孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

千葉中央で頂く背脂ラーメン、鐵 千葉分店  ガッツリチャーシューに背脂ドクドク、味噌チャーシュー麺を食べてみた

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

いよいよ子供も春休みに突入

それに伴い、自由にランチを食べられる機会も減る事から、今のウチ・・・とばかりに近々で候補に挙げていたお店へ向かうことに

 

本日の行き先は、2月いっぱいを休業し内装等を工事

この3月よりリニューアルオープンとなった、千葉中央のパントリーコヨーテ

千葉中央駅から徒歩7分、千葉が誇るグルメバーガー パントリーコヨーテで頂く、厚さ豪快なチリエッグバーガー&ハラペーニョトッピング

 

こちらでガッツリハンバーガーを頂こう

と、開店5分前に近隣へ車を停め、向かった所・・・

 

無理。

もう10人近く並んでるじゃん。

 

こちらが人気店なのは以前からの事ですが

いやでも、開店前からこんなに並ぶことあったっけ??

 

臨時休業らに阻まれた訳では無いものの

さすがにここで11人目として列に並ぶ気分にはなれず

 

ハンバーガーはまた、別の機会に頂くものとしまして

ここで急遽、予定変更を迫られたのですが・・・

 

参ったな、候補が見当たらないぞ

ひとまず、ポケストップを回り、モンスターボールを回収し始めたところで、

おっと、魅力的なチャーシューが私に声を掛けてきました

 

千葉中央の銀座通りで目にするチャーシューと言えば、そう

千葉中央で背脂ラーメンと言えば、お馴染み

らーめん鐵の千葉分店になります

 

少し前までは、朝ラーなどもやっていたとのことで気に掛けていた同店

ただ、なかなかタイミングが掴めず、気付けば緊急事態宣言も明けてしまい今に至り・・・

 

さて、どうしようか悩むなあ。。。

千葉中央エリア随一の背脂ラーメン 鐵 千葉分店を久々訪問

鐵の前で足を停めたものの、この前日、

更にその前もラーメンが続いていたことから、まだラーメンにギアチェンジしきれず

 

後一歩、なにか後押ししてくれる魅力でも見つかれば・・・

と、店頭の看板としばしのにらめっこを開始

 

そこで目に停まったのが、ここ鐵の味噌ラーメン

 

私の中で、背脂と言えば醤油

といった定義が勝手ながらに出来上がっており、頂く時はほぼ毎度醤油

 

ところが、あらためて見直して見たここ鐵の看板では

「店長いちおしの一杯」として紹介されているのは、味噌チャーシュー麺なのです

 

考えてみれば、ここ鐵では

千葉店はおろか、蘇我の本店でも味噌を食べた記憶は思い浮かばず

 

ここは、店長のお勧めする声に従ってみようと判断し

久々、鐵 千葉分店の暖簾をくぐることに

 

 

お店に入り、まずは券売機の元へ

こちらでも、表で目にした看板同様

「味噌チャーシュー麺」をお勧めの一杯として掲載しております

 

その他、魚介系に味噌のつけ麺も提供されており

いずれも食べた事無い品となるので、気になるところではあります

 

その他メニューもチェックして見ると

醤油に味噌のラインナップのみと思いきや

こちらを見ると、塩もあるとのこと

 

だいぶ久しぶりとなりますが、かなりバリエーションに富んだラインナップ

早くも決意が揺らぎかけてきましたが・・・、

 

やっぱり、店長お勧めのひと言

そして、あの画ヂカラには勝るものなし

 

という訳で本日は、最初に見初めたあのひと品

「味噌チャーシュー麺」を頂いてみようと思います。

背脂ラーメンと言えば醤油? そんなセオリーをぶった切った甘みと塩味のマリアージュ、味噌チャーシュー麺

この日、お店を訪れた時刻は11:30に差し掛かったところ

11:00開店となります店内には、先客が既に2名

 

3組目として入店するものとなりましたが、

私の中でお昼時の鐵=大賑わいの認識でしたが、そこまでの活気は見当たらず

 

・・・と思いきや、

私の入店後に、続々とお客さんが来店

 

気付いた時には、カウンター席の半分が埋まっており

やはりその繁忙ぶりは、お昼が近づくに連れ増していく様でもあります

 

そんな賑わいをみせてきた店内で待つこと10分弱

こちらが本日のランチ

鐵 千葉分店にて頂く、味噌チャーシュー麺になります

 

