スポンサードリンク

千葉市の最北端で24時間営業のにんたまらーめん、ゆにろーずで発見した「あかたまラーメン」 その風貌はあの担々麺!?

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

土曜日ながら、朝イチで勝田台にある事務所へ向かう用事を抱え、国道16号を北上

普段、事務所に向かう際には、勝田台から京成臼井に掛け、京成沿線沿いでランチを頂くのが習慣・・・

 

となっているのですが、この日事務所に向かうべく、車を走らせた時刻は午前10時

当然ながら、どこのお店もランチ営業前となるのですが、実はこの日に限り

「京成沿線では無い」所で、しかも一足早いブランチを目的としていたのです

 

その行き先となるのが、こちら

千葉県を縦断する国道16号を走った経験のあるドライバーさんなら、誰もが知るド派手な看板

「にん(にく)たま(ご)ラーメン」でお馴染み、ゆにろーずとなります。

 

国道16号の横戸交差点隣にお店を構える、こちらのゆにろーず

24時間営業のラーメン店となっており、トラックの運転手さんを始め、多くのドライバー達の憩いの場としても有名なお店

 

ただ、そのお店のコンセプト故に、ラーメン好きが通うお店と言うよりも

・早く

・安く

・お腹一杯

・早朝から深夜でもOK

そういった印象を受けるお店となり、私自身も同様のイメージ(というか、過去の経験則より)を持っております

 

しかし、、、少し前に某情報筋より、こちらのお店に

「私が好きな、とあるラーメン」を模した?品があるとの話を聞きつけていたのです

 

そこで、その真偽を確かめるべく

本日のランチ・・・もとい、土曜らしいブランチを頂くべく

約12~3年ぶり、こちらゆにろーずを訪れてみるものとなりました。

国道16号内回り、横戸交差点で24時間営業のにんたまらーめん、ゆにろーず横戸店

そんな訳で向かったゆにろーず

こちらのお店をご存じない方に向けて、簡単に説明をさせて頂きます

 

まず、国道16号の内回りに広々とした駐車場を隣接するこちらのお店

その立地からも分かる通り、ドライバーさんを対象に24時間営業するラーメン店となります

 

しかし、提供するサービスの幅は広く、

マンガ喫茶顔負けレベルに陳列されたマンガ(もちろん無料)

 

そして、

ゲームセンター顔負けのUFOキャッチャーや麻雀ファイトクラブ、格ゲーも完備

(こちらは当然、有料です)

 

そして、大人だけでは無く、

お子さん連れのご家庭に向けた配慮も忘れておらず、広い小上がり席や塗り絵なども提供と

深夜に国道をひた走るドライバーさんだけで無く、小中学生から更に下の低学年層までをも楽しませる、充実した設備が整ったお店となります

 

そんなゆにろーずで提供されるメニューの方はと言うと、

店名が指し示す通りの看板メニュー「にんたまラーメン」を皮切りに、

・担々麺(4月限定メニューとなっていますが、この日はすでに5月w)

・タンメン

・あっさり醤油味の東京らーめん

・札幌味噌ラーメン

・納豆冷麺

などといった各種麺類

 

更には、

・チャーハン

・カレーライス、カツカレー

・かつ丼

・スタミナ丼

・各種定食(朝限定のメニューもあり)

・お子様セット(全3品)

と、24時間営業するラーメン店といった括りに収まらない、フードコートさながらの品揃えを誇っているのです

 

それでは本題の方へ

ここゆにろーずに、12~3年の時を経て、今更私が訪れたその理由ですが

 

少し前に、まるわの店長と飲んでいた際、

『ゆにろーずには、京浜タンタン麺さながらのメニューが存在する』

との話を耳にしていたのです。

 

※ 京浜タンタン麺とは・・・

千葉駅西口の新店 アジアの料理が大概揃う好好(ハオハオ)にて、思い出深きタンタン麺に再・・会?
11月中旬でありながら、歴史的快挙な最低気温を記録した先日のこと。 ガクガクブルブルを通り越し、イライラする程寒い中、午前中より千葉駅近くで細々した用事を片付け、ようやくラン
2017-11-25 09:02
作草部の麺処まるわ 2017年の総決算となるクリスマス限定メニューも、最後までさすがの「まるわ」だった 
この1年を振り返ると、2月にスタートした 「暴食の文法」を皮切りに、様々なコラボラーメン、限定ラーメンを提供し続けてきた、作草部のまるわ。 その殆どを私も完食してきまし
2017-12-24 12:55

 

上記過去記事でも触れている通り、京浜式タンタン麺と言えば

私はもちろん、同エリア出身であるまるわの店長にとっても、思い出深きラーメン

 

とは言え、千葉ではそうそう巡り会う機会無いラーメンとなるのですが

(実は、八街まで足を伸ばすことで頂く事も出来たのですが、それもまた地味に遠く…)

それに酷似したラーメンとされるのがこちら、

ゆにろーずの「あかたまラーメン」なる品とのこと

 

メニュー上の写真を見る限り、

・ニラ

・溶き玉子

・赤いスープ

と、京浜式タンタン麺を彷彿とさせるビジュアル

 

しかし、ここはあくまでゆにろーず

24時間営業をウリにするラーメン店が、あの京浜式タンタン麺のインスパイア作品を提供しているとは、にわかに信じがたい話でもあります

 

ひとまずここは、実物を頂いた上で検証するべく

・あかたまラーメン

・チャーシュートッピング

を注文してみる事に

 

ちなみに、こちらのお店は食券制となりますが、

 

食券購入後は、自動でキッチンの方へ購入情報が送られるとの事

(昔はこんなシステム無かったのに)

 

あとは、店内に設置された液晶の方でに購入番号が点灯するのを待つ

いわゆる、総合病院のお会計システムを採用しているものとなります。

ゲームありUFOキャッチーありマンガありのゆにろーずには、まさかの京浜式担々麺も存在!?

