孤高の千葉グルメ 公式LINEスタート

集客に役立つSNS活用から、食べ歩きの裏話まで、リクエストにも随時お応えしていきます

LINE登録はこちらから ⇒

千葉・富士見町の新店「中華蕎麦 ごとう」へ 甘めのスープと特大チャーシュー、チャーシュー醤油蕎麦

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

本日のランチは、ジム帰りとなるソロ飯

 

特に目的、行きたい店がない中

ひとまずは富士見町に車を停め、近隣をフラフラすることに

 

少し前に、一風堂で気になる限定ラーメンを目にしていたことから

そちらがまだ間に合えば・・・と足を運んでみたものの

店頭に掲載されていたポスターは既に無し

 

恐らく、限定の期間が終了したものと判断し

一風堂は候補から除外することに

 

 

続いて、すぐご近所ながら

しばらくお休みが続いていた「鷹の羽」を覗いてみることに

 

少し前までは「店舗リニューアルのためにお休みします」

といった張り紙があったのですが、

この日訪れたところでは、同張り紙の姿も無し

 

長らく休業も続いていたことですので

未確認ではありますが、ちょっと不穏な空気を感じますね

 

 

そんなこんなで2軒を回ったものの

そのどちらも、たまたまながらラーメン店

 

気付けば気分もラーメンを求めるモードとなってしまい

その流れで足を運んだのがこちら、

同富士見町に10月オープンとなった新店

「中華蕎麦 ごとう」を再訪してみるものとなりました。

富士見町に10月オープンとなった新店、中華蕎麦 ごとうへ2ヶ月ぶり2度目の訪問

今年10月、富士見町の「福たけ」跡地にオープンとなった

久々の新店、中華蕎麦 ごとう

 

開店当日には足を運べず、

私が同店を訪問したのは、オープン2日目でして

参照:千葉・富士見町の新店、中華蕎麦 ごとうを初訪問 ⇒

 

まだプレオープンといった記載がされていた同店ですが

この日頂いた「特製塩蕎麦」以外にも、気になる品がありまして

 

本日は、その気になっていた品を頂くべく

2ヶ月ぶり、2度目の訪問をすることに

 

早速、店頭にてメニューをチェックしますが、

こちらに並ぶラーメンメニューは

・塩蕎麦

・醤油蕎麦

・つけ麺(塩or醤油)

と、プレオープン時に見たメニューと同様のまま

 

それ以外に、お勧めとして

「鶏生ハム」などが紹介されておりますが

同店は夜から「和バル」として営業しているので、そちらのメニューでしょうか

 

麺類だけでなく、豊富なおつまみと共に

お酒も頂けるというスタイルは、確かに富士見町らしい構成

 

とは言え、本日はランチでの訪問となりますので

お酒のアテは候補に加えず、ラーメンの中から選択していくことに

店内入って右手が券売機となりまして

こちらに並ぶメニュー各種も、先ほどと同様

 

さて、前回はお店のイチオシと思しき「塩」を頂いたものの

それに並び、私が気になっていたのが醤油でして

 

また、前回「特製」を頂いた際

おぼろげな記憶ながら、チャーシューが美味しかった様な

 

そんなこんなで本日の注文は

「チャーシュー醤油蕎麦」を頂いてみようと思います。

鶏に豚に特大チャーシューてんこ盛り 甘さが際立つチャーシュー醤油蕎麦を食べてみた

この日、お店に向かった時刻は11:30を過ぎたところ

まだ開店直後となる店内ですが、テーブルに席には1組のお客さんが

 

カウンターにはお客さんの姿はなく

そちらに掛け、食券を渡し待つことに

 

プレオープン時には、ホールを担当しているスタッフさんもおりましたが

この日見る限り、店内はご主人一人で回している様子でして

 

カウンター前の張り紙にも

「ランチ帯は人手が少なく・・・」

といったお願いも記されておりましたので、現状はワンオペになるのでしょうか

 

そんな様子を眺めながら、待つこと7~8分

ご主人自ら配膳された本日のランチがこちら、

中華蕎麦 ごとうにて頂く

「チャーシュー醤油蕎麦」となります

 

