スポンサードリンク

裏千葉に新規オープンの焼肉店、牛達家 注文後に切り分けるオーダーカットが自慢の焼肉

LINEで送る
Pocket

先日、新町の長州ラーメン万龍軒へ寄った帰りのこと。

千葉中央側から帰宅すべく車を走らせていると、「牛たん福助」があった跡地に、見慣れない看板を発見。

どうやら、新しい焼き肉店が新田町にオープンした様子です。

注文を頂いてから、一枚ずつ切り分ける「オーダーカット制」とのこと。

・・・あまり馴染み無い調理法ですが、こだわりがあることだけは間違いなさそう。

 

また、営業時間は夕方からとなる為、この時点では営業前でしたが、店外にメニュー表を発見。

一旦、車を停めてメニューを見てみると、なかなか面白そうな品揃えとなっていますね。

 

これは後日、改めて出直そう・・・と、それから数日後

 

ランチよりお腹の準備を整え、新田町に新規オープンした焼き肉店

「牛達家」にて、初ディナーを頂くべく訪問してみました。

スポンサーリンク

新田町に新規オープンした焼き肉店、牛達家 A4以上の黒毛和牛と青森産にんにく料理を提供

前述した通り、「牛たん福助」の跡地にオープンした焼肉店、牛達家。

 

牛たん福助時代は、テーブル席&小上がりの座敷数席といった造りでしたが、

焼肉店ということで、全席ロースター付きのテーブル席に一新。

壁面や机、椅子も全て白で統一されており、清潔感と高級感が感じられる内装となっております。

ただ、焼肉店だけに油汚れが目立ちそうな色合いなのが心配ですね(笑)

 

さて、メニューの方ですが、

焼肉には主に、

・和牛

・A4黒毛和牛

の2種類が提供される様子。

 

黒毛和牛の方は、フィレからロースまで、各3000円~と、高額な値段設定。

対し和牛は、カルビ、ロースを中心に1200円~2300円といった価格帯となります。

 

上記した牛肉以外には、

・豚 ・鶏 ・ホルモン ・海鮮焼き

といった焼肉の定番メニューもしっかり。

 

これらに加え、牛達家の個性が見えるオリジナルメニューとなるのが、

こちらの「ガーリック料理」の数々となっています。

青森産のにんにくを使用した、ホイル焼きやガーリックチャーハン、海鮮チリソースなど、焼肉店らしくない一風変わったニンニク料理が頂けるなど、同店の「らしさ」が見えてくるメニューですね。

 

また、アルコールメニューも充実しており、焼酎、日本酒に加え

赤、白、スパークリングワインの豊富さが際立っています。

 

未だワインの違いが分からない私には、この品揃えがどうなのか・・・

は、サッパリですが、白で統一されたオシャレな内装通り、オシャレにワインで焼肉を頂く…など、裏千葉らしい、ちょっと小洒落た楽しみ方も出来るお店になります。

 

また、テーブルには、

コンセントだけで無く、USBのジャックも完備。

長時間滞在しがちな焼肉店だけに、テーブル上でスマホが充電できる設備が整っているのは、地味ながらジワジワくるサービスじゃ無いでしょうか。

スポンサーリンク

牛タン、カルビ、肉寿司は納得レベルながら、牛テールスープのウマサは絶品レベルな牛達家

という訳で、様々なメニューを確認しつつも、今日の所は初見ということで、お手頃価格の和牛を中心にオーダーする事に。

 

まずは焼肉屋の口火と言えばお馴染み、

牛タンからのスタートとなります。

こちらの品は、厚みある牛タンとなっており、味わいだけで無く食感も楽しめるひと品。

塩コショウは控えめとなるので、牛タン本来の味わいが堪能出来る切り分けとなっております。

 

続いてテーブルに運ばれてきたのは、

スポンサーリンク

牛達家カルビ(写真左上)と、上ロース(写真右)。

カルビは、脂多めながら肉質が良く、お値段相応に柔らかさもあり、お勧めされるだけある部位となっておりました。

 

対し、上ロースの方は、この日の部位に難があったのか・・・どうか分りませんが、若干の臭みが感じられてしまい、正直今一つ。

お値段が1000円前後なら、まあ納得するも、ひと皿2300円のお肉として見てしまうと・・・これは残念に感じました。

 