丼一面を覆い尽くす、巨大チャーシューは総勢5枚

その上にはたっぷりのネギ、そしてメンマの姿も

 

同店のウリとなるのは背脂であるにも関わらず

その姿が確認出来ないほど、たっぷりのチャーシューが広がる丼となります

 

そんなチャーシューには申し訳無く思いつつも、かき分けていった先からは

この通り、背脂たっぷりのスープを確認

 

それではまず一口頂いてみますと・・・

あぁ、さすがに美味いわ

 

味噌からは甘みに加えて、程良い塩っぱさ

そこに加わる甘みある背脂のシットリ感

 

背脂特有の強い甘みは、味噌に押されているのか

醤油に比べると、その特有の甘みは控えられるものとなりますが

それを差し置いたとして、この味噌が美味い・・・いや、ズルい、だな

 

こちらのお店では背脂の量を選択出来る訳ですが

本日は、ギトギトの1つ手前、多めを選択

 

この背脂量が功を奏したのかどうか、は判断付かずも

背脂感がキツくなること無く、且つ味噌の持つ甘みや塩味が引き立ち、ジャンクな美味しさを感じさせてくれます

 

そんなスープで頂く麺の方は、

こちらのお店では、自家製の太麺を使用

 

小麦の香りも強く感じられ、程良く固さを感じさせてくれます

味噌で頂くには、気持ちクドさもありますが、それもう背脂を選んだ故の宿命のようなもの

 

時折、麺に飛び込んでくるもやしやニラの食感もアクセントになり

スープの重たさを軽減させながら、野菜も摂取出来るお得感も得られます

 

そして、トッピングの大本命が

こちらのチャーシュー

 

大量の盛り付け故に、一時スープの中で休んで貰っておりましたが

程良く背脂を載せてきて、そのジューシーさに甘みを加えてのご登場

 

スープの味わいが濃いこともあってか、チャーシューへの味付けは薄め

ですが、それで十分なほど、しっかりスープや背脂を纏ったバラロール

 

柔らかな食感に、肉の旨味も感じさせながら

麺を頂く間の箸休めを果たしてくれます

 

そして、メンマもまた

強いスープを頂く中では、心地よい小休止を与えてくれる存在に

 

味噌と背脂のコラボが、想像以上にズッシリきている以上

このメンマはむしろ、追加トッピングで増量して良かった気もします

 

さて、ここからは後半戦へと突入

麺量もたっぷりある一杯となりますので、後半は味変へと

卓上にはさまざま調味料が用意されておりますが

 

コッテリ背脂に濃厚な味噌へ変化を与えていくのなら、選ぶのはもちろん

おろしにんにく、そして豆板醤に違いありません

 

両者を加える事で、旨味と辛みが加わったスープ

背脂と味噌の持つ甘みとは相反する調味料が加わり、両者をより引き立てた味わいに進化

 

麺をズズッと頂いていき、後に残るはネギともやしたち

これら残りのお野菜は、

 

最後のチャーシューでローリング

野菜に麺に、そしてチャーシュー、ボリュームある一杯をしかと完食させて頂きました

 

 

当初の予定では、リニューアル間もないパントリーコヨーテを訪れるはずが

予想だにしなかった行列に阻まれ、急遽の変更となった本日のランチ

 

これまで、背脂に関しては醤油一択

を譲らずに来ていたのですが、このタイミングで初の味噌×背脂に挑戦

 

醤油で頂く際に比べ、背脂特有の甘みは控えめに感じるものとなりますが

味噌の塩っぱさを引き立て、これはこれで面白い一食になりました

 

ちなみに同店では、この味噌をベースにしたつけ麺もあるのだとか

独特の食感を持つ自家製麺で頂くつけ麺、これも興味をそそります

 

幾度とお店の前を通りはしながら、その存在が当たり前すぎでもあり、あまり足を運んで来なかった鐵 千葉分店 

今回頂いた味噌チャーシュー麺をきっかけに、新たな発見が多数

 

毎日頂くには、さすがに厳しいヘビーさ加減でしたが

忘れた頃に、また食べたくなるであろう、中毒性ある一杯

 

加えて、塩やつけ麺など興味そそる品も発見

今後も定期的にチェックしていきたい1軒となりました。

 

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

鐵 千葉分店

■ てつ ちばぶんてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区中央3-15-15 三好野ビル 1F

■ 営業時間:11:00~22:00

■ 定休日:火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。