鶏に豚に二種類のチャーシューがスープに蓋するたっぷり仕様

多めに使用されている油が、綺麗な醤油の色味をより引き立てています

 

それではまず、スープの方から一口

見た目の通り、淡麗な味わい・・・

を想像したものの、意外にも甘みが強い印象のスープ

 

たっぷり使用される鶏油の甘みもあるのでしょうが

この感じだと、醤油のカエシ自体にも甘みがあるのかも

 

想像していたイメージとのギャップを感じますが

これはこれで悪くは無いですね

 

共に頂く麺の方ですが、

こちらは塩同様、全粒粉入りの中細麺

パツッとした食感が心地よく、これはもちろんスープにマッチ

塩以上にスープとの絡みも良好に感じます

 

続いてはトッピングの方へ

まずは2枚盛り付けられている、

こちらの鶏チャーシューから

 

前回頂いた特製では鶏、豚共に1枚ずつでしたが

今回は「チャーシュー醤油蕎麦」ということで増量されております

 

厚めのカットとなる鶏チャーシューですが

しっとりと柔らかく、スープらの旨味も染みこんでいる様子

噛みしめるごとに、素材の美味しさも感じられる仕上がりとなっております

 

続いて、前回も気に入ったトッピングの1つが、

こちらのメンマでして

心地よい食感と、程良い塩味が好みの1品

 

流行テイストの中華蕎麦にはなりますが、

やっぱりメンマが美味しいと、それだけでテンションも上がります

 

その他、共にい頂くトッピングには、

ほうれん草にかいわれ

エシャレットのみじん切りらも添えられております

 

この中でも、エシャレットについては

けっこうな辛みを帯びておりまして

 

甘めに感じたスープとの相性は良かったものの

後半になると、鶏油の甘みも控えられていき、

むしろエシャレットの辛みばかりが目立つ形に

 

この辺は細かなバランスなのかなあと思うのですが

上手い食べ頃を見極めなければなりませんね

 

そして、やはりとっておきとなるのが、

こちら、中華蕎麦 ごとう自慢の・・・

と言っても過言では無さそうな、存在感抜群のチャーシュー

 

前回頂いた際には、その大きさも相まって

食べづらさを感じていたのですが、今回のチャーシューは

気持ち薄めにカットされているのか、食べやすさが格段にアップ

 

かといって、その強い食感に歯ごたえは健在

素材の旨味が強く感じられる仕上がりとなっており

肉を食べてる、そんな充足感溢れるチャーシュー

 

それが豪華に2枚トッピングとなりますので

見た目以上にしっかりした食べ応えを宿しており

サイドメニューを頂かずとも満足出来るボリュームとなりました

 

 

といった具合に二度目の訪問となった

千葉・富士見町の新店「中華蕎麦 ごとう」

 

前回とは異なる「醤油蕎麦」を頂くものとなったのですが

前半は鶏油の効果も相まって、甘みを強く感じた反面

後半は醤油が強く感じられる、そんな一杯となりました

 

どちらも相応に満足して頂けたのですが

なんだろう、どこか物凄く惜しい感じもチラホラ

 

素人目だけに、どこがどう・・・とも言いがたいのですが

なにかのボタンをかけ直したら、物凄く化けるのでは?

そんな片鱗を感じる一杯となりました

 

また、今回は未確認となるのですが

前回、ラーメンのトッピング以上に食べづらさを感じてしまった

同店のサイドメニューとなる「肉めし」に関しまして

 

私自身は確認しておりませんが

同店を訪問されたフォロワーさんより

「前より食べやすく改善されてました」との声を頂きまして

 

出来ればそちらも食べたかったところですが

先週一週間掛けて、3キロ落ちた体重を維持したいため

本日は「肉めし」を泣く泣く断念

 

チャーシュートッピングを止めて、肉めしを

との選択肢もあるのでしょうが、まあその辺はさておき

 

いずれにせよ、まだ開店から1ヶ月半と日が浅い新店ですので

今後も定期的に足を運びながら、その変化を楽しんでみたいと思います。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

中華蕎麦 ごとう

■ちゅうかそばごとう

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-9-14 松井ビル 1F

■ 営業時間:11:30~14:30 / 17:30~22:00

■ 定休日:火曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。