スポンサーリンク

餃子の並商で頂く限定メニュー 貝出汁満載「はまぐりそば」に、豪華過ぎるウニ乗せ和え玉(200円!)を全力堪能!!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

週末土曜日の昼ご飯

普段なら、家族三人での外食となるところですが

本日は朝から、あいにくの雨模様

 

しかも、ただの雨に留まらず・・・

・・・寒い

 

今年一番となる冷え込みで、昼前ながら気温は12度

こうも寒く、しかも雨まで降ってくれば

外食に出ようにも、店選びに悩むところでして

 

私としては、温かいラーメンを所望するものの

我が家の奥方は小麦は食べられず

 

加えて子供もいる本日のランチ

さてどうしたものか・・・

 

と悩んだところで思い出したのが

ここ数日、Twitterで見かけていた「餃子の並商」の限定メニューたち

 

まず目を惹いていたのが「大蒜そば」なる品ですが

恐らくこちらは、1~2日のみ提供となる超・限定品

 

それ以外にも、私の好物である

雲丹の乗った和え玉やら、蛤出汁の詰まった「はまぐりそば」など

相も変わらず、精力的に限定メニューを打ち出している同店

 

幸いなことに、同店ならば駐車場完備となるので、雨の心配は無し

加えて、ご飯ものがあるので、カミさんにも選択肢があり

更には、お子様ラーメンが激安100円と、懐にも優しいばかり

 

念のためにお伺いを立てたところ

カミさんからも了承が得られたことから、

本日のランチはこちら

都賀駅から車で5分、餃子の並商を訪れるものとなりました

 

開店少し前の11:25にお店へと到着

車を停め、入り口で開店時刻を待っていると、

あー、たまらん

なんだこの良い匂いは

 

恐らく、自家製の燻製・・・となるのでしょうが

空腹にこの香りは堪える・・・

お店よ、早く開店を迎えておくれ。

久々のお店訪問となった、都賀の「餃子の並商」 本日の限定メニューは要町タンタンつけ麺、そして・・・!?

そんな訳で土曜日のランチを訪れるものとなった、餃子の並商

本ブログでも幾度と紹介している同店ですが

お店を訪れるのは、地味に4ヶ月ぶりになります

 

とは言え、緊急事態宣言中から始まり

近日に至るまで、テイクアウト等では頻繁に利用している同店

 

ご飯ものに餃子にと、我が家の食卓では

幾度と見かけているので、あまり久しぶり感は無いものの

 

いざ券売機に目を向けてみると、

来た来た、本日の限定メニュー

事前にチェックしていたTwitterで気に掛けていた

「大蒜ソバ」についてはすでに終わってしまった様子

 

ですが、それと入れ替わる形で提供されている2品が

・要町タンタンつけ麺

・はまぐりそば

の2品となっております

 

また、同じく事前にチェックし気に掛けていたのが

麺類等を注文した際のみ、追加注文が可能となる

「雲丹の和え玉」なる品

 

どれも一斉に頂いてしまいたいものとなりますが

雲丹好きとして外せないのは、やっぱり和え玉

 

この和え玉をゴールに据えたとして

どこから攻めるか・・・

そりゃもう、はまぐりそばしかありませんね

 

という訳で、私のオーダーは即決

はまぐりそばと共に、和え玉を頂いてみることに

 

ちなみに、カミさん&子供の注文も即決

神の宿るご飯こと「並商ご飯」とお子様ラーメン

それぞれを券売機にて購入し席の方へ

 

 

開店直後に入店となった餃子の並商ですが

土曜日とあって、お客さんも次々と来店

 

雨が降りしきる中にも関わらず

開店から10分経たずに店内は満席を迎えるものとなりました

 

そして、注文から10分程が経過したところで

まず最初に提供となったのがこちら、

子供用にオーダーした「お子様ラーメン」となります

 

さすがにお子様サイズとあって量は少なめですが

驚くべきはそのお値段、なんと・・・100円

 

私とは異なり、すでに朝ごはんを食べている子供なら

同ラーメンでも十分満足出来るサイズ

なによりそのお値段が、親としては有り難すぎる一杯となります

 

それと時同じくして提供となったのが、

いつ見ても鮮やかな神のご飯

カミさんのオーダーした、並商ご飯となります

 

チャーシューになんこつ、ポテサラに味玉と

散りばめられたトッピングが食欲を掻き立てるものの

こちらはあくまで、カミさんの注文した品

 

さて、私のはまぐりそばよ

待ち遠しくてたまらないぞ。

貝出汁に旨味がトコトン詰まったはまぐりそば 雲丹の和え玉とのシンクロ率も完璧なる1杯だった

カミさん、子供にと

続々と注文の品が到着する中

 

これらより少し遅れ、ようやく私の前にも注文の品が到着

こちらが本日のランチ

餃子の並商にて頂く、はまぐりそばとなります

 

貝出汁系のラーメンというと

淡麗・清湯系のスープを思い浮かべますが

こちら並商は、しっかりボディの濃厚そうなスープでご登場

 

ちょっとスープ少なめに見えなくもありませんが

とは言え、やはり貝出汁満載なのは間違いなし

この距離からも良い香りが届き、早くも空腹という名の導火線に火が付きますね

 

