スポンサードリンク

そごう千葉店、10Fに5/23オープンのハワイアンレストランKauKauを初訪問 オカズ盛り沢山な「カウカウプレート」を食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

5月の後半に入り、新規オープンのお店が連発する中

千葉そごうにもまた、新たな新店がオープンしたとの情報をキャッチ

 

その名も、

「ハワイ料理とコナビール KauKau」

 

ハワイアンレストラン、かぁ

正直言って、余り良いイメージのお店が無いジャンルだけに、期待値も今ひとつ

 

とは言え、5/23にオープンしたばかりの新店であることに加え、そごう内のお店であればキッズメニューも用意されているはず

加えてこの日は日曜日となり、当然ながらランチは子供と同伴

 

千葉そごうのHPでお店の紹介を見る限りでは、パンケーキらも提供されているとの事なので、家族連れにはちょうど良さそうな雰囲気

といった理由で自身を納得させ、

千葉そごう10Fのレストラン街に、5/23オープンしたばかりの新店

「KauKau(カウカウ)」を初訪問してみることに

 

以前はベトナム料理のお店「ニャーヴェトナム」のあった場所にオープンとなった、ハワイアンレストラン

ハワイアン定番のロコモコやアヒ、ポキなどを始め、ステーキなどの肉料理も豊富な様子

それでは早速、こちらカウカウを訪れてみましょう。

そごう千葉店レストラン街に5/23オープンの新店、ハワイアンレストラン カウカウを初訪問

この日、お店を訪れた時刻は11時を回ったばかり

日曜日という事もあり、混雑が予想されるので開店直後にお店へ伺ってみるものとなりました

 

店内には、開店待ちをしていたとおぼしきお客さんが3組程

それらを追う形で、私たちも入店したのですが・・・誰も気付いてくれない

 

まあ私自身、自分の影の薄さにはなんとなく気付いているので、仕方ありません

それとなく「すいませーん」と声をあげてみると、奥から出てきたスタッフさんが

 

『アロハーいらっしゃいませ』

と、ハワイアンレストランらしく声をあげて私の元へ

 

3名である事を告げると

『担当の者がご案内しますので、少しお待ち下さい』との返事が

 

そのまま待つこと数十秒

またもやハワイらしさを感じさせる女性が、私の元を訪れ

『お待たせしました、お好きな席へどうぞ』とのこと

 

好きな席で良いんだったら、担当の者を待つ必要無いじゃんw

 

開幕から、開店間もないお店らしい「謎の分業」に阻まれたものの、とりあえず店内へ

お店の作りはそれとなく、

ハワイらしさ?を感じる色や明るさを感じさせています

 

ただ、良く見るとお店全体の作りについては、

以前、こちらで営業していた「ニャーヴェトナム」の雰囲気を残している部分も

まあ、アチラもアチラでアジアンなお店ですから

共通して使い回せる部分も多いんでしょうね

 

そんな様子をチェックしながら、次はメニューへ

まずトップに躍り出てきたのがこちら、

カウカウプレートというセットメニュー

 

ワンプレートにまとめ上がった品となるのですが、

・メインのおかず(12種から選択可能)

・日替わりププ(日本で言う所の小鉢?)5種

・自家製ドレッシングのサラダ

・ライス2スクーブ(1山=1スクーブ??)

・日替わりスープ

ここまでがセットとなり、お値段の方はおかずに応じて1,480円~2,380円とのこと

 

ププ?の方は日替わりとなる様なので、なにが提供されるのかは分りませんが

こちらのメインとなるおかずについては、魚から肉まで多彩なおかずから選択が可能

 

もちろん、ハワイアンらしいカジキグリルやケイジャンスパイスを使った肉料理

ハンバーグやモチコチキンなど、様々なメイン料理を選ぶことが出来ます

 

続いてのページですが、

こちらは一層、ハワイ色が強くなった品々

ハワイと言えばの定番、ロコモコから始まり、魚介の丼となるボウルが2品

タコライスやステーキの丼?なども提供されております

 

そしてもう一丁、

こちらには、ガッツリしたステーキ類が並ぶものに

これもまた、ハワイらしい?ガッチリした肉肉しいステーキが中心

その片隅にはキッズメニューも設けられており、そごうらしくファミリー層へのアプローチも欠かしておりません

 

そして、メニュー裏面には、

単品注文できるサイドメニューが数品

 

