孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

中央区都町のデカ盛りラーメン 三矢小  ネギにチャーシュー、メンマも山盛り過ぎる塩チャーシューメン

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

よく晴れ渡った、10月某日

実は本日・・・恥ずかしながら、私の誕生日でもあります

 

が、だからと言って特別な用事など無く

毎度変わらず、午前中はジム、午後は仕事と平穏な1日がスタート

 

そんな訳で朝からジムへと出向き、その帰り道に一人ランチへ

たっぷりしばかれ、空腹もこじれてきたこのタイミング

 

せっかくならば、誕生日らしい祝いランチ・・・

と行きたい所ですが、言ってみた所で独りメシ

 

ソロで気取ったランチを頂くのも柄では無く

いつも通りに務めるものの、少しだけ誕生日気分の贅沢を味わうべく、車を都町へと走らせる事に

 

誕生日気分を味わうべく訪れた、本日の贅沢ランチはこちら

中央区都町の中心に位置するラーメン店、三矢小 となります

 

国道126号と都町中通り、

両通りの中心にお店を構える同店

 

見ての通り、ごくごく普通のラーメン店ではあるものの

これまで、とにかく行きづらいお店であり、私も足を運ぶのは数年ぶりでして

 

というのも、ここ都町にはお店が多数ある反面

コインパーキングという文化が存在しないのか、とにかく車を停める場所が無いエリアなのです

 

ここ三矢小 もまた、多分に漏れずコインパーキングが近所に無い事で

何年と足を運べずにいたお店

 

ですが、少し前に同店裏手に新しいコインパーキングがオープン

そちらに車を停めることで、お店を訪れやすくはなった・・・と思いきや

このパーキングがまた難儀なもので

いわゆるデイパーク形式となっており、1日停め放題450円と高額なパーキングになるのです

 

同パーキングが出来た事は知りつつも、そのお値段にたじろいでた三矢小 

しかし本日は誕生日

 

誕生日くらい、ちょっと贅沢しても罰は当たるまい、とし

30分程々の停車時間ながら、450円のコインパーキングに車を停め、お店を訪れるものとなりました。

中央区都町の中心街、焼肉大将軍お向かいのラーメン店、三矢小を数年ぶり訪問

駐車場が無い、という難儀を抱えていた事から

数年ぶりの訪問となった、中央区都町のラーメン 三矢小 

 

こちらのお店は、市内でも知る人ぞ知る

「デカ盛り」で語れる事の多いラーメン店でして

 

メニューを見る限り、値段、レパートリー共に

特別感を得る事は無い、極々普通の町のラーメン屋さんといった様子

 

しかしながら、全メニューに共通して並ぶのが

「具ミニ」という聞き慣れないバリエーションでして

 

それもまた、同店の通常盛りが

過剰すぎるサービスを施している故に生まれた、特殊な様式となります

 

中でも、そのデカ盛りぶり・・・

いや「かわいがり」とでも言いましょうか

初見のお客さん、その殆どが呆気にとられるのが

同店の名物でもある「もやしそば」になります

 

お店の佇まいを見ても伝わる通り

千葉に「二郎系」といった文化が浸透する、それ以前より

 

とにかくたっぷりの野菜を盛ったラーメンが食べられるお店

として知られてきたのが、ここ三矢小 となるのです

 

そんな三矢小のメニューですが、

前述した通り、醤油、味噌、塩と3タイプのラーメン

 

それ以外にもやしそばとタンメンが並ぶ他、

チャーハンにカレーライスなども提供

 

ただ本年度より、チャーハンの提供は

火、木、土曜の3日間のみに限定されてしまったのだとか

 

いずれにせよ、本日の目的はラーメンとなりますので問題は無し

そんなラーメンについても、いずれを頂こうか悩む所・・・

 

ですが、前述した通り本日は晴れの誕生日

ここは遠慮すること無く、塩チャーシューメンを頂いてみようと思います。

丼の大きさからして規格外! チャーシューにメンマ、ワカメにネギも大盛り、三矢小の塩チャーシューメン

いずれをオーダーしたとして、大盛り揃いとなる

中央区都町のラーメン店、三矢小

 

同店と言えば、まず思い浮かぶのがもやしそばですが

本日はジム帰りとあって、タンパク質を多く頂きたい所でして

 

そんな折りで頂くに相応しいのが、ここ三矢小のチャーシューメン

とにかくデカ盛りで知られているものの、何がデカ盛りかってそれはもう・・・

 

