スポンサーリンク

千葉中央、中華蕎麦ます嶋に冬の新メニュー!? 多彩な味変に思わずスープも飲み干す冬の味、コクラム麺に〆リゾット!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

本日のランチはジム帰りでの足となり、久々のソロご飯

 

天気こそ良く晴れてはいるものの

朝からの冷え込みを踏まえると、やっぱり温かいものが食べたいところで

 

加えて、一人での自由なランチとあらば

ここはもう、ラーメンを頂く以外には無し

 

と言ってはみたものの、これといった食べたい候補も無く

しいてあげるなら、数日前に食べ損なった

「辛いラーメン」が欲しいところでして

 

そういえば、少し前に店先を通った際

富士見町の「一風堂」の期間限定メニューとして

辛そうなラーメンを見かけたような・・・

 

いずれにせよ、富士見町界隈をふらっとしていれば

いずれかウマ辛な一杯に辿り着けるはず

 

と、車を停めて同エリアを散歩がてら歩いていると、

こちら、中華蕎麦ます嶋の開店時間にちょうど遭遇

ふとお店の脇にある看板に目をやると・・・・

 

なにこれ、新メニューか??

富士見町の中華蕎麦ます嶋で見つけた冬の限定新メニュー あさり出汁に豆乳のコクラム麺??

千葉中央駅から歩いて3分程

 

富士見町の裏通りに2年前オープンして以来

同エリアには少ない「淡麗中華蕎麦」が頂けるお店として

人気を博しているラーメン店、中華蕎麦ます嶋

 

私も数ヶ月に1度単位ながら、頻繁に足を運んでいる一軒でして

今年の夏も、同店の絶品冷やしに舌鼓したばかり

参照:富士見町の中華蕎麦ます嶋に、今年も冷麺(ひやめん)が復活! ⇒

 

上記の通り、夏場には毎度限定メニューを提供するます嶋ですが

私の記憶では、冬場の限定メニューはこれまで無かったような

 

となれば、これが初となるのか

いずれにせよ、冬限定である事を匂わせる新メニューがこちら

その名も、コクラム麺となります

 

第一印象では、鶏白湯を思わせる白みがかったスープですが

説明によるとこちら、豆乳にあさり出汁を合わせたスープとのこと

 

その取り合わせ、まるでクラムチャウダーを思わせますが

ポスターの色味もあってか、冬の限定メニューと呼ぶに相応しい一杯

 

また、説明本文によれば

ガーリックバターを溶かすことで洋風への味変

 

更に、〆のご飯としてチーズ飯を加えることで

今度はリゾットとしても楽しめるのだとか

 

この説明書きを読む限り、上がってくる名前はどれも私の好物ばかり

まるで私に食べてくれ、とでも言っているかの如く

このポスターに吸い寄せられるまま、ます嶋の店内へ

 

早速向かった券売機、その中央に見つけたのが

噂?の限定メニュー「コクラム麺」

 

そのお隣には、確かにチーズ飯の姿も

コクラム麺980円に対し、チーズ飯は250円とのこと

 

〆ご飯・・・と思えばちょっと割高にも感じますが

サイドメニューのご飯だと思えば、まあ適正なお値段

 

迷うこと無く両者セットでチケットを購入

開店直後ながら、1名のお客さんがすでに入店している店内へと掛け

注文の品を待つものとなりました

 

 

この日、私が入店した時点では開店直後の11:30

前述した通り、先客は1名のみで私を含む2組2名

 

ですが、その後続々とお客さんは押し寄せ

開店から5分も経過した頃には店内が満席に

 

ラーメン店を始め、飲食店ひしめく富士見町エリアですが

ここます嶋の人気は、変わらず好調に見受けられます

 

そんな活気づいてきた店内にて、注文より待つこと10分弱

丁寧な説明と共に提供となった本日のランチがこちら

中華蕎麦ます嶋の限定メニュー

「コクラム麺」とチーズ飯、となります

貝出汁で始まる中華蕎麦がクラムチャウダー、そしてリゾットに様変わり 絶品過ぎるコクラム麺を食べてみた

冬季限定メニューとは言え

これでもか!?という程に「白」で統一された品々

 

コクラム麺とチーズ飯、

更にはコクラム麺のトッピングとなるバター

合わせて3皿が私の前にご到着

 

こちらの品を提供の際に、

『ラーメンの方は、まずそのままで食べてみてください

 小皿の品はガーリックバターになりますので

 お好みで少しずつ加えてみると洋風の変化が楽しめます』

 

 『〆のご飯ですが、こちら味付けがしてありますので

 そのまま食べて頂いても大丈夫です・・・

 が、スープに入れて食べて貰えるとリゾット風に味わえます』

 

と、これまでにも幾度とます嶋に足を運んでいますが

ここまで丁寧なレクチャーを受けたのは初めてでは??

