スポンサーリンク

中央区都町の老舗中華料理店、永楽亭で頂く夏の絶品冷やしメニュー ピリ辛キュウリのウマ辛さは今年も絶好調だった

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

8月も後半となり、いよいよ来週からは子供の学校も再開

最後の週末ということで、午後からはちょっとお出かけするものとなり

この日のランチは近場でササッと済ませようといった話に

 

すでに夏も後半へと突入したものの

今年は諸事情によって、毎年の課題ながらに解消出来ていない冷やしメニューが多数

 

この日もまた、そんな課題を1つクリアしよう

といった目標を掲げ、足を運んだ先は中央区都町

 

ここ都町で頂ける、絶品冷やしメニューと言えばそう

永楽亭 都町店を差し置いて語ることは出来ません

 

という訳で本日のランチは、我が家でも行き着けの中華屋さん

「永楽亭」よりお届けさせて頂きます

地元で愛される町の中華屋さん、永楽亭 都町店で頂く今年の冷やしメニュー、と言えば・・・!?

新型コロナからの緊急事態宣言が解除され

まず最初に家族で足を運んだ先となるのが、ここ永楽亭

 

それ以来、3ヶ月ぶりとなる同店ですが

お店の雰囲気、様子は変わらずのままとなっており

 

また、新様式として多くの店が取り組んでいる

感染防止ガイドラインに則った、カウンター前のビニールカーテン設置なども

同ガイドラインの発令よりもだいぶ前から取り組んでいる同店

 

町の中華屋さんながら、実は古くより

感染対策に率先して取り組んで来たのでは無かろうか??

とも思わせる程、万全な対策を採り営業を続けております

 

 

さて、そんな永楽亭ですが

約3ヶ月ぶりにお店を訪れたところ、実は大きな変化を1つだけ発見

 

それがこちら、

同店の裏(正確には、不二家の裏)にある駐車場

 

こちらのロープがキッチリ弾き直されており、

また後ろ側に生え茂っていた雑草もバッサリ、綺麗に整備されているのです

 

 

・・・さて、お店の方に戻りますか。

 

本日のお目当ては、メニューを見る間もなく確定・・・

してはいるものの、やはり季節毎に様変わりしている

黒板メニューだけは気になるところですね

 

あらためてこちらをチェックしてみますと、

鳥肉の黒コショウ、塩炒めが並ぶ他

レバーの入ったスタミナ焼などが並ぶ傍ら

 

何気に良い雰囲気を醸し出しているのが

「スパイシーガーリックチャーハン」なる品

 

タイミングさえ合えば、是非とも食べてみたいチャーハンでしょうが

やはり今日の目的は、冷やし

残念ながら、見過ごす以外に道はありません

 

そして、本日のサービスランチには、

肉ニラ炒め、五目中華丼、皿うどんの3品が

 

といったメニューを見渡したところで、私のオーダーはピリ辛キュウリ一択

そしてカミさんも間違い無く、ナスの辛子炒めを頼むのだから

お店を訪れる前でも記事が書けてしまうんだろうなあ・・・

 

と思っていた矢先、口からまさかの

「スパイシーガーリックチャーハンにする」のひと言が!!

 

しかし、それを追う形で子供からは

「じゃあ、ナスの辛子炒め」との声が飛び交い

毎度おなじみ、茄子を食卓に迎えつつ、合計3品をオーダーするものとなりました。

冷たい麺に、ウマ辛なキュウリ そしてたっぷりチャーシューでボリューム抜群、ピリ辛キュウリは今年も絶品

注文を終え、待つこと7~8分

まず最初に提供となったのが、永楽亭を代表する看板メニュー

 

私が知る限りでも、同店を訪れるお客さんのウチ

2組に1組は注文しているのでは無いか?という大人気メニュー

茄子の辛子炒めとなります

 

その美味しさに関しては、本ブログでも幾度と触れてきている通り

今更説明の必要を感じない、永楽亭を代表すべき看板メニュー

(実際の所は、ちゃんぽんが看板っぽくなっておりますが)

 

しっとりした茄子に、これでもかと染みこむ油の旨味

辛子炒めと言いつつも、その辛味は程良いピリ辛止まりで

辛いものを苦手としているウチの子でも、食べられてしまう程

 

その旨味とピリ辛具合が否応なく

ご飯を欲する味付けとなっているのです、が・・・

 

普段(もっぱら日曜日)であれば、こちらを単品でいただき

これにプラスご飯ものをオーダーし、子供とカミさんでシェアし

ちょうど良いボリュームとなる同品

 

ですが、この日は平日であった事から

単品メニューは全てランチの定食(ご飯&スープがセット)として提供

かくして、チャーハンに加え、ご飯までが出揃うものとなってしまいました

 

 

