スポンサーリンク

マザー牧場が千葉県民限定にて、ドライブスルーファーム(年内使える入園券付!)を開始! 車で園内を周遊後、野外マルシェにはキッチンカーも出展中!

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

少し前に見たネットニュースにて

「マザー牧場がドライブスルーファームを開始」との情報を発見

 

普段は徒歩で回るマザー牧場ですが、現在は新型コロナの影響により通常営業を休止中

そんな中、園内を某サファリパークの様に

「車で周回し、その間にいる動物を眺める」といったイベントになるのだとか

 

まあ、サファリパークほど動物との距離が近くなるものではないでしょうが

車に乗ったまま遊びに行ける施設とあらば、コロナ感染のリスクも少ない様でして

 

なによりこの春休み以来、子供をどこにも遊びに連れて行けてないこともあり

子供は勿論、お出かけ大好きなカミさんもノリノリ

 

ついでに事前に調べた情報では、園内にて屋外マルシェが開催されており

そちらでは、キッチンカーも出店していて食事も頂けるとのこと

そこまで取り揃っているのならば、と重い腰を上げ、朝から館山道を南下し、久々のマザー牧場へ向かうものとなりました

 

自宅を出発し、1時間半

11時頃にマザー牧場へ到着し、山の上ゲートより入場(正確には入車?)

 

ドライブスルーファームの利用は、混雑を避ける目的もあってか

『千葉県ナンバーの車のみ』が利用できる施設になっており、料金の方は人数に関係なく一律3000円となります

 

ちなみに、ドライブスルーファーム利用者には、後日利用できる「無料入園券」も提供されます

同通常料金は

・大人 → 1500円

・子供(小学生以上) → 800円

となっており、我が家の場合は大人2名&子供1名分の入園券を頂く事に

 

3000円のドライブスルーを利用することで、後日使える3800円分の無料券をGet

これは・・・お得じゃないか。

 

さて、そんなドライブスルーファームの案内は以下の通り

園内は原則として、駐停車が禁止

道幅は狭くなっているので、前の車を追い抜くことは出来ず、時速20キロ以下の徐行にて進むものとなるそうです

 

また、ドライブスルー区間は車から降りることも禁止となっており

園内で利用できるお手洗いも、入園ゲート前のトイレ

もしくは、終着地点となる野外マルシェ内のトイレのみとなっております

 

距離は約3.5キロ、時間にして20分ほどの道程を

車でのんびり走りながら、動物を車内から間近で眺めるツアー、といった所でしょうか

 

また、園内にいる動物については以下の通りで

普段のマザー牧場同様、ダチョウや子牛

山羊や羊、アルパカや馬などなど

 

動物園らと比べれば派手さは無いものの

車で回るマザー牧場、これはこれで新たな発見が見つかるかも。

マザー牧場が千葉県ナンバーを対象に園内を車で回れる『ドライブスルーファーム』をスタート!

と言う訳で、上記の様な説明を受け、いざ園内へ出発

 

前述した通り、道中での駐停車は禁止とされておりますが

・アルパカ

・羊

などが、車近くまで来るスポットなどでは、やはり一時でも車を停めて眺めたくなるものでして

 

この様な微妙な停車については、園内でも黙認と言うべきか

「なんとなく、まあそうなっちゃうよねー」

みたいな空気で同調されている様でして

 

3.5キロの道程を20分で周回が目安とされておりましたが

結局、トロトロのんびり車を走らせた結果、1時間弱かけて園内を一周することに

 

その間、普段は目にすることのない動物らの姿を幾度と目にしてきたものの

当然ながら、我が家の運転担当は私

 

いくら徐行でのんびり走っているとは言え、ハンドルを握る最中にスマホを向けることは出来ず

約1時間、園内をグルッと回っては来たものの、その間に撮影できた写真は、

途中にある休憩スポット

(こちらは1台当たり3分を目安に車を停めて休憩が可能となります)

そこから見渡す、園内の絶景写真のみ

 

助手席や後部座席に乗り込む方々にとっては

「楽しい体験」になる一方

かたや運転し続けるドライバーさんにとっては、前の車との車間距離に気を配る、そんな一時を過ごすことに

 

そんなこんなで園内を回り終え、いよいよお昼ご飯に

終着スポットにて車を停めると、

こちら、野外マルシェの入り口より園内へ、今度は徒歩にて入園となります

 

ちなみに、同ドライブスルーファームは一方通行となる為、原則1周のみとなるのですが

2周目に突入したい場合は、追加1,000円にて入場が可能となっております

 

1周で十分満足した我が家は、ここからはランチタイムへ突入

マザー牧場で頂くランチと言えば、良くも悪くも真っ先に名が上がるのが、

こちらのジンギスカン・・・ですが、さすがにコレはパス

 

同野外マルシェには、キッチンカーが出店しているとのことで、そちらを見にいくと、

まずは入り口前に発見したのが、

・炙りとろ肉丼

・から揚げ丼

・ジャーマンポテト

らを提供しているお店

 

そこから園を挟んだお向かいには、

ケバブサンドにロングポテトなる、お祭りフードも発見

 

更には、コレもマザー牧場名物となる

濃厚なミルクの味わい、ソフトクリームも販売されております

 

その他、お土産屋さんも営業を行っており、

以前に比べて、フレーバー数が増加した花チーズ

 

そして、

 

こちらもお土産の定番、ソーセージ類も販売されております

 

その他、出店しているキッチンカーは、

こちら、マザー牧場特製「焼肉弁当」となるのですが

この日は12時前にして、上記お弁当は売り切れとのこと

 

