スポンサーリンク

若葉区が誇るやんちゃ飯、餃子の並商にて頂く期間限定メニューいくらまぜそば サーモンといくらの親子共演が、まぜそばにて実現!?

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルスの蔓延により、子供の学校も多分に漏れず休校へ

少し早めの春休み・・・もとい、夏休み級の連休へと突入してしまい、しばらくは子連れでのランチに

 

さて、そんな中この日のランチへと向かった先は、都賀にある「餃子の並商」

数日前からTwitterの方で紹介されいた限定のまぜそばが、大いに気になることから、そちらを目的にお店へ

 

到着時刻は、開店となる11時を5分ほど過ぎた所

車を停め、急ぎ店内へ向かおうとするも・・・あれ?

お店、やってなくないか?

 

これはもしや、久々に見せる伝統芸(臨時休業にぶち当たるクセ)か!?

と、恐る恐る店の入り口に近づいてみると・・・

 

あ、営業開始時間が変わってた

と言うよりも、並木商事GRANDE時代の11:30オープンに戻ってた様で

そんなことも露知らず、開店20分前にお店へ到着してしまった我が家一行

 

さて、残り20分をどうしたものか

まずは、表にあるテラス席ではBBQを提供しているとのことで

そちらの様子を覗き見たり

車に戻って、ヤンマガを読むなどしながら待つこと20分

ようやく入り口の開いた餃子の並商にて、本日までの限定まぜそばを頂いてみようと思います。

都賀駅から車で5分 餃子の並商にて新作の限定メニュー その名も「いくらまぜそば」??

という訳で、まさかの営業時間変更を見落としており、開店20分前から待機するものとなった、久々の餃子の並商

開店と同時に向かった店内ですが、券売機に目をやると

あったあった、本日(3/2)までの限定メニュー

その名も「いくらまぜそば」となります

 

旧餃子の並商、並木商事GRANDE時代を含み、数々の限定メニューを送り出してきた同店

その多くがチャレンジなメニューである事から、好み含め賛否両論分かれる所も多いのですが

中でも今回の限定メニューは、いくらを使ったまぜそば

 

数ある過去の限定メニューと比較しても遜色ない

いや、奇抜さで見れば、明らかに頭1つ飛び出てしまった異質な一杯

 

ですが、いくら好きである私としては、その異質な組み合わせがどう出るものか、試さずにはいられず

同限定メニューの提供最終日に滑り込みながら、こちらをオーダー

 

ついでに餃子も・・・と思ったものの、まぜそばは大盛りが無料とのこと

ならばこちらを大盛りにて頂く事を考慮し、

サイドメニューには軽めに、タルタル揚げ餃子を頂いてみます

 

ちなみに、この日は学校がお休みである事から、子供&カミさんも同伴

餃子の並商へリニューアルしてからは初となる子供は、お子様ラーメンを

カミさんの方は、並商GRANDE時代から好物としていたものの、一時メニューから姿を消しながら

少し前より復活を果たした、こちら

神の食べるごはんこと「並商ごはん」をそれぞれオーダーするものとなりました。

いくらとサーモン、大葉らに彩られた、和風の様でイタリアンないくらまぜそば ついでに並商ご飯も大復活!!

営業開始時間が変更となったことに気付かず、店先で20分待ちながらの入店となった、この日の並商

開店後、いの一番で入店したものとなりますが、その後も次々とお客さんが来店

気付けば開店から10分少々でテーブル席は満席、カウンターも数席を残すのみに

 

これが週末ならともかく、今日は平日月曜日

世間では、新型コロナウイルスの影響で、多くの飲食店も打撃を受けているとの話ですが、そんな影響もお構いなし、今日も並商は元気な模様

 

そんな活気づく店内の様子を眺めながら、待つこと10分

まず最初に提供されたのは、子供がオーダーしたこちら

お子様ラーメンとなります

麺は通常の中華そば等と同じものが使用されている様で、スープは醤油ベース

大人用よりも、油、カエシ類は控えめに作られている様ですが、味わいはしっかり

 

トッピングは、コーンに葱、鶏チャーシューの細切りとシンプルなものの

驚くべきはそのお値段、これ一杯が100円で頂けるのですから、親としては有り難すぎます

 

続いて提供となったのは、カミさんのオーダーした、

こちらのガッツリメシこと、並商ごはん

チャーシューになんこつ、ポテサラに味玉

たくわんにマヨネーズと、そのやんちゃぶりは変わらず健在

 

スープも付いて、ご飯大盛り無料ながら、お値段は880円

数年前と比べれば、若干値上がりはしているものの、

お腹いっぱい満たされるガッツリ具合と多幸感は間違いない1品

 

また復活に伴い、テイクアウトも可能となりますので

餃子と合わせ、我が家の食卓に並ぶ日も、そう遠くはないのかと

 

そんな2品に遅れること5分

ようやくお出ましとなった、本日の限定メニュー

こちらが、餃子の並商にて頂く

「いくらまぜそば」&「タルタル揚げ餃子」となります

 

さてさて・・・

どっからどう手を着けて良いものやら、早くも悩むこちらの器

赤く輝く海のルビーこと、いくらを大漁にあしらいつつも

その下には岩のり、大葉、フライドガーリックがこれまた大漁

 

しかしそれも、あくまで表面の話で

180度回って、裏から覗き込むと、

こちらにはたっぷり鶏チャーシュー、いや胸肉かな

お隣にはスモークサーモン、更には赤い・・・なんだお前は?