お隣には別紙ながらも「ガーリックシュリンプ」を発見

こちらの品は、ランチ注文の方限定で500円にて提供頂けるとの事

 

ただ、通常価格の記載が無いので、果たしてこの値段が高いのか安いのか・・・(笑)

まあせっかくだし、こちらのガーリックシュリンプも頂いてみましょう

 

という訳で注文の方ですが、

・私 → ポークチョップのカウカウプレート

・カミさん → シーフードスイートチリ炒めのカウカウプレート

・子供 → おこさまカレーセット

 

これらを頼みつつ、単品にてガーリックシュリンプも頂いてみようと思います。

ケイジャンスパイスで味付けられた豚肉たっぷり カウカウプレートを食べてみた

ハワイアンレストランということで、事前情報でも

「パンケーキ」の存在を確認していたものの、先ほど目にしたメニュー上に、その姿は無し

 

パンケーキを期待していた子供が、少し残念がっていたので、店内をフラフラしている店員さんにその旨を伝えると

『パンケーキの提供は16時からになります』とのこと

 

ランチタイムに、手間の掛かるパンケーキが無いのは仕方ないとして

パンケーキの見せ場とも言うべきカフェタイムが16時からとは…

 

まあ、オープンから数日だし、仕方ないと割り切りつつ、せっかくならばとメニューを見せていただくことに

という訳で、こちらがパンケーキのメニューとなるのですが、

イメージしてたのとはちょっと違う、スモアパンケーキなる品を発見

こちらは、マシュマロを生地と合わせ、スキレットで焼き上げたパンケーキなんだとか

 

もひとつ、その下に並ぶパンケーキもまた

「ホイップバターパンケーキ」と名付けられており、こちらは米粉使用とのこと

 

良い意味で定番らしくないパンケーキが提供されているというのに、そのどれもが16時~の提供というのは勿体ない様な

おやつを食べるに16時じゃ遅く、かといって晩ご飯にするには今ひとつ

 

まあ、中年男性が思い浮かべるパンケーキと、若い女性が思い浮かべるそれとでは、目的も趣旨も異なるのでしょうか

お店としても、16時からの提供で十分とする算段があるのでしょうね、きっと

ちなみに、こちらの裏面を見ると、

トロピカルなフルーツにベリー、パイン&ココナッツといったパンケーキも登場

総勢、7種のパンケーキが提供される様です

 

そんなメニューを眺めながら、気付けば注文から30分が経過

お店がオープンしてから、まだ3~4日

加えて、初めて迎えたであろう週末という事で、勝手の悪さや不慣れな面があるのは仕方ありません

 

ただそうは言っても、先客は私たち以外に3組のみ

私たちの後にもお客さんが入店していない中で、この提供時間の遅さは、ちょっと不安に感じる部分も

 

ちょっと苛立ちを覚え始めたのを察してか

ひとまずお先に、サイドメニューとして注文した、

ガーリックシュリンプが、セットのスープと共に提供となりました

ガーリックシュリンプはともかく、スープくらいは、もうちょっと早く提供できる様に思うのですが・・

まあ開店4日目だし、という訳でここは目をつぶりましょう

 

さて、肝心なえびの方はというと、こちらはなかなか

素材もプリッと美味しく旨味もあり、揚げ加減も程良く、ソースの味付けも文句無し

気持ちソースが少なめには感じましたが、お値段500円のサイドメニューとしては、十分納得できるひと品となりました

 

が、しかし

こちらのガーリックシュリンプを瞬間で平らげたものの、その次が運ばれてくる気配は現れず

ようやく、子供の注文した「キッズカレー」が提供されるまでに、すでに40分

 

その後、ちょこちょことお客さんが入店し始め、店内に慌ただしさが流れ始めた頃

ようやく提供されたこちらが、私のオーダーした品

「ポークチョップのカウカウプレート」となります

※ ここまでの所要時間は、すでに45分が経過

 

待ちに待ちわび、ようやく到着を迎えた本日のランチ

メインとなるポークチョップはケイジャンスパイスをまとい、カラッとフリッター仕立てに

その周りを彩る副菜も品数豊富で、ボリューム面は十分備わっている様です

 

ではまず、自家製ドレッシングとされるサラダの方から

お皿を始め、プレートの大部分が茶色で埋められている中、緑のコントラストが際立っています

ドレッシングの方は、オイルベースとなっていますが、自家製を誇らしげに掲げる程かと言えば、どうでしょうか(笑)

