スポンサーリンク

13年目へと突入した、作草部 麺処まるわで頂く11月の裏メニュー とんこつ醤油90’s&ほっこりジンジャーVerトマトを一挙食べ比べ

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

11月頭から金沢へと出張へ出向き

予定では他の地方同様、ガッツリラーメン店をハシゴ・・・

 

するつもりだったものの

事前にチェックしていたお店の定休、臨時休業にぶつかった上

ラーメン以上に極上で魅力的な魚介に多数遭遇

 

むしろ、ラーメンを食べている暇など無いのでは!?

といった程に、それはそれで北陸グルメを堪能し帰郷

 

ただ、元々はガッツリラーメンの心づもりでいたものの

そちらの欲求を満たすこと無く千葉へと戻ってしまい

ここで再び、ガッツリラーメン欲が再来

 

地方へ出張し、戻ってきてまず食べたくなる

私にとっての「千葉の味」を象徴するラーメンと言えば

 

なんだかんだのマイホーム的なお店

作草部駅前「麺処 まるわ」に他なりません

 

という訳で、本日は久々の晩ご飯タイムながら

麺処まるわを訪れ、しっぽりラーメンで温まってみようと思います。

この11月で丸12年! 作草部・西千葉を語る上で外せない名店「麺処まるわ」  今月の裏メニューは??

ここ数年、ほぼ月に2~4ペースで足を運んでおり

今更、ブログの方で紹介するにも気後れしそうなほど

とにかく足を運んでいる、麺処まるわ

 

とは言え、ここ最近は

GoToEat対象のお店が増えていることもから

まずはそちらに足を運びたい・・・

 

そんな欲求が勝る場面も多く

実は少しばかりご無沙汰しておりまして

(といっても2週間ぶり?)

 

その間にお店の方は12周年に突入

通常なら周年祭などが行われる時期なのですが

ご承知の通り、今年はコロナ渦により席数も減少中

 

そんな事情で盛大なイベントは開催できないものの

毎月4品前後が提供される「裏メニュー」は変わらず健在

本日もまた、そちらをお目当てにしての訪問となります

 

 

なお、先月の話になってしまい恐縮なのですが、

2週間程前、仕事で傷心気味となっていた私を癒してくれたのが、

10月の裏メニューとして提供されていたこちら、

「ピーナッツ担々麺」となります

 

従来からも担々麺を提供している同店ですが

通常の品は、系統で分ければ「勝浦タンタンメン」に属する一杯

 

対するこちらは、その商品名通り

「ピーナッツ」をふんだんに使った担々麺

 

しかしながら、スープは泡系

辛みからは勝タンイズム、更にはピーナッツの風味にスパイシーな香り

と、とにかく深みがハンパない一杯

 

そんな極上な一杯を、レギュラーメニューでは無く

「店長の気まぐれ」として、裏メニューで提供してしまう同店

 

そりゃ幾度と通い続けても、飽きを感じるどころか、

その都度「まだ見ぬラーメン」に出会う楽しみばかりとなるのです

※ 上記は10月いっぱいの限定メニューとなり、現在は終了しております

 

 

そんなまるわがお送りする、今月の裏メニューがこちらの4品

冬を感じる今の季節に嬉しい

生姜盛り沢山な「ほっこりジンジャー」はトマトVerに

 

食べた後には間違い無く、ご飯を欲する肉みそまぜそば

更には、ご飯のおかずとして定着している焼ラーメンは

今月はねぎ玉仕様とのこと

 

そんな中でまず目を留めたのが

「とんこつ醤油90’s」

 

とんこつスープに醤油のカエシ

特段、物珍しい組み合わせでは無いものの

そこにもう一つ加わる要素、90’s

 

恐らく90年代を示す一文なのでしょうが

同年代のとんこつ醤油ラーメン・・・なんだろうか?

 

ホワイトボードを前に、しばし考え込む私を見て、

私の疑問にいち早く気付いた店長よりひと言

「ラーショですw」

 

あ、そういうことか(笑)

なるほど、実に面白い!!

 

という訳で、本日の一杯目は

「とんこつ醤油90’s」よりスタートするものとなりました。

緊急事態宣言で消えた、今年の「春」が今に復活! ぷれみあむ淡麗・桜「春の唄」も久々の連食!!

千葉市内にも数多くのお店が存在する

ラーショこと、ラーメンショップ

 

とは言え、ここ作草部を中心にラーショへ目を向けようにも

個性際立つみつわ台店はともかくとして

「昔ながらのラーショ」というのは、いつのまにか激減

 

そこに目を付けたのか・・・

いや、懐かしいあの味を再現し、今の若人達にも伝えたい

そんな店長のラーメン愛が生み出した、今月の裏メニュー

 

その1品目がこちら、

古き良き時代のラーショインスパイア、こと

「とんこつ醤油90’s」となります

 

マイルドな豚骨スープながら

その全面を覆い隠すかの如く、しっかりした厚みでのし掛かるゴマ油

 

風味豊かに、ゴマ油で和えたねぎ

この姿こそが、古き良き時代のラーショを象徴するといっても過言じゃありません

 

加えられたトッピングに敢えてのワカメ、

という選択もまた、ラーショらしい雰囲気満載

 

タップリ盛られた細切りチャーシューに、立派な穂先メンマが

ラーショならではのチープさから遠ざけてしまい

本家を凌ぐ豪華さを生み出しているのもまた、楽しみで仕方ありませんね

 

それでは早速、スープより頂きますが

ライトながら旨味の強い豚骨スープ

優しく香る醤油ダレに加え、

それらをゴッソリ丸め込んでしまう、ゴマ油の風味

 