続いてこちらが、

豚カルビとレバー焼きとなります。

豚の方は、脂のバランス、肉質の柔らかさ共に納得の美味しさ。

下味も良く染みており、タレ無しでも十分美味しく頂けてしまいます。

 

対しレバーですが、こちらは可も無ければ不可も無い、といった風合い。

赤肉を中心に扱っているお店だからでしょうか、ホルモン系にはあまり力を入れていないのかも知れませんね。

 

続いてのひと品となるのがこちら、

牛達家さんの「らしさ」が感じられる、ガーリックメニューよりオーダーした「海鮮ガーリックチリソース」となります。

エビ、ホタテ、イカといった三種の海鮮を、にんにくタップリのチリソースで味付けした品。

器には、春巻きの皮?が使われており、オシャレな見た目はもちろんの事、余ったチリソースを残す事なく、皮に付けて頂ける仕様となっています。

 

ソースの方は、子供連れであったからか、辛さは控えめで、むしろ甘みが感じられます。

海鮮と共に、欠片のにんにくも具材に含まれており、プリッとした食感に、ホクホクしたにんにくの味わいが嬉しいひと品。

ただ、思っていたよりもにんにくの主張が強くないので、「ガーリック料理」というよりも、焼肉の箸休め的な料理となりました。

むしろ、ガーリックスープやガーリックチャーハンのほうが、らしさ全開に伝わりそうなだけに、これは選択をミスったかな、とちょっと残念。

 

前述したガーリックスープを諦め、代わりに注文したのがこちら、

牛テールスープ、となります。

 

一般的な焼肉店で言うところの、「コムタンスープ」に相当するこちらですが、実はこれが本日一番のヒット。

時間を掛けてテールから取り出したであろう旨味と甘みが、スープ全面に染み出ております。

加えて、野菜による風味や甘さ、深みも加わっており、近年食べたコムタンスープの中でも、1.2を争う程にハイレベルな出来です。

このスープでランチメニューなんか始めたら、近所のOLさん達がこぞって集りそうなほど、旨味とコラーゲンがたっぷり詰った一杯となります。

 

そして、ガーリックチャーハンと共に、〆ご飯を争いつつも、勝利しオーダーの座を勝ち取ったのがこちら、

炙り和牛握り、となります。

先ほどまで頂いてきたカルビ、ロースには今ひとつ不納得でしたが、こちらの握りはさすがの肉質。

脂の甘みがシッカリしており、クドさは無し。

噛みしめる度に、ほどける繊維から溢れてくる旨味は、これまで食べたお肉とは別物ですね。

握りながら、寿司屋とは異なるので、シャリも大ぶりとなっており、〆ご飯としても納得のボリューム。

 

恐らくですが、こちらの握りには「和牛」ではなく「黒毛和牛」の方が使われている様です。

となると、お肉のオーダーも和牛では無く、黒毛和牛をメインにして注文するべきだったのか、とようやくこの時点で気付くハメに(笑)

 

所見という事で、今回は「和牛」より注文をしてみたものの、割高感を感じてしまい今ひとつ・・・な風合いでしたが、最後の炙り和牛握りを頂く事で

「ここのお店で頼むべきは、黒毛和牛だったのか」と知り、ようやく納得。

ただ、リーズナブルな和牛と引き換え、黒毛和牛は相応のお値段となっているので、事前の心構えが必要になりますね。

 

今回注文した一品料理の方も、どれもレベルが高く(特にテールスープは絶品)、ぜひ再訪したい料理ばかり。

なにより、ご主人と奥様?、どちらも愛想が良く、終始気持ちいい接客を受ける事が出来ました。

ライバルになりそうな焼肉店の無い立地ではあるものの、人通りの多い大通りからも外れるため、暫くは苦戦を強いられそうに思いますが、地域に根付く良い店になって欲しいなあ、と感じさせる新店の発見でした。

 

PS.冒頭でも触れた「オーダーカット制」については、特に違いに気付く事はありませんでしたw

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

牛達家

■ ぎゅうたつや

■ 住所:千葉県千葉市中央区新田町14-2 プラチナステージ 1F

■ 営業時間:17:00~23:00

■ 定休日:水曜日

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。