孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

JR新検見川駅近く、 ラーメンかぶとや! たっぷり揚げネギと共に頂く、チャーシューメンに舌鼓!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

大晦日まで残り僅かとなった、12月末日

こうなってくると食べずにいられないのが、年越し蕎麦でして

 

本来なら大晦日当日に食べるべきなのでしょうが

同日はどこのお店も混雑必至、さすがに行列を作ってまでは・・・

 

と、毎年恒例フライング年越し蕎麦を頂くべく

長らく足を運べなかったお店の1つ、さつきが丘の「うぶすな」を訪れてみる事に

 

が、しかし

いざ着いたお店の前には張り紙がされ『本日は貸し切り』とのこと

 

 

ここさつきが丘では、代替案となるランチが浮かばないものの

車で10分ほど走れば新検見川

 

そして新検見川には、気になりながら未訪問のお蕎麦屋さんが1軒

返す刀で、次なる候補へ向け車を走らせたところ

 

そこで待ち受けていたのは「謹賀新年」の張り紙

どうやらすでに、今年の営業は終了を迎えてしまったようです

 

お蕎麦屋さんが大晦日を待たずに営業を終えるとは、なんとも予想外

いずれにせよ、二連続でお蕎麦屋さんに振られた以上、次なる手は思い浮かばず

 

お蕎麦とは見切りを付け、ここ新検見川でランチを済ませるべく

三度目の正直、向かった先がこちら

新検見川駅から徒歩5分ほどとなる老舗ラーメン店

「ラーメンかぶとや!」を訪れてみるものとなりました。

渋谷の名店、中華麺店 喜楽の味を受けつぐ、新検見川の老舗「ラーメンかぶとや!」を初訪問

予定していたお蕎麦屋さんに、2軒建て続けに振られ

ランチ難民になりかけ、ようやく辿り着いた先となる、ラーメンかぶとや!

 

新検見川駅から国道357方面に降りていく大通り沿いとなるこちらのお店

お店の存在こそ長く認識しておりましたが、実はこれが初訪問となります

 

以前より、いつか食べに行くリストには名を連ねていたものの

タイミングが無く、足を運べずにいた同店

 

ですが、少し前に週一で開催され

私も参加しておりますclubhouseの方で同店が紹介されておりまして

 

聞くところによれば、こちらのご主人

渋谷にある名店「喜楽」の出身なんだとか

参照:渋谷が誇るラーメンの百名店、中華麺店 喜楽で頂くチャーシューワンタン麺 ⇒

 

渋谷の喜楽と言えば、私もお気に入りとしている店舗の1つ

あの絶品揚げネギが入ったラーメンを、ここラーメンかぶとや!でも頂けるとの事で

 

 

これはどこかのタイミングで足を運ばなければ・・・

と、少し前より狙っていた同店を、ようやく訪れることに

 

さて、お店の前には大きくPと書かれたスペースがあり

恐らくここが駐車場として利用できる・・・

 

と思われるのですが、スペース的に果たして車が入るのか否か

かなり危険な匂いを感じた事から、検見川駅前のコインパーキングに車を止め、徒歩にてお店の方へ到着

店舗の前に掲げられた看板には、渋谷の喜楽由来となります

「揚げねぎを使っています」の一文が、その源流を物語っています

 

早速お店の方へ入ってみると、広々としたコの字カウンターがお出迎え

ご主人お一人態勢での営業となっており、お好きな席にどうぞとの声掛けが

 

先客は5名ほどとなるカウンター席に掛け、早速メニューを拝見

表で目にしたメニュー同様

ラーメンに始まり、ワンタンメン、チャーシューメン、みそラーメンらと続くメニュー

 

加えてつけ麺も2種提供されておりますが

やはりここは、ワンタンメンかチャーシューメンの二択が有力でしょうか

 

加えて、サービスセットも提供されており

こちらはお好きな麺類に+60~190円で

ライス、餃子、または両品を付けることが可能とのこと

 

ちなみに、通常の餃子は390円で5個入り

対するサービスセットは、130円で3個入りと相当にリーズナブル

 

ここは餃子を付けることは確定事項となりますので

ワンタンではなく、チャーシューメンを共に頂いてみようと思います。

風味豊かな揚げねぎに油のコクが満載、ラーメンかぶとや!で頂くチャーシューメン&餃子セット

この日、お店を訪れた時刻は12時少し手前

 

元々は11:30オープンとなる「うぶすな」に目がけて自宅を出発したものの

二転三転を経てきた結果、少し遅めのランチ開始に

 

