孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

日本一ご飯に合うラーメン! 八街の元祖 肉玉そば 越智 2月の限定メニュー、山賊拉麺には男のロマンが満載だった!!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日は日曜日ながら、カミさん&子供は朝から外出

 

これによって、連日の天津飯戦線から一旦離脱・・・

と共に、日曜で時間にも余裕ある中、1人ランチへと出掛けることに

 

せっかくならば、少し足を延ばした先に行ってみようと

いくつもある「行きたいお店リスト」を照会していったところ

 

昨年夏、八街にオープンした「元祖 肉玉そば 越智」が2月限定メニューを提供しているとの情報を発見

 

以前より足を運びたいお店の筆頭でありながら

八街、という微妙な遠さから足を運べずにいた同店

 

幸い本日は、時間のある日曜日

加えて、子供&カミさんもおらず、更に付け加えればドライブ日和の好天

 

そんな訳で、自宅から車を走らせること40分

八街、榎戸両駅のちょうど中間くらい・・・でしょうか

こちら、元祖 肉玉そば 越智を初訪問するものとなりました。

八街、榎戸両駅から車で10分、元祖 肉玉そば 越智へ念願の初訪問!!

という訳で、本日向かった先は八街

昨年の7月にオープンとの情報を聞きつけるも、なかなか足を運べずにいた「元祖 肉玉そば 越智」へと到着

 

自宅から40分くらいを目安に家を出たものの、幸い道路も空いていたことで開店時間の少し前にお店へと到着

駅から少し離れた立地とあってか、広々とした駐車場を完備したお店となっております

この日、お店に着いたのは開店時間の10分ほど前

 

それでありながら、すでにお店の駐車場にはすでに3組ほどのお客さんを発見

行列の出来るお店と噂は耳にしていたものの、さすがの人気ぶりを感じさせます

 

さて、こちら「元祖 肉玉そば 越智」ですが

ラーメンフリークの方ならご存じの通り

北松戸を拠点に複数店舗を展開する「肉玉そば おとど」の創業者さんが新たに開いたお店だそうで

 

詳しい話は分かりませんが

おとどについては、私も自宅から1時間かけて通っていたほど

 

私にとっては「好物」いや「ドストライク」と言うべき一杯が味わえるお店でして

元祖オカズ系ラーメン! 肉玉そば おとど 北松戸本店の旨辛肉そば全部のせwith白米!

 

そんな肉玉そばを頂けるお店が、北松戸よりも近い八街にオープン

(近い、といっても実質、15分くらいの違いでしょうか 笑)

 

昨年7月に開店、ですので半年以上が経過しましたが、ようやく念願の初訪問となりmさいた

 

開店時刻を迎え、早速お店の方へ

店内は広々とした作りになっており、カウンター席をメインに20席以上はある様子

 

早速席へと座り、メニューの方から見ていきますと

まず最初にお目見えするのは、看板メニューとなる肉玉そば、そしてつけ麺

いわゆる徳島ラーメンを彷彿とさせる同品は、三種の獣骨がベースとなる濃厚な動物系スープ

 

そこに豚バラ焼肉をたっぷりトッピング

これを玉子の黄身に絡めながら、すき焼きの如く頂くのが、いわば正装となっております

 

この食べ方については、店内でも詳しくレクチャーされており

前述した食べ方を、麺のみで味わうばかりでは無く

白米と共に組み合わせる食べ方をも推奨

 

通称、日本一ご飯が進むラーメンと言われる由縁もまた

この食べ方、そして白米にマッチする濃厚な味付けがあってこそとなります

 

ただ、本日のお目当ては上記した肉玉そばでは無く

こちら、裏面に記された二月限定のメニューとなります

 

長野名物とされる山賊焼を、豪華にトッピングした

その名も「山賊拉麺」なる品

 

長野に縁もゆかりもない私ですが

何故か「山賊」と聞くと胸が躍るそのフレーズ

 

前世で山賊と何かしらの繋がりがあったのでは無いか?