という訳で、噂のあかたまラーメンの真偽を確かめるべく、10数年ぶりに訪れたゆにろーず

こちらのお店は、フードコートに近い作りとなっておりますので、

各種薬味、調味料は好きなものを選び利用する形となります

店名が示す通り、たっぷりのニンニクが頂けるのもゆにろーずならでは

当然ですが、これら調味料は使用する分だけを取る様にしましょう

 

そのお隣には、

なんとも近代的なドリンクバーを発見

店内にはマンガスペースも設けられていますので、この辺のサービスもまた、漫喫さながらとなっております

※ ドリンクバーは別料金となります

 

そして、嬉しいことに、

こちらのカウンター席には、コンセントが完備

更には、フリーWi-Fiも利用できるので、ラーメンを頂きながら小仕事をこなすことも可能

10数年ぶりに訪れたゆにろーず、ドライバーさんだけで無く、ノマドワーカーにも優しいお店へと変貌しておりました

 

そんな店内をチェックしながら待つこと数分

番号を呼ばれ、キッチンへと向かい、頂いてきた本日の朝ごはん(ブランチ?)がこちら

ゆにろーずが誇る、京浜式タンタンメン

あらため、あかたまラーメン(&チャーシュートッピング)となります

 

先ほどのメニュー写真で眺めた通り、真っ赤に染まったスープ

その上に浮かぶ、溶き卵とニラ

そして、遠目からでも漂ってくるニンニクの香り

このラーメンを形成する要素は、確かに京浜式タンタンメンそのものです

 

しかし・・・

別添えされたチャーシュー、なんだこれw

※ 詳しくは後ほど

 

それでは早速、スープの方から頂いてみましょう

一口頂いてみると、まずガツンとくるのがニンニクの風味

辛さよりも、スープの出汁感よりも、全てを追い抜いて先陣を切ったニンニクが飛び込んでくる味わい

これこそ、にんたまラーメンを名乗る、ゆにろーずならではの味わい

 

しかし、そのニンニクより一歩後ろから染み出る辛味は、確かに京浜式タンタンメンそのもの

細かく刻まれたニラ、ネギらの薬味が与える風味もまた、スープにマッチするものばかり

 

いや、スープの味わいを感じさせない程にガツンとくるニンニク、これこそが京浜式タンタン麺ならではの破壊力

私が愛した、蒲田の「ミキみーる」のスープとは異なるものの、京浜式タンタンメンのインスパイア(たまたま?)としては、十分な互換性あるラーメンと言えます

 

そんなスープと共に頂く麺の方ですが、

こちらもまた、お店のコンセプトである「にんたま」の「たま」を担う玉子麺

昔懐かしい、中太で意外にコシがあるこちらの麺、これはこれでスープにしっかり絡みます

 

麺そのものがどうだこうだ、といった評価を与えるのが野暮に思える程、とにかくパンチあるニンニク

この分りやすく、ジャンク街道を一点突破したスープを前にすれば、もはや麺はなんだって良さそうにも思えるほど(笑)

 

そして、このラーメンを「京浜式」たらしめる、最後の要因となるのが、

こちらの溶き卵になるのですが・・・

こればかりは、ちょっと残念

 

私的には、もっとフワッとした繊細な玉子を期待したものの

こちらの溶き卵は熱なのか時間なのか、しっかりと固まってしまい、薄焼き玉子に近い状態に仕上がっておりました

 

この玉子が、もっとフワフワ状態を維持してくれていれば

そして個人的には、もうひと越えする辛味が備わっていれば・・・

 

と、細かな注文を加えたくはなるものの

こちらの品は、京浜式タンタンメンでは無く、あくまで「あかたまラーメン」

 

インスパイアとも名乗っていないラーメンでありながら、このクオリティ

しかも、それをドライブインさながらのゆにろーずで、24時間いつでも味わえる

とあらば、もう十分納得出来る一杯と言えます。

 

が、そんな私の満足度に水を差したのが、

こちらのチャーシューの存在

別皿で提供されるのは良しとして、なにこのお皿に溜まった脂は(笑)

 

脂と表記すべきか、もしくは油と呼ぶべきか

いずれにしても、

なにをしたら、こんな量の油(脂?)がお皿に残るのか

 

と言うより、これだけの油が染み出るチャーシューって

 

・・・うん、油っぽさがハンパじゃない(笑)

チャーシューと言うより、コンフィと呼ぶ方が納得いく仕上がりですね

 

 

といった具合に、京浜式タンタンメンの真偽を得るべく、10数年ぶりに訪れたゆにろーず

私が知る時代のゆにろーずに比べ、店内が明るく、綺麗にリニューアルされていた事

日中であれば家族連れもが、安心して訪れられる懐の深さを感じました。

 

しかし、これが深夜~早朝ともなれば、ドライブインさながらの場末感も失われておらず

マンガにゲーム、UFOキャッチャー(しかも、難易度高めw)に

深夜の16号をひた走るドライバーさんの休息スポットでありつつ、どこかカオスな空気は今なお健在

 

そんなお店で頂く、ラーメンもまた、エネルギッシュな品々ばかり

朝ラーは勿論のこと、闇深い夜中に空腹を満たすに際しても、頼りになるお店となります

ただし、チャーシューの取り扱いには、ご注意下さい(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

ゆにろーず 横戸店

■ ゆにろーず よことてん

■ 食べログURL:https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12003497/

(ネット予約 不可)

■ 住所:千葉県千葉市花見川区横戸町911-1

■ 営業時間:24時間営業

■ 定休日:無休

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。