入店時点では先客5名ほどとなる店内でしたが

お昼を回った頃からお客さんは増え、気付けばカウンター席の半分以上が埋まるほど

 

それであっても、ワンオペで営業するご主人の手は止まらず

火柱を立てながら調理されるみそもやしラーメンなどは、エンタメ感が満載

 

そんなショーさながらの調理を楽しみながら

注文より待つこと、5分少々

早くも提供となったこちらの品が

ラーメンかぶとや!で頂く、チャーシューメンになります

 

噂に耳にしていた通り、そのたっぷり浮かぶ揚げねぎ

これこそ、渋谷の名店「喜楽」を彷彿とさせるビジュアルでして

このねぎから広がる油分、これがスープの美味しさを決定付ける一押しに

 

その上に折り重なるチャーシューは、総勢6枚入り

綺麗に色づいたその仕上がり加減から、これも只者では無いことを物語っております

登頂に飾られた、しっかり目の色味ながら

固茹で仕上げの味玉も好奇心をそそる1品

 

それでは早速、スープより頂いてみましょう

たっぷり浮かぶ揚げねぎと共に、まず一口

 

フワッと香る醤油の風味に連れられ

甘みと共に伝わって来る、揚げねぎの香ばしさ

 

香り、風味、食感共に個性豊かな味わいを放ち

アッサリ目のスープを唯一無二のスープへと進化させています

 

揚げねぎをトッピングするお店は他にも数あれど

この喜楽由来となる独特の揚げねぎは、そうそうお目に掛かれません

 

そんな希少な揚げねぎを千葉市内で頂け、

しかも喜楽同様、その希有な存在感は文句なしの仕上がりです

 

続いては麺を頂いてみますが、

こちらは、やや縮れを帯びた中細麺

コシある食感ながら、噛み切った瞬間の風味も美味

 

スープもしっかり持ち上げ

揚げねぎらが与える甘みと共に、文句なしの美味しさを形成してくれます

 

そして、タップリ盛り付けられるこちらのチャーシュー

程良い固さを残しつつ、噛みしめると湧き出す独特の風味

恐らく、八角らの調味料を使った味付けでしょうが、これも喜楽由来

 

肉の旨味に丁寧な味付けを感じさえ

加えて、チャーシューの量もたっぷりで満足感は抜群

 

そして、気合いの入った

このしっかり固茹でされた味玉

白身にはキッチリ下味染み込み、スープとの相性も絶好調

 

更には、チャーシューメンながらに

こっそりもやしもトッピングされており

麺との食感の違いによるコントラストをも楽しめます

 

チャーシューに味玉、そして麺にスープ

いずれも文句なしの美味しさとなるのですが、やはり秀逸なのは揚げねぎの存在

 

ただねぎを揚げただけでは説明付かない

あの独特の風味に、スープへ旨味を与える油分やコク

 

この揚げねぎを当然の如く活かしつつ、

そこに合わせた各種バランスも見事な一杯となりました

 

一方、本日オーダーしたサイドメニューが

こちら、Bセットの餃子になります

 

セットで+130円の餃子となるので

正直期待はしてなかったものの、見ての通り見事な大きさ

 

ぷっくら膨れ上がった皮の中には、たっぷりの餡が詰まっており

野菜を中心に、甘みある味わいを形成しています

 

下味はそこまで強くないので、醤油らとの組み合わせが最適となりますが

130円のセットメニューにして、このサイズ、そしてボリューム

 

これもまた、食べ応え抜群

頼まずにはいられない、コスパ最高のサイドメニューとなりました。

  

 

そんなこんなで、当初の予定からは二転三転したものの

捨てる神あらば拾う神あり、といったところか

 

結果としては、大満足のランチを頂くものとなった

新検見川駅近くの人気店、ラーメンかぶとや!への初訪問

 

喜楽出身のご主人が織り成す、揚げねぎ入りラーメンが秀逸

との前情報通り、渋谷の名店を彷彿とさせるチャーシューメンに大満足させて頂きました

 

が、私のあとに入店したお客さんが注文していた

もやしラーメンを調理する姿が、これまた見事でして

 

しかも、同品のボリュームに出来映えもまた、食欲そそる品となっており

次の訪問時には是非とも、もやしラーメンを頂いてみたい所

 

そう思わせてくれるのもまた、オープンキッチンならではの楽しみとなり

料理はもちろん、エンタメ要素も楽しめる、そんな名店への初訪問となりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

ラーメンかぶとや!

■ ラーメンかぶとや!

■ 住所:千葉県千葉市花見川区検見川町3-316-3

■ 営業時間:11:30~14:30 / 17:00~22:00

■ 定休日:水曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。