そう感じさせるほど、まあなんというか、ワクワクさせて貰える次第で

 

そんな山賊焼きをトッピングしたラーメンですが

こちらにも勿論、前述した豚バラ焼肉を乗せた「スペシャルver」があるとのこと

 

当然、注文すべき品は家を出た時点で決定済み

こちら、二月限定メニュー「スペシャル山賊拉麺」を頂いてみようと思います。

カラッと揚がったジューシーなチキン南蛮にタルタル入! 男のロマンが満載、スペシャル山賊拉麺を食べてみた

開店と同時に入店となった、八街の元祖 肉玉そば 越智

私と時同じくして、3組が入店するものとなった店内

 

その後、続々とお客さんは続いていき

開店から15分、気付けば店内のほぼ全席が埋まる賑わいぶり

 

土地柄もあってか、バイクなどツーリングで訪れるお客さんも多く

地元に限らず、遠方から来るお客さんの姿もチラホラ

 

早くも賑わいを見せている店内ですが、そんな中にて配膳となったのがこちら

元祖 肉玉そば 越智にて頂く2月の限定メニュー

「スペシャル山賊拉麺」となります

 

丼の中央に鎮座するのは、揚げたてサクサクな鶏の唐揚げ

その上にはたっぷりのタルタルソースですが、一般的なものよりオレンジ色掛かって見えます

 

その脇には刻みニンニク、そして豚バラ焼肉と

徳島ラーメンを彷彿とさせるトッピング達

更には味玉、そして海苔もが付いたスペシャルバージョン

 

ちなみに、こちらの海苔についてですが

通常ではお店のロゴ入りとなる大判海苔がトッピングとなります

 

ただこの日は、海苔の到着が遅れているとのことで

ロゴ入りの海苔と同サイズになる様、4枚の海苔がトッピング

 

こちらに代わる旨についても、事前確認をして頂き

了承した上で、同海苔のトッピングにて頂くものとなりました

 

さて、そんな男のロマンが所狭しと詰まった一杯ですが、

まずはスープの方から頂こうとして気付いたのが、

感染対策の一環としてか

卓上には使い捨てのレンゲが準備済み

 

こちらのレンゲにて、まずはスープから頂いてみましょう

前述した通り、牛鶏豚と獣骨3種が入り乱れる同店のスープ

 

その説明のみを見ると、濃厚そうな印象を受けますが

実はそこまでの濃厚さは無く、サラッとした優しい飲み心地

 

とは言え、そこに詰まる旨味の総量は相当なものとなり

焼肉と共に頂けば、間違い無くご飯が欲しくなる味付け、となります

 

続いては麺の方に移りまして、

使用しているのはこちら、中太の平打ち麺

 

説明によれば、北海道産「春よ恋」にタピオカ粉をブレンド

もっちりした食感が心地よく、スープとの相性もバッチリ

 

ですが、この麺・・・いや、この山賊拉麺に於ける最上級の食べ方は

このタルタルソースが、ふんだんに絡まった状態で頂く麺でしょ、きっと(笑)

 

もちろん、故意に絡めた訳では無く

山賊焼き(タルタルの乗った鶏の唐揚げ)を食べていくウチに、気付けばこの状態

 

ですが、この状態がもうタマラナイ訳ですよ

獣骨の旨味と絡まる麺に、更に甘みにコクを与えてくれるタルタルソース

 

まぜそばでは時折見かける組み合わせですが

これをラーメンで組み合わせてしまうヤンチャぶりは、そうそうお目に掛かれません

 

そして、そんな暴れん坊加減に拍車を掛けているのが、

こちら、豚バラの焼肉

本来なら玉子に絡め、ご飯と共に頂くのが同店に於けるフォーマルスタイル

 