コクと香りを増幅させているにも関わらず

余所行きでは無い、良い意味での親しみやすさを感じる味わい

確かにこれは、ラーショを彷彿とさせる一杯に仕上がっています(笑)

 

スープに続けとばかり、

あの気疲れしない懐かしさを生み出しているのが、

こちらのねぎ、そして細切りチャーシュー

 

このサイズながらに肉感がしっかりし

旨味を強く感じさせるあたりは、ラーショを凌ぐものの

 

スープ同様、たっぷりのゴマ油を含むねぎこそ、

このスープ、いや「90’s」の極みと呼ぶべき存在じゃないかと

 

そんな古き良き時代を、より思い出させるのが、

こちらのワカメ

 

昔ながらの中華そば、ならともかく

豚骨をしっかり感じるラーメンに、敢えてのワカメ

 

これまたゴマ油との相乗効果によって

サッパリすべき具材ながら、風味の強い1品に進化

 

これもまた、ラーショのもたらした

ラーメン文化への革命、進化の軌跡と呼べる取り合わせでしょう

 

欲を言えば、ここにVer辛ねぎなんぞ追加し

ジャンクさに拍車を掛けてみたくなる・・・

 

そう思わせてくれるのも、良い意味で完成仕切れていない

食べ手の裁量で、いかようにも味を変えてしまえる

ラーメンショップを彷彿とさせる一杯故

 

しかしながら、本家をも凌ぐスープの高水準ぶり

なにより、麺の心地よい喉ごしと美味しさを持ち合わせた

まるわであればこそ味わえる、古き良き・・いや、進化した一杯となりました

 

 

が、この日は久々のディナー帯訪問

本日のランチが軽かった故にお腹にも余裕があり

且つ、久々の訪問となりましたので、もう一杯の連食へ

 

選ぶ品はもちろん、裏メニューの中から

前述した「とんこつ醤油90’s」が細麺となりましたので

お次は平打ち麺を使った「ほっこりジンジャーVerトマト」をオーダー

 

2杯目となるこちらは

着丼時の撮影をミスってしまい、いきなりスープからとなりますが

先ほどとは打って変わって

トマトの色味を宿したスープ、そして生姜の香りが満載

 

さぞ生姜の利いた、冬場に温まる一杯になるもの・・・

と思いきや、確かに生姜の風味はしっかり捉えてくるのですが

それを包み込む形で、トマトの甘みと酸味が溶け合ってきます

 

相当量の生姜を使用したスープとなりますので

食べ手によっては、辛みを感じ、食べづらくなりそうなものの

それをマイルドに落とし込んでいるのが、このトマトの存在でしょうか

 

香り、辛み共に存分な生姜感が生まれていながら

それを優しく浸透させるバランス加減

 

先ほどの、ラーショインスパとは

大きく年代ギャップを感じさせる一杯になりますが

この振り幅の広さこそ、まるわのもたらす最大の魅力に違いありません

 

そんなトマトと生姜の風味に、もうひと味を加えているのが、

こちらのフライドガーリック

 

単体でも十分過ぎるコクと旨味を与えるトッピングですが

トマト由来のスープを吸い上げることで、旨味が増加

 

同取り合わせによって、どことなくイタリアンをも感じさせ

食感・風味のアクセントとしても一役を買っております

 

そんなスープらと共に頂くのが、

こちらの平打ち麺

 

優しい風味のトマト、生姜の辛みに負けること無く

歴とした存在感を見せながら

きっちりスープをすくい上げてくれるのです

 

細麺Verでも美味しく頂けそうな取り合わせですが

ここに敢えての平打ち麺を選ぶあたり

生姜をゴッソリ運びきり、体を温めて欲しいという粋な計らいにも見受けられます

 

いずれにせよ、ありそうで無かった、トマトと生姜という取り合わせ、

両者の特徴を潰さず、互いを引き立て合いながら

リコピンにショウガオールらの効果で体温爆アゲ

 

体の中からしっかり温まる

正に「ほっこり」できる一杯を堪能させて頂きました

 

 

という訳で、2週間ぶりの訪問になることから

一挙2食を立て続けに紹介するものとなった、麺処まるわ

 

基本となっているレギュラーメニューですら

幅広い取りそろえとなっているものの

それらをアレンジすることで生まれる、裏メニューの存在はやはり別腹

 

別腹続きとなってしまい、しばらくレギュラーメニューがご無沙汰ですが

そうでもしないと追いつけない程、とにかく豊富な品揃えには

毎月の事ながら、脱帽させられるばかりです

 

加えて、ただラーメン愛に満ちあふれているだけでなく

寒くなる季節、食べ手に体を温めて貰いたい

といった人類愛が詰まっているのも魅力の1つ

 

本日もまた、愛あるカロリーを

たっぷり摂取させ頂くものとなりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

まるわの人気メニューが、「自宅」でも食べられるって本当?

本日ご紹介した「麺処 まるわ」のレギュラーメニュー「バジルソルトつけ麺」を始め、食べログやラーメンデータベースで上位に名を連ねる、全国の人気ラーメンが『お取り寄せ』で頂けます!

購入は1個(1杯)単位からOK! 全国各地の有名店ハシゴだって自宅でOK。

昼はお店へ訪問しつつも、深夜の小腹埋めにはお取り寄せ麺・・・お勧めです。

 

麺処まるわ

■ めんどころ まるわ

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-1-13

■ 営業時間:[火~金]11:00~14:30/17:30~22:30  [土日祝]11:00~15:00/17:00~22:00

■ 定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。