スポンサーリンク

千葉駅西口目の前、ラーメン 頑々坊子にて15分チャレンジを敢行! お向かいのパーキング(15分100円)より100円での出庫は成功なるか!?

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

先日、久々に足を運ぼうとしたものの

「社員研修」という名の臨時休業に阻まれ、訪問ならずに終わった

千葉駅西口、すぐ目の前のラーメン店、頑々坊子

参照:https://barconcertvienne.com/ramen/29794/ ⇒

 

この日のランチがラーメンの気分・・・

という訳では無かったものの、先日足を運べずに終わり

そのままにしておくのも、どこか居心地が悪く

 

特にランチの予定も決めていなかったことから

この日は、そのリベンジを図るべく、再度頑々坊子へと向かうことに

 

一度、お店の前を車で走り、営業していることを確認

前回同様、お店のお向かいとなる

こちらのコインパーキングへ車を停め、いざ頑々坊子へ

 

・・・さて

そうは言ってみたものの、千葉駅前にて長らくお店を構える同店

新メニューが提供されているならともかく、

千葉駅利用者なら、多くの方がご存じの同店を紹介しようにも、

今更、真新しい情報が見つかることも無いはず

 

せっかくならば、なにか面白い切り口は無いものだろうか・・・

ん、向かいの駐車場、15分100円だよな

そしてこちら、頑々坊子は茹で上がりの早い細麺のお店・・・

 

提供を含め、なにかと早い頑々坊子であればこそ

15分100円となる向かいの駐車場を

ワンコインで出庫することも出来るのでは無かろうか??

 

そんな訳で本日のランチは千葉駅前、頑々坊子を訪れると共に

同店向かいの駐車場から、ワンコインでの出庫が可能かどうか!?を検証してみようと思います。

千葉駅前の人気ラーメン店、頑々坊子 2年ぶりに訪れてみると、思わぬ変化が・・・

過去にも何度と訪れており、

また本ブログでも幾度か取り上げていた、頑々坊子

 

せっかく新たに紹介するのであれば

なにか+αの情報を・・・と

 

向かいのパーキングを1コイン(15分)で出庫できるかどうか!?にチャレンジすべくお店の方へ

新たに紹介する要素も少ないのでは・・・

と思ってはいたものの、いきなり思わぬ発見が

現在同店では、開店時刻となる11時から11:30までの30分間限定ながら

ラーメンを1杯500円にて提供中とのこと

 

もしやこちらのタイムサービスに間に合うのでは・・・?

と時計を見ると、今の時刻は11:31

まさかの1分が経過とは・・・惜しい

 

その他のメニューについても店外に掲載がありますが、

同店で基本となっているのはとんこつラーメン

こちらのバリエーションとして、味噌やつけ麺も提供されておりますが

やはり基軸となるのは、醤油とんこつということになります

 

それでは、15分での出庫を目指して店内の方へ

早速、券売機へ・・・と向かうと

おっと、券売機前には先客が1組

 

思わぬロスにはなったものの、所要時間は30秒程

続いて私も券売機に向かい、メニューを選択・・・

あれ・・・前よりちょっとお値段、上がってる??

 

それもそのはず、最後に同店を訪れたのは2年前

同時期から現在までに消費増税が行われておりますので

その分が加算されたのか、全体的に80円程、値上がりされているようです

 

こちらのお店では、ランチ・ディナー帯に関わらず

いつでも替え玉が一回無料となるサービス付き

 

加えて、千葉駅から徒歩1分という立地を噛みすれば

80円ほどの値上がりなら、まあ許容範囲では無いでしょうか・・・

 

 

と思い眺め直した券売機ですが、その一番上に並ぶ

「頑々盛らーめん」を見ると・・・

 

そのお値段、なんと1800円!!

味噌とんこつの頑々盛らーめんに至っては1,900円!!

 

千葉市内に数あるラーメン店の中でも、

2,000円近いお値段となる両品は

私が知る限り、恐らくTOP5には入る高額設定じゃないでしょうか

 

確か、2年前に同店を訪れた際には

こちらの「頑々盛らーめん」を頂いたはず

参照:千葉駅徒歩1分の人気ラーメン店 頑々坊子の新メニュー、乗せすぎ注意な頑々盛らーめん ⇒

 

ちなみにこちらが、2年前のお値段となるのですが、

当時のお値段も確かに高額ではあるものの、

スペシャル乗せであれば、納得出来る1,280円

 

2年前と今とで、写真を見る限りの変化は見つからないものの

その差額は・・・520円

 

 

お店側としても、さすがに1,800円は振り切った価格といった自覚からか

2年前には「迷ったらこれ」と、お勧めのPOPがありましたが

さすがに現在の頑々盛らーめんには、お勧めする声も無し

 