それでは早速、スープから頂きましょう

一見すれば、白湯をも彷彿させる色味のスープ

ですが、そこから伝わる味わいは、まさしく蛤

 

品の良い貝出汁ながら、旨味はしっかり濃厚

その濃厚さをスッキリと味わえる、みじん切り玉ねぎの存在も光ります

 

共に頂く麺はもちろん、

パツンと歯切れの良い食感が特徴の中細麺

鶏でも貝でも、なんなら煮干しにでもマッチするこの麺

 

ツルッとした舌触りで口の中に飛び込んできて

プリンとした食感から、パツッといく歯切れの良さ

旨味たんまり蛤スープを程良く絡め、しっかり口の中へと広げていきます

 

そして今回の目玉トッピングとなるのが、

こちらの蛤ではないでしょうか

本ラーメンには3つの蛤が入っておりますが

スープに負けず、滋味深い味わいを持ち合わせたトッピング

 

しじみやあさりのスープも美味しいものの

トッピングとしての存在感を考えると

やっぱり蛤こそが、トップクラスの付加価値を与えてくれますね

 

その他のトッピングには、

こちらは定番、豚のチャーシュー

表で見つけた燻製の正体でもあるこちら

肉の旨味に加え、薫香をも宿しており風味も満載

 

品ある貝出汁に薫香はいかがなものか?と思いきや

これが想像以上にマッチしており、両者の風味をより高めてくれます

 

加えて、しっとり柔らかな鶏チャーシュー

この辺はもう、定番である故にスベり知らずの安定感が満載

 

そしてもう一つ、

このスープに於ける、最高のトッピングとなっているのが、

こちらの岩海苔じゃないでしょうか

 

磯の香りをたっぷり宿した岩海苔

こちらが貝出汁に合わさることで、より磯の風味が際立つ仕上がりに

あらためて思うけど・・・岩海苔、好きだなあ

 

そんな「はまぐりそば」を半分程頂いたところで

スープが冷めぬうちに・・・と、和え玉をオーダー

 

ただこちらが思いの外?

時間が掛かってしまっているようでして

はまぐりそばを平らげ(スープは残し)5分程が経過したところで

ようやく到着となりましたこちら

その名も「雲丹の和え玉」となります

 

タレをしっかり絡めた麺に、たっぷりの海苔

その上に燦然ときらめくのが、そう雲丹

 

こんなん、見ているだけでも美味いに決まってる

そう、食べなくたってその美味さは十二分に伝わってくるのです

が、だとしても食べない訳にはいかず

雲丹を混ぜ合わせる事に躊躇してしまい

まずは麺とタレ、海苔のみを混ぜた後に雲丹のせで一口

 

んー、磯の旨味で埋め尽くされる

パツッとした麺と共に溶け合う、雲丹の甘み

 

濃厚な旨味ではあるものの、和え玉というシンプルなスタイルであればこそ

その旨味がダイレクトに伝わってきますし

トッピングされた海苔、加えてタレらも調味料の様に雲丹を包み込みます

 

雲丹をのせた豪華な和え玉になるためか

麺の量は控えめの半玉となっておりますので

雲丹をダイレクトに味わい続けたい気持ちを押し殺し、

半分の和え玉は、そのまま頂きながらも

もう半分の和え玉については、残った蛤スープにIN!

 

雲丹、海苔、蛤と

三者三様の磯の風味が融合したスープ

こんなの、説明の必要も無く美味いに決まってますよね

 

元よりしっかり味の蛤スープですが

雲丹が加わることによって、より甘みと旨味が引き出されます

 

和え玉のみで頂いている間は

若干の磯臭さを感じていた雲丹ですが

これも蛤スープと合わさることで、その欠点も解消

 

一点のみ残念だったのは

和え玉の提供が遅くなってしまったことから

スープの方が冷めてしまったこと、でしょうか

 

ですが、そんなデメリットをも払拭する程

雲丹、海苔、蛤のコラボは力強さを発揮し

都賀(正確には若松かw)の町に、海岸線を見た気分を味わうものとなりました

 

 

そんな具合に、限定2品(はまぐり&雲丹和え玉)を

ガッツリ頂くものとなった、餃子の並商

 

もうひと品の限定メニューも気にはなっていたものの

やはり今日の所は、蛤×雲丹のコンビで大勝利を収めるものとなりました

 

そのキャッチーなネーミングからして

「どうせ美味いんだろ」

と予想はしていたものの、その予想を見事に裏切らない一杯

 

惜しむらくは、こちらが限定である事でして

特にここ並商は、限定の提供期間がとにかく短く・・・

(この前日に提供されてた大蒜そばとか、1にちのみの限定だったし)

 

とは言え、また別の機会に提供される事もありますので

Twitter等をチェックしながら、次のチャンスを待って頂ければ幸いです。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

餃子の並商

■ ぎょうざのなみしょう

■ 住所:千葉県千葉市若葉区若松531-200

■ 営業時間: 11:30~15:30 / 17:30~21:00(土日、祝は11:30~21:00)

■ 定休日:木曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。