孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

中華そばの幸楽苑がペヤング焼きそばとコラボ? 幸楽苑 東寺山店で頂く、キャベツたっぷりのやきそば

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

年末もすぐそこまで迫っており、

本日もまた、朝から大忙しな仕事三昧

 

かといって、お腹は減る訳で

いずれかでランチを食べないことには、午後の仕事もはかどらず

 

かといって、遠出している時間も無く

近隣でチャチャッとランチを済ませたいところ

 

本日はカミさんより、珍しい提案が

「幸楽苑、行ってみない??」と

 

普段ならまず話題にも挙がらない、中華そばの幸楽苑

しかしながら、1週間前に放送されていた「ジョブチューン」で同店が特集されておりまして

 

同店のメニューが番組内で絶賛されていたことにより

私はともかく、カミさんが幸楽苑に対し、エラく興味を持った様で

 

加えてこの少し前より

「焼きそばを食べたい」モードにスイッチが入っておりまして

 

千葉でランチに焼きそば、といって思い浮かぶのは

広島お好み焼きが頂ける、本ブログでもお馴染みとなる「来んさいや」

 

しかし、いざ来んさいやに足を運んでしまうと

結局、広島お好み焼きが食べたくなり、焼きそばどころでは済まされず

 

なかなか、面白い焼きそばが探せずにいた中で検索した所

幸楽苑が期間限定ながら、ペヤングとコラボした焼きそばを提供しているとの情報を発見

 

ペヤングとのコラボが、果たして正解なのか否か

いずれにせよ、話題性だけは得られそうなことから

本日は我が家からもご近所となります

国道16号沿い、幸楽苑 東寺山店を訪れてみるものとなったのです。

国道16号の内回り、若葉区東寺山の幸楽苑へランチ訪問すると、見知らぬメニューが次々発見

という訳で、実に数年ぶりとなります

ランチを目当てに足を運ぶものとなった、幸楽苑 東寺山店

 

先日、すぐお隣にある「オオギヤと宇奈とと 千葉東寺山店」にも足を運んでいる通り

ここ幸楽苑 東寺山店は、扇屋同様、我が家からすぐご近所となるお店でして

 

とは言え、格安中華そばをリーズナブルに・・・

をコンセプトとしているお店だけに、あまり足を運ぶ機会は無く

 

恐らく最後に訪問したのは5~6年前

超絶久しぶりに、そんな幸楽苑を訪れてみますと、

うーん、見覚えのあるメニューが全く無い(笑)

 

いやむしろ、初訪問か?

と言う位にメニューがゴロッと様変わりしているような

 

というのも、私が知る幸楽苑の第一印象と言えば

380円だか390円と、激安をウリにしている中華そばだったのですが

 

現在のメニューを見ると、確かに中華そばは変わらず存在するも

そのお値段は440円となっており、ラインナップも味噌に塩にと様々

 

更には、同中華そばのハイランク版とも言うべき

中華そばプレミアムはあるは、つけ麺も二種、更にはカレーを始めとしたご飯ものも多数

 

それに輪を掛けて驚かされたのが、

こちらの幸楽苑、注文がタッチパネル式になっている上

なんと朝ごはんの提供も行っているとのこと

 

それを教えてくれれば、

むしろモーニング目当てに足を運んでいたのに・・・と、思わず声を上げてしまうほど

 

こちらの朝ごはんでは、中華そばクラシックにおひたし、

更には卵かけご飯が付いて500円となるセットを始め、

ご飯に代わりハーフお粥?が付いたセットも全4種

お値段は400~600円とリーズナブルだし、これは再度朝に足を運びたい品ぞろいです

 

また、朝ごはんの発見に加えて限定メニューも多数

看板となる中華そばとは逆を走る

クリーミー濃厚な鶏白湯らーめんや、柚子塩野菜らーめん

 

更には、思わず手が伸びてしまいそうになった、

こちら、平田牧場とのコラボメニューとなります

Wチャーシューメンなんて品も提供されているとの事

 

そのお値段は880円となりますので

通常の中華そばと比較し、お値段はなんと2倍

 

一般的なラーメン店であれば、どうという事無い価格ですが

店舗の看板メニューより倍のお値段となる限定メニュー

 

これはこれで、一度食べてみたいものです

が、ここでチャーシューメンに向かってしまえば本末転倒

 

本日の目的は、そう

こちら、ペヤングと幸楽苑がコラボという

謎の焼きそば、その名も「キャベツたっぷりのやきそば」に他なりません

 

焼きそばの人気店ならともかく

カップ焼きそばの老舗とコラボした、店舗で頂く焼きそば

これが一体、どういった結末に落ち着くのか

 

取りあえず本日はこのコラボ焼きそば

更には、餃子「極」をセットで頂いてみる事に

 

加えてカミさんの方は、ご飯ものの中からチャーシュー丼を

同品にベジタブル餃子の3つセットを選択し、それぞれオーダーするものとなりました。

ペヤングらしい甘みあるソースに、焼かない焼きそば? 幸楽苑で頂くキャベツたっぷりのやきそば

前述した通り、注文はタッチパネル形式となり

お客さんと従業員との接触を極力避けるシステムとなった、現在の幸楽苑 東寺山店

 

ラーメン店ながらに導入されているタッチパネルにも驚きましたが

それにも輪を掛けて驚かされたのが、そう配膳のタイミング

 