いくらスペシャルとは言え、ラーメン2杯分のお値段に手を伸ばす勇気は無し

なにより、本日もう一つの目的は、15分で退店~駐車場からの出庫となります

 

ここは大人しく、とんこつ醤油・・・

いや、せっかくなら小さいながらもエッジを効かせ

煮干しとんこつに、チャーシュートッピングにて頂いてみようと思います。 

豚骨スープに程良いエグミと塩味を合わせた一杯、とんこつ煮干しを頂き、15分以内の出庫を目指してみた

ラーメン各種の値上げについては納得出来るものの

スペシャルな2杯の500円アップには、

さすがに驚きを隠せそうに無い、久々の頑々坊子

 

とりあえず今日の所は、抑え気味な一杯を

ということで、煮干しとんこつにチャーシュートッピングでオーダー

 

食券を手渡し、待つこと5分弱

予想通りのスピーディーさで提供となった本日の一杯、

こちらが、頑々坊子にて頂く

「煮干しとんこつラーメン(チャーシュートッピング)」となります

 

レギュラーの醤油とんこつ、

味噌、つけ麺についてはこれまで幾度と食べてきたものの

実はこちらの煮干しとんこつを頂くのは、今回が初めて

 

以前はそこまで食指の動かなかった煮干し系ですが

最近は多くのお店で提供されていることや

そのレベルが高いお店も増えてきたことで、私の好みにも変化が出てきたのか

 

いずれにせよ、気になる品であるのは間違い無く

早速、こちらのスープより頂いてみようと思います

濃度のしっかりした豚骨スープ

そこに香りを上げながら溶け込む煮干しの風味を感じながら一口

 

まずはしっかりした豚骨の旨味が伝わってきますが

それを追って、気持ちエグミを残した煮干しの風味が着陸

 

煮干しの風味も強く感じる故か

気持ち塩味を強く感じますが、この辺は好みの差でしょうか

 

続いては、麺の方へ移ってみますが

こちらも他の品同様、細麺を使用

茹で加減は特に指定していませんが、気持ち固めの茹で加減

 

とは言え、博多系豚骨に比べれば柔らかさを感じる食感で

駅前という立地のお店らしく、万人受けする麺といった所でしょうか

 

続いては、追加でトッピングした

こちらのチャーシューとなります

 

同店のチャーシューは、博多系豚骨ラーメン同様に

薄切りで提供されているのが特徴的

 

とは言え、1つ1つの大きさはしっかりしており

濃厚なスープと頂く事を踏また、程良い厚みとなっております

 

豚肉の甘みが、エグミあるスープとも良く馴染む一方

チャーシューと共に頂くと、やはり塩味の強さが気に掛かる部分も

 

その他トッピングは、なるとに海苔

固めのメンマらが盛り付けられる中

 

私が、ここ頑々坊子で一番お気に入りとなるのが、

こちら、あおさ海苔となります

 

同海苔は今回頂いた煮干し豚骨だけで無く

全てのラーメンにトッピングされている、

いわゆる頑々坊子ならではのトッピング

 

豚骨とあおさ海苔という珍しい組み合わせではありますが

これが思いの外、良い主張を残してくれる上に

本日頂く煮干しとは、尚のことマッチするトッピングに

 

あおさ海苔を探し求めている間に、気付けばスープを完飲・・・

となることもある程、こちらのスープに加わる海苔の存在が

私的には、かなりのお気に入りだったりもします

 

 

そんな感じでラーメンを頂き終えたところで、

本来なら、サービスで頂ける替え玉・・・

 

となる展開なのですが、本日は別の目的も兼ねているため

替え玉をせずに、ここで完食終了

 

お店を出て、寄り道すること無く駐車場へ

車へと乗り込み、駐車券と現在時刻を確認しますと、

ここまでの総所要時間は、なんと13分!!

見事、15分以内での完食~退店に成功するものとなりました

 

しかも本日は、写真撮影をしながらのラーメン飲食

カメラを向けること無く、挑むのであれば

もう2分程の短縮も可能となるでしょうし

 

加えて、券売機前で迷うこと無く

予め注文する品を選択しておけば、更なる短縮を目指すことも可能

 

そこまで完璧な布陣で挑めば

替え玉や、追加トッピングを加えたとしても

15分以内で全てを済ませることが可能になるのでは???

 

そんなスピーディーさもまた、

忙しく働く人が集う、ここ頑々坊子であればこそ

 

注文から提供の早さ、早く茹で上がる細麺の使用など

圧倒的短時間でランチを頂き、満足出来る事も

同店の魅力の1つである事を確認するものとなりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

頑々坊子

■ がんがんぼうず

■ 住所:千葉県千葉市中央区新千葉2-3-12

■ 営業時間:11:00~22:00 (日曜日のみ20:00まで営業)

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。