孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

JR東金駅から車で5分、醤道 ver.東金を初訪問 動物&魚介の絶品ダブルスープ、道らーめん

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

都内から遊びに来ている友人と共に

「千葉らしいラーメン」を味わうべく、足を運んだ東金のぐうらーめん

 

せっかく東金まで足を運んでみた上に

この後に構えている用事(新日のプロレス)までは、まだ1時間半ほど余裕が

 

一軒目のぐうらーめんにて、餃子をも我慢し作ったお腹の余裕

これを満たすために、同駐車場にて連食の候補を検索

 

行きたいお店の候補は、すでに5軒ほど挙がったのですが

この時点で、時計の針は14時15分に到達

 

現在、候補に挙げたお店の多くはランチ営業が14:30となっており

万が一間に合ったとして、すでにラストオーダーを迎えている可能性も

 

本来なら、通し営業となるぐうらーめんを後回しにすれば良かったのでしょうが

あの絶品チャーシューだけは、何よりも先に食べたく、この様な事態に

 

 

さて、どうしたものか・・・と思案した結果

ここで出した結論は、今から足を運んだとしても絶対に間に合うであろう1軒

 

そう、先ほどの一軒目となる「ぐうらーめん」

その真隣にお店を構えます

「醤道 ver.東金」となります

 

大勝軒、ぐうらあーんに挟まれ、3軒のラーメン店が並ぶ同敷地内

その真ん中に当たるのがこちら、醤道 ver.東金というお店

 

数年前にぐうらーめんを訪れた際に

お店がもう1軒存在している事は確認しておりましたが、未訪問のままだったこちら

店先に掲載されたメニューによりますと

動物系のコッテリスープ、動物×魚介出汁のアッサリスープ

 

更にはつけ麺、まぜそばなど複数タイプが頂けるとの事

一食目とはまた異なる味わいを頂けるなら文句なし、早速二軒目をハシゴしてみようと思います。

東金の行列店、ぐうらーめんのすぐお隣に見つけた気になるお店、醤道 ver.東金を初訪問

ぐうらーめんを退店し、わずか3分

息をつく間無くなく、連食目当てに足を運んだ「醤道 ver.東金」

 

事前に目にした情報によれば、こちらのお店はver.東金とある通り、

環七沿いにある「醤道」というお店の東金店になるのだとか

 

都内のお店については不勉強でもあり、詳しい予備知識はありませんが

行列ので絶えない人気店のすぐお隣で、長く営業している以上は期待出来るはず

 

早速、店内に足を運んでみたところ

こちらも14時過ぎながら、賑わいを見せている様でして

 

お隣ほどとは言わずも、先客は6名ほど

店内はご主人のワンオペにて営業されている様です

 

早速、空いたカウンター席に座り、メニューをチェック

麺、スープ、タレ、チャーシューと

4種の拘りについて、しっかりした解説が添えられております

 

続くメニュー本体ですが、

メインとなっているのは5品で

・道らーめん(動物系×魚介和風スープ)

・金らーめん(豚骨×鶏白湯)

・裏道らーめん(道らーめん&背脂、ニンニク)

・ダブルインパクト(汁無し)

・つけ麺(魚介系和風スープ)

といったラインナップ

 

更には、先ほどの拘りにも記載があった通り

チャーシューもまた自慢のひと品らしく、

チャーシュー丼のみでもデカデカとメニューに掲載してしまうほど

 

そんなチャーシューにも当然、引かれるものとなるのですが

さすがに間髪入れずの二連食で、サイドメニューは受け入れられず…

 

また、一食目がしっかりした醤油テイストであったことから

ここは切り口を変えた、和テイストを味わってみたい所でもあり

 

本日の所は、お店の看板メニューとされる

「道(みち)らーめん」に岩のりトッピングを頂いてみる事に

 

なお、本日連れ添った友人の方は、

もう一種の看板メニュー、金らーめんを頂いてみるものとなりました。

絶対旨いと言わされてしまった、魚介と動物系の見事な調和、道らーめんにたっぷり岩海苔トッピング

久々に足を伸ばした東金ということで

私は早いウチから連食モードで準備を整えていたものの

 

それにまさか、同じペースで付き合ってくれるとは思わず

同伴した友人に対する感謝の念が絶えない、本日の2軒目、醤道 ver.東金

 

前述した通り、先客は6名ほどいた店内ですが

すでにランチのピークは過ぎたご様子

 

先客いずれも、すでに食事を始めている中での私たちの注文となり

オーダーを告げてから、10分弱で着丼に

 

こちらが、醤道 ver.東金にて頂く

「道らーめん(岩のりトッピング)」となります

 

動物性のスープに和風魚介出汁を合わせたダブルスープ

その説明を目にした後、トッピング欄に「岩のり」を見つけ、追加するものとなったのですが

 