まあ、可も無く不可も無い、無難な味わいでお皿を彩っております

 

続いては、日替わりで提供される、

こちらのププ5品

 

調べてみた所、ハワイの言葉で「ププ」には

・前菜、オードブル

・ちょっとしたおつまみ

といった意味になるんだとか

 

という訳で、本日の日替わりププ(この場では前菜?)には

・茹でたえび

・アヒポキ(マグロの漬け)

・手羽先

・唐揚

・ポテトフライ

以上の5品が提供されました

 

どれも、その見た目通り無難というか

良く言えばソツの無い一方、言葉を選ばず言えば、特徴が見当たらないというか

まあ、ボリューム面でお皿を賑やかす、といった役を十二分に果たしております

 

そして、本日の主役となるのがこちら

ポークチョップとなります

 

豚の骨付きロース肉となるのですが、食べやすさを考慮してか、骨は外されている様子

また、一般的にはソテーか網焼きが定番となる中、こちらは薄く衣をまとい揚げ焼きにて提供されます

 

その味付けも個性的で、一般的なポークチョップがケチャップ仕立てとなるのに対し

こちらの品は、ケイジャンスパイスをまぶし、豚の唐揚風に仕上げております

 

早速頂いてみると、脂身部分の柔らかさは、当然ながら流石というか

ぷるっとした脂の旨味と、ピリ辛仕立てのスパイスが見事にマッチ

豚の脂好きな私としては、これはしっかり満足出来る組み合わせとなっています

 

続いて二口目には、脂の無い赤身部分を頂いてみたのですが

これはちょっと、先ほどとは反して予想外の味わいに

お肉がパサついている上に、肉質もかなり固くなっています

 

肉質の固さについては、調理法次第でどうにかなりそうな反面

パサついてしまっている点については、素材の弱点をカバーしようといった雰囲気を感じず

 

そういうものだよね、と言われればそれまでなんでしょうが、ちょっとした一手間で美味しくなりそうなものを、何もせずそのまま提供し、固さとパサつきが目立ってしまっているのは、何とも言いがたい所で

スパイスの味わいが好きな風合いだけに、この扱いはちょっと残念に感じてしまいます

 

そんな私のランチから、遅れること1分

ようやく到着したのが、こちら

カミさんのオーダーした

「シーフードスイートチリ炒めのカウカウプレート」となります

 

私のポークチョップと、数品トレードしあい、こちらもシェアして頂いたのですが

豚肉同様に、味付け自体は悪くないものの、素材の難がやはり目立つひと品

多数の魚介類が盛られている中、特に厳しかったのがイカですね

 

こちらに使用されているイカは、冷凍のそれそのもので

旨味が完全に抜けきってしまい、パサパサした食感のみ残す形に

 

他のプレートでは、イカを主役とした「カラマリ(イカ)ステーキ」が提供されているだけに、期待したものの、この味わいはかなり残念

また、えびについても、一足先に頂いた「ガーリックシュリンプ」とは似つかない品が使われており、チリソースで味付けされながらも生臭さを感じるなど、下処理の甘さが目立つ結果となりました

 

 

といった感じに、開店3日目にして初訪問を果たした、そごう千葉店の「ハワイ料理とコナビール KauKau」

これまでにも様々なハワイアンレストランに足を運んできましたが、それらの中にも

「これは!?」といったお店が無かった経験を通じ、そこまでの期待は寄せなかったものの・・・

 

ボリューム面でこそ、相応に満足したものの

その味わいについては、事前の思惑が悪い意味で該当する結果となってしまいました(笑)

 

そごう内のお店と言うことで、お値段がそれなりになってしまうのは仕方ないにせよ

その価格を納得させるのもまた、簡単なものではありません

 

とは言え、この日はまだ開店から3日目

しかも初めて迎える週末、不慣れながらも頑張っている様子は、少なからず伝わってきます

この価格を気持ち良く支払えるだけのお店になるかどうか、今後に期待したいですね。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

ハワイ料理とコナビール KauKau

■ はわいりょうりとこなびーる かうかう

■ 住所:千葉県千葉市中央区新町1000 そごう千葉店 10F

■ 営業時間:11:00~22:30

■ 定休日:千葉そごうの休みに同じ

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。