 

明太子の様でもあり、ポテトサラダのような品

恐らくこの存在が、同まぜそばの方向性を左右するトッピングになる様に思われます

 

そして、共に頂くサイドメニューが

こちらのタルタル揚げ餃子

 

餃子の並商名物、餃子を揚げた上に、餃子の具材をトッピング

更にはマヨネーズをあしらってしまうジャンクな一品

 

揚げた衣が鋭く、口の中に刺さるのが難点ですが、パリッとした皮の食感

その中から広がる、野菜多めの餡に、追いトッピングのタルタルと

様々な味わいが伝わりながらも、追い打ちを掛けるマヨネーズによって統一される、やはりジャンクながらクセになる1品です

 

続いては本命、まぜそばに挑む訳ですが・・・

こちらの品、「まぜそば」となる以上は、混ぜて頂くのが既定路線

ですが、その美しく妖艶な盛り付けを見ていると、うーん混ぜるのが勿体ない

 

もう暫く眺めていたくもなりますが、表には入店を待つお客さんの姿も

ここは急いで席を空けるべく、心を鬼にして麺を混ぜ始めることに

 

まずは一口、麺のみを取りだし味見から

ムニュッとした舌触りが特徴的ながら、コシを感じる様な歯ごたえ

中太な麺の太さもこぎみ良く、麺のみでもしっかりした存在感を受けます

 

さて、問題となるのはこちら、

先ほども触れた、赤いポテサラの様なペースト

その正体は果たして・・・

 

なんだ、一体・・・

 

クリームチーズの様な濃厚さと磯の風味が融合した味わい

色味、風味共にいくらが使われている様に思うのですが、それ以上の正体は分からず

 

ただ間違いなく言えるのは、このペーストがしっかり混ざり

麺やその他のトッピングと絡まることが、同まぜそばの味の決め手

ここで一旦仕切り直し、回数を重ねて更に混ぜ合わせていくことに

 

っと、その前に姿を確認しておきたいのが、

こちらの岩のり、そしてスモークサーモンですね

海苔はともかく、サーモンについては混ぜていくことによって、ほぐし身の様に細かく混在

これもまた、食感やスモーキーな風味をプラスし面白くなるものの、やっぱ1つくらいはそのまま味わっておきたいトッピングですね

 

そんなトッピングらと謎のペーストをしっかり混ぜ併せ

より「まぜそば」らしくなった所で、再度一口・・・

 

うーん、これはもう、まぜそばではない

敢えて言うなら、サーモンといくらのクリームパスタ?

いや、大葉の爽やかな風味にジューシーな鶏胸肉も加わるので、パスタとも説明しがたい

 

中太麺の程良い食感だけ見ると、確かにまぜそば風と言えるのですが

いくらとサーモンが与える塩味に甘み、それに絡む謎のペーストの旨味とコク

これらの組み合わせについては、惑うことない、高尚なイタリアンのパスタ

 

にも関わらず、フライドオニオンのコクや岩のりの風味

後味をスッキリさせる大葉の一仕事も加味すると、和テイストに感じる部分も

 

一見すれば、とっ散らかったようにも思える、これら要素の組み合わせですが

図らずも何故か、丼の中で1つに融合

そして一言、かなり美味い。

 

この味わいで頂くのなら、これもきっとマッチするはず

と、提供時に共に配膳された山葵もまぜそばにトッピング

 

こちらを加え、更に混ぜ合わせていくことにより、一層和テイストに比重が変化

 

まぜそばのようでありながら、最初の味わいは高尚なイタリアン

しかし、混ぜ方やトッピングとの組み合わせ次第では、和テイストな表情も見せる、奥深きまぜそば

 

海鮮まぜそばの様で、海鮮の枠には収まらない

唯一無二の個性的な味わいを魅せる、限定であるのが口惜しい一杯となりました

 

 

という訳で、久々の訪問となった餃子の並商

久々ながらに頂いた限定メニュー「いくらまぜそば」ですが

前述した通り、類い希な旨味の応酬するその様は、私の胃袋にドストライク

 

謎のペースト、その正体を解き明かせなかったのは残念に思いますが

盛り付けられる多数のトッピングが、各々に主張しつつも

最終的に手を取り合ってしまう平和な味わいは、数あるまぜそばのなかでも、極めて希な調和を果たしておりました

 

最後、タルタル餃子の残った具材をトッピングしてみたのですが

地味ながら、この味変もまた見事なアクセントに

 

その他トッピングとも、いろいろな変化を楽しんでみたいものの

惜しむらくはこちらが、期間限定のメニューとなったことでしょうか

次にお目見えする機会があれば、更なる味変にも挑んでみたくなる、そんなまぜそばを堪能するものとなりました。

 

なお、本日頂いた「いくらまぜそば」は

前述した通り3/2までの限定メニューとなりますので、ご了承下さい

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

 

餃子の並商

■ ぎょうざのなみしょう

■ 住所:千葉県千葉市若葉区若松531-200

■ 営業時間: 11:30~15:30 / 17:30~21:00(土日、祝は11:30~21:00)

■ 定休日:木曜日

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。