私の大好物である岩のりとは言え

まさかこれ程までの量を盛り付けて頂けるとは、良い意味で想定外

 

その下からは、自慢のチャーシューに加え

ここでも刻み玉ねぎ、更にはメンマといった品々の姿を確認出来ます

 

まずはやっぱりスープから、となりまして

レンゲを取り出し、最初の一口目から

 

まず飛び込んでくるのは、鰹やホタテ系の魚介を前面に出した旨味

アッサリした様に思わせながら、コクがあり旨味も十分

 

物足りなさを感じること無く、しっかりした味わいが広がりますが

これは魚介に加え、鳥をベースにした動物系の旨味との相乗効果によるものですね

 

意外・・・というと失礼ですが

魚介と動物系、両者のバランスが良く、かなり高水準な仕上がりのスープ

 

クドさは無く、かといって物足りなさも感じさせない

それでいて後味も心地よく、旨味をしっかり残してくれる、気持ちの良い味わいを感じさせてくれます

 

続いて麺の方を頂いてみますが、

こちらの麺は説明によると

羽田製麺さんの特注麺を使用しているのだとか

 

やや縮れを加えた細麺となるのですが

中心に僅かな芯を感じる茹で加減となっており、パスタで言うアルデンテな食感

 

それだけに、ツルッとした喉ごしを楽しみながらも

最後にしっかり、小麦の風味も感じさせてくれまして

 

スープとの相性も良好となる上

鰹や貝の旨味とも、文句なしの絡みをみせてくれます

 

そしてお次はトッピングに移り、

メニューの方でもイチオシされていたのが、こちらのチャーシュー

 

しっかり旨味を染みこませた柔らかさに加え

提供前にフライパンで炙られてから丼の中へ

 

豚の旨味がしっかり溶け出しており、スープに変化を与えるだけでなく

芳ばしい香りもまた、食欲を掻き立ててくれます

 

更に、魚介の旨味を強く感じるスープであればこそ、

そこにより拍車をかけてくれるのが

追加トッピングした、こちらの岩のり

 

これが予想通りというか大正解

タダでさえ魚介の旨味がしっかりしてるところへ、更なる磯の風味が満載

 

スープを吸い上げた海苔の美味しさたるや

二連食である事を忘れ、ご飯を頼みたくなる極上ぶりを見せつけてくれます

 

その他トッピングには、

コリッとした食感でアクセントを与えてくれる

こちらのメンマ

 

そして、岩のりとは別途

こっちはしっかりしたパリッと食感を残す海苔

いずれもバランス良く丼を彩る、安定のトッピング各種となりました

 

序盤は貝出汁に魚介、加えて動物性との

バランスとれた旨味をジワジワと感じるものとなりまして

 

しかし後半からは、トッピングした岩海苔が大活躍

磯の風味をより強調した、風味強い一杯に

 

魚介と動物性、二種のWスープという事で、物珍しさは強くないものの

アルデンテな食感残す麺や、トッピングとの併用により、しっかり存在感を得る一杯となりました

 

一方、友人がオーダーしていたのがこちら

鶏白湯に豚骨の旨味も相乗効果で与えた

濃厚な動物性の旨味溢れる一杯、金らーめん

 

こちらを食べた友人曰く

「物珍しさこそ無いものの、麺の独特な食感が面白い一杯」

といったコメントを

 

本日が連食の二杯目でなければ

これもまた食べてみたい動物性の旨味を、見た目からもしっかり感じる一杯

 

その他、まぜそばやつけ麺も含め

まだまだ見所の見つかりそうな初訪問となりました。

 

 

といった具合に、初訪問を果たすものとなった

国道126号沿い、ぐうらーめんお隣の醤道 ver.東金

 

何の気なしに、連食だから・・・と

アッサリ目に見受けられた「道らーめん」を頂くものとなったのですが

 

魚介と鶏、二種のスープをバランス良く配合し

個々の持ち味を引き出した、見事な一杯となりました

 

決して派手さこそありませんが、Wスープの相乗効果は見事なもので

一歩間違えればクドくなりそうなところを、程良くセーブ

 

連食であるにも関わらず、重たさを感じず心地よい後味を残し

またトッピングの岩海苔も旨味に拍車を掛ける、激アツな存在となりました

 

お隣のお店が市内を代表する超・人気店故か

その存在に隠れている感は否めず・・・でしたが

 

お隣とは全く異なるコンセプトととなる上

確かな存在感を見せてくれる一杯となりまして

 

東金まで足を運ぶ際には、また候補に加え

是非とも再訪したいと思える一杯を堪能させて頂きました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

醤道 ver.東金

■ じゃんどう バージョンとうがね

■ 住所:千葉県東金市田間554-3

■ 営業時間:11:00~15:00 / 18:00〜22:00

■ 定休日:火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。