私もギリギリまで、ご飯を頼むか否か悩んだのですが

本日の品には、ドッシリした山賊焼きがトッピングされる手前

 

ご飯を完食出来るか不安を抱えたことで、今日の所はライスのオーダーを断念

 

ですが、やっぱりこの焼肉はご飯との組み合わせでこそ、最上級の輝きを放つ訳で

今更ながら、ご飯を頼まなかった自分の器の小ささを後悔するほど

 

しかし、そんなご飯の存在をも忘れさせてくれたのが、

そう、本品のメインとも言うべきトッピング

山賊焼きになります

 

排骨のような衣を纏い、カラッと揚がった鶏の唐揚げ

ザクッと心地よい食感を経て噛みしめると、鶏からはジューシーな旨味が満載

 

両者の旨味は、スープの方にも徐々に溶け込んでいき

食べ進める毎に、丼全体の味わいも、徐々に変化を見せていきます

また、この山賊焼きと共に頂くタルタルソースが絶品でして

 

一般的なタルタルより色味が濃いのは、使用している卵の違いでしょうか

濃厚な旨味と甘みを持ち合わせており、その分酸味は控えめ

 

これを山賊焼きと共に頂けば、美味いことなど至極当然

このタルタルが、スープや麺に加わる事で、更なる味変をも楽しめてしまいます

 

時間の経過と共に、大忙しで風味を変えていく山賊拉麺

しかし、口に運ぶどの形態もが、極上の旨味を携えるばかり

 

サラッとした飲み口で始まったスープのことなど、どこ吹く風

唐揚げの旨味に焼肉の味わい、そしてタルタルソース溶け込んだカロリーの権化こそが、山賊の名に相応しい一杯となります

 

 

ですが、そんな肉の祭典のような一杯ながら

この様に、もやしやキャベツをトッピングする優しさも

 

しかも、同野菜達にもしっかり味付けが施されており

シャキッとした食感と共に、濃厚さが続く中に癒やしを与えてくれます

 

その奥に鎮座する海苔も然りでして

ただ、この海苔こそ本来は、スープヒタヒタご飯と共に・・・こそが、100点満点の食べ方なんだろうなぁ

 

そんな野菜らを頂きつつ、最後の最後で良い仕事を見えてくれたのが、

こちら、トロットロに仕上がり濃厚な色味を見せる味玉

とにかく黄身の味が濃く、いやこれは黄身じゃなくオレンジ身だよな

 

と、存在そのものを否定しかけない色味と旨味を示しながら、本日の一杯を締め括るものとなりました

 

 

という訳で、ようやく念願叶い、初訪問となった元祖 肉玉そば 越智

 

三獣スープに始まり、肉三昧に刻みニンニク

言葉にするだけでも荒々しさが満載、上品とは無縁ながら、一度口にすればタダでさえ虜になる肉玉そば

 

そこに輪を掛けたかの如く、唐揚げに焼肉、そしてタルタルソース

三者がラーメンの中にて共演するその様は、男のロマン以外の何者でも無し

 

いや、このご時世に男とかなんとか言っちゃうと問題か

ここは、全人類のロマン、と訂正させて頂きましょう

 

そう、人類のロマン、夢と希望が詰まった極上の一杯

車で無ければ難しい立地とは言え、わざわざ足を運ぶ価値ある、絶品な一杯となりました

 

とは言え、今回は初訪問ながらの限定メニュー

次は必ず、レギュラーメニューを・・・

 

と言いつつも、同店では現在、月1ペースで限定メニューが提供されているとの事

レギュラーメニューを頂くには、月2で足を運ばなければなりませんね 汗

 

※ ちなみに、今回ご紹介した「山賊拉麺」は、2月の限定メニューとなりますのでご注意下さい。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

元祖 肉玉そば 越智

■がんそにくたまそば おち

■ 住所:千葉県八街市八街ほ723-21

■ 営業時間:11:00~22:00

■ 定休日:月曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。