ひとまず、チャーハンについては私も担当することで、子供は白米&茄子に専念

次に提供となったのが、今夏初めて頂く、永楽亭の冷やしメニュー

こちら、ピリ辛キュウリとなります

 

同店では年間通じ、おつまみメニューとして提供される

「きゅうりもみ」

 

そちらを冷たい麺にトッピングする形で提供される

永楽亭が誇る、唯一無二の最強冷やしメニュー(私調べw)

 

まず目を見張るのが、その溢れんばかりの具材たちで

たっぷりのキュウリにチャーシュー

更にはメンマもふんだんにトッピング

 

どこに麺が潜んでいるのか、見つからない程、豊富に盛り付けられた具材達

これらが酸味あるタレ、更にはピリ辛な味付けに合わさる、夏のイチ押しメニューとなります

 

さて、本来なら麺と共に頂きたい豊富すぎる具材たち

とは言え、あまりの豊富さに麺まで到達出来ず、まずは具材を減らすところからスタート

細すぎず、太すぎずと、シャキッとした食感を残しながらも、

タレの染み入るちょうどいい加減でカットされたキュウリ

 

それとほぼ、同じサイズにチャーシューもカットされることで

各具材が食べやすく、口の中で馴染みやすくもなります

 

また、私的に同品がピンポイントに刺さる最大の理由

それが、メンマの存在でして

 

表だって公表する機会が無かったのでアレですが

実は私、結構なメンマ好きでして

 

とは言え、ラーメンのお供にはなれども

それ以外の場面で、そうそう頂く機会の無いメンマ

しかも、存在したとして脇役扱いの少量程度

 

そんなメンマが、チャーシューに並ぶ主役に躍り出て

しかも、冷たい麺と共に大量に頂けてしまう

このコラボこそが、本冷やしメニューを愛する大きな理由でもあります

 

そんなメンマ愛を訴えている間に、ようやく麺まで到着

キンキンに冷えたお皿同様、麺も冷たさをしっかりキープ

 

適度な辛味に、酸味あるタレの風味を纏いつつ

キュウリ、チャーシュー、メンマら、

それぞれが異なる食感をもたらし、共に奏でるハーモニー

 

これぞ都町、永楽亭を代表する夏メニュー

それにしても・・・美味い。

 

 

一方、黒板メニューを目にし、

珍しくナスの辛子炒め「以外」に興味を持ったカミさんがオーダーしたのが、

こちら、スパイシーガーリックチャーハンとなります

 

ネーミング的にはスパイシーと、辛さを彷彿とさせる名前ながら

その実派、胡椒が多めに使用されているのみで

そこまでのスパイシーさには至っていない同チャーハン

 

とは言え、もう一方のネーミング

ガーリックの方はふんだんに使われており、

香りもしっかり、旨味とコクもご飯に伝わったチャーハンとなっております

 

具材は玉子にネギ、ガーリックにチャーシューとシンプルですが、

シンプルな具材故に、じっくり伝わるご飯の美味しさ

 

恐らくですが、こちら永楽亭では、通常の白米とチャーハンとで、別のご飯を使っているようでして

子供の食べている白米に比べ、チャーハンはお米が一回り小さいんですね

 

その結果か否かは分かりませんが、

しっかり油を纏っているものの、ご飯がベトッとせず

かといって本格派中華の様な、パラッパラ過ぎることも無し

 

程良いパラつきながら、各素材の味わいをご飯に宿し

ほんのり感じる胡椒のスパイシーさと共に、レンゲが進むひと皿となります

 

ただ、予想できていた通りではあるものの

そのご飯の量は相当すぎるボリューム

 

男性でも十分満足出来る1皿を、カミさんが完食出来る訳は無く

残るチャーハンは案の定、私が担当することに

※ 子供は子供で、茄子&白米に奮闘

 

ピリ辛キュウリですら、相当なボリュームの中

更にたっぷりチャーハンまで頂き、腹パン寸前を迎えるものとなりました。

 

 

という訳で、三ヶ月ぶりの訪問にて

ようやく今年の夏メニューを頂くものとなった、都町の永楽亭

その絶品加減は変わること無く、今年もしっかり輝きを放つものとなりました

 

ただ、やはり堪えたのはそのボリューム

ピリ辛キュウリのみで十分満足な所に

あの大ボリュームチャーハン、その約1/3を抱えるとなると、相当なものでして

 

そうじゃ無くても、子供との外食頻度が増しているここ数ヶ月で

ついに私の体重も、越えてはいけない大台に差し掛かる一歩手前

 

来週からは子供の学校も再開となり

ようやく1人前の食事「のみ」で済む日々が戻りますので

いい加減、そろそろ体重との向き合い方も考えなければなりませんね。。。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

永楽亭 都町店

■えいらくてい みやこちょうてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区都町1-9-2

■ 営業時間:11:30~14:00 / 18:00~翌1:00

■ 定休日:木曜日

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。