実物を見て頂くのが、百聞は一見にしかず

注文から待つこと10分弱、こちらが三矢小で頂く本日のランチ

塩チャーシューメンになります

 

そのサイズ感をより感じ取って欲しく

あえてお水のグラスと並べ、撮影するものとなった同品

 

どうでしょうか、伝わるのかどうか・・・

別のアングルからも、もう1枚行ってみますが

なみなみとスープの注がれたその器

そう、器からしてすでにデカいのです

 

そのデカい器の全面を覆うかの如く、広がり続けるチャーシュー

更には、スープ全域へと広がるねぎもまた豪華

 

なによりこの特大塩チャーシューメンが

お値段880円にて提供されているのですから、驚きは隠せません

 

早速、スープから頂いてみますが、

スープに差し入れるレンゲ

それすらも、この器を前にしたら小さく見えるほど(笑)

 

なお、この器内にレンゲを滑り込ませてしまうと

スープ内から発掘することすら難しい極地まで沈み込むので、くれぐれもご注意を(笑)

 

さて、そんなスープは優しい鶏ガラベース

そんな鶏の風味に、とにかくもうネギが満載

 

ネギをすくわずともたっぷりレンゲに飛び込み

更にはゴマの風味も満載なスープ

 

スープの出汁感、塩味も強くは伝わりませんが

ネギやゴマらが十分な存在感を見せ、過不足を感じさせません

 

なにより、これだけ大量のスープとなりますので

この少しアッサリ目に感じる味わいが、むしろ心地よい配分とも言えます

 

そんなスープと共に頂くのが、こちらの麺

茹で加減は柔らかめな、縮れの入った細麺でして

スープとも良好に絡みを見せてくれます

 

また、器の大きさが大きさですので

麺の方も2玉くらいありそうな印象・・・ですが

 

もちろん標準のラーメンよりは多いものの

麺の自体は1.5玉あるかどうか、器に対しわりと平均的な量となります

 

しかしながら、麺が少なめで十分な程

とにかく、とにかくたっぷり盛られたチャーシューの数

その数およそ・・・10枚

 

までは数えることが出来たのですが

以降もスープの中から出るわ出るわで

 

合計10数枚と思われるチャーシューを盛り付けている

これぞチャーシューメン、と呼ぶべき肉の支配力

 

ただし、デカ盛りされているのはチャーシューだけに留まらず

スープ一面にこれでもか!?

と広がり続けるネギはもちろんの事

 

実はここ三矢小のラーメン、

メンマ、そしてワカメも具だくさんなのです

 

メンマの姿が見えるエリアを軽くすくうだけでも

上記の通り、レンゲ一杯のメンマが収穫出来る程

 

同じくワカメも、同量を収穫できる訳ですから

メンマにワカメも、チャーシューに負けず具だくさん

 

麺、スープだけでなく

様々な具材でも空腹を満たしに掛かる十字砲火

 

とは言え、いくら具材でも満足が得られるとは言え

やっぱり量が量だけに、変化を欲しくもなる所

そこで取り出したるは、卓上に用意されたおろしニンニク

そちらと共に、一味も加え後半からは味変にチャレンジ

 

透き通った塩スープに、ジャンクな辛味とコクを与え

残る麺にチャーシュー、その他具材との再戦に始動

 

総勢10枚以上のチャーシューを筆頭とした

デカ盛り塩チャーシューメン、十分過ぎる満足を得るものとなりました。

 

 

といった感じで、数年ぶりの訪問となった

中央区都町のデカ盛りラーメン店、三矢小でのランチ

 

定番のもやしそばにも悩みつつ

今回は初となる塩チャーシューメンを頂かせて貰いました

 

そのチャーシューのボリューム感は、言葉通り圧巻

しかし、チャーシューだけに留まらない、他の具材の豊富さ

 

なにより器、そしてスープの多さがとにかく規格外

それにも関わらず、お値段は880円という安さが何よりもの魅力となります

 

まあ、その反面・・・

駐車場代が24時間停め放題ながら450円となりまして

 

同料金までを加味すると、果たしてお得と言い切れるのかどうか

悩む部分も少なからず・・・ですが

 

そこは本日、無事に誕生日を迎えたことをセルフで祝いつつ

駐車場代で贅沢を味わう、そんな1食となりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

三矢小

■ みやこ

■ 住所:千葉県千葉市中央区都町2-24-11 コーポにふじ 1F

■ 営業時間:11:00~13:30

■ 定休日:日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。