スポンサーリンク

海浜幕張、ベジタブル ヌードル タドコロがリニューアルオープン! 新メニューにカレーを加えた同店で頂く、辛シビスパイシーなベジ味噌坦々

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

午後から所用があり、この日のランチは海浜幕張の

マリブダイニングにて、家族3人で頂く事に

 

先日の記事でも紹介した「韓国料理 チェゴヤ 海浜幕張店」でランチを終え

トイレへと向かった子供を待ちながら、同フロアをフラフラしていると、1軒のお店が視界に

店先に大きく

「リニューアルオープン」を掲げたこちら、

Vegetable noodle Tadocoro(ベジタブル ヌードル タドコロ)となります

 

そういえば2ヶ月ほど前、ランチに同店を訪れた際

「リニューアルに付き、店内改装中」との張り紙を目にして、Uターンした記憶が

 

あれから2ヶ月、どうやら2月末にリニューアルを果たし、再オープンをスタートさせた模様です

リニューアル前の同店は、店名通りベジヌードルを提供するお店でしたが、現在はと言うと、

リニューアル前にも提供のあった、こちらの野菜をふんだんに使った担々麺

 

それに加えて現在は、

これまた野菜たっぷりながら、スパイシーなカレーも提供しているとのこと

 

既に一軒目のランチを終えはしたものの、

ボリューム面に難があり、現在の胃腸は腹四分といったところ

ここからカレーを頂くのは厳しいものの、担々麺くらいならワンチャンありそうな・・・

 

よし、カミさんに相談してこよう。

田所商店の新形態、ベジタブル ヌードル タドコロがリニューアル!新メニューにカレーを加え2月末にオープン

まさかのタイミングで、リニューアルオープンしたばかりのベジタブル ヌードル タドコロと対峙

普段、そう足を運ばない海浜幕張

しかも、マリブダイニングとなれば、年に数度足を運ぶかどうか

 

ついでとまでは言わずも、この機会にお店に足を運ぶべく

既に食事を終えたカミさんに相談を持ちかけた所

「下のカフェでコーヒー飲んで待ってる」との良好な返事が

 

日頃より家族サービスに手間暇を費やしてきた効果が、思わぬ場で芽を開いた様です

という訳で連食ながら、お店を訪れるものとなった、ベジタブル ヌードル タドコロ

 

店内の造りはリニューアル前と大きく変わらず

テーブル席に加え、店内奥の窓際にカウンター席を設置

カフェの様な小洒落た雰囲気含め、お店のコンセプトにあった作りとなっております

 

ザッと見渡す限り、そこまで大きな変化は感じないものの、

オープンキッチンの前には、スパイスに関する解説を発見

そのお隣には、デトックスウォーターの姿も

 

一見すると、どの辺がリニューアルされたのか

と首をかしげるベジタブル ヌードル タドコロですが、

なるほど、メニューは大幅に変更が加えられております

 

リニューアル前の同店では、ごぼうや生姜など5つのコンセプトに基づき

5種のベジヌードルを提供しておりましたが

現在のメニューは上記の通り

 

・担々麺(味噌坦々、ベジ味噌坦々)

・スパイスカレー(チキン、ベジ)

の計4種類にランチメニューが統一された模様

 

味噌坦々には挽肉らしい姿が見える他

スパイスチキンカレーはその名の通り、鳥肉を使用しているらしく

以前の「野菜オンリー」というコンセプトを外したものと思われます

 

千葉にしては尖ったコンセプトとなる、ヴィーガンのラーメン店ですが

オリンピックイヤーとなる本年、しかも国際色豊かな海浜幕張であれば

そのコンセプトも受け入れられるのでは無かろうか

 

とは思っていたものの、前述した通りの業態チェンジ

カレー、担々麺共に、動物性タンパク質、脂質の美味しさを見直すことになったものか?

 

と思いきや、

こちら、小さな文字で書かれた説明書きによると

・担々麺・・・野菜の旨味を凝縮したスープを使用した、味噌と胡麻の濃厚スープ

・カレー・・・ハーブやスパイスなど、彩り美しいおかずが盛りだくさん

 

うーん、動物性不使用との記載は無いものの、野菜をベースとしているコンセプトは継承されている模様

ハッキリしたことは分かりませんが「野菜を基調」としたお店である事は間違いありませんし

私にとっては、動物性タンパク質の使用、不使用もどちらでもOK

(どちらかと言えば使用ウェルカム)

 

なんにせよ、食べて確認するのが手っ取り早い施策

という訳で、今回は4種のランチメニューから「ベジ味噌坦々」を頂いてみようと思います。

ベジヌードルらしさは残しつつも、辛シビに拍車を掛けた、ウマ辛スパイシーな一杯、ベジ味噌坦々を食べてみた

店内奥のカウンター席に通され、注文

真後ろに掲載されたスパイスの説明に目をやりながら、デトックスウォーターなんぞを頂けば、気分はまるで丸の内のOL

 

ただOLさんとの決定的な差となるのが、今より頂く担々麺が

本日二食目のランチである事(しかもラーメンの連食)

 