注文を終え、テーブルで待つこと10分弱

店内奥・・・いや、キッチンの方から謎の機械音が近付いてくるのです

 

なんだなんだと目線を送った先には、

R2-D2を彷彿とさせる、謎の機械がテーブルへと迫ってくるのです

 

業務用ルンバをも思わせる、謎の巨体

その正体はそう、

自動配膳マシーン、とでも呼ぶべきか

幸楽苑の配膳を担当しているのは、まさかの全自動だったとは・・・

 

思わぬハイテク導入に目を疑ったものの

注文した品は、余すこと無く全てテーブルの方へ

 

こちらが、本日カミさんのオーダーした

チャーシュー丼にベジ餃子

そして中華スープの3品になります

 

そして私がオーダーしたのがこちら、

幸楽苑とペヤング、夢?のコラボメニュー

「キャベツたっぷりのやきそば」と餃子「極」の2品

 

まず焼きそばの方から見ていきますと、

キャベツにネギ、更にはキクラゲも豪華に盛り付けられた、野菜たっぷりの焼きそば

いや、麺を見たところ・・・焼いてない?

 

どうやらこちらの焼きそば、商品名こそ「焼き」

ですが、麺については焼いておらず、茹でた麺をソースに絡めているご様子

 

まあでも、冷静に考えれば

カップ焼きそばだって麺を焼いている訳じゃ無いし

 

そういった意味では、ペヤングとのコラボですので

焼かない麺でていきょうされるのも、ある意味筋と言えそうです

 

とりあえず、そんな麺から一口頂いてみますと

まず届いてくるのは、ソースの持つ甘み

 

ペヤングのソースに比べると、幾分か辛味が少なく

むしろ甘さを強調したような味付けになっております

 

共に頂く麺の方は、焼きそばながらも茹でた麺

その為、焼きそば特有の香ばしさはありませんが、ツルッとくる喉ごしは真新しくも感じます

 

更に様子を見たところ、ソースが器の下にかなり堪っているようでして

これはむしろ、具材共々しっかり混ぜ合わせるのが正解か?

そう判断し、各種具材、ソース

そして麺を混ぜ合わせてみた結果、こんな感じに

 

あらためて一口頂くと

キャベツのシャキッとした食感に、紅生姜とソースの組み合わせは実に巧妙

 

しかし、やはり中華麺が茹でたものとなるためか

イメージする焼きそばとは雰囲気異なりまして

 

しいて言うなら、ソース味のまぜそばでしょうか

うん、この表現が最もシックリ来る気がしますね

 

また、ファミリー層の多いお店だけに

従来のペヤングより、ソースが甘めとなっている上

 

麺も茹でたものとなり、水分が多いことから

ソースの持つスパイシーさが感じられず、甘みの方が強く感じられてしまいまして

 

私としては、もうガツンとくるスパイシーな味わいが欲しく

卓上の調味料に変化を求めてみたところ、

ここで見つかったのが

「幸楽苑の素」なる謎の調味料

 

説明によれば、青唐辛子をベースにした

甘辛い調味料になるとかで

 

これが何故に幸楽苑の素なのかは分からないものお

試しに一口頂くと、青唐辛子らしい、イイ具合の辛味が楽しめる品に

 

こちらを焼きそば・・・ソース味のまぜそばに加えた結果

求めていた辛味が加わり、甘さは抑えられる結果に

 

想像する焼きそばとは、少し距離の離れた1品でしたが

ペヤングとのコラボと思えば納得、そんな1品となりました

 

続いて頂くのが、サイドメニューでオーダーした

こちら、餃子「極」

 

肉と肉汁溢れるがコンセプトとのことで

先日目にしたジョブチューンでも高評価を得ていた餃子になります

 

一口で運べる、食べやすいサイズながら

確かに肉感は強く、パリパリに焼かれた皮も印象的な餃子でして

 

なにより5個入りでお値段は240円

その価格を踏まえて頂けば、十分納得出来る1品となりました。

 

 

そんなこんなで数年ぶりの訪問となりました

我が家からもご近所となる、幸楽苑 東寺山店での久々のランチ

 

数年ぶりに目にするメニューは大きく様変わりしている上

コラボや限定メニューも多数提供

 

更には、驚きのモーニングメニューや

タッチパネルの導入、機械による自動配膳と、様変わりしたポイントが多数

 

本日頂いた焼きそばについては

まあ、ペヤングとのコラボと言われれば確かに・・・

 

な、ある意味正統なコラボを果たした

そんな焼きそばとなりまして

 

私が食べたかった焼きそばの印象には追いつかずなものの

ある意味ではもっともらしい、そんな一食となりました

 

加えて、本日は注文にならず終わったものの

もう一つの限定メニュー、Wチャーシューメンも気になる所で

 

年末年始、お休みに入るお店も多い時期には

コチラの様なチェーン店の存在が助かることは間違い無し

 

また折を見て、足を運びつつ

気になる残りの限定メニューも、次こそは頂いてみたいところとなりました

 

あ、その前に

次は朝ごはんでの突撃が先、かな。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

幸楽苑 東寺山店

■ こうらくえん ひがしてらやまてん

■ 住所:千葉県千葉市若葉区東寺山町443-1

■ 営業時間:8:00~21:00

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。