汁感が詰まり、更には鶏モツも多数のお蕎麦でこのお値段なら、大満足と言える一杯に

 

加えて、とりめしまでもが本日は無料にて提供

(通常はセット価格で+100円となります)

 

千葉の他店では、およそ頂く事が出来ない、美唄の名物「とりモツそば」

そんな希少な一杯を千城台で味わえる日が来るとは、まさか過ぎる新店のオープンとなりました

 

なお、同店ではお蕎麦の他

焼き鳥やザンギらのテイクアウトも可能となっており

様々な用途で活躍出来るお店となりそうです

 

 

また、今回は「美唄 そば 大地」のみの紹介に留まりましたが

前述した通り、同フードコートには、麺屋ことぶきに加え、レモネードの専門店もオープン

 

更には、今後まだ新たなお店のオープンも予定されている上

同施設3Fには、これでもか!?と言うほど、UFOキャッチャーが軒を連ねているなど

※ しっかりキャッチされたものの、キャッチし返してきました

 

今後も「足を運ぶ理由」の見つかりそうな、新たな施設のオープンと共に

千城台に新たな追い風が吹く予感を受けるものとなりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

美唄 そば 大地

■ びばい そば だいち

■ 住所:千葉県千葉市若葉区千城台北3-21-1 イコアス千城台 1F

■ 営業時間:10:00~20:00

■ 定休日:イコアス千城台と同じ

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。