とは言え、その事実に気付いているのは、この中でも唯一私だけ

もう少し丸の内OLの気分に浸ってみよう、と窓の外の風景を眺めている所へ

本日二食目となるランチが到着

こちらが、ベジタブル ヌードル タドコロにて頂く

「ベジ味噌坦々」となります

 

丼全面に広がった、色濃い胡麻

その上を彩るのは、ナッツに水菜、ネギにトマト

紫色した野菜は、紫キャベツの浅漬けになるとか

 

彩り鮮やかな担々麺に加え、お隣にはセットのサラダも提供

よし、ここまでは丸の内OLの雰囲気を、しっかり継続させられそうです

 

それではまず、セットのサラダから頂いてみましょう

こちらは、レタスに人参、水菜などを盛り付け

ドレッシングはコブ系となっており、甘みの中にスパイシーな味わいが感じられます

 

そんなサラダを一飲みした所で

いよいよ、こちらの担々麺とご対面

 

田所商店が運営する別ブランドらしく、味噌をベースにした担々麺

見るからに濃厚な胡麻の風味に加え、辣油の赤身が辛みを感じさせます

 

それではまず、スープの方から一口

ほんのりと甘みを感じる味噌と胡麻の風味

しかし、それを追う形でしっかり伝わる辣油、唐辛子の辛味

更には、その見た目からは想像の付かない、花椒の尖ったシビれも伝わるスパイシーさを生み出しています

 

しかし、辛味やシビれだけでなく、胡麻の旨味は勿論のこと

ベースとなっているスープが野菜中心であるからか

それらから生まれる甘みも広がり、奥深さのあるスープに仕上がっています

 

辛味、シビれも強く出ていることから、辛党でも満足出来る味わい

それでいながら、各素材の持ち味も引き出されるなど、レベルの高い仕上がりで、こりゃ美味いわ

 

複雑に絡み合う旨味の中に、しっかり辛さとシビれも配合

二口、三口と飲むに連れ、しっかりと流れ出る汗を拭きながら、

続いては具材の野菜を頂いてみます

 

トッピングは上記の野菜のみにはなるものの、

キュウリに白髪ネギ、トマトに紫キャベツとバリエーションは豊富

個々で異なる食感や、甘み、苦みなどを感じさせ、食べ飽きないアクセントを与えます

 

中でも注目したいのが、紫キャベツの浅漬け

どういった味付けなのかは未確認ながら、ひと噛み毎に甘みが溢れ

辛味とシビれ、コクの強いスープに、面白い変化を与えてくれます

 

また、量が少ないながらに良い仕事をしていたのが人参で

こちらにはココナッツ風の味付けがなされており

この風味が、胡麻&ナッツ香る担々麺を、よりオリエンタルな味わいに昇華させております

 

ただ生の野菜を盛り付けるだけで無く

トッピングにも、異なる下味を加えることで、ワンパターンになりがちな担々麺を

口に運ぶ度、異なる風味を感じさせる味わいの変化もまた、同品の大きな特徴と言えます

 

共に頂く麺の方は、

こちらの中太縮れ麺

担々麺にしては、意外なほどの太麺になりますが

こちらのスープは直球的な動物性の旨味では無く、ジワジワ伝わる野菜の味わいがベース

 

一見すると濃厚に触れ過ぎそうな太麺ではあるものの

スープそのものが濃厚な訳では無い、同担々麺となら

この組み合わせもまた、面白い組み合わせを見せてくれます

 

タップリ盛られた野菜だけで無く、麺の量もなかなかなボリューム

ヘルシーに思われる野菜三昧の担々麺ながら、胡麻やココナッツらの味わいも重なり

しっかり満腹を感じられるボリュームも持ち合わせた、大満足の一杯となりました

 

ただ一点だけ、どうしても気になったのが、

 

この器の高さでして

 

恐らく、テーブル席で頂く分には気にならない、同器

しかし私はこの日、1人での訪問である事から、カウンター席へと通された訳ですが

 

高めに設計されたカウンター席で、この高さあるラーメンの器が、気持ち食べづらく感じられます

身長が180センチの私でさえ、食べづらく感じる器の高さですので

同店が主ターゲットとしている(と、思う)女性であれば、この器の高さはより食べづらく感じるのではないかと

 

 

まあ、器の問題はさておき

今回頂いた担々麺は、前述した通り「ベジヌードル」のコンセプトを継承した

野菜100%(かどうかは未確認ですが)で仕上げられた担々麺

 

普段、野菜と肉を天秤に掛ければ、4000%肉を選ぶ私をして

大満足出来てしまう、野菜の旨味を存分に味わえる担々麺となりました

 

また、カレーを始めスパイスの使用もコンセプトに加わったからか

辛味にシビれにと、そのスパイシーさもまた、深い味わいを与える要因に

 

しっかりとした辛味を感じつつ、その上で野菜の旨味や栄養素も取り込める担々麺

さすが、田所商店と、そのブランドに久々感服する、大満足の一杯を頂きました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

Vegetable noodle Tadocoro

■ ベジタブル ヌードル タドコロ

■ 住所:千葉県千葉市美浜区中瀬2-6 ワールドビジネスガーデン 2F

■ 営業時間:11:00~21:00

■ 定休日:不定休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。