全3軒のキッチンカーが出店している園内となりますが、

これらの中で、子供は「ロングポテト」が食べたいとのこと

 

それなら、子供用のロングポテト購入をカミさんに任せつつ

私は、自分&カミさん分の食事を購入するべく、

こちら、炙りとろ肉丼らを販売しているお店の列へ並ぶものとなりました。

ドライブスルー終着点にて野外マルシェを開催中! キッチンカーらも出展する中でランチを食べてみた

同キッチンカーに私が並びだした時点で、時刻は12:10

私の前には4組のお客さんが並ぶものとなるのですが、列を作る際にも待機スペースがテープで記されており、ソーシャルディスタンスをしっかり維持

 

列の間に2m以上の距離を保っていることから

実際に並ぶお客さんの数以上に、長く並んでいるようにも感じますが・・・

 

違うな、確実にけっこうな時間が経過してるぞ

 

ドラクエウォークをプレイしながら、列で待つこと気付けば15分

前日より第7章が解放されたものの、近隣にいるモンスターは全て討伐完了

ようやく列の先頭を迎え、注文~購入まで、都合20分以上の時間を待つものとなりました

 

ちなみにこの日は平日で、混雑状況もそこまででは無いはず

もしこれが週末を迎えるとなれば、列の混雑具合が少し気になる所ではあります

 

さて、ようやく購入し終えたお弁当類を持って、家族の待つテーブルへ向かってみると

「パパの分のポテト、取っておいたよ」と子供からの一言

 

お向かいで販売している、ケバブ屋さんのロングポテトですが、

・・・3本

 

残してくれたと、これ見よがしに語るほどの量か?

 

まあ、せめてもの心遣いを嬉しく受取り、ここからいよいよランチへ

まず1品目には、

チャーシューでマッシュポテトを包んだ肉巻き

「こちゅぽ」(5個入りで600円)

 

説明にあった通り、薄くカットされたチャーシューでマッシュポテトをローリング

中にはメンマもトッピングした状態で、軽く炙られたポテトといった所でしょうか

 

それぞれの素材を包みあげた物珍しさから頼んでみた同品

どちらかと言えばお昼の+αよりも、おつまみに欲しい一品といった品になります

 

そして、私のメインディッシュとなるのが、

こちら、炙りとろ肉丼

そしてもう一方が、カミさん用に購入となった、ジャーマンポテト

以上の3品を並べながら、ようやくランチの時間を迎えるものとなりました

 

さて、まずはこちらの炙りとろ肉丼

とろ肉とはなんぞや、と思いきや

三元豚のチャーシューを炙り、丼にIN

いわゆる、炙りチャーシュー丼となっております

 

名前が名前だけに、期待値を上げてしまった分、若干の拍子抜けではありましたが

丼にのせられたチャーシューは、これまたなかなかの出来映えでして

 

注文後にキッチンカー内の鉄板でチャーシューを炙り、お弁当に同封とあって、温かさに加えて滴る脂の旨味も味わえます

同じく、盛り付け時に煮汁をベースにしているとおぼしき、タレを掛けた上で提供されるのですが

気持ちこのタレの量が、少なめに感じる部分も

 

ご飯の量もなかなかなものなので、もう一回しくらいタレがあった方が、味付け的にも程良く思うのですが

まあ、園内とはいえ、屋外で頂くお弁当

ご飯がべっちゃりし過ぎたら、それはそれで食べづらいことを加味して、この量に行き着いたのかも知れません

 

そしてもう一品ですが、

こちらがジャーマンポテトとなるのですが・・・

その不可思議な見た目、何がジャーマンで何がポテトなのか、といった出で立ち

 

実はこの鰹節の様なものが、マザー牧場の名物お土産の1つ

「花チーズ」となっておりまして、その奥にはふっくらと甘みあるポテト

更には、パリッと肉汁詰まったソーセージが入っている、変わりジャーマンポテトとなるのです

 

一般的なジャーマンポテトの様に、とろけるチーズの味わいでは無いものの

口の中に広がるチーズの濃厚さや、それらに絡むソーセージ

なにより、ポテトの美味しさが秀でた1品

 

ただし、上記したチーズは鰹節の様に薄くカットされている為

屋外にて頂く場合は、袋から開けた瞬間、風にあおられ飛び散る可能性もありますので、ご注意を(笑)

 

 

といった品々に包まれながら、野外マルシェでのランチを楽しむものとなった、マザー牧場

普段のマザー牧場の様に、丸一日掛けて遊ぶほどのアトラクションや、ゆっくり過ごす場面では無いものの

園内を車でのんびりドライブしながら、車の目線で動物を眺める遊び方は、子供にとっては新しい体験となった様です

 

また前述した通り、ドライブスルーファームへの入場料には、車一台3000円がかかるものの

そちらと引き換えで、コロナ収束後の通常営業時に使用できる無料入場券が頂けるサービス付き

 

限られた期間内に、今の現状で出来ることを駆使した結果、始まったと思われる同サービスですが

この短い期間に加え、規制も多い中で考えられたアトラクションながら大満足

 

マイカー所有且つ、千葉県ナンバーの車限定にはなりますが、

是非この機会だからこそ、足を運ぶ価値ある、マザー牧場の楽しみ方となりました。

 

最後に、今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリックして頂き、お知らせ下さい

頂いたクリックを励みに、より深く・ディープな千葉情報を届けさせて頂きます

 

マザー牧場(野外マルシェ)

■マザーぼくじょう

■ 住所:千葉県富津市田倉940−3

■ 営業時間:平日 9:30~16:30 / 土日祝 9:00~17:00

■ 定休日:荒天中止

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。