というくらい、懇切丁寧に食べ方のワンポイントをアドバイス

 

一通りの流れが分かったところで、まずはこちらが

この冬より登場となった新メニュー

その名も、コクラム麺となります

 

真っ白なスープに鶏チャーシューが2枚

岩海苔に分葱、そして黒コショウもたっぷりなラーメンとなっております

 

そして、同品の味変

更には、〆に頂くご飯となるのが、

これまたチーズたっぷり

更には、黒コショウも掛かったチーズ飯

そして小皿の品が、ガーリックバターとなっております

 

さてさて、まずはこのラーメン

そしてスープがいかほどなものなのか

早速一口頂いてみますと、

まずフワッと優しく届く貝出汁の旨味

 

あさり出汁がたっぷり詰まったスープとなるのですが

そこだけに留まらず、従来通りの旨味も混在

 

両者だけでもしっかりした出汁感が伝わり、十分な美味しさながら

そこにまろやかな豆乳の味わいも加わり

どことなく欧風・・・クラムチャウダー感が伝わってきます

 

豆乳の甘みを感じるスープにはなるものの

これがクラムチャウダーに向かいすぎないのが

たっぷりと加わっている黒コショウ、

そしてこちら

ピンクペッパーもまた、アクセントとなっており

甘みあるスープに程良い刺激を与えてくれています

 

また、私の好物となる

こちらの岩海苔も、魚介出汁満載のスープに

良く合うトッピングとなっており

より深く、磯の風味を引き立ててくれています

 

そんなスープ、麺を楽しむ傍ら

私のすぐ真下で、絵も言わぬ香りを漂わせる存在

 

そう、室温で徐々に溶け出してきた

ガーリックバターが、その出番を今か今かと待ちわびているのです

 

本来なら、もう少し食べ干したところで味変・・・

と行きたいのですが、こうも香りを立ち上げられれば我慢できず

まずは1/4にカットし、少しずつバターをスープの中へ

 

溶け出したところで、あらためてスープを頂くと

・・・・・美味い。

 

なんなんだ、この美味さは?

もう余計な説明したくなくなる

思わず、バカになりそうなくらいに美味い・・・

 

耐えきれず、もう1/4をスープに投下

より一層深まったバターのコクに、ガーリックの旨味

 

両者と織りなすあさり出汁のハーモニー

そこに絡む、ちょっと固めの麺もまた絶品となり

一心不乱に器に対峙してしまうほど、この組み合わせが好みすぎる

 

スープと麺、ガーリックバターのマリアージュに夢中になり

すっかりその存在を忘れかけておりましたが、

こちら、しっとり柔らかな鶏チャーシューも

魚介出汁満載なスープにしっかりマッチ

 

そんなチャーシューと共に

麺も一気に食べ干したところで・・・

 

次に待ち構えているのが、こちら

〆に頂くチーズ飯となります

 

先に説明があった通り、こちらのご飯も

たっぷりのブラックペッパー、更にチーズで味付け済み

 

まずはそのまま食べてみてもOK

その後は、スープと共に頂きリゾットへ・・・

 

との話ですので、まずはそのまま一口

うん、チーズにピリッとスパイシーなご飯であることを確認!

(そのまんまだなw)

 

そのまま味わうのは、一口だけで十分

残るご飯は当然、スープの冷めないうちに

全て残さず、丼へIN!!

急ぎチーズをスープ全面へと広げ、リゾットの完成となります

 

麺を食べ終えるや否や、すぐにでも味わいたかった、こちらのご飯

それも当然、この魚介出汁にバター溶け合うスープ

これが、チーズ入りのご飯にマッチしない理由が見当たりません

 

1秒でも早く、スープの冷めぬうちにご飯を投入したく

ご飯単体での味わい方を雑に扱うものとなってしまいましたが、

この貝出汁スープを吸い上げ、

チーズとガーリックバター、更には海苔まで加わったご飯

 

こんなのもう、食べる間でも無くご馳走に決まってます

分かりきったそのご飯を口に運ぶと・・・

 

あぁ、至福・・・

 

ここに至るまででも絶品だったスープですが

チーズが加わることで、より濃厚さを増し

重ね合う旨味の相乗効果の末、ついに洋食へと到達

 

中華蕎麦、という店名の面影を全く感じないものの

そんなこと、どっちだって良くなる程

旨味の乗算が幸せを運んできてくれます

 

ただ、唯一の誤算が

重ね合った旨味の相乗効果が美味すぎること

 

そう、美味さとはカロリーのバロメーターでもあり

当然、こちらのスープにINされたご飯は

相当量のカロリーになる事が予測されます

 

しかし、スープの中に浮かぶご飯を頂こうとすれば

その一粒までもしっかり食べたくなる故、

ご飯共々、スープも完食(完飲?)してしまうことに

 

結果、総カロリー相当量であると予測される

「コクラム麺」を一滴残さず、完食完飲するものとなってしまったのです

 

 

という訳で、今年の夏以来

久しぶりの訪問となった、中華蕎麦ます嶋

 

たまたま目にした新メニューに釣られ

足を運ぶものとなったのですが、ご覧頂いた通り

 

その美味しさは、私の好みにド刺さりする

旨味満載、カロリーフルチャージな一杯となりました

 

せっかくのジム帰りであるにも関わらず

消費したカロリーに上乗せしてのエネルギーチャージ

 

ですが、そんなことがどうでも良くなる程

思わずむさぼりつきたくなる、そんな一杯との邂逅

 

貝出汁にバター、ガーリックにチーズ

なんとも無双過ぎる取り合わせではあるものの

その豪華共演、さすがと言うべき絶品ぶりとなりました

 

ただ、前述した通り

その美味しさのバロメータがはち切れる故

思わずスープ一滴まで完飲してしまう危険性も備えた品

 

脂質、糖質いずれも備えた一杯となりますので

ご自身の健康面らとご相談の上、注文をご検討頂ければと思います。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

中華蕎麦 ます嶋

■ ちゅうかそば ますじま

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-14-4 バーニングビル 1F

■ 営業時間:11:30~15:00 / 17:30~24:00

■ 定休日:日曜日・祝日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。