孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

稲毛区山王町の中華料理店、牡丹園を初訪問 パリフワ食感に仕上がった天津飯に加え、名物ジューシーな焼き餃子も堪能!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

千葉のNO1天津飯を巡る戦い、ことT-1グランプリ

本日は第3回戦となる、1品を探すべくカミさんとランチへ

 

本日候補に挙げたお店は、LINE読者さんより寄せられた1軒

私もこれまで訪問経験が無く

いや、お店の存在すら知らなかった中華料理店となります

 

お店の場所は、稲毛区山王町

みつわ台から続く県道を、四街道方面へと北上し

ファミリーマート稲毛山王店で右折

 

車で入るのも初めてとなる住宅街・・・

と思いきや、ランドロームやジェーソンなどのスーパーが並ぶ通りで

同ジェーソンお隣に並ぶお店

こちら、牡丹園という中華料理店になります

 

古くから地域に根付いた中華料理店

といった印象を受けるこちらのお店

 

寄せられた情報によれば、

『出汁のきいた餡掛けに、香ばしく焼き上げた卵が美味』

との話で期待値も高まるばかり

 

それでは、稲毛区山王の牡丹園を初訪問してみようと思います。

稲毛区山王町でひっそり営む町の中華屋さん、牡丹園へ天津飯を求め初訪問

この日、お店を訪れた時刻は11時30分ちょうど

 

事前に下調べした情報では

・11;00オープン

・11:30オープン

 

と、2つの説があったことから

待ち時間を少なく済ませられる、11:30を狙ってお店へ向かうことに

 

近隣にコインパーキングはありませんが、

お店の前には駐車場が数台確保されており、こちらに停めるものとなります

 

この時点で、時刻は11:20を過ぎたところ

見た所、すでにのれんも掛かっており、営業している雰囲気

どうやら11:00開店が正解、だった様ですね

 

早速、店内へ入り席へと案内されると、

消毒用アルコールに代わり、お手拭き型の除菌シートがテーブルの方へ

 

続いて、メニューのチェックとなりますが、

見た目の雰囲気通り、昔ながらの中華屋さんといったお店で

店内各所にズラリとメニューが掲載

 

まずは麺類からとなるのですが、

オーソドックスな品から並ぶものと思いきや、こちらの並びに規則制は無い様子

 

味噌ラーメンから恥貼ると思えば、いきなり五目ラーメン

その次にはキムチラーメン、ねぎ味噌チャーシューメン、海老ラーメンと続きます

 

中でも気になったのが、

・ザージャン麺

・青菜ニンニクメン

・上海ラーメン

などとなるのですが、まだ麺類に絞り込むこともできず

 

更に左へ視野を広げていくと、

ご飯のお供に、おつまみにもなりそうな一品ものへ

お値段はどれも700~800円程とリーズナブルで

最も高い酢豚でも、1000円といったお値段になります

 

更に左へ進むと、お目当てとなる天津飯の姿も発見

そのお隣にはチャーハンも並んでいる中、注目せずにいられなかったのがカレーチャーハン

 

そして、メニューはまだまだ続いていきまして

ここからは、更なるおつまみ類が増えていくものと思いきや

その途中に上海風五目おこげや上海焼きそばの姿も発見

 

今度こそ、おつまみ中心と思われる黒板メニューですが

その先には、担々麺も隠れていたりと、メニュー散策にも四苦八苦

 

更には、お店自慢とされる焼き&水餃子の姿も発見

加えて、3種のセットも用意されており、

こちらならラーメン&チャーハンでも850円と、よりリーズナブルさに磨きが掛かります

 

加えて、店内にあった張り紙によると

スープの入る品以外は、全品テイクアウトにも対応しているとのこと

 

さて、そんなメニューが多数並ぶ牡丹園ですが

当然、カミさんの注文は天津飯で決定済み

 

対する私は、麺類かご飯ものかで悩むものとなるのですが

ここしばらく、ラーメンランチが続いていたこともあり、今日の所はご飯ものを選択

 

先ほど目に留まり、気になっていたカレーチャーハン

こちらと共に、名物とされる焼き餃子も合わせて頂いてみようと思います。

甘めのタレにフワッと仕上がる玉子が魅力の天津飯 餃子は予想の上行くさすがの名物だった

注文を終えはしたものの、やはり気になるメニューが

まだまだ並ぶ、稲毛区山王町の牡丹園

 

入り口前にいる大きな金魚も

人の顔を見るや否や、口をパクパク広げ、食欲旺盛な様子

 

きっとこの子達も、美味しいものを食べて

ここまで大きく育っているのだろうな・・・

と、金魚の成長ぶりもまた、同店の魅力を暗に語っている様に感じさせます

 

そうこうしながら、待つこと10分

一足先に提供となったのがこちら、

牡丹園にて頂く、本日のランチ

名物焼き餃子と、カレーチャーハン(スープ付き)になります

 

まず意外な趣で提供となったのが焼き餃子

一般的な餃子よりも丸みを帯びており、小籠包の様にも見えます

ふっくら焼き上がった皮には、綺麗な羽も付いており、これは期待高まりますね

 

そして、こちらがメインとなるカレーチャーハン

具材となっているのは、グリンピースに角切りされた人参

更には玉ねぎ、玉子とシンプルな面々

 

しっかり焼き上がったご飯には、香ばしさとスパイシーさを感じさせるカレー風味が満載

仕上げにトッピングされた紅生姜が、これまた風情を感じさせてくれます

 

そのスパイシーな香りに誘われながら、早速一口

うん、その見た目通り期待を裏切らない

しっかり玉子と油を絡めたご飯となっており

全体に行き届くカレー粉のスパイシーな風味

 

見た目からも伝わってくる通り、香ばしさも兼ね備えており

家庭的で懐かしさをも感じるカレーチャーハンとなります

 

具材、味付け共に余所行き仕様な特別感は無いものの

トッピングされた紅生姜が、カレーと混ざり、面白いアクセントを与えてくれます

 

続いて、手を伸ばしていきたいのが

こちらの焼き餃子になります

 

丸みを帯びた餡に、それを包み込む羽根付きの皮

こちら牡丹園では、水餃子も名物として並んでいましたので

両餃子共に、同じ品を使っているのかも知れません

 

早速、一口運んでみると、

ブシャッと轟く、ジューシーな肉汁にまず驚かされます

モッチリした皮に包まれた餡は、見た目通り丸めの形状

肉の割合が多いバランスとなっており、

見た目に加え、その食感も小籠包の様な食感に仕上がっています

 

ただ、皮の焼き目はパリッと仕上がっており

モチッとパリッ、2つの食感が味わえる焼き餃子

 

餡自体の味付けは強すぎないので、醤油を付けながら頂くタイプとなりますが

皮、餡との様々な食感が入り乱れる様は、確かに名物と呼びたくなる焼き餃子となりました

 

 

そして、本日3戦目となる天津飯ですが、

こちらが、牡丹園にて頂く天津飯となります

 

たっぷりご飯と、それを包み込む、これまたたっぷりの玉子

トロッとした部分に加え、パリッとした焼き目のある部分も兼ね備えた、玉子に重きを置いた仕上がりでしょうか

 

その分、具材はシンプルなようで、目立つ品となるのはネギのみ

たっぷりの餡からは、甘みを感じさせまして

これとご飯の相性も申し分無い仕上がりとなっております

 

せっかくなので、私も一口頂いてみましたが

フワフワな食感に加え、端に行く程パリッと仕上がっている玉子

同じ玉子ではあるものの、様々な食感が潜んでいます

 

フワッとした中からは、ほんのり出汁感も感じさせており

ご飯に染み入った、甘酢ベースのタレも申し分無しな天津飯

 

具材がシンプルな分、玉子の風合いがとにかく顕著に感じられ

その食感と共に、甘みあるタレを存分に味わう、そんな天津飯と言えそうです

 

 

といった感じで、第三戦目となるT-1グランプリこと

千葉の絶品天津飯を探す旅、として訪れた、稲毛区山王町の牡丹園

 

ここ数日、麺類続きとなっていたことから

箸休めを兼ねてカレーチャーハンを頂くものとなりましたが

お店の雰囲気通り、期待を裏切らない、懐かしさ感じる1品となりました

 

その一方で、懐かしさとは真逆とも言える

斬新さを与えてくれたのが、同店の焼き餃子

 

食感の妙に加え、ジューシーな餡も楽しめる品となりましたが

こうなると、もう一つの名物である水餃子も試してみたいところ

 

加えて、麺類のメニューも豊富なお店となりますので

そちらも含め、是非とも再訪したい1軒となりました

 

ちなみに、本日同店を訪れた際に、もう一つ気になったのが

こちら、牡丹園のお隣にてお店を営んでいる居酒屋さん

「酒肴(さかな)」というお店でして

 

こちらもランチ営業を行っている様子が確認出来たのですが、

こちらのランチが気になる、というのはさておき

そのお店の佇まい、更には店先の駐車場の雰囲気を見て、思い出したんですよ

 

大昔、それこそ20年くらい前に

一度だけですが、ここのお店(酒肴)に来ていたことを

 

まあ、当時は友人に連れられて来ていたこともあり

それがどこの、なんてお店なのかも覚えていなかったものの

こうしてまさかの20年ぶりに再会することになるとは・・・

 

お隣、牡丹園についても満足した一方

そのお隣、酒肴にも20年越しの再会を果たした手前

次は、お隣「酒肴」の方でも、ぜひランチに足を運んでみたいと思います。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

牡丹園

■ぼたんえん

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区山王町67-2

■ 営業時間:11:00-14:30 / 17:00-23:00

■ 定休